2020年08月19日 09:00

読了時間:約 3

この前、バイトが中途半端で終わったから、飯食おうってことで彼氏持ちの女と二人で飲みに行った。
店に入ったら個室に通されて、近くに座れた。

1時間ちょっとくらい過ぎて、二人とも酔っ払ってきて、「唇に海苔ついてるよ」って言って取ってあげた。
そしたらめちゃめちゃ柔らかくて、思わず、「チューしたーい!」って甘えてみたら、ほっぺにキスしてくれた!!
俺も調子に乗ってほっぺにキスして、流れでディープになっていった。

「居酒屋の個室で彼氏持ちの女友達のお口に発射…(体験談)」の続きを読む

2020年08月18日 21:00

読了時間:約 4

もはやどこの町にもあるカラオケボックス、オレは実はよく行っていた。
最初は友人らと一緒に行くことが当たり前だったスポットだが、今では一人で行くことも何の問題もないところでもある。

ヒトカラを始めてどのくらい経っただろう。
カラオケボックスは今や歌える個室居酒屋と言っても過言ではない。
これが気に入ってしまい、ヒトカラが流行りだしてからオレも普通に一人で行くようになったのだ。

「ヒトカラ中にまさかのフェラ体験…(体験談)」の続きを読む

2020年08月18日 09:00

読了時間:約 3

新入社員で新垣結衣似の、ものすごく可愛いい子が入社してきた。
まあ仮に『結衣ちゃん』としておこう。
何人もチャレンジしたみたいだけど、「彼氏がいる」の一点張りで全く隙がないらしく、そのうち皆、アイドルを眺めているだけみたいな状態に・・・。

半年くらいしたときに会社の帰りにエレベーターで一緒になったら、なんと結衣ちゃんのお腹が、ぐう~っ。
結衣「やだっ、聞こえました?」
絶対無理だろうと思いながら社交辞令で、「そんなにお腹空いてるんなら、どこかで飯でも食ってく?奢るよ」と誘ったら、これがなんとOK。

「新入社員のアイドル級美少女のセックスがエロヤバすぎた…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年08月17日 09:00

読了時間:約 4

今では当たり前に皆がしているSNS。
オレが子供のころには全くそんなものは無かった。
そこから比べると、今の若い子たちは変なところが気になるんだなと思う。

個人的な日記を皆に公開してしまうわけだが、もちろんそれを見て何かを思う人もいるわけで。
オレは正直、他の人が何をしていようがどうでもいい。
旅行に入ってようが美味しいものを食べていようが。

「女同士の嫉妬心を利用して女友達にフェラさせた方法…(体験談)」の続きを読む

2020年08月16日 21:00

読了時間:約 5

式は挙げずに写真だけ撮りに行ったんだ。
試着の個室でカワイイ子に後ろ手に袖を通してもらったら、その店員の子のDカップはあろうおっぱいを鷲掴みしちゃった。

焦って、「ごめんっ!」って謝ったら、真っ赤な顔して、「まだご結婚前なのでたぶんセーフですよっ」って言ってくれた。
反対の手を通すときに、もう一回揉んでみるかどうかで脳出血しそうなほど興奮してたら、鏡越しに目が合ってなんかヤバい空気が流れた。

「【浮気】着付けの店員さんの巨乳を揉んでみた結果…(体験談)」の続きを読む

2020年08月16日 09:00

読了時間:約 6

はじめまして。
実はアナルにディルドを入れたまま色々覗いていたらここに辿り着きました。
皆さん色んな経験をされててスゴいなと思いつつ、ちょっと腰を振ったりしてます。
きもちぃ。

僕の最初の経験は、高校生の頃、SMに興味があって雑誌を色々読んでいたらアナル責めの記事が出てきたところから始まります。
特に『男には前立腺というものがあり、女性よりも感じるようになる確率が高い』という内容にドキドキしました。

「アナニーにハマった僕がニューハーフにハメてもらうまで…(体験談)」の続きを読む

2020年08月16日 09:00

読了時間:約 4

去年の夏、私は妻と結婚しました。
なかなかいい女性に巡り合えず、気づけば37歳になっていた。
そんな時、妻(綾)と出会い系サイトで出会いました。

綾の家族は片親(母)だけで、家計が大変という事で綾は弟の学費を仕送りしていたので、付き合っていた男性とも結婚することなく、結局飽きられ30を過ぎた頃には1人寂しく生活をしていた様です。
そんな綾も33歳で、私と出会い、結婚。
お互い遅いスタートとなりました。

「ボロアパートの隣の50代オヤジに見せつけセックス…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年08月15日 09:00

読了時間:約 4

私は32歳の会社員、一応、役職は部長。
私の職場には男性10人、女性50人と、結構、おいしい環境です。
仕事が終われば、しょっちゅう飲みにも連れて行き、エロ話有りで結構仲良くやっていました。

先月、1泊でテニスに行く事になり私と女性社員3人、計4人で温泉のある旅館を取って行ってきました。
昼はテニスで盛り上がり夜はおいしい料理とお酒で、結構イイ感じに盛り上がってきました。

