2021年04月08日 09:00

読了時間:約 4

俺は27歳の自営業で、割合時間が自由に使える。
それで、色んなSNSサイトや出会い系でナンパしてたんだけど、一回だけモデルとエッチした事がある。
と言っても、通称読モの読者モデルだけど。

相手は18歳の女子大生で、スタイルも良くてナイスバディだった。
最初はメールで10回程やり取り、電話5回ぐらい話して、写メ交換しようとしたら、実際に会った時の楽しみが減るので、したくないとのこと。

「出会い系で高校卒業したての読モ上がり巨乳美女とヤレタ…(体験談)」の続きを読む

2021年04月07日 21:00

読了時間:約 5

高校の頃、修学旅行で広島…京都に行った。
1日目は広島見学。
原爆ドームなどを見てホテルに行った。

男子は6階で女子は7階。
先生達は4階だったので、簡単に女子の部屋に行けた。

みんな携帯を持っていっていたので、ホテルでメールしてたら、女子達が
「あたしらの部屋で遊ぼ」って言ってきた。
時間は2時半。
俺と同じ部屋の男子は全員寝ていた。

早速女子の部屋へ行く。
廊下は静まっていて、みんな寝ているみたいだった。
女子の部屋の前についてインターホンを押すとすぐにドアが開いた。

その部屋には亜美、夏希、千秋の3人がいた。
みんな可愛くて、男子にも人気のある方だ。
お風呂に入ったばかりなのか、みんな髪が濡れていて妙に色っぽかった。

俺が1人で来た事にはみんな何も言わなかった。
メールの雰囲気も「一人で来てね」みたいな感じだった。
(「みんな寝ちゃった」って打ったら「遊ぼ」って返ってきたしね)

最初は話なんかもしてたんだけど、そのうちエロトークになってそういう雰囲気になってきた。
みんなが暗黙の了解みたいな感じだった。

「なんか空気がエロいね~」
みたいな事言ってたら、夏希が
「エッチしよっか?」
と軽いノリで行って来た。
他の女子も全然嫌がる空気じゃない。

「4人でするの?」と俺が聞いたら、
「せっかくなんだしそうしようよ!」
とその時にはみんなノリノリになってた。

まずは言い出しっぺの夏希が服を脱いだ。
胸はチョット大き目だ。
それを見て亜美と千秋も脱ぎ始めた。
あっという間に全裸になった夏希とキスをした。

物凄い勢いで舌を絡ませてくる。
夢中になってキスをしていると、焦ったのか亜美が俺のチンポを触ってきた。
ズボンの上からだがあっという間に硬くなって、それに気付いた亜美は俺のズボンを脱がした。

その間にも夏希とのキスは続いている。
千秋もパンツまで脱がされた俺のチンポを握った。
亜美と千秋でフェラを初めた。
俺は手を伸ばして夏希の胸を揉んだ。

乳首は硬く勃ち、そこを指先で刺激してやる。
「んっ…くふぅ…」
夏希が口を離して言った。
口からはお互いの唾液が糸を引いている。

そのまま夏希を抱き寄せ、今度は乳首を口に含んでやる。
「んっ…、気持ちいいよぉ…」
見てみると座っているところに染みが出来ている。

俺のチンポを交互に舐めている千秋と亜美も同じように濡れているようだ。
一度体勢を変える事にした。
3人を川の字に寝かせ、順番にクンニをしてやる。

最初は千秋だ。
千秋だけは処女ではないらしい。
でも綺麗なマンコだ。
クリトリスを重点的に舐めると大きな声で
「いい、いいのーっっ!」
と叫ぶ。

何度も舌を出し入れしていると、亜美が
「カツくん、次はあたしにして!」
と言った。
千秋から舌を離すとよほど気持ち良かったのかマンコがヒクヒクしている。

「舐めて…」
亜美が顔を真っ赤にして言った。
亜美は千秋とは違って処女らしい。
でも亜美は女子にしてはかなり毛深い方なので、見たときには濃い陰毛に覆われてマンコの様子はわからなかった。

まずは指で陰毛をかき分けてやる。
すると奥のほうではかなり濡れていた。
「うわ……、超濡れてるよ。いつもオナニーしてんの?」
と聞いたら、
「うん……、カツくんの事考えてしてる」
と言った。

ふと隣を見てみると、夏希が千秋をクンニしている。
どうやらレズプレイも好きなようだ。
亜美のマンコはやはり処女だった。
アナルの方までびっしり生えた陰毛をかき分けながら舐めてやる。

「いい、いいよぉ……、なんでこんなに気持ちいいのぉ?」
亜美が感じている。
マンコはもうとろとろだ。
クリトリスをなでるように舐めていると体が痙攣しだした。

「いい……!、もっと、舐めて!あぁ、あ、ああああああああああああーーーーーっ!」
と言って亜美は失禁した。黄色の液体が勢い良く飛び出している。
「はは、亜美、漏らしてんじゃん!」
夏希が言うと亜美は泣きそうになった。

シーツには大きなシミが出来た。
「おいしかったよ、亜美のマンコ、おしっこもね」
と言うと亜美がキスをしてきた。
「これが亜美のマンコの味だよ………」
と言って舌を絡ませる。

今度は夏希がフェラをしてきた。
さっきの2人と違って奥の方まで咥えている。
「んっ……、んっ……」
とリズム良く顔を上下させる。
夏希も処女とは思えないほどフェラが上手い。

俺もそろそろイキたくなってきた。
夏希にフェラをやめさせるとちゅぽっ、と音がした。
「なんでぇー?カツくんのチンポおいしかったのにぃー!」
とむくれた。

「ごめんごめん、でも入れてやるから。夏希も入れて欲しかったでしょ?」
「やったー!入れて、奥まで突いてね!」
と言った。
他の2人は次の順番を賭けてジャンケンをしていた。

夏希はクンニをして無い分あまり濡れていなかったので、先に指を入れてやった。
「クリトリス弄ってぇ……、そこ気持ちいいの」
指を入れただけで一気に濡れた。
これなら処女でも痛くはないだろう。

「初めてでしょ?」
と聞くと頷いたが
「でも遠慮しなくっていいよ。超気持ちイイから」
と言った。

正常位よりさらに足を開かせ、マンコを露出させる。
陰毛は薄い方だ。
「入れるよ………」
そのまま何も付けずに挿入した。

途中処女膜のような抵抗があったが、気にせず根元まで入れた。
夏希は少し顔をしかめて痛そうだったが、すぐに
「はぁ……はぁ……、突いて、奥まで突いて!」
と感じ始めた。

夏希は足を俺の後ろで絡ませ、自らも引き寄せている。
パン……パン……パン……、と音が部屋に響いている。
ちかと亜美は興味津々と言う目で俺たちを見ている。

「あぁ……当たってる!カツくんのチンポが奥に当たってるよぉー!」
「はぁ、はぁ、イクよ、夏希。どこに出して欲しい?」
「中!今日は大丈夫だから中に出して~!あぁっ!もっと、いい、いい気持ちいい~!」
「いくぅぅぅぅぅぅ~っ!」
「出して、中にいっぱい!あっ、あっ、あぁ~~~~~~!!!!!」

俺は夏希の中に出した。
同時にイッてしまったらしく、夏希は体をヒクヒクさせている。

「カツくん、次はあたしだよっ!」
亜美が後ろから抱き付いて言った。
千秋はうらやましそうな目で見ている。
亜美にもすぐに足を開かせて入れた。
亜美はかなり痛がった。

「んっ、くぅっ!いいよ、入れて!いたいっ、んっ、でもやめないで、くぅっ!」
奥まで入れて中で動いていると次第に気持ちよくなってきたのか声も変わって来た。

「あはぁっ!んん……、あぁ、いい、奥まで、んっんん!そう、あは、いい、カツくんきもちい」
「亜美、いいよ、気持ちいい……」

すると千秋が俺と亜美が結合している部分を舐め始めた。
マンコとチンポの間に舌を入れてくる。

「いく、いきそうだ、どこに出して欲しい?」
と聞くと、
「なか!絶対にマンコの中に出して!亜美のマンコの中にぃ~~~~っ!」
と言ってイッてしまった。

俺は亜美の膣内に射精した。
すると千秋が抜いた直後のチンポを吸った。
「ん~~~っ!」
と言ってバキュームし、残り汁を吸っている。

「おいしい、カツくんのチンポおいしい………」
とモゴモゴしながら言った。
「それあたしのマンコの味でしょ?」
と亜美が得意げに言うと、千秋も
「じゃああたしにも入れて!あたしも中に出して欲しい!」
と言った。

正直疲れていたが、それでも千秋の中にバックで入れた。
結局千秋にも中で出し、それから朝の起床時間ギリギリまで4人でやっていた。
おかげでその日はフラフラだったが、その日の夜もまたセックスする事になった。

2021年04月07日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:小虎さん(男性・40代)

彼女の真由美(34歳)は、僕のペットだった。
ポッチャリと言うよりデブな彼女を公園で全裸で歩かせたり、公園を散歩中のおじさんに悪戯してもらったりさせて楽しんでいた。

ある日、彼女の仕事の後輩の麻美ちゃん(22歳)と3人で食事をする事になった。
3人で食事をしながら、麻美ちゃんは、僕と彼女の性生活を興味ありそうに色々聞いてきた。
少しお酒の入ってた僕は、麻美ちゃんに彼女との露出プレイを話した。
すると麻美ちゃんは、「私も見てみたい!」
冗談だと思って、「じゃぁこれから公園に行く?真由美を虐めてみる?」と言うと、「マジ?みたい!」って…

「彼女の後輩女子にカップルでペットにされてます…(体験談)」の続きを読む

2021年04月06日 21:00

読了時間:約 4

当時、オレは勤めていた広告関係の会社を独立のため退社。
その後フリーランスとしてその会社に出入りしてました。
あ、三年ほど前のお話ね。

そんな気楽な立場ゆえ、かつての後輩社員たちとやたら飲みに行くようになり、中でもYというアルバイトの子にメチャクチャ懐かれたんですよ。
“慕われる”ではなく、“懐かれる”ですけどね^^;

「【中出し】俺に懐いてた巨乳バイトちゃんとの忘れられない一夜…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年04月06日 09:00

読了時間:約 6

先日のクリスマスの出来事です。
私(良二・33歳)は妻(玲奈・29歳)と子供(凛・6歳、蓮・4歳)の4人で暮らしています。
クリスマスの1週間程前に、職場(土建関係)の後輩(隼人・30歳)とクリスマスの話をしていました。

「俺、サンタの衣装持ってるから貸すよ!」
「衣装って・・・いいよ」
「子供達、絶対喜ぶって・・・」
「そうかぁ!」
「奥さんと2人でサンタとトナカイの姿になったら、最高の思い出になるんじゃないっすか!」
「妻も・・・」

「【寝取られイプ】妻にサンタの衣装を貸してくれたDQN後輩の罠…(体験談)」の続きを読む

2021年04月05日 21:00

読了時間:約 3

会社の30才健診で、「少し体脂肪多め」と言われ、運動を勧められた。
しばらくして健康管理センターから案内が来た。
「週1回、1~2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しないか」とのこと。

面白半分に申し込んでみた。
初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら・・・これが幸運のはじまり。
健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。
2人1組で、柔軟やら軽いウェイトやら。

「社内の健康指導で美人巨乳人妻との夢のような一か月…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年04月05日 09:00

読了時間:約 4

私は今、16歳の高校1年生です。
周りからは大人しいとか、優等生とか言われていますが、実はこれまでに2度も中絶の経験があるのです。
しかも、それは義父との間にできた子供なのです。

父が病気でなくなって5年経ったとき、母が再婚をしました。
私が小学校6年生、弟が小学1年生でした。
私は再婚なんて嫌でしたが、弟はお父さんができたと喜んでいたので表立っては反対しませんでした。
今、思えばあの時に反対していればと悔やんでなりません。

「母が亡くなってから継父と実弟の性奴隷にされています…(体験談)」の続きを読む

2021年04月04日 21:00

読了時間:約 10

二年前の話。もう辞めちゃったけど。
夜中1時に待機所で待っていると一本の電話。
「あのぉ~トイレが詰まっちゃったんです!」

料金の説明をしていざ出発。
しかしこんな事三年も繰り返してると正直イヤになる。
水道トラブル。トイレトラブル。24時間365日。
大概夜の依頼というのは馬鹿な故障が多い。

「深夜にトイレを詰まらせて電話してきた変態奥様…(体験談)」の続きを読む

2021年04月04日 09:00

読了時間:約 3

彼とエッチしたのは、付き合いだしてから半年くらい経った頃の事でした。
私は28歳で、彼は45歳。お互い既婚者。
昼間からホテルに連れられて、「今日は1日中エッチしようね」って言われてどきどき。

シャワーを浴びたかったのに、「シャワーは駄目だよ。後でね」って言われて抱かれながら、ベットに寝かされれ、ブラウスを脱がされました。
おっぱいに顔をうずめられると、声がでちゃう。

「不倫相手の彼に二穴責めされてイっちゃった…(体験談)」の続きを読む

2021年04月03日 21:00

読了時間:約 2

ある出会い系を使って、その日のうちに会う約束になったんです。
なんと待ち合わせ場所はラブホテル近くのコンビニ。
もともと体だけの関係を求めていたらしく、旦那とのセックスレスが原因で、今はお互い帰ったり帰らなかったりとか。

そんなこの女性、かなりのMっけがあって、こっちが言うことをほとんど聞いてくれましたよ。
まずは、その女性だけを裸にして股を開いた状態でAV鑑賞。
はじめは平然としていたのですが、シーンが進むにつれどんどん興奮している模様。
私のアソコを触らせると、私の手を自分のアソコに持って行くんです。

「出会い系で会った生ハメOKな潮吹き淫乱M女…(体験談)」の続きを読む

2021年04月03日 09:00

読了時間:約 5

主人は43歳、私は(麻美・38歳)、高校生になった娘は通学の都合で私の実家から通っています。
普段から夫婦二人だけの生活なので、結婚17年目を迎えた今でも週に一度は夜の営みはあります。

主人しか男を知らない私でしたが、バイブを使ったオナニーや、恥ずかしい格好で写真を撮られたりと夫婦だけで遊んできました。
私はそれだけで満足していました。

「【性奴隷】主人の寝取られ趣味で会ったイケメン男性に騙されて…(体験談)」の続きを読む

2021年04月02日 21:00

読了時間:約 6

私41歳、妻38歳。
東京近郊の住宅街に住んでいる。
小学校6年と2年の子供がいる。

11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、週末は私たち夫婦二人だけになった。
妻は子供達の世話と同時に、町内会の役員や学校の世話役などを積極的にこなす社交的なタイプである。
普段は子供達で騒々しい我が家も、怖いほど静かだった。

「レイプ魔たちに「おまんこにちんぽを入れて」と懇願した清楚な妻…(体験談)」の続きを読む

2021年04月02日 09:00

読了時間:約 4

オレの部下には可愛くてからかいやすい女がいる。
まだ入社二年目で仕事の覚えも悪いのだが、愛嬌でカバーしているというのが本音だろう。

上司のオレとしては仕事も教えていきながらも、彼女で楽しんでいる部分もある。
カオリと言うその子は22歳で短大卒、可愛い顔をしているのにちょっと天然なところもあって、もしかしたらまだ誰とも付き合ったことが無いのかもしれない。

「かわいいけど天然な部下のミスを飴と鞭でなだめながら…(体験談)」の続きを読む

2021年04月01日 21:00

読了時間:約 4

つい最近の出来事です。
仕事中に通りかかった、池袋のサンシャイン通りの映画館の前あたりに1人で映画館に入ろうとしている40歳前後くらいの熟妻をみつけました。

まだAM10:00すぎくらいの早い時間で、急ぎの用事もなかったので断わられてもダメもとでと思い「よかったら一緒にこの映画見ませんか?」と声をかけてみると『えっ!・・・ よろしいんですか?』と想定外な返事!
逆に戸惑って舞い上がってしまい、しどろもどろになってしまいました。

「映画館へ一人で入ろうとしてた人妻に声をかけた結果…(体験談)」の続きを読む

2021年04月01日 09:00

読了時間:約 4

オレはよく遊園地に行くことが多い。
もちろん一人で行くわけでは無いし彼女と行くわけでもない。
誰と行くのかと言ったら、男友達数人と女友達、そしてその女友達の女友達という数人でグループとして行くのだ。

最初にそれを聞くと、合コンか何かか?と不思議に思うかもしれない。
しかし行ってしまえば合コンのさらに大人バージョンというものだ。
どういうことかと言うと、グループの男仲間は基本的にオレの友人である。

「遊園地の観覧車で人妻と中出しセックスの不倫プラン…(体験談)」の続きを読む

2 / 34012345...102030...最後 »