2018年07月23日 09:00

読了時間:約 4

大学生の時に、農業研修でとある地方に一週間の研修に行きました。
ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学生の子供がいた。

息子さんのお嫁さんの美香さんは、歳は36でショートで茶髪のムッチリしたグラマラスな奥さんでした。

ちょっと派手な感じもしましたが、見た目とは別に優しかったし、無防備というか・・・タンクトップとか来てたんですが、ゆるゆるの胸元から谷間がくっきり拝めたり。

「【初体験】農業研修先で巨乳奥さんに筆おろししてもらった…(体験談)」の続きを読む

2018年07月22日 21:00

読了時間:約 11

嫌味に思えるかもしれませんが、俺のチンコはデカチンです。
小学生の頃から大きくて、一時はそれがコンプレックスでした。

初めてクラスメイトに曝け出したのは林間学校でのお風呂。
毛は生えていませんでしたが、見れば即分かるほど大きさが違っていました。

それをみんなに囃し立てられ、終いには担任までもが「デカいな」と笑う始末。
クラスの女の子にまで言いふらすヤツがいて、それからずっとコンプレックスになりました。

「コンプレックスだった巨根がついに日の目を見た…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月22日 09:00

読了時間:約 2

大晦日、私の実家に妹家族が泊まりに来た。
私はこの家の長男で、36歳になるが未だに独身。
2歳年下34歳の妹は子供2人の主婦。

従兄弟のK家族も遊びに来て、みんなで昼頃から飲み始めた。
宴会も盛り上がり、飲み物が無くなり台所に取りに行くと、妹が従兄弟のKに後ろからお尻をまさぐられていた。

妹は必死にKの手を振り払っていたが、Kはしつこくお尻を触る。
やがて手は上にいき、後ろから胸を揉み始めた。

「【覗き】妹が従弟とW不倫している証拠を見てしまった私は…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月21日 21:00

読了時間:約 6

妹が性行為に興味を持ち始めたのは、たぶん小6の頃だろう。
ときどき俺の秘蔵エロ本が無くなってる時があり、不審に思った俺は妹の部屋を家捜しした。
すると、引き出しの中からアッサリ発見。
(妹よ、もう少し隠す場所を考えろよ!)

しかし、2、3日経つとやっぱり無くなってる。
エロ本を取られては取り返し、取られては取り返し・・・。
そんなアホなやりとりが2年程続いた。

「【覗き】妹がコッソリ俺のエロ本とドライバーを持ち出していたので…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月21日 15:00

読了時間:約 3

勤務を終えてた土曜日の午後、いつものように私は同じ職場の彼女を誘った。
彼女は妻より十歳も若い三十二歳。

私は、若い女の弾けるような、ぴちぴちとした滑らかな肌に溺れ貪った。
彼女も激しく燃えて、昼下がりの僅か二時間の間に三回も達してくれた。

そんな快楽の裏には危険も待ち構えている。
職場の男女関係、それも上司と部下の女子職員という関係が、いかに危険なものであるか。

「浮気の罪悪感を打ち消すように妻を抱く…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月20日 21:00

読了時間:約 3

本社の山田と高橋という50代のおっさんと飲んだときのこと。
過去のエロ武勇伝の話題になった。
今までずっと口外できなかったとっておきの話、とのこと。

10数年前の慰安旅行の宴会。
山田、高橋の間に10代の新人の女の子が座っていた。
女の子は身長が高く、ものすごい巨乳、しかも浴衣姿。

背が高い分、丈が短くなって生脚がチラチラ見えた。
酔って座り直すたびに浴衣が乱れて、太ももが露わになったりバストの深い谷間が見えた。

「会社のおっさん二人が昔酔ってハメた巨乳女子社員が実は…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月20日 09:00

読了時間:約 4

今年のはじめ、姉が2人の子供を連れて実家に帰ってきました。
姉は高校を卒業してすぐに、両親の反対を押し切って20歳も年上の男と駆け落ちし、結婚しました。

そいつは当時中学生だった僕から見てもどうしようもない奴で、何度目かの浮気の後、結局離婚。
夫婦の間には2人の小さい子供がいたので、「親父に謝って戻って来い」と言ったのを覚えています。

でも姉も、駆け落ちするほど強情なので子供を保育所に預けながら働いてました。
そんな姉も、母にはこっそり電話をしていた様で、たまには帰って来るようになりました。
親父も2人の孫には勝てないようで、結局同居することになりました。

「【姉弟相姦】出戻り姉のエロくなった体に我慢できず…(体験談)」の続きを読む

2018年07月19日 21:00

読了時間:約 4

3ヶ月くらい前の話になります。
僕の家は5年前に父親と死別して、今は母親と二人暮らしになります。

僕は中学2年になって少しずつ成績も落ち、志望校に入れるか悩んでいる時でした。
保育園からの幼馴染の田村と、中学に入ってから仲良くなった吉田の二人が「学校終わってから解らないところ教えるから一緒にやらないか?」って声を掛けてくれました。

二人は学年でもトップクラスの成績で大変助かる思いでした。
それからは、学校が終わると僕の家に来て勉強する毎日になりました。
母はパートで保険の外交員をしている為、家には居なく、二人とも遠慮することなく勉強をすることが出来ました。

「僕の知らぬ間に母が同級生たちの睡眠薬レイプの餌食に…(体験談)」の続きを読む

2018年07月19日 15:00

読了時間:約 2

20歳(大学生)の頃、バイト先で知り合った17歳のギャル高校生と付き合ってました。

彼女は金髪でロリ顔、制服のスカートも今にも見えそうな位だったせいか、バイト先では「アイツはかなり遊んでるよ」と至る所で言われてました。

とはいえ、エッチの時は可愛い反応を見せ、フェラもぎこちなかったので、「そんなに遊んでるような子じゃないよ」と思ってました。

「別れてひと月で復縁したJK彼女のフェラテクが…(体験談)」の続きを読む

2018年07月19日 09:00

読了時間:約 4

25歳の時、職場の先輩に初めて連れて行かれて以来、息抜きに風俗と言えばずっとソープだった。
結婚してからもそれは変わらず、嫁が出来ないで溜まったら早朝のお風呂屋さんへゴー!な日々。

ソープの何が良いって、基本タブーが無いところ。
挿入までワンセットだし、姫はほとんどが(たまにハズレもいるけど)プロフェッショナルに仕事をしてくれる。

「【風俗】デリヘルで本番に持っていくという愉しみ…(体験談)」の続きを読む

2018年07月18日 21:00

読了時間:約 9

学校を卒業して就職したりすると、出会いの場ってどんどん少なくなってくるよな。
俺は2年前、自分でも驚くような出会い方をした。
その体験談をば・・・。

当時のスペック。
俺:22歳。顔は、まぁ普通だと思いたい。
ナナさん:24歳。一言、片瀬那奈に似ている。

だから仮名だけど『ナナ』。
あれは忘れもしない夏の日。
俺は大学を無事卒業し、就職も普通に出来て一人暮らしをしてたんだよ。

「【運命】駐禁おじさんから助けた巨乳美女がまさかの…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月18日 15:00

読了時間:約 3

今から21年前の小6のときに近所に住むM子さんという高校生がエッチなことをしているのを目撃しました。
M子さんは小・中学生のときは地味な印象で、大人しそうな人でした。

高校入試で第一志望の県立高校に落ちて、滑り止めの私立高校に入り、それが原因かどうかはわかりませんが、様子が一変しました。

化粧して制服のブラウスの前を大胆にはだけ、十字架のペンダントを覗かせた姿で登校する姿は、「あんな風にはなりたくないな」と感じさせるものがありました。

「【覗き】公園でカーセックスをしていた元・優等生とのまさかの再会…(体験談)」の続きを読む

2018年07月16日 21:00

読了時間:約 10

サークルの先輩の結婚式の2次会に友達と行った時のこと。
先輩は3つ上で、卒業している社会人。
会場では周りはみんな社会人で学生は俺たちだけ。

2次会なんて参加したことなかったから、最初は華やかな感じに圧倒されてた。
そのうちに新婦の友達である年上の二人組みと盛り上がった。
二人とも黒のドレスみたいなのを着ていて、一人は丈が短いドレスで胸元から谷間が見えてる。
もう一人は膝くらいまでの長さだけど両側に深いスリットが入ってる。
そして、そのスリットから見える網タイツが超エロい。

「【乱交】先輩の結婚式で知り合ったビッチなお姉さんたち…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年07月15日 21:00

読了時間:約 3

僕のクラスメイトに美樹という女の子がいます。
明るい女の子でクラスの中心人物。
顔だけちょい丸めですが、かなり可愛らしく人気がありました。

体は丸くはなく、ごくごくふつーの体型でしたが、なぜかお尻が大きいことがクラスの男子の中では有名でした。
僕は医療系の大学に通っていて、白衣を着ることが多かったのですが、美樹の白衣の後姿はいつもパンツが透けて丸見えで、お尻の形がくっきりわかりました。
その女の子の話です。

「【覗き】研究のために下着姿にさせられた可愛い同級生…(体験談)」の続きを読む

2018年07月14日 21:00

読了時間:約 10

高校時代の話だが、地元の商店街の夏祭りがあった。
商店街と言っても結構な規模で、近隣地域からも見物客が来るほど賑わっていた。

俺は親の代わりに商店街の催し物に出なければならず、若い衆には焼きそばとか焼き鳥とか、火を使う重労働しか回ってこない。
とにかく焼く、水分補給が追いつかないくらい焼く。
ツレが来ても気づかないくらいハイペースで焼く。

なんとか終わり、家でバテていると松本からの電話が鳴った。

「【初体験】地元の夏祭りで知り合った隣の学校の女子高生と…(体験談)」の続きを読む

タグ: