2016年12月20日 18:00

読了時間:約 4

私はオクテで草食系男子です。

28歳まで女性と付き合ったことは無く、セックスは、大学時代にバイト先のご主人が単身赴任中の40歳のパートおばさんと約1年半、浮気相手をしただけでした。

そんな私は、29歳の時にバツイチ女性と結婚しました。

私が27歳の時、異動した職場で隣になった昭子さんという26歳の女性がその相手です。

昭子さんは眼鏡をかけた大人しくて真面目でお淑やかな女性で、てっきり独身だと思って心惹かれていましたが、当時、結婚2年で離婚協議中でした。

「【SM】妻の元夫から届いたえげつないDVD・・・(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月20日 15:00

読了時間:約 4

「嫌って言いながらぐちゃぐちゃになってんじゃん!」そう耳元に話かけながら僕は手で露出おばさんのアソコを弄ぶ。

「嫌っ!ダメっ!やめ…嫌っ!」と声は段々と小さくなりそれと反比例して喘ぎ声が大きくなる。

アソコからは液が溢れて僕の手を汚している。

僕は夏休みに入りバイトの合間に暇を持て余して少し離れた公園まで来ていた。

公園は大きく場所によっては人通りもまばらで静かだった。

どこかベンチを探そうかとあたりを見回しているとトイレから女の人がでてくるのが見えた。

女の人は人気のない公園の奥へ入って行くのでふと違和感を覚え後を付いていくことにした。

「【露出】野外オナニーしてたおばさんを脅して強制フェラ(体験談)」の続きを読む

2016年12月20日 12:00

読了時間:約 7

数年前の話

すでに社会人だった俺は時々妹に小遣いをあげてた
高校の帰りにファミレスでメシ誘って、食べたあとに小遣いあげたら
「援交みたい(笑)」
と無邪気に言われたのがキッカケ

ちょ、オマ、声デカいしw
とテンパりまくったけど、なんか単なる可愛い妹が急にエロ可愛いい妹になってしまいハァハァした

「援交とかしてる友達いんの?つか、オマエまさか?」
「するわけないでしょ、お兄ちゃんがくれる小遣いだって貯金してるくらいのマジメな妹ですっ」
って言ったあとベェーって舌出して悪戯っぽい微笑み

「【近親相姦】妹「援交してやる!」→その理由が…(体験談)」の続きを読む

2016年12月20日 09:00

読了時間:約 3

はじめてのオナニーは小6の夏休みでした。
2こ違いの姉貴と、留守番のときプロレスのわざをかけたりくすぐりっこして、取っ組み合いしてたときでした。

ぼくが姉をうしろから抱きしめるようにして胸をもんでいると(こんなの普通でした)何を思ったか、姉がいきなりTシャツをまくり「吸ってみて」とぼくに言ったのです。

姉のオッパイを見たのは何度もあったし、慣れてたけど、好奇心で吸ってみました。

小さいうす茶色の乳首が、吸ったら尖ってきて、姉は感じるのか、息が荒くなって、目がすごくキラキラ輝いていました。

「【近親相姦】姉とプロレスごっこしてたら突然自らTシャツをまくり上げた姉が…(体験談)」の続きを読む

2016年12月20日 03:00

読了時間:約 5

もう、30年近く昔の話・・・

東京で大学生活を始めた俺は、貧乏だったから下宿に住んだ。

小さな下宿で、6畳間が4部屋で、1年生の俺の他は4年生が2人と留年した5年生が1人だった。

圧倒的に年下が一人の状態で、緊張した毎日が始まった。
ある日、風呂に入っていると3人の先輩が入ってきて、

「おう、新人。チンポ出せや・・・」

両腕を抱えられて、5年生の林さんにチンポを弄られ勃起した。

「おいおい、男に弄られて勃起すんのか?お前、素質あるなぁ・・・」

「【ホモ】大学時代の下宿先で鍛えられたチンコとケツ穴・・・(体験談)」の続きを読む

2016年12月19日 21:00

読了時間:約 5

私の初体験は高校1年の夏、相手は母親の5番目の妹のS叔母さんだった。
S叔母さんは当時確か32歳、芸能人でいえば深田恭子似の美人だった。

両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行くことになった。
その間、母親が私の面倒をS叔母さに頼んだ。
S叔母さんはご主人が海外単身赴任中で、子供はいなく時間的に余裕があるためだった。
もちろん私一人でも食事の用意等身の回りのことはすべてやれたが、あえてS叔母さんに頼んだようだった。

「【初体験】叔母さんが高1の僕を誘惑してきた本当の理由・・・(体験談)」の続きを読む

2016年12月19日 18:00

読了時間:約 5

中学の修学旅行でのはなし。
宿は和式の部屋でした。6人がグループになって、一つの部屋を使っていました。

夜になって、クラスの女子の部屋に遊びにいきました。
ほかの部屋の女の子も何人か来て、みんなでトランプなんかでさわいでいました。

そのうち負けた人はバツゲームなんて話が出てさらに白熱しました。
バツゲームは負けた人が服を脱ぐのですが、みんな布団を使って隠してよいということで、女子ものってくれました。

「【エロ体験談】修学旅行の夜、女子にやりすぎたイタズラ…」の続きを読む

2016年12月19日 15:00

読了時間:約 8

俺が大学生だった頃の話、当時俺は4つ隣駅のファーストフード店でバイトをしていたのだがたまたまそこに同じ地元の高校生の女(仮にSとします)がいた。

Sは俺の3つ下の当時高校2年で、モー娘。の紺野が痩せてちょいお姉にさせた感じの感じのカワイイ女だった。

ノリも非常によくて、バイト先での飲み会とかカラオケに行くと率先して飲んだり(しかし酒は弱かった)、アユの物真似して歌を歌ったりしてバイト連中にも人気が高かった。

「【エロ体験談】バイト先のJKに大人のおもちゃを見せたら…」の続きを読む

2016年12月19日 09:00

読了時間:約 8

究極に恥ずかしかった体験を書きます。

当時僕は中学2年生で、オナニーも覚えて毎日のようにしていました。
ある日、いつものようにオナニーしていると、亀頭のカリの部分に小さなプツプツがたくさんできていることに気づきました。

性病というものはどんな病気か知らなかったけど、自分が性病になったんだと思って恐くなり、病院へ行くことを決めました。

「【手コキ】泌尿器科で女医と看護師の前で勃起してしまい…(体験談)」の続きを読む

2016年12月19日 03:00

読了時間:約 4

これは私の体験ではなく、目撃談です。

私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めています。
事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が応募してきたことから始まります。

彼女はグラビアアイドルの乙葉に外見が良く似ていて、同じように巨乳です。講師の採用に当たっては、フランチャイズチェーンのオーナー(50代男性)とペアになって面接をしますが、たいそう彼女のことが気に入り、彼女が帰ったあと私に「あの娘、ええ乳しとったなあ」と話し掛けてきました。

その言い方がいかにもエロ親父らしく、あまりいい感じはしませんでした。

「【覗き】バイト先のオーナーにレイプされた巨乳女子大生(体験談)」の続きを読む

2016年12月18日 21:00

読了時間:約 4

いつものようにローションたっぷりつけて前立腺を刺激しオナニーをしていると急に物寂しくなったのがきっかけでした。
本物ってどんな感覚なのかなぁー
って良く思うようになりました。

それまで、ハリガタやバイブを使って自分でやった事はたくさんありましたが、なぜか今回オナニーをして、急に本物の味に興味津々になってしまいました。

「【ホモ】前立腺オナニーに物足りなくなって相手募集したら(体験談)」の続きを読む

2016年12月18日 18:00

読了時間:約 8

今年に入ってすぐ親戚の人の一周忌があり、結構普段からお付き合いがあったので僕も妹も出席しました。

普段僕は県外に出てて、ちょうど法事のとき実家に帰ってたんです。
妹は昨年のお葬式には高校の制服で出たのですが、高校を卒業したこともあってさすがに制服ではちょっと・・・ってことで礼服を買ったみたいでした。

法事の当日に初めて妹の喪服(礼服)姿を見たのですが、結構大人びて見えてちょっとドキッとしました。

「【近親相姦】法事の時、妹の喪服に興奮してレイプしてしまった(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月18日 12:00

読了時間:約 13

この夏休みの話だ。日射しが強烈な土曜の午後、
6年生になる息子の同級生3人が我が家に遊びに来た。

4人で市民プールへ行くから、車で送ってほしいという。
あいにく私は予約していた理髪店へ行くところで、代わりに妻が送ることになった。

子供たちにすれば、送ってくれさえすれば誰でも構わない
…というかむしろ、美人で気さくな妻に送ってもらえると喜んでいたようだ。

「【覗き】妻(35)が息子の友達にプールでイタズラされてた(体験談)」の続きを読む

2016年12月18日 09:00

読了時間:約 3

中学に入ったあたりからエロに歯止めが利かなくなって、
隣の部屋で寝てたJk姉のまんまん舐めながらオナニーしてたらばれて家族会議。

部屋を強制調査されて幼女系、近親相姦系の漫画コレクションが見つかって更に説教されたり、
姉の陰毛コレクション(年齢別取得場所別に何年にも渡ってファイリングしてた)見つかったり、
オナニーに使用後洗濯して乾かし中だった姉パンツやJS妹パンツ見つかったりで散々だった。

(いつも使用後にきちんと洗濯して乾かしてからきれいに畳んでタンスに戻してた)

「【近親相姦】姉のマンコ舐めながらオナニーしてたらバレた(体験談)」の続きを読む

2016年12月18日 06:00

読了時間:約 2

パタパタパタ
カチャ
嫁「・・・(様子をうかがっている)」

忍び足で寝室に入ってくる嫁
嫁「朝だよー(小声)」
俺「すかぴー」

そーっとベッドににじり寄ってくる嫁
嫁「朝ですよー(小声)」
俺「んんー」

ベッドの足元から侵入を開始する嫁
嫁「しょうがないなー(もぞもぞ)」
俺「んん?(・・入ってきた・・・)」

「【フェラ】嫁が朝フェラで起こしに来る理由・・・(体験談)」の続きを読む

タグ: