2021年09月18日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:キャバ嬢からSM嬢に転身。アダルト業界に救われた女性の話

新型コロナウィルスの影響で2020年より、大打撃を受けているのは夜の業界も同じで生活苦に陥ったことで風俗やSM嬢に流れてしまう人が後をたたない。
しかし、風俗業界も自粛の影響で収入が潤うのかと思いきやコロナ以前よりも厳しい惨状だという。
そのひとりであり実体験者の彩花さんに話を聞いてみた。

“2020年の春には勤務していたお店が休業に入ったこともあって当初は貯金を崩して生活すればなんとかなるだろうって考えてた。
でも、なかなか終息の目途がたたず3ヵ月たってもお店が再開することはなかった。
コロナに感染するという恐怖より、貯金がなくなっていく焦りと独りでいる孤独のほうが辛かったです。

「キャバ嬢からSM嬢に!コロナで華麗なる転身を遂げた女性の話…(体験談)」の続きを読む

2021年09月17日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:処女を奪われたついでにM女に調教された20歳の告白

初めまして、最近ちょっと私に面白いことが起きているのでそれについて書いてみたいと思います。
まず私は最近処女じゃなくなりました。
そして最近SMって言うんですか?それをしてるんです。
なんかエロマンガとかAVとかの世界っぽいですよね笑
それでも今そんなことを知り合った男性とやってます。

私なんか目覚めちゃったんですよね笑
それまでそんなこと興味もなかったのに。
元々絶対Sではないな!と思っていたんですけどまさか自分がここまでMだったとは。
なんかもう全部刺激的すぎてやばいです。
見た目完全に変態なんだけどそんなこと完全に忘れてます笑

「初体験でドMに目覚めた真性マゾの女子大生…(体験談)」の続きを読む

2021年09月16日 15:00

読了時間:約 6

タイトル:拘束具と電マを使って何度も射精させ続けて失神させた女王様の体験談

「ふぅ…またなの?堪え性のないダメなマゾね。」
そう言い放つ私の足元に、さっきまでヨダレを垂らし、嬉しそうにブヒブヒ鳴いていた男が転がってる。
なんて情けない顔。

ブーツの爪先で頭を小突くと、ゴロンと男の顔がこちらを向く…白目を剥いて、舌はだらんと弛緩し、口から出てて。
まさに見るに堪えないって感じ。
知らない人が見たら、パッと見、死んでる?と思われかねない顔だけど。
私の責めに耐えられずに単に気絶しているだけっていう情けないオチなのよ。
テントを張っていた股間も、気絶してるにも関わらずまだ膨らんだままだしね…。

「拘束具と電マでマゾ男を何度も射精させ続けて失神させた女王様の体験談」の続きを読む

2021年09月15日 15:00

読了時間:約 7

タイトル:ウブな女だと思ったら想像以上に淫乱なM女だった

「あぁっ…!もっとイジメてぇ…!!」

両足を押っ広げ、パイパンマンコを晒す女。
そのワレメからはトロトロと中出しザーメンを垂れ流し、被虐に歓ぶ。

俺がナンパしたのは清楚で大人しそうな雰囲気の女だったのにこんな本性を隠し持っていたなんて。
嬉しいよりも興奮よりも戸惑いの方が大きかった。
けれど確かに俺の中で新たな嗜好の扉が開く音がした。

「【M女】ナンパした清楚系女子は淫乱犯され願望女子だった…(体験談)」の続きを読む

2021年09月14日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:家畜人ヤプーにみる人体改造の極意

皆さんは「家畜人ヤプー」という本を知っていますか?

これは元は「奇譚クラブ」という昭和の伝説的なカストリ雑誌に掲載されていた作品です。
内容はSMといえばSMなのですがそのあまりにもぶっ飛んだ内容から熱狂的信者を多数生み出したこれまた伝説の作品。

作者の沼正三が覆面作家ということもあり、その正体が誰なのかをということも話題になったそうです。

オリジナルは小説ですが今ではマンガも出版されていて未だにSM界隈では有名でファンも多数。
「家畜人ヤプー」では女性が男性を支配するという女権社会で、男性は女性を満たすためだけの存在として描かれています。

便器としての人間、家具としての人間、乗り物としての人間などここでは書ききれないぐらいの細かい描写、「セッチン」という肉便器を始めとした多数の専門用語など究極のSMとも言える内容で今読んでもかなり衝撃的。

オリジナルが発表された当時は戦後間もない時代だったのでさらにその衝撃は大きかったと思われます。

ということで今回はそんな「家畜人ヤプー」的な奴隷としての心得、人体改造といった側面からSMを取り上げてみようかと思います。
心を捧げることはSMプレイのある意味行きつく先。興味のある方はどうぞ。

「家畜人ヤプーにみる人体改造の極意…(体験談)」の続きを読む

2021年09月13日 15:00

読了時間:約 8

タイトル:1度きりの関係が泥沼に発展し、M女へと躾けられた人妻の告白

36になります。
家族構成ですか?えっと、夫、私、そして息子の三人家族です。
夫は40、息子は今年中学1年生です。

…あの、今こうしてインタビューに応じてはいますけど…主人の事は決して嫌いになったわけじゃないんです。
家族がどうでも良くなったわけでもなくて、それなりに大事には思ってますよ。

ただ、私自身のそういう経験が浅いせいなのか、早い段階で主人との夫婦生活に飽きてしまって…。
挙句の果てに、夜、主人が私の上で動いている最中に明日の献立を考え始める始末ですから。
あはは、我ながら酷いですよ、ね…。

「5人のご主人様を持つ普通の人妻の告白…(体験談)」の続きを読む

2021年09月11日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:女装プレイと一緒に組み合わせると楽しさ倍増なSMプレイ!これで奴隷の粗末なチンコもフル勃起!

皆さん、女装プレイを強要したことってありますか?
特に慣れてないというか体験したことないM男奴隷に対してこちらで服を用意して無理やり女装させるのって楽しいですよね。

ただせっかく女装プレイを楽しむなら一緒にセットで組み合わせたら楽しさ倍増になるプレイを色々試してみた結果…
かわいそうな哀れな奴隷がどれぐらい満足してたか、せっかくなので実際に遊んでみた結果…
をお伝えしようと思います。

「女装しながら女王様に変態プレイさせられる快感は異常…(体験談)」の続きを読む

2021年09月10日 15:00

読了時間:約 6

タイトル:知り合った外人男性の巨根に思わず体を許したとあるOLの過激な告白

この間、本当に久しぶりに高校時代の同級生達と飲みに行ったんです。
大学卒業以来長い事会ってなかったので思わず昔話に花が咲いちゃったんですけど、皆結婚してたり、彼氏が居たり。セフレも居たり笑
彼女たちらしいな~って思いながら聞いてました。

え、私?私ですか?大学卒業してから、どうなったかって?
彼女たちには少しだけ話したんですけど…セフレがいます、っていうか、厳密にはご主人様ですね。
流石に大っぴらにご主人様って言えなかったんですけど、セフレって言ったら大体の子達は意外そうな顔してました。
まぁ、気持ちは分かります。
グループの中で一番真面目で、セフレとか作らなさそうに見えるのに~って言われましたもん。

「地味OLの私が巨根外国人の性奴隷に堕ちるまで…(体験談)」の続きを読む

2021年09月09日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:女王様に喜んでもらう為のセルフMトレーニング!

「よく頑張ったわね」
「よく耐えられたわね」
と、調教中に女王様から褒めてもらいたい、認めてもらいたい、というのはM男なら誰でも抱く思いですよね。

中には女王様に褒めてもらったらご褒美がもらえるかも、なんて打算をする人もいるかもしれないですが、どちらにしても女王様が喜んでくれる事はM男にとっても喜びというのには違いありません。

女王様にとっても、自分の理想的な調教に応えてくれるM男というのは可愛がり甲斐があるというもの。
とはいえ、女王様が求めているようなM男になるには、自分はまだ初心者過ぎて先が遠いと感じている人も少なくないのではないでしょうか。

「M男が女王様に喜んでもらうためのセルフMトレーニングとは…(体験談)」の続きを読む

2021年09月08日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:乳首アクメ出来るように女の体を改造した時の体験談

自分にはSMのパートナーとして20代の女性がいます。
これがまたドMでいちいち反応が楽しくて、あと声がエロくてプレイが楽しくてしょうがないんです。
だいたい週一か週二で会ってやってます。

