2022年01月02日 21:00

読了時間:約 8

投稿者:ksack さん

「フェラはもういいから、こっち来いよ」

セフレのユリ29才、子持ちの人妻。
大学で助手をしている。
俺は独身23才、町工場で働いてる。

チンポの上あたりに股がせて、腰を浮かしたユリのオマンコに指入れて手マンしてやる。
「あ〜、出ちゃう、出ちゃう〜」

ユリはちょいブスだが胸はDカップ。
メガネを外すと以外と色っぽい。
子供産んでも腰のくびれはあって、抱き心地のいい体している。

「セフレの人妻に知らぬ間に「托卵」させられてた俺…(体験談)」の続きを読む

2022年01月01日 15:00

読了時間:約 2

体験談タイトル:主人以外の男性に中出しされてしまった体験談

結婚して4年になる人妻のひとみ(仮名)です。

結婚前は、不倫するなんて旦那さんに愛されていないんだな、って思ってました。

でもそういうわけではないのですよね。私は主人に愛されているという自覚も、大切にされているという実感もあるのですが、あくまでそれは家族としてなのです。

妻として愛してもらえるのは嬉しいけれど、女として愛されたいという気持ちがずっとどこかにありました。

「人妻ですが夫以外の男性に強引に中出しされた結果…(体験談)」の続きを読む

2021年12月25日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:いかすみ さん

俺が学生時代に過ごした家は父の会社の社宅でした。
この社宅にはベランダがあったのですが、隣の家との仕切りがプラスチック版のような薄い板で簡単に取り外せるようになっていました。

なぜ、このような作りになっていたかよくわかりませんが、今思えばこの社宅の作りはマジでグッジョブでした。
ある時、若い夫婦が隣の部屋に入ってきました。
旦那さんも奥さんも20代前半みたいで、夜になるとたまに夜の営みの声が隣から聞こえてきました。

「お隣の奥さんの洗濯ものを見ておっきさせてたら…(体験談)」の続きを読む

2021年12月03日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:整体師 さん(男性・20代)

俺は整体学校を卒業してから22歳で一般企業に就職した。
「お前は整体学校を卒業したのに整体師になって働かないのか?」
と両親には散々文句言われたが、これが時代の流れなのだから仕方がないだろう。

とりあえず、無事に就職できただけでもありがたいと思った方がいいはずだ。
俺は就職できたことを前向きに考えて仕事を頑張っていたが、始めに聞いていた金額より給料が少なくて、数か月後には仕事に対するモチベーションが落ちていた。
そのため、副業でもやって稼ぐことを考え始めた。
俺ができることと言ったらマッサージぐらいしかなかった。
マッサージなら一通りできるしお客が満足してくれたら口コミで広がるかもしれない。

「マッサージの副業始めたら熟女とやりまくれた…(体験談)」の続きを読む

2021年11月28日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:飯田 さん(男性・40代)

俺は最近テレビで有名になったマグロ一本釣りの漁師町に住んでいる漁師。
今年で42歳になる独身(バツ1)です。
漁師は天候が良ければ船を出して獲物を追いかけれるが、海がシケるとしばらく漁具のメンテナンスをしています。

マグロ釣りは基本的に釣れない日の方が多く、1本釣れるだけで数日分の日当が稼げます。
逆に、1週間以上釣れない時なんてしょっちゅうですし、家族を養っている漁師の先輩方はすごく大変だと思います。

俺は過去に一度結婚をしましたが、マグロ漁師と言う特殊な仕事に嫁がついて来れなくて、いつの間にか家から出て行ってしまいました。

「漁師仲間のエロ尻嫁が金を借りに来た結果…(体験談)」の続きを読む

2021年11月27日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:小峠 さん(男性・20代)

【体験談】マダムの本当の目的は・・・

黒髪にメガネ。どちらかといえば草食系。
ごく普通の大学生にしか見えない僕にも、ひとつだけ秘密の楽しみがある。
訪問マッサージ。
これが最近はじめたバイトだ。
正式に雇われたわけじゃなくてあくまでも個人契約だから、隠れバイトとでも言っておこうか。

べつに、やましいバイトじゃない。
ひまを持て余している主婦の家を訪問して、1時間くらいマッサージをする。
もちろん、エッチなサービスは一切なし。
もともとは、新聞の集金で通っていた家だった。
毎月通ううちに奥さんと仲良くなり、集金のバイトをやめると話したら、この訪問マッサージを頼まれたのだった。

「学生の僕が人妻に訪問マッサージを頼まれた結果…(体験談)」の続きを読む

2021年09月13日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:早智子 さん(女性・30代)

今年で三十歳になる女です。
結婚しています。
子供はまだいません・・。

去年、旦那さんが転勤になり、ある場所の団地で今、暮らしています。
私にとって本当に悪夢みたいなことが起こって・・一刻もはやくここから離れたいのですが、でも旦那さんには言えずにいます・・。

「団地の共同菜園でご近所の老人にセクハラされました…(体験談)」の続きを読む

2021年08月22日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:人妻を自分好みのセフレにする為の方法教えます!

女性の扱いは一律ではありません。
年代・生活環境・性格によって扱い方が変わってきます。

それプラス既婚女性は未婚女性と比べると遊びや趣味といった自分中心の思考より、家族や生活のことといった自分以外を含めた考え方・物の見方になっているので、そういった点も理解して接する必要があります。

女性は男性よりも強かですから、見た目や雰囲気、目に見える情報だけに惑わされないように狩っていきましょう!

「【年代別】人妻を自分好みのセフレにする方法教えます…!(体験談)」の続きを読む

2021年08月20日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:人妻熟女とはさくっと気軽に会えるアプリを活用しよう

人妻熟女と出会うには出会いアプリが欠かせません。
人妻熟女とはサクッと気軽に会うのが基本なので、あまり継続しようと思わないことです。

毎回、違う人を探さないといけないので意外と大変です。
それを大変と思わずにこれくらいなら簡単と思える人のみがおこなえます。

なので、めんどくさがりの人は基本的に人妻熟女と会うことに向いてませんので、風俗に行きましょう。
それが一番手っ取り早いです。

「手っ取り早く人妻とセックスする方法がこちら…(体験談)」の続きを読む

2021年08月17日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:美熟女ファン さん(男性・60代)

タイトル:ランチ後は美味しいデザートを

小生、ビジネスコンサルタントを生業としているバツ3の独身男性です。
普段からグルメ気取りで美味しいものを食べるのが好きで、そして美味しかったお店をブログ等で紹介していたら、コンサルをしている女性経営者及び個人事業主の皆様から「お食事ご一緒させて下さい」というお話を頂戴して、それではビジネス交流を兼ねて女性経営者及び弁護士・医師・税理士等の女性個人事業主を対象としたランチ会を主催する事になり、毎月20名程の完全予約制にして開催しています。

ある日のランチ会に小生の顧問先の女性経営者が個人事業主だと同伴者を連れて参加されていました。
その同伴者は以前から小生に興味があったらしく初対面なのにいきなり「◯◯さん、ランチ後お時間ございませんか?」と言うのである。

「ビジネス交流のランチ会に応募してきた女性経営者の本当の狙い…(体験談)」の続きを読む

2021年08月08日 09:00

読了時間:約 2

投稿者:ヒロコ さん(女性・50代)
タイトル:四十年ぶりの再開

私は現在58歳。
三年前のことです。
出会い系サイトで「舐め犬募集」で45歳として登録してました。
旦那とはもう15年以上レスで、子供二人も独立して、たまに近所の中学生時代の同級生と居酒屋で飲む程度でした。

書き込みで、
「年齢問わない。出産経験者に限る。乳首が大きく乳輪が大きな女性。一般常識とマナーがちゃんとある女性限定」とあり、私は連絡し、やり取りをしました。

「還暦前に同級生と再会して手に入れた本物の愛…(体験談)」の続きを読む

2021年07月04日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:ポンタ さん(男性・20代)

製造業の会社に勤めている26歳の男です。
俺が働いている会社は従業員数が20人程度の小規模な所でして、現在は社長の娘のN子さんが中心になって会社を切り盛りしています。

N子さんの年齢は45歳。
性格はすごくサバサバしていて男勝り。
彼女はなかなかの美人(年齢的にはもう美熟女かもしれませんが)なのですが、会社の経営が忙しすぎて恋する暇も無いのか40代半ばにしていまだ独身。

「忘年会のビンゴの景品に「おめこ券」と書いてあった結果…(体験談)」の続きを読む

2021年06月21日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:黒霧島 さん(男性・50代)
タイトル:20年来の知り合い… まさかの騎乗位…

ゴルフの帰り道、道の駅でトイレ休憩、ついでに店内を見て回っていると、すると、(あれ…) かれこれ20年前から顔見知りの業者さん千恵子さん44歳(家族経営、業種は秘密)が小さく手を振ってます。

「やっぱり○○さん、さっきから似てるな~と思って見ていたんだよ~ 何でこんな所いるの?」
「オレ、ゴルフの帰り!」
「お前、こそ何しているの?」
「納品~ もう、終わった~ イヤだな~ ここは私の地元だよ~」