「会社の部下の女性3人と混浴風呂で天国を味わった…(体験談)」の続きを読む

2020年08月14日 21:00

読了時間:約 5

「よろしくお願いします」
小さく頭を下げると、浴衣姿の彼女はうつ伏せに布団に寝転んだ。
まずは足の裏から揉み始める。
足首は白くほっそりとしている。

「やっぱり、さすがプロですね」
「そうですかね。強さはどうですか?痛いですか?」
「あっ、いえ、大丈夫です」
大人しく、品が良い。
寝転んだ女性はまさに俺のタイプで、これはターゲットにしないわけにはいかなかった。

「マッサージ師だが女の子をイカせるのがたまりません…(体験談)」の続きを読む

2020年08月14日 09:00

読了時間:約 3

三重のナースがわざわざ東京にハメられに来ます。
ナースと言っても病院内の情事ではないのでお許し下さい。
桂子33歳、三重県の大きな病院で看護士をしているようです。

私との出会いはM奴隷掲示板。
彼氏がいるのにノーマルSEXでは満足が出来ないとのこと。
写メ交換すると、田舎の女には東京の男がよく見えるらしく、何度かするうちに「会いたい」と桂子から言ってきました。

「出会い系で釣れた地方に住むドM巨乳ナース…(体験談)」の続きを読む

2020年08月13日 21:00

読了時間:約 4

オレ達には仲の良いグループがある。
そのメンバーは男女混ざって6人の幼馴染とも言える仲間たちだ。
オレ達がどれだけ仲が良いのかというと、よく旅行に行くことである。
しかしそんなことはよくあることだろう。

その旅行でオレ達は皆でラブホに泊まることにしていた。
まさかの乱交状態と思うだろうがそうでは無い。
むしろ逆である。
男女が混ざっている中なのに、平気で皆で雑魚寝をして何も起こらないのである。

「【夜這い】雑魚寝中の女友達の妹に我慢できずクンニしたら…(体験談)」の続きを読む

2020年08月13日 09:00

読了時間:約 5

僕の姉はアニメの声優をやっていて、子供向けの物を中心に頑張っていると家族みんなが思っていました。
でも実は、エロアニメの女性の声を担当していたのです。

どうして気付いたかと言うと、自分の部屋で練習している声を聞いたから。
「あんあん」とか「はあ~ん」なんて声が聞こえて来たので、誰かとエッチしていると思ったのですが、セリフみたいな言葉も発していたので、エロアニメ用の練習だと思ったのです。

「【近親相姦】エロアニメ声優やってる姉の練習に付き合ってます…(体験談)」の続きを読む

2020年08月12日 21:00

読了時間:約 3

俺の友達に、中学の時の同級生と結婚したやつがいます。
この間、買い物に出かけた時にその奥さんにたまたま会い、話が弾み彼女の家に行く事になりました。

旦那・・・俺の友達が帰ってくるまでに5時間ほどあり、帰ってくるまで待っている事にしました。
友達夫婦には、子供がいたので俺は子供と遊びながら奥さんと中学の頃の思い出話に花を咲かせていました。
・・・が、子供が遊びつかれて寝てしまい、話が夫婦生活の悩み相談に変わってきました。

「【寝取り】中学の同級生で今は友達の奥さんに思いっきり顔射…(体験談)」の続きを読む

2020年08月12日 09:00

読了時間:約 4

休日に軒先でオナニーするのが趣味なんだが・・・。
俺の家の周り、造成地ばっかりでまだ家がまばらなもんで、昼間に軒先で全裸オナニーするのが癖になっちゃって、毎日太陽の下で体を焼きつつオナニーしてたんだが、それを近所の中学生くらいの女の子に見られてしまった。

最初はその子が見てるのも知らずにシコシコ頑張ってて、びゅーっと一発打ち上げたところで庭の木の間から女の子が覗き見してるのを発見。
どうせもう見られたからという事で、そのまま気づかないフリで2発目と連続でオナニーを見せた。

「【調教】軒先オナニーを覗いてた近所の中学生を…(体験談)」の続きを読む

2020年08月11日 21:00

読了時間:約 7

私42歳、妻40歳。
今から3年前の出来事をお話します。
私の息子が小年野球をしていた頃、途中でI君親子が同じチームに入って来ました。

I君の父親は大学時代まで野球をしており、実際に野球の話をしていても、チームのコーチや監督よりも野球の指導方法や理論に長けているという感じがしていました。

I君は気さくな子供で、チームにも直ぐに溶け込み父親の指導方法も良いのか、野球センスも抜群で当時キャッチャーをしていた私の息子と大の仲良しになり、校区は違うものの息子同士も学校が終わった後にお互いの家へ行き来するようになり、家族ぐるみでの付き合いも始まりました。

・・・とは言っても、Iさんはそれより2年程前に離婚しており、父子家庭です。
私とIさんは同年齢で打ち解けるのも早く、話も合い、暇を見つけては食事や酒も一緒にするようになり、お互いの家庭の話や息子の野球や将来の事、離婚の経緯等、時には冗談も交えながらも真剣に話をするような間柄となってきたのです。

或る日、私がIさんに「今度私の家で食事でもどうですか?」と誘うと、Iさんは「良いですね、是非奥さんの手料理をご馳走して下さい、楽しみにしています」との事。

早速、妻にその事を伝えると妻は「息子もお世話になっている事ですし、良いじゃない。腕によりを掛けておもてなしするわ」との返事です。

「バツイチ独身の息子のパパ友に妻を抱かせてみた…(体験談)」の続きを読む

タグ: