2019年03月20日 21:00

読了時間:約 4

高1の夏、友達二人と伊豆の海に行った。
浜で女の子3人と知り合った。
冴えないやつらだった(中学卒業して、どっかの工場で働いてるって言ってた)けど、男だけじゃつまんなかったし、3対3だったし、まあ、胸とかけっこうあったし、そんな感じだった。

偶然、民宿が同じだったんで、やけに盛り上がって、夜、花火やろう、飲もうってことになって。
オレ達もお酒とかあんまり飲んだことなかったし、女の子もそんな感じで。
そのうち、女の子二人は「頭イター」とかなんとか言って部屋に帰っていった。

「【レイプ】冴えない中卒女を海で輪姦して童貞卒業…(体験談)」の続きを読む

2019年03月20日 09:00

読了時間:約 7

家から歩いて2分くらいの場所にプールがあるんだ。
市営プールなんだけど辺りに民家は少なく、センターの管理人も夜の8時頃には帰っちゃう。
毎年7月に入るとプールの大掃除があるんだけど、プールに僕の家が近いということもあって毎年参加している。

いつも掃除にくるのは年配の方ばかりだったけど去年は違った。
その日は暑かった。
サンダルにハーフパンツ、Tシャツ、首にタオルをかけて出かけたんだ。
そして、僕は・・・その女の子に会ったんだ。

「夜の市民プールで知り合って間もない女子高生に中出し…(体験談)」の続きを読む

2019年03月19日 21:00

読了時間:約 4

今から20年ほど前の話です。
当時、僕(隼人)が大学2年生で20歳の時、同い年で同じ学部で仲良くなった彼女(美紀)と付き合っていました。
お互い話も合うし、趣味も一緒で仲良くしていました。

身体の相性も良く(とは言っても、お互いそれほど経験があったわけではないですが)、会うたびにエッチもしていました。
でも、密かに僕の中で気になっていたのが美紀の母親である美沙さん(当時43歳)でした。

「【浮気】いつもセックスを見せつけてる彼女の欲求不満な母親と…(体験談)」の続きを読む

2019年03月19日 09:00

読了時間:約 5

俺がまだ大学生の頃の話だ。
当時、小6の女の子の家庭教師のアルバイトをしていた。
かなり大きな豪邸だった。

母親は30代後半らしいが、見た目は20代後半に見える。
なぜか、いつもタイトな服を身につけている。
体つきも、出る所は出て、腰のくびれも素晴らしい。
金持ちの奥様だから体にはお金をかけているのだろう。
ジムにも通っているらしい。

「【熟女】家庭教師先の母親に誘われてプールで変態プレイ…(体験談)」の続きを読む

2019年03月18日 09:00

読了時間:約 5

考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。
思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。

それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。
妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。
義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。

「【浮気】四十路の義姉の絶妙なマッサージに屹立してしまい…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年03月17日 21:00

読了時間:約 3

このブスな雌豚とはバイト仲間で、2人とも19歳、高校の時から親友らしく、ずっと一緒にバイトしている。
ブスはブス同志でつるむ事が多い。

まあブスとは言っても努力はしてるらしく、体型は素晴らしい。
というか、かなりエロいブスwww
しかし、顔はホントにひどいもんだ。

「【乱交】ビッチなブス巨乳2人に誘われて3Pしてしまった…(体験談)」の続きを読む

2019年03月15日 21:00

読了時間:約 4

約10年前の高校2年の時、持病の喘息がひどくなった時期があり、よく保健室に行ったりしていた。
一応、喘息の発作を抑えるための吸入薬を持っているのだが、副作用(眠気など)の関係で、学校内で吸入薬を使用する時は保健室に行くことになっていた。

授業中に喘息の発作が起きた時には同じクラスの保健委員のRが一緒に保健室に行くことが多かった。
Rは安めぐみに似ていて、小学校に入る前からの知り合い。
家も隣同士で家族ぐるみの付き合いがある幼馴染みだった。

「【初体験】巨乳の幼馴染と高校の時に保健室で…(体験談)」の続きを読む

2019年03月15日 09:00

読了時間:約 3

今は地方都市の◯校の教師です。
関西の某大学の学生だったとき、同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました。

その人は◯学校の教師でボランティア活動をしていて、よく海外にも行きます。
同じゼミになったのを幸いに、私は最初から狙っていました。
私はなぜか若い女性には興味が湧きません。

ちょっと見は幼く見えるので、“相手にしてくれない”というのが本当かもしれません。
この長所を生かして、家庭教師やコンビニのバイトをしたとき、何人かの熟女たちと関係を持ち、小遣いも稼いでいました。

