2018年12月31日 09:00

読了時間:約 6

私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。
仕事や人生の気晴らしに旅に出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、その中の一人旅同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。
美人ではなかったが、大人しく、優しく、自分には無い感覚を持っていた。

当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。
結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」と言い、しつこく聞くと「昔のことはよく覚えてないわ」と嫌がった。
「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」
・・・と、殊勝なことを言ってたと思ったが、本当はその男達に刻み付けられた官能の記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。

「妻の過去の男の話を聞きながら疑似寝取られセックス…(体験談)」の続きを読む

2018年12月30日 21:00

読了時間:約 3

俺:22歳(当時)、167cm/62kg、顔は大沢たかお似、体型は痩せ型、要するにただのチビ、ガテン系。
相手:22歳、160cm、幼稚園の先生、巨乳。
名前忘れたけど、有料サイトの無料ポイントで待ちで釣れた。

この頃は入れ食いで、1日5人くらいは普通に釣れた。
しかも全員会えた。
あぁ古き良き時代。
1ヶ月くらい普通にメールしてたら相手から『会いたい』と言って来た。
俺も車、相手も車なんで、某大型ホームセンターの駐車場で待ち合わせ。

「出会い系で釣れた爆乳コンプレックスの幼稚園の先生…(体験談)」の続きを読む

2018年12月30日 09:00

読了時間:約 3

23歳の麻衣です。
先月、ご主人様のご命令を実行させて頂きましたので報告致します。

14時頃に部屋を出ました。
下着は着けずに、白Yシャツと股下3cmミニスカ、パンプスという格好です。
パンティは派手な色のTバックです。

そのまま運転して、山の方へ向かいました。
観光地とかではなく、田舎の誰も来ないような山道です。
民家もなくなった辺りで、道路脇に車を停めました。

「私の罰当たりな神社での変態露出オナニーの儀式…(体験談)」の続きを読む

2018年12月29日 21:00

読了時間:約 5

とある出会い系で仲良くなって直接メールするようになってた。
もらった写メがベッキーに確かに似てたけど、ベッキー自体に興味なかったから、ふつーにメールしてた。
3週間くらいメールしてなかったけど、ベッキーが、『今日は合コン!楽しみ!』って呟いてたの見つけたから、『合コン、いい人いたかー?』と送ったところ・・・。

ベッキー『年上のヤンキーっぽい人達で、帰りたい』
俺『帰れば良いじゃん。お持ち帰りされてんの?』
聞けば、終電なくて皆(3:3)でカラオケだと。
そしたらベッキーが追撃で、『迎えに来てくれない?』と。
一回断ったけど、『お願い』って来て、しゃーないと。
面倒臭かったが、ほんと下心なく、俺のムスコはぴくりともせず。

「彼氏に謝りながら最後までさせてくれる都合のいい女…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月29日 09:00

読了時間:約 5

かれこれ半年、冷え性と腰痛で整体に通っています。
そこの年下の先生に色々されてしまっています・・・。
初めは世間話や主人の話など普通に接していましたが、数ヶ月経った頃、なんとなく先生の施術が私に近くなってきました。
髪の匂いを嗅いで深い息を吐かれたり、体をいやらしく触ったり。

回数を重ねるごとに私もだんだんドキドキし、帰宅してトイレに行くとクロッチはいつも糸を引く程ビチャビチャでした。
そんなこんなで暇さえあれば先生で妄想オナニーもするようになりました。
そしてある日突然、私の妄想が現実となったのです。

「整体の先生が二人きりになったとたん豹変して…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月28日 21:00

読了時間:約 10

ずっと姉ちゃんの子供だったなんて知らなかったんです。
姉ちゃん(お母さん)は今35歳です。
独身なんです。
僕は21歳。
僕は姉ちゃんが14歳で生んだ子供だったんです。

知った時はショックだったし、姉ちゃんのことが一時的に嫌いになった。
3ヶ月ぐらいギクシャクしてた。
でも、姉ちゃんは僕を可愛がってくれました。
「お母さん」とも言えないままでした。
ずっと父と母の子供と思っていたんです。
当たり前ですよね。

「【母子相姦】姉だと思っていたら母親だったお姉ちゃんと…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月28日 09:00

読了時間:約 4

もう10年近く前の話です。
俺は九州の南の端の大学で4年間、毎日毎日水泳部の練習に明け暮れた後、東京の大手の建設会社に就職しました。

俺の大学は、まあ卒業生の半分以上が教師になるような田舎モン+世間知らず+筋肉バカばかりだったのですが、単純バカの俺は、高地合宿で南アメリカを訪れた時に見たパナマ運河に激しく感動してしまい、『俺の人生は運河を作る為にある→建設会社、ゼネコンだ!』という訳の分からない激情に駆られ、何のコネも縁もなく東京中の建設会社に、ほぼ飛び入りで就活。
なぜか大手に決まってしまい、生まれて初めて東京に住むことになったのです。

「【浮気】田舎モンの筋肉バカの俺が上京したら天国だった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月27日 21:00

読了時間:約 2

おれは中3です。
おれにはKという幼稚園のころからの幼なじみの女子がいます。
色も黒いしいっしょに木登りもするやつだし、男みたいなやつで、中学になってバスケやりだしてすごく胸がでかくなって「お??」という感じでした。
でも相変わらずバカな話ばっかりして、彼女とかにするタイプじゃありませんでした。

夏休み、ちょっと勉強教えて(おれは理科と数学が得意)というので行ったら、Kは、キャミとショーパンだけの格好でした。
ノーブラで、しかもブカブカのキャミなので、ちょっと動いたらでかいオッパイがぶらって揺れるし、ときどき屈んだら乳首まで見えるんです。

「巨乳中学生の幼馴染のエロい格好に我慢できず…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月27日 09:00

読了時間:約 7

大学時代の時のこと書きます。
当時は少しトラウマになりそうだったけど、今はもう大丈夫なんで思い出しつつ書きます。
大学から一人暮らしを始めた僕は、入学して落ち着いた後にコンビニでバイトを始めました。
そのバイト先には同じ大学の二年先輩がいて、名前は奈美さんと言いました。

奈美さんは黒髪の似合う落ち着いたお姉さんという感じでしたが、美術学科ということもあり、僕がいつも話す周りの友達とは少し感覚が違う点が見られ、その新鮮で楽しい会話は僕の楽しみでもありました。
同じ大学ということもあり、次第に仲が良くなっていった僕たちは秋から冬に変わろうとしてる頃に初めて一緒にバイト先から帰りました。

「【手コキ】美術学科の先輩のヌードデッサンのモデルとバーターで…(体験談)」の続きを読む

2018年12月26日 21:00

読了時間:約 3

50も半ばになると少しは落ち着くと思っていたが・・・。
今年の正月、嫁の実家に親戚が集まった時のこと。
両親と我が家、義妹夫婦で6人で飲み始めて大分酒が回って来た頃。
両親は先に寝る事になった。

嫁も久しぶりの酒で酔って「久しぶりに母さんと寝る」と二階へ残ったのは義妹夫婦と私。
義弟と飲み比べになり、義妹は「私は寝る」と奥の部屋に。
午前1時過ぎた頃、義弟は完全に酔い潰れコタツでそのまま寝てしまった。

「【夜這い】正月に義実家で寝てる義妹に挿入した結果…(体験談)」の続きを読む

2018年12月26日 09:00

読了時間:約 2

俺は大学生で、高校1年で16歳の妹がいる。
妹は、名前を“ゆり”といって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。
ま、やはり年頃ということもあり、性に興味があるらしい。

そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。
俺はオナニーの時、時々、おかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。

「【兄妹相姦】JKの妹が淫乱になりすぎて困ってる…(体験談)」の続きを読む

2018年12月25日 21:00

読了時間:約 5

私は中2の頃、親の経営する工務店に住み込みで働いていた男にレイプされた。
その頃の私は小学生と間違われるほど小柄で、体重が倍以上ある男に押し倒されたらどうしようもなかった。
この男は35歳くらいだったと思う。
チビでデブでブサメン。
しかも髪がボサボサで不潔っぽい。
絶対女にモテないと思った。

父親の遠い親戚だと聞いたけど詳しいことはわからない。
誰もいない家の中でいきなり襲われ、私は男が立ち去るまでただ泣き叫んでいた。
男は体重で押さえつけて身動きできない私の唇を奪い舌を入れてきた。
少女らしく甘いファーストキスを夢見ていた私の想いは無残に打ち砕かれた。

「【レイプ】住み込みで働いてた鬼畜男に屈辱と快楽を教え込まれた…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月25日 09:00

読了時間:約 3

過去に一度だけ、妻を他人に貸し出したことがあります。
妻は29歳、背が高く、どちらかと言うと美人に入る方だと思います。
相手は30歳の既婚者で、ネットで募集しました。
最初に居酒屋で軽く飲んでいると、妻がOKサインを出してきたのでそのままホテルへ行きました。

ホテルに着いた途端、妻が、「恥ずかしいからあなたは部屋から出て行って」と言い出しました。
しょうがないのでホテル近くのコンビニとファミレスで時間を潰すことにしました。
しかし、(今、ホテルでどうなってるんだろう?)と、そればかりが気にかかり、とても平常心ではいられませんでした。

「【寝取られ】妻を貸し出した男に中出しされる姿を見てるだけ…(体験談)」の続きを読む

2018年12月24日 21:00

読了時間:約 5

もう7、8年前の話になります。
私は当時30台半ばで既婚、2人の子持ちでした。
職場は某製薬会社のラボで同僚は十数人おり、女性の研究補助員が3人ほどいました。
S子もその一人でした。

やや小柄でぽっちゃりタイプでしたが、丸顔で目はクリンとやや童顔の可愛らしい感じの20台後半の子でした。
S子は当時別の部署から移動してきて2年になろうとしていました。
ドイツ語に堪能、データ整理も非常に手際よく補助員としては大変優秀でした。
いつも笑顔を絶やさず、ニコニコとどんな仕事や雑用も嫌がらず、テキパキこなしておりました。

「【浮気】寿退社する職場の後輩女子の送別会で…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年12月24日 09:00

読了時間:約 4

結婚10年を迎え、妻にあれ程興奮したのは初めてだと思います。
33歳を迎える妻の身内が入院したという事で、数日ではあったが看病を頼まれ病院に通う日々が続いた。
病院は俺が働く会社の近くだった事もあり、朝一緒に出掛ける事にしました。

妻は緑色のフレアスカートに白いブラウスを着て上着を羽織りました。
駅に着くと、「凄い人ね」と妻は驚きの表情です。
「毎日こんな感じだよ」
妻の前を歩きながら電車のホームへ向かい、来たばかりの電車の車内へ人混みと一緒に入って行きました。

「妻が満員電車で学生たちに痴漢される姿に興奮…(体験談)」の続きを読む

タグ: