2021年04月14日 09:00

読了時間:約 4

オレが一か月間だけしていたバイトがある。
それは誰にも言えないバイトだった。
表向きはリラクゼーションと言ってもいいだろう。
しかしその店に看板は無い。
特定の人だけが知っている所にその店はある。

予約は前日までのメール連絡で受け付ける。
そしてその時間にいかにもどこかの事務所と言うナリをしている建物に入ってもらうのだ。
そこが何をするところなのかは、実際に予約を入れているお客さんしか解らない。
実は会員制の店なのである。

「美人人妻しか使えない女性風俗で働いていた時の話…(体験談)」の続きを読む

2021年04月09日 09:00

読了時間:約 4

オレは何気に料理に興味があって、たまに暇な時に料理教室に通っている。
オレがよく行く教室は個人でやっているところで、会場もその先生の自宅だ。

先生はまだ子供が小さくて目を離せないので、自宅で仕事をしたいがための料理教室である。
彼女はリョウコといって32歳、旦那は一流商社マンらしくお金持ちなのだろう。
立派で広い家である。
金持ちはキレイな奥さんを見つけるもので、リョウコはモデルにでもなりそうなくらいキレイな女である。

「イタズラっ子のおかげで料理教室の美人先生と…(体験談)」の続きを読む

2021年04月05日 21:00

読了時間:約 3

会社の30才健診で、「少し体脂肪多め」と言われ、運動を勧められた。
しばらくして健康管理センターから案内が来た。
「週1回、1~2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しないか」とのこと。

面白半分に申し込んでみた。
初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら・・・これが幸運のはじまり。
健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。
2人1組で、柔軟やら軽いウェイトやら。

「社内の健康指導で美人巨乳人妻との夢のような一か月…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年04月04日 21:00

読了時間:約 10

二年前の話。もう辞めちゃったけど。
夜中1時に待機所で待っていると一本の電話。
「あのぉ~トイレが詰まっちゃったんです!」

料金の説明をしていざ出発。
しかしこんな事三年も繰り返してると正直イヤになる。
水道トラブル。トイレトラブル。24時間365日。
大概夜の依頼というのは馬鹿な故障が多い。

「深夜にトイレを詰まらせて電話してきた変態奥様…(体験談)」の続きを読む

2021年04月03日 21:00

読了時間:約 2

ある出会い系を使って、その日のうちに会う約束になったんです。
なんと待ち合わせ場所はラブホテル近くのコンビニ。
もともと体だけの関係を求めていたらしく、旦那とのセックスレスが原因で、今はお互い帰ったり帰らなかったりとか。

そんなこの女性、かなりのMっけがあって、こっちが言うことをほとんど聞いてくれましたよ。
まずは、その女性だけを裸にして股を開いた状態でAV鑑賞。
はじめは平然としていたのですが、シーンが進むにつれどんどん興奮している模様。
私のアソコを触らせると、私の手を自分のアソコに持って行くんです。

「出会い系で会った生ハメOKな潮吹き淫乱M女…(体験談)」の続きを読む

2021年03月28日 09:00

読了時間:約 5

オレは当時、居酒屋の店長として働いていたことがある。
従業員は全員で8人ほどいたが、そのうち3人がバイトだった。
みんな和気あいあいと楽しく仕事をしていたのは、オレとしても遣り甲斐の一つである。
特にオレがやる気を出していたのは、バイトの中でも一番若い20歳の女が頑張っていることだった。

その彼女はモエといって仕事も覚えるのが早く、しかもルックスも良い。
胸もちょうどいい膨らみで可愛い顔をしている。
おかげでお客さんからのウケも良いので重宝していた。
しかもとある仕事後の出来事もあり、正にモエはオレにとっての天使のようなものである。
二人で後片付けをしながら軽く店のお酒を飲んでいた。
まあ少しくらいならと言うことで。

「娘の年齢詐称を謝罪に来た母親に身体で詫びてもらった…(体験談)」の続きを読む

2021年03月27日 21:00

読了時間:約 3

僕の家から歩いて5分、大学がある大通りの交差点の角に、母・佳美が勤めているコンビニがある。
ブルーのタテ縞のユニフォームにデニムのジーンズ、明るくカラーしたショートの髪が可愛い童顔と相まって、もうすぐ40歳になるとは思えないくらい若々しい。

レジで客の大学生と言葉を交わす笑顔の母は、いつもの母と違って見える。
その時の佳美は、母ではなく一人の女性の顔だった。
夕方、部活が終わった帰り道、今日発売のマンガ雑誌を読もうと母のコンビニに立ち寄った。

「コンビニで働く母親の女の一面を見てしまった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年03月23日 21:00

読了時間:約 3

小学生相手の進学塾の講師をしています。
私の場合、『講師に体を売ってでも・・・』などという事例は一度もありません。
たぶん私が二流の講師だからだと思います。

そんな私にもチャンスは結構あるのです。
去年の3月まで付き合った人は、バツ2の母子家庭。
娘(小4)と休み時間に話しているうちに、日曜日にその子の家に行ってパソコンの設定をしてあげることになりました。

