2020年11月19日 09:00

読了時間:約 4

オレが働く居酒屋のお客さんに一組のカップルがいる。
まだ二人とも若く、彼氏は29歳で彼女はまだ24歳だ。
お客さんとして見ている限りでは、とてもラブラブで羨ましいくらいである。

そんな彼女の方なのだが、至って真面目で絶対にハメを外さないだろうという印象。
一緒に飲んでいるときも、カウンターなのだが彼の方に体を向けて話を聞いている。
なんとも純粋すぎる女なのだろう。
彼女はワカコといって、天然っぽさのある可愛い女だった。
ぽっちゃり目ではあるが胸もあるし、男が好きになりそうな体系である。

「勤務先の居酒屋の常連カップルの巨乳彼女の悩みを聞いてムラっときて…(体験談)」の続きを読む

2020年11月18日 21:00

読了時間:約 3

ごくごく普通の子宮がん検診の話です。
少し、いいや、とってもイレギュラーな話でもあります。
ほとんどの市町村がそうだと思うのですが40歳ぐらいから千円程度で子宮がん検診を受けられます。

妻は40歳になった時に指定の医院から少しひなびた所を選び受診しました。
妻によると事務員も看護師もいないおじいちゃん先生一人だけでやっていました。
入ってから出るまで20分ぐらいでしたが他に検診に来る人も診察に来る患者も一人もいませんでした。

「妻の子宮がん検診の付き添いでひなびた産婦人科へ行った結果…(体験談)」の続きを読む

2020年11月18日 09:00

読了時間:約 4

オレがまだ若いころにいた会社では定期的に飲み会があった。
その課の中で三か月に一回くらいのペースだろうか、総勢男女合わせて12人くらいの人数である。
男女比は男性がちょっと多いくらいのもので、女性は5人。
しかし一人を除いては既婚者なので、一次会で帰ってしまう。

残ったオレを含めた男性社員とまだ未婚の女で二次会に行くのが定番だ。
その未婚の女と言うのが、サユリといって24歳、オレと同期の可愛い子だ。
愛想もよく、女が自分一人しかいなくても、しっかり二次会に来る所が偉い。
しかし、その二次会が彼女にとっては大変であることもある。

「【フェラ】飲み会で上司たちのセクハラにうんざりしてる同僚女子に…(体験談)」の続きを読む

2020年11月17日 21:00

読了時間:約 7

俺が学生時代に出会い系を利用していたときの話なんだけど、和美ちゃんという女性に会った。
ナイスバディーで顔も幼い感じでちょっと厚めの唇と大きめの胸がエロイ。
職業を聞いたらなんとナース!!
会って直ぐに和美ちゃんと仲良くなっていった。

和美ちゃんの職場での話しを聞くと「たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、添い寝してあげるんだけど、この間、胸を触られちゃったのよ~。それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだから、『こら、やめなさい!』って怒ったんだけど、実は結構感じちゃった~」といった話を聞いたときは、制服着た時の下の豊満なオッパイを妄想しながらモッキしてしまいました。

「出会い系で知り合ったFカップ巨乳看護師のお漏らし…(体験談)」の続きを読む

2020年11月17日 09:00

読了時間:約 4

誰にも言えなくて悶々としてるので投下してみます。
先週末、5人で呑みに行きました。
先輩と先輩が連れてきた女、友人とその彼女、そして俺っていうメンツ。

ホントは友人と彼女と3人で呑むはずだったんだけど、いきなり先輩から連絡があって合流する事になった。
先輩:大学の同じ部活で1つ年上。
先輩が連れてきた子:どっかの短大2年、俺らの1つ下でギャル系。
友人:同じ部活の同級生。
友人の彼女:違う大学で同級生。長澤まさみ似の美人。

「見てしまった友人彼女とチャラ男先輩の秘密…(体験談)」の続きを読む

2020年11月16日 21:00

読了時間:約 6

今日!日付が変わったから昨日!
県内で有数の風俗スポット(ソープ街)に友達と2人で車で3時間かけて行って来た。
そこで中学と高校が同じだった美幸がいたのだ!
普通は県外でそういうことをすると聞いていたのだが、同じ県内の遠いところにいた!!!

俺が部屋で待っていると美幸が入って来た。
俺は一瞬で美幸だとわかった!
かなり気まずかった・・・。
美幸も俺だとすぐわかったみたいだったが、凄く嫌な顔をされた。

「ソープ行ったら元ヤンの同級生が出てきた結果…(体験談)」の続きを読む

2020年11月16日 09:00

読了時間:約 3

俺は18歳の大学生。
母親は結構な家のお嬢様。
高校在学中に父親とお見合いして結婚。
そのまま学校やめて出産。
生まれたのが俺。

父親は俺が小さい時に事故死。
生活は保険金と両親どちらもいいとこの家だから問題なし。
今、36歳の母親は結構な美人。
身長170cm近くあって、かなり細いのに乳と尻が突き出たエロい体してる。
顔はちょっと垂れ目の優しい美人。
小さい頃から買い物に行くと、普通にナンパやスカウトされてた。

「【母子相姦】変態義父に美人過ぎる母親とセックスさせられた…(体験談)」の続きを読む

2020年11月15日 21:00

読了時間:約 5

これは奇跡の再会というべき話です。
話は去年の7月に遡ります。
僕の勤めている会社(と言っても総勢でも7人という小さな事務所)で事務職の女性を探していた時です。

37歳の奥さんが応募してきました。
僕としては、もう少し若い方を探していました。
イメージ的にパソコンとか使えそうにないなとか、大した理由ではないのですが・・・。
それで、ある部下に面接をさせました。

「面接に来た巨乳事務員は20年前にセックスした子だった…(体験談)」の続きを読む

2020年11月15日 09:00

読了時間:約 4

俺が新卒で就職した会社での話なんだけど、規模の小さな会社で同期入社は俺を含め男5・女3。
先輩達も言ってたけど、女の子達のレベルが高く、「今年から面接は見た目重視に変わったのか?」と冗談交じりに言ってたぐらい。

で、そのうちの一人のエリって娘は美人というよりもカワイイってタイプで、打ち解けやすく気が合ったので、仕事後によく飯を食いに行ったりしていてた。
その頃にはお互いに付き合ってる相手がいることも分かったので、お互いの相手の愚痴や、際どいエッチ話を出来るぐらいに仲良くなれた。

「同期の彼氏アリ美女に飲み会でフェラしてもらった話…(体験談)」の続きを読む

2020年11月14日 21:00

読了時間:約 2

高3の時、古流柔術の道場で袴を着て同門の女の子と組み手やってて、寝技に持ち込んだわけ。
今やってないからどんな名前の寝技か忘れたけど、いわゆる69の姿勢みたいになる技(今考えると単に失敗しただけかもしれない)。

その技をかけたときに、袴の床に面した方が捲れて相手の女の子の顔面にモロにチンポ(当然下着はナシ)がフィット。
マジでびびった。
んで、とりあえずそのまま膝を極めようとしたんだけど、中3の少女の顔にチンポを擦り付けてると思うと・・・勃ってしまった。
(今考えても恥ずかしい)

「柔術の組手中に中3女子に口内射精してしまう事故…(体験談)」の続きを読む

2020年11月14日 09:00

読了時間:約 4

友人に紹介されて行った一つの小さなお店があった。
そこはパジャマを専用に売っていて、女性オーナーさんが一人で切り盛りをしている。
ここにはデパートなどにも市販されているパジャマも置いているのだが、何といってもオーナーさんのオリジナルの手作りパジャマが好評らしいのだ。

数は一点物で、一着はさほど安いとも言えない。
しかし世界に一着という謳い文句でファンの方には知名度が上がってきているとのことだ。
そのオーナーさんはアリサといって、29歳の可愛らしい女である。
ぬいぐるみのようなあどけなさがある、親しみやすい女だ。

「【フェラ】女性オーナーが営むパジャマ屋さんに閉店後にお邪魔して…(体験談)」の続きを読む

2020年11月13日 21:00

読了時間:約 4

俺が某サイトで知り合ってヤった話。
俺、現在24歳。
身長175cm、細身。
会社ではシャレMENで通ってる。

最初は俺が22歳の時のサチ。
この子はそのサイトでメッセ送ったらあっさり返信来た。
ただ俺のメッセは案外簡単で『良かったら仲良くしてくださいー!』とかの一言。
長過ぎたり、変に語ったりするのは女の子は引いちゃうらしい。

「出会い系サイトでお兄ちゃんと呼ばせて萌えた巨乳年下女子と…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年11月13日 09:00

読了時間:約 4

高校生の時なので今から10年ほど前の事です。
部活のバレーの試合をいつも見に来てくれてた女性がいたんです。
県内ではある程度有名校だったんで応援自体は珍しくなかったのですが、彼女は30前後の人で、周りの女子高生とは違う感じで、部員の中でも少し噂になってました。

ある日の試合後に、「◯◯高校のキャプテンの人だよね?いつも応援してるよ」って話しかけられて、流れでアドレスと番号交換する事になって(正直かなり緊張してました)・・・。
メールのやりとりで、彼女の名前は純恵さん。
うちから車で1時間くらいの所に住んでて、子供が2人。
昔バレーしていた事もあって試合を見に来始めた・・・。
そんなことがわかりました。

「部活を見に来てた謎の巨乳美人で筆おろし…(体験談)」の続きを読む

2020年11月12日 21:00

読了時間:約 4

もう10年以上前になるけど、初めてSMクラブに行ったのは錦糸町にあったお店だった。
Mコースが1万円で遊べる、とてもリーズナブルなクラブだった。
錦糸町の駅前の電話ボックスから店に電話を掛ける。
すごくドキドキした。

出たのは女性だった。
「そこからア◯フルの看板が見えますか?そのビルの10階です」と場所の説明を受ける。
自分の声が震えているのがよくわかった。
偽名(友人の名)を伝えて電話を切る。

「はじめて激安SMクラブに行ったときのこと…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年11月12日 09:00

読了時間:約 5

オレは学生時代に演劇部に所属していたことがある。
先輩後輩合わせて20人くらいは仲良くさせてもらっていた。
オレ達がその学校を卒業して10年は経った頃なのだが、たまたま今でも連絡をとっていた元演劇の友人から知らせが来る。

たまには集まってまた何かドラマでも撮ろうよと。
先輩たちからの提案が、オレの元にも来たのだ。
オレは面白いことと思い参加表明を出す。
そんなところから、再びオレ達は素人ながらもドラマをとるということに。

「演劇部OBのドラマ撮影でエロシーン中に暴走して…(体験談)」の続きを読む

2 / 23212345...102030...最後 »