「教師ですが、おぼこく見える容姿を生かして熟女を喰ってます…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年03月14日 21:00

読了時間:約 5

高校の帰りは週2回が電車で、後の3回が親の車だった。
親の車で帰るのは何もしなくていいし1番楽だが、俺は電車帰りが毎回楽しみだった。
理由は、降りる駅までの間の30分、中学の同級生と会えるからだ。

高校では全く女子と話せない俺も、彼女とは話す事ができた。
彼女とは中学校で2年間クラスが一緒だった。
俺のクラスは他のクラスに比べて男女が仲が良かった。
特別に浮いてる存在の奴もいなかったし、カップルも何組かいた。

「中学の同級生に金貸したら利子としてヤラせてくれた…(体験談)」の続きを読む

2019年03月14日 09:00

読了時間:約 5

俺の場合、お姉さんじゃなくておばさんだった。
お姉さんと初体験とか羨ましい。いいなぁ・・・。

私の初体験は近所に住むおばちゃんでした。
年は38くらいだったと思います。
小柄でぽっちゃりしてて、人当たりもいい人でした。
旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね。
うちの毋と仲良くて、結構家にきてたりしました。

「【初体験】中3の時に近所の奥さんに筆おろしされた…(体験談)」の続きを読む

2019年03月13日 21:00

読了時間:約 4

小学生の頃から俺は、かなり変態性欲丸出しのエロガキだった。
クラスの女子のパンツをしょっちゅう覗いたり、「パンツ見えてるぜ~」とか言うことも何度かあった。

当然女子から反撃されて叩かれたり、時には担任に告げ口されて担任から怒られることもあった。
(このままだとマジで嫌われるな・・・)と感じ、俺は変態行為を次第に自重するようになった。
しかし性欲がなくなったわけじゃない。
学校じゃもうエロ行為ができないから、別のとこでやりたいと思うようになっていった。

「マセガキだった俺が女子高生のパンチラを追いかけ回してた結果…(体験談)」の続きを読む

2019年03月13日 09:00

読了時間:約 4

今年、ひとり娘が大学を卒業して就職した。
前妻が浮気、そして妊娠。
離婚したのは10年前、娘が中学生になったばかりだった。

母親の浮気と妊娠・・・。
思春期の娘が受けたショックは大きかった。
前妻は、慰謝料代わりに夫婦の財産を一切放棄して、体一つで浮気相手の元へ去った。

娘は当然母親を蔑み、俺と暮らすことを選んだ。
情緒が不安定になった娘は、当時の担任にとても世話になった。
啓子さんという俺の2歳年下、当時40歳のとても綺麗な先生だった。

「娘の担任だった美人教師とバツイチ同士惹かれ合って…(体験談)」の続きを読む

2019年03月12日 09:00

読了時間:約 4

高校時代の部活仲間の友人は4年前に整体師に転職して、ある近所の施設で整体師として働いてます。
彼の自慢は、夫婦向けの掲示板サイトで「マッサージから性感に」との募集をして、応募のあった夫婦に出向き、旦那さんの前で奥さんを逝かせるという遊びを趣味としてしているというものです。

当初僕はそんな話を信じられなかったのですが、実際に彼の携帯メールには問い合わせや、待ち合わせの時間場所の内容が入っている以上嘘とは思えず、内容を詳しく聞いていると彼は生真面目な性格らしく、旦那さんとの事前の打ち合わせで様々な嗜好に親切に対応していることがわかりました。

「整体師の友人に母親への性感マッサージを頼んだ結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年03月11日 21:00

読了時間:約 3

珍しく冬前の時期にちっこい娘が配属されてきて、高卒娘かと思ったら、もう20歳だと。

俺のフロアは小さなブース毎に仕切ってあって、周囲との関わりが薄い個人個人の独立性が高い部署だったのだが、その彼女は飲み物なんかはおろか、終いには昼食の手配にも気を配ってくれるようになって重宝してた。

けど、春前に挨拶もなく姿が見えなくなって、そこで初めてバイトちゃんだと知った。
・・・と思ったら4月になって正社員として再配属されてきた。

「見た目中学生な新人腐女子OLのパイパンマンコに理性崩壊…(体験談)」の続きを読む

2019年03月11日 09:00

読了時間:約 5

なんとなく語りたくなったので語らせてくれ。
ちなみに俺のスペック。
27歳、ブサメン(タカアンドトシの2人を足して2で割った感じらしい)。
チビ、ちょい筋肉質。

相手のスペック。
41歳、人妻。
AV女優の加山なつこを太らせた感じ。
まずは出会いから語らせてもらうわ。

「熟専の俺が出会い系で知り合ったポチャ美熟女と…(体験談)」の続きを読む