2020年09月20日 09:00

読了時間:約 4

オレはとある時期に、個人的にパソコン教室を開いているところに通っていたことがある。
先生はマリという33歳の既婚女性だ。
週に一回だけ、短時間の教室なのだが、その分値段も安くて回数をこなすという方法なので、オレにはありがたい。

そのプランが良くて通うことにしたのだが、マリもなかなかの美人でラッキーな部分もある。
もし結婚していないのであればちょっと迫っていたかもしれない。
まあ何回か通っていてもそんな期待できる雰囲気にもならないし、とりあえず目の保養くらいの感じでパソコンに集中していた。

「パソコン教室の美人講師が金でオヤジのチンポをしゃぶってたので…(体験談)」の続きを読む

2020年09月19日 21:00

読了時間:約 5

高校の時の、部活の県大会の宿泊先での出来事。
普段、宿泊は旅館の大部屋か中部屋を数人で使ってた。
が、この日は珍しく、ビジネスのツインに二人ずつ泊まることになってた。

当然野郎の二人ペアで男女の宿泊階は別々だが、引率の先生は定年間近の爺さんなんで男女の部屋の行き来は自由だ。
着いたらみんなは集まってトランプやらに興じてたが、俺ともう一人は顔を出さずに部屋にある有料エロビに夢中になってた(笑)

「好きな子の前で同級生女子にフェラされた思い出…(体験談)」の続きを読む

2020年09月19日 09:00

読了時間:約 6

色んな商売を手がけている友人がいるんだが、そいつがシェアルームを始めたんだよ。
それも婚活する男女を集めた婚活シェアハウス。
そこのお手伝いさんとして俺は呼ばれている。

婚活シェアハウスは名前の通り、一つ屋根のしたで複数の男女が暮らし、家賃を払って生活し、その中から結婚相手を見つけるというものだ。
そこで暮らす人達は、日中は仕事、夕方は各自用意されたキッチンを使ったりして料理をする。

「シェアハウスのバイト中に風呂場で巨乳ヤリマン女子と…(体験談)」の続きを読む

2020年09月18日 21:00

読了時間:約 4

昨年の話です。
俺は高校の教師をしています。
数年前担任をしたクラスの女子生徒が結婚をするので、恩師として呼ばれました。
当日まで参加者は知らなかったのですが、座席に着くと、同じクラスの親友や部活の友達など合計10名の丸テーブルに俺の席があった。

久しぶりにあった教え子たちは21才になり、顔も躰も女性らしくなっていた。
彼女たちは慣れないドレスを着用し、出されたビールなどをどんどん飲んでいる。
女性同士のテーブルに気を緩めて食べ物を採る仕草、お酒をつぐ仕草などから胸元が丸見えの状態。

「教師の俺が結婚式で泥酔した教え子を介抱してたら…(体験談)」の続きを読む

2020年09月18日 09:00

読了時間:約 8

私は背が高くて目立つせいか、中学2年の頃から同性に告白されるようになりました。
最初はバスケ部の後輩、3年のレギュラーに代わって2年の私が1年を面倒見る事が多かったからかもしれません。
自分で言うのもなんですが、顔はソニンに似てるってよく言われます。
あだ名もそのままソニンです。

最初は意識していませんでした。
というか当時の私は部活が楽しすぎて、そういう恋愛沙汰にまったく興味が無く、周りが男の子と話をしてる時も、天気予報を聞いてるような気持ちで聞き流していました。
もちろん告白されても適当に断っていました。
相手もそんな真剣にってわけでもなかったと思います。

「【レズ】高校時代の黒髪ロング眼鏡の先輩との運命の出会い…(体験談)」の続きを読む

2020年09月17日 21:00

読了時間:約 6

俺は最近、リアルタイム動画を配信するライブチャットにハマっている。
その配信されたエッチな生放送のライブチャットの動画を保存し、公開しているネットを見つけた。

そのサイトを知ってからは毎日のように覗き、夜はお世話になっていた。
女の子が知らない人に見られ、コメントをされることで羞恥心と快感を得ているその事実が妙にやらしく、俺は好きだった。

「【寝取られ】ライブチャットのエロ動画を見てたら彼女が出てきた…(体験談)」の続きを読む

2020年09月17日 09:00

読了時間:約 4

私は21歳で名前はカナと言います。
18の時からキャバクラで働いてました。
お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて 結婚も考えていました。
彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり 売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。

先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃 明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが 四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。
そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。

「キャバ嬢だけど彼氏でオーナーの借金のカタに中出しレイプされた…(体験談)」の続きを読む

2020年09月16日 21:00

読了時間:約 6

俺が若い時の話なんだけど当時バイト先にマユとチカって名前の高校生が二人いた。
マユは大人しい感じの子で、笑うと八重歯がかわいいスピードのhiroにちょっと似てる感じ。
チカは一生懸命大人になろうと背伸びしてる感じの子で、高校生の癖によく遊びにつれてけとか言っていた。
容姿はスレンダーな体系で矢田亜希子をちょいケバくしたような感じでエロい雰囲気を醸し出す子だった。