それで女性って同じ性感帯でも感じ方ってかなり違うんですよね。
色々やってるとそれがわかってくるんです。
で、今のその子は乳首の感じ方が半端ないんです。

「SMパートナーのドM女を乳首アクメできるように改造してみた…(体験談)」の続きを読む

2021年09月07日 15:00

読了時間:約 5

タイトル:ハードレイプされたOLの悲劇の体験談

「いたい…っ…やめ…て…」

声にならない声で懇願しても男は心底楽しそうな笑みを浮かべて私をレイプする。
そして既にボコボコになっているであろう私の顔をさらに殴り続けた。
まさか、私がこんな目に遭うなんて…後悔してもしきれませんが、これは私がある男に騙された挙句、暴行レイプされて身も心もボロボロになった話です。

当時、私は20代前半のOLでした。
表向きはどこにでもいる普通のOLですが、プライベートではSMを楽しむM女でもありました。
と言っても軽く縛られたり玩具で責められたりといったソフトSMが中心のライトなM女です。

「出会い系でソフトSMを楽しもうとしたM女の悲劇…(体験談)」の続きを読む

2021年09月06日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:上手な言葉責めのやり方を調べてみた

セックスやSMプレイの際になんだか盛り上がらない…、プレイに集中できないな…となった覚えはないですか?
体調や相手とのフィーリングのせいもありなかなか盛り上がるのが難しい時ってありますよね。
盛り上げたい…でも女性が主体となって盛り上げるのって難しいですしどうしていいか分からない…

そんな時にお勧めなのが言葉責めです。
言葉責めを行うことよってプレイに集中できたり、プレイ中の会話が増えて2人の中が急接近することだってあります。
言葉で巧みに奴隷の気持ちを弄び、興奮させ、もっとご主人様を求めるようになってた姿には大変興奮しませんか?

「【S女版】セックスを盛り上げるための上手な言葉責めの方法…(体験談)」の続きを読む

2021年08月28日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:saki女王様の独り言-最近のMの好みについて

家でのんびり過ごす事も増えたからかしら。
なんだか最近、昔の思い出に浸る事も多くなっちゃって。
なんとなく以前調教したM男達とのメッセージのやり取りを読み返していたのだけどちょっと気づいた事があるの。

それはここ数年、前立腺開発や乳首責め、射精管理といったプレイを求められる機会が増えてきたという事。
昔はSMと言えば、
“何でもします、女王様の専属奴隷にしてください!”
“女王様好みの変態マゾに躾けてください!”
といった主従関係や本格調教を求めるM男が多かったの。

その他にも、
“女王様のおみ足を崇拝させてください!”
“女王様専用座布団に立候補します!”
なんてフェチ系のM男も数多くいたわね。

「女王様考察:最近のM男と昔のM男との違いについて…(体験談)」の続きを読む

2021年08月22日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:人妻を自分好みのセフレにする為の方法教えます!

女性の扱いは一律ではありません。
年代・生活環境・性格によって扱い方が変わってきます。

それプラス既婚女性は未婚女性と比べると遊びや趣味といった自分中心の思考より、家族や生活のことといった自分以外を含めた考え方・物の見方になっているので、そういった点も理解して接する必要があります。

女性は男性よりも強かですから、見た目や雰囲気、目に見える情報だけに惑わされないように狩っていきましょう!

「【年代別】人妻を自分好みのセフレにする方法教えます…!(体験談)」の続きを読む

2021年08月20日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:人妻熟女とはさくっと気軽に会えるアプリを活用しよう

人妻熟女と出会うには出会いアプリが欠かせません。
人妻熟女とはサクッと気軽に会うのが基本なので、あまり継続しようと思わないことです。

毎回、違う人を探さないといけないので意外と大変です。
それを大変と思わずにこれくらいなら簡単と思える人のみがおこなえます。

なので、めんどくさがりの人は基本的に人妻熟女と会うことに向いてませんので、風俗に行きましょう。
それが一番手っ取り早いです。

「手っ取り早く人妻とセックスする方法がこちら…(体験談)」の続きを読む

2021年08月19日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:乳首だけでイクなんて想像できますか?それがイケちゃうんです…!

こんにちは、気持ちいいことが大好きな皆様。
僕も皆さんと同じで例に漏れず気持ちいいことが大好きなおっさん(神奈川県 