2017年04月02日 09:00

読了時間:約 3

12年前の新入社員だった時の話

就職氷河期を乗り越え、俺は第一志望の会社にどうにか就職できた。
しかし研修を終え配属されたのは一番の不人気部署。
俺は凹んだが、持ち前の体育会系の明るさと体力で何とか切り抜け、仕事にも慣れ始めた。
半年の試用期間も無事こなし、本採用の辞令を受け取った翌週に1泊2日で慰安旅行が催された。

「慰安旅行で先輩に喰われた新入社員のワイの末路…(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 21:00

読了時間:約 5

俺は中学・高校と、女子たちから「変態」扱いされるほどにエロかった。
もちろん、いい大人になった今もエロい。
数年前から、新卒の面接試験では、まず胸と尻を見てしまうくらいに、変態だ。それは自負している。
そんな俺も、生まれたときから変態だったというわけではない。

「小1の時にクラス一の美少女のアソコを舐めた思い出(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 18:00

読了時間:約 6

コンビニでアルバイトしている大学二年生です。
そのコンビニでは大学一年からアルバイトしてるんですが、一歳下、今年の新入生にあいちゃんという子が入ってきました。

可愛らしい雰囲気の子で、大学入学と同時に染める女の子が多い中、
「まだ未成年ですし、親にお世話になってますから」ということで髪を染めない、お酒も飲まないという真面目な子でした。

「【胸糞注意】バイト先の巨乳で内気なあいちゃん…(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 15:00

読了時間:約 4

俺の嫁には中学生の妹がいます。
嫁は22歳で、結構、歳が離れている妹を可愛がっていました。
嫁も妹・カノンも黒目がちでロリ顔の可愛い系です。

妹のカノンが反抗期で非行に走ってから、嫁は距離を置いていました。

「嫁の妹(JC)を家に泊めたら…(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 12:00

読了時間:約 5

僕が小学校5年のときの話。
クラスメイトに柔道をやってる女の子・・・まなみがいた。
顔は普通かちょっとだけ普通より可愛いくらいで体格も決して大きくもなく、ちょっと活発なだけの普通の女の子って感じ。

「【精通】おてんば女子の電気アンマで覚えた最高の快感(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 09:00

読了時間:約 7

初Hが4P(男3:女1)だったこと。俺たちが中2の時。 
その日は部活後友人Aの家に4人集まってダンスマニアをしてた。 

結果的に俺たちにマワされたコは学年でもダントツにカワイイS(ファン多数)。 
友人Aの幼なじみということもあり、たまたま遊びに来ていた。俺とSとはクラス違い。

「【レイプ】男3人で学年一かわいい女子を輪姦した初体験(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 06:00

読了時間:約 4

ぼくも彼女も学生だったころ
彼女は家賃をバイトで稼いで自分で払ってました。
バイトしながらの学生って遊ぶ時間なくなるし・・・
ある日彼女が原宿であるいていると、スカウトマンに声かけられたとのこと。
H系の素人モデルの派遣事務所。

「【寝取られ?】彼女がH系モデルのバイト始めてから堕ちていくまで…(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 06:00

読了時間:約 4

部活(吹奏楽部)が終わって新入の俺とA子が当番で楽器や譜面台を片づけに音楽準備室で居残っていたとき、その隣の理科準備室で変な物音がしてるのにA子が気づいた。
(A子は消防の時からの同級生)

「なぁなぁ○(俺)、隣誰かおるんちゃう?」 
「うそ、ほんまか?ちょっと見てくるわ」

「【手コキ】同級生女と一緒に先輩のセックスを見てしまい…(体験談)」の続きを読む

2017年04月01日 00:00

読了時間:約 26

酔った会社の巨乳アイドルと野球拳した結果…(体験談)※前編

さすがに豊かな美しいバストは両腕で隠しているものの、これはかなりの生唾ものです。
片手づつ離しながら踊りにあわせてひらひらさせ、残った片手で胸をかくしていますが、手を替えるときにはチラチラとピンクの乳輪がのぞいてしまったりします。、
途中からはたしかに下心はあったものの、まさかここまで完璧にうまくいくとは・・・

「酔った会社の巨乳アイドルと野球拳した結果…(体験談)※後編」の続きを読む

2017年03月31日 21:00

読了時間:約 21

以前同じ会社に勤めていた裕美ちゃんは、ベビーフェイスで背も小さめだけれど、意外とスタイルはよくて、なんというか男心を惹かずにはいられないという感じの魅力的なOLさんでした。
性格も明るくて会社のアイドル的な存在だったように思います。

まだ学生気分がぬけないのか、会社に来るのにミニスカートだったり、ちょっと派手めの胸元が大きく開いている服を着てきたりと、少し小悪魔的な雰囲気もある女の子で、男性社員にも人気でした。

「酔った会社の巨乳アイドルと野球拳した結果…(体験談)※前編」の続きを読む

2017年03月31日 18:00

読了時間:約 4

俺には4つ年上の姉がいる。
今思うと完全にアウトだろって思うんだけど、小さいときに姉とやっていた遊びのことを書こうと思う。

たしかその当時は、俺が小学生くらい。
姉も小学校の高学年くらいだったと思う。

「【黒歴史】小さい頃に姉とやってた「舐め犬」ごっこ(体験談)」の続きを読む

2017年03月31日 15:00

読了時間:約 11

元々相手からは好意は持たれてたのでアレだが、大学時代、忘年会後に処女の後輩をお持ち帰りした事はあった

その子が入学してから俺が色々世話焼いてて、そこから軽口程度に
後輩「私、記憶なくなるまでお酒呑んだ事ないんですよねー」
俺「最近20超えたばっかりで何いってんだwつか記憶なくなるなんて中々無いよ」

「【泥酔女】ヤラハタの後輩に頼まれて処女を頂いた話(体験談)」の続きを読む

2017年03月31日 12:00

読了時間:約 14

夏帆とマコ(体験談)【第8話】

16歳の健康な男子がこれだけ魅力的な女性を見て、何とも思わないわけがありません。
それでも、特殊なシチュエーションとは言え彼女の前で言う台詞ではありません。
ただ本当に、どうしても理性で抑えられるものではありませんでした。

「夏帆とマコ(体験談)【最終話】」の続きを読む

2017年03月31日 09:00

読了時間:約 7

夏帆とマコ(体験談)【第7話】

高校生になりました。マコと同じクラスでした。
この頃にはマコも、俺をケンタと呼ぶようになりました。

中学から彼女がいるということで、周りからは一目置かれると同時に、モテずに済みました。
入った野球部はやっぱり弱小だったので活躍できたけど、坊主頭なのもあってさらにモテません。

「夏帆とマコ(体験談)【第8話】」の続きを読む

2017年03月31日 06:00

読了時間:約 7

夏帆とマコ(体験談)【第6話】

大事な用があると言って、マコの部屋に入れてもらい向かい合いました。
何も言わずにマコの肩を両手でつかんで、大きな黒い目を見つめました。

マコ「…うん。いいよ。いつでも夏帆の代わりになるって、あたしが言ったんだからね」
俺「今日は代わりじゃないよ」

「夏帆とマコ(体験談)【第7話】」の続きを読む