「20年来の知り合いの業者の女性(44)と宅飲みでまさかの展開に…(体験談)」の続きを読む

2021年06月17日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:スモールダディ さん(男性・20代)

連休が取れたので、久しぶりに実家に帰ることにした。
連絡をするのを忘れていたけど、まぁいいだろうって思って帰宅してみたら、玄関には靴がない。
誰もいないのに、鍵開いてたのか?不用心だなぁ、って思ってリビングへ入ってみると、数年前に父が再婚した新しい母がセクシーランジェリーっていうの?エロい恰好でくつろいでいた。

「あれ、おかえりなさい」
にっこり微笑まれたけど、自分の姿がわかっていないのだろうか?
テレビをつけて、ソファーに座りながらタオルで髪を拭いている。
シャワーでも浴びてきたあとだったみたいだ。

「風呂上がりの継母(35)にセクシーランジェリー姿で襲われて…(体験談)」の続きを読む

2021年06月03日 21:00

読了時間:約 2

投稿者:若妻最高! さん(男性・20代)

大してエロくはないが、俺自身の人生の中でもかなり興奮した話をひとつ。
精神年齢が低いリーマン。
年齢は28歳だが、精神年齢は小〇生。
ゲーム、おもちゃ好きでよく店に行ってる。

まわりがガキだらけの中、レゴとかプラモとかトミカとか買いに行ってると、同じマンションのガキ(6歳)と仲良くなった。
なついてくれるのは結構嬉しい。
おまけに、そのガキの親の人妻、さやかさんとも話すようになった。

「オタクの俺がエロい若ママと一緒に風呂に入れた経緯…(体験談)」の続きを読む

2021年05月27日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:霧島 さん(男性・50代)
タイトル:人妻とラブホで介護ごっこ

3年ぶり位に退社した里美(偽名)が店に買い物に来ました。
15年下の40才ふたりの子持ちの人妻。
私のタイプではありませんでしたが、小動物系の可愛い感じで、背は低いですが均等のとれたスタイル。
働いていた時から私になつき、なんとなく好意を感じていました。

当時、会社の飲み会の時に、家庭内離婚状態と笑って言ってました。
旦那と巧くいってないみたいでした。
里美は「久しぶり!元気~!」
私を見てニコニコしてます。

「介護士の四十路人妻にラブホで介護ごっこしてもらった…(体験談)」の続きを読む

2021年04月14日 09:00

読了時間:約 4

オレが一か月間だけしていたバイトがある。
それは誰にも言えないバイトだった。
表向きはリラクゼーションと言ってもいいだろう。
しかしその店に看板は無い。
特定の人だけが知っている所にその店はある。

予約は前日までのメール連絡で受け付ける。
そしてその時間にいかにもどこかの事務所と言うナリをしている建物に入ってもらうのだ。
そこが何をするところなのかは、実際に予約を入れているお客さんしか解らない。
実は会員制の店なのである。

「美人人妻しか使えない女性風俗で働いていた時の話…(体験談)」の続きを読む

2021年04月09日 09:00

読了時間:約 4

オレは何気に料理に興味があって、たまに暇な時に料理教室に通っている。
オレがよく行く教室は個人でやっているところで、会場もその先生の自宅だ。

先生はまだ子供が小さくて目を離せないので、自宅で仕事をしたいがための料理教室である。
彼女はリョウコといって32歳、旦那は一流商社マンらしくお金持ちなのだろう。
立派で広い家である。
金持ちはキレイな奥さんを見つけるもので、リョウコはモデルにでもなりそうなくらいキレイな女である。

「イタズラっ子のおかげで料理教室の美人先生と…(体験談)」の続きを読む

2021年04月05日 21:00

読了時間:約 3

会社の30才健診で、「少し体脂肪多め」と言われ、運動を勧められた。
しばらくして健康管理センターから案内が来た。
「週1回、1~2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しないか」とのこと。

面白半分に申し込んでみた。
初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら・・・これが幸運のはじまり。
健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。
2人1組で、柔軟やら軽いウェイトやら。

「社内の健康指導で美人巨乳人妻との夢のような一か月…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年04月04日 21:00

読了時間:約 10

二年前の話。もう辞めちゃったけど。
夜中1時に待機所で待っていると一本の電話。
「あのぉ~トイレが詰まっちゃったんです!」

料金の説明をしていざ出発。
しかしこんな事三年も繰り返してると正直イヤになる。
水道トラブル。トイレトラブル。24時間365日。
大概夜の依頼というのは馬鹿な故障が多い。

「深夜にトイレを詰まらせて電話してきた変態奥様…(体験談)」の続きを読む