「塾講師の俺が母子家庭の生徒の家にPC設定をしに行ってあげたら…(体験談)」の続きを読む

2021年03月22日 09:00

読了時間:約 8

半年位前からお義母さん(Y子)と関係を持っています。
僕(N)は19歳になる地元の大学に通う学生です。
1年前に親父(41歳)は前の母親と離婚して今のお義母さんと再婚しました。
前の母親は息子の僕から見ても派手で、家事が嫌いであまりせず、家の事を放ったらかしにしてよく出掛けていました。
なので祖母がよく晩御飯を作りに来ていました。

親父は以前から愛想を尽かし、僕が高校を卒業すると同時に離婚しました。
父親はスーパーの食品担当をしていて、そこでパートをしていたお義母さんと知り合ったそうです。
前の母親と離婚してすぐに今のお義母さんと再婚した事を考えると、結構前から付き合っていた事はすぐに分かりました。

「新しい継母(31)のエロい体に我慢できなくなり…(体験談)」の続きを読む

2021年03月14日 09:00

読了時間:約 7

私は熟女看護師とLINEでやり取りしています。
きっかけは、彼女が血圧などを計測している時に、私のスマホが鳴ったことです。
計測が終わって見てみると、娘からの連絡でした。

「島野さん、LINEやってるんですね」
その様子を見ていた彼女がそう言いました。
「家族とだけね」
「あ、そうですか?」
「します、僕と、LINE?」
本気でそう聞いた訳ではありません・・・何気なく口にしていました。

「人妻看護師とライン交換してエロ写メ交換してます…(体験談)」の続きを読む

2021年03月13日 09:00

読了時間:約 6

朝の通勤途中に悪質走行の自転車とぶつかり、尻もちを付いて倒れた瞬間に右手首を骨折してしまった。
幸いにも、同じ会社の女性が近くに居たので病院に連れて行ってくれたし、自転車に乗っていた男にもかけあってくれて助かった。

ただ、尻もちを付いた影響で腰も少し痛かったので、その日は仕事を休んでアパートに戻ることにした。
病院に連れて行ってくれたのは、総務部にいる佳恵さんと言う45歳になる熟年女性。
若い時からずっと会社の経理をしている人で、5年前に旦那さんを病気で亡くしてから、大学生になる娘さんと二人で暮らしているらしい。

「ギックリ腰になった俺を看病に来てくれた総務部の熟女と…(体験談)」の続きを読む

2020年12月29日 21:00

読了時間:約 6

あのな、おまいら、ロリ妻とか、年の離れた若い嫁さんとか言って喜ぶヤツが多いけど、俺は嫁にするなら年上がいいと思うぞ。
ノロケとかじゃなくって。
ウチのは、2つ年上なんだわ。
で、何がいいかって、とにかく楽。
色んな場面で、色んな意味でな。

それと、姉萌えに通じる安らぎ感、癒され感や、場合によっては被虐感かな。
(俺、別にMってわけではないんだが)
ま、ここは好みの問題もあるかもな。
あ、間違えんなよ。
楽って、俺が特別甘ったれてるとか、ぐうたらだとかじゃないからな。
一応まともな大学を出て、ちゃんした会社できちんと仕事もしてるし、嫁親のウケも悪くない。

「姐さん女房だが姉萌えに通じるエロさが最高です…(体験談)」の続きを読む

2020年12月21日 21:00

読了時間:約 5

離婚して2年目、再婚もして今は平穏無事に暮らしていた。
しかし元女房(弓子)のメールで「話がしたい」と言うので久しぶりに会った。
他愛もない話に恋愛話、ゆくゆくはセックスの話まで・・

弓子はテーブルの下で足を伸ばし股間をぐりぐりと刺激してくる。
その顔は口元に微笑を含んで強い視線でジッと僕を見ている。
その顔をされるとたまらなく愛しく感じて、店を後にし、弓子の車に乗った。
さっきまでのHモードでワクワクしている俺を無視するかのように、平気で僕を駅まで送ろうとしていた。

「ドSな元妻に翻弄されて何度もイカされるMな俺…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年12月19日 21:00

読了時間:約 6

皆さんはどうですかねえ?
初体験した女をまだ忘れられない。
そういう方が多いと思うんですけど…。違います?
男にとっても女にとっても、セックス初体験は人生で一度きりしかない、大人の扉を開く一大イベントですから忘れないでしょう。
そんな記念日と記念する相手はね。

自身の思い出を振り返ると、僕の初体験は中1のときでしたよ。
相手は、自分の母親が経営する美容院の店長で、歳は僕より14歳上。
名前は江里という、白いブラウスと黒のスラックスが似合う綺麗でスリムなお姉さんでしたね 。

「中1の僕に筆おろしをしてくれた14歳年上の女性と15年ぶりの中出しセックス…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年12月04日 21:00

読了時間:約 3

俺は34歳の家族持ち。
単身赴任で来ている工場で、パートタイマーで働いているバツイチの女性と付き合っている。
彼女は高校生の娘さんと二人で生活しているとのこと。
今42歳で、離婚してからすでに7年が過ぎているとのこと。

一緒に働く職場なので、俺は平社員だが俺の指示で働いてもらっている。
色々話をするようになった。
大柄で1m60cm少しあると思う。
いつもジーンズだがローライズのジーンズで、しゃがんだり腰を曲げると大きな丸いお尻の割れ目が丸見え。
胸も大きい。

「何でもしてくれるバツイチ熟女をパイパンにしてる…(体験談)」の続きを読む

1 / 1112345...10...最後 »