二人はそのとき同じ高校に通ってて、顔見知り程度の関係で、俺はそのうち仲良くなって、チカってほうに目をつけてよく遊びに誘っていた。
向こうも結構乗り気で二人で遊ぶうちにだんだんお互いのことを話すようになってきて、チカの悩みとかを聞いた。
そうしたら彼女はバイト先の30歳の店長(妻あり)と不倫関係をしていたw

「バイト先の女子高生を実家に連れ込んで…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年09月16日 09:00

読了時間:約 3

2年くらい前の話なんですが・・・。
俺と美奈代(33歳)は、某チャットで知り合いました。
最初はありきたりな会話からお決まりのプライベートな話へと移り、お互いに恋愛感情を持つまでにあまり時間が掛かりませんでした。

それからプラトニックのまま2、3ヶ月が過ぎた頃、某チャットで『オフ会を開こう』という話になり、俺と美奈代は(お互いに遠距離の為)今回がチャンスとばかり参加表明しました。
当日は美奈代が先に東京に着く為、俺を空港まで迎えに来てくれるとのこと。

「【中出し】チャットで知り合った不妊治療中の人妻に…(体験談)」の続きを読む

2020年09月15日 21:00

読了時間:約 2

初めてした王様ゲームは今だに覚えてます。
高校の頃、俺はマジメな学生だったんですけど、今で言う『遊んでる連中』とも仲が良かったんですよ。

んで、ある日の放課後、連中の一人のAに、「合コンの人数が足りないから来てくれ」とお願いされました。
基本的に合コンは嫌いだったし、家に帰ってFFをしたかったので断っていましたが、結局断りきれずに参加しました。

「王様ゲームで童貞だとバレたらビッチたちに筆おろしされた…(体験談)」の続きを読む

2020年09月15日 09:00

読了時間:約 4

私が24歳。
相手は23歳。
私がミスって先月ずっと一人で残業していたのですが、彼も残業だったらしく、なにか飲み物でも買おうかと部屋を出ると、エレベーターホールのそばにある喫煙所でよく一服していました。

それで少しずつ話をするようになり、今月に入ってからは残業の時は休息時間を合わせて一緒に軽く夕食を取ったりしていました。
昨日のことです。
フロアを出ると彼がいました。
帰宅時間がちょうど一緒にだったようで、二人でビルを出ました。

「仲良くなった同じフロアの会社の人に犯されそうになるも…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年09月14日 21:00

読了時間:約 4

オレの知人でもあるホームヘルパーの卵の女がいる。
卵と言ってもすでに現場にも入っているので多少の経験はあった。
彼女はミカといって27歳のおとなし気な女だ。
いかにも優等生という風貌だが、中身は天然という可愛い女である。

こんな可愛い女がホームヘルパーだったら、用がなくても呼んでしまいそうである。
しかし実際にはやはり高齢の夫婦の家がほとんどらしい。
しかし、ミカはオレに相談してきた。
どうやら先日、ご老体でなく割と若い男の子の家に呼ばれたらしい。

「【フェラ】ホームヘルパーの卵の女友達の相談に乗るフリして…(体験談)」の続きを読む

2020年09月14日 09:00

読了時間:約 3

俺んちは食料品店をやってるんだが、俺が小学3年生の時に家の近くが寂れてきたので他に店を持った。
そのため親はいつも家に帰って来るのが夜遅かった。
だから俺にとっては姉ちゃんが親代わりだった。

姉ちゃんは4歳上で勉強好きだ。
顔もスタイルもまあまあだが、あまりお洒落には興味がないみたいだ。
わからないことはネットや百科事典で調べて俺に教えてくれた。

「【手コキ】姉ちゃんに夢精しないように相談した結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年09月13日 21:00

読了時間:約 4

優子とは、俺が大学2年の時に知り合った。
一つ下の優子が入学してきて、同じサークルに入ったことがきっかけだった。
優子は東北の方から上京してきた、白い肌と黒いセミロングの髪が印象的な清楚な感じの女の子だった。

ただ、今時の感じの女の子ではなく、地味な存在とも言える感じで、サークルでも目立つ存在ではなかった。
そんな感じで、いつも一人でいることが多かった優子に色々と話し掛けているうちに俺の方が惚れてしまって、結構必死で頑張った結果、付き合うようになった。

「地味系彼女の部屋で見つけたUSBの動画ファイル…(動画)」の続きを読む

タグ:
2020年09月13日 09:00

読了時間:約 3

それは僕が中3の12月でした。
高校受験の推薦入試に向けて準備を進めていた僕は、ひょんな事で大事な書類を無くしてしまいました。
そして12月の土曜日の放課後、担任の先生にその書類の提出を急かされたところ、僕は「今、書いています」とウソをついて必死に探していました。

しかし、担任に呼ばれて職員室に行くと、先生は「学年主任に渡された」と言って、大事な書類を持っていました。
そして先生は僕を怒鳴りつけました。
「もうお前の事なんか知らねぇからな。やってください?やだね」と言って職員会議に戻っていってしまいました。

「落ち込んでた僕をマンコで慰めてくれた同級生…(体験談)」の続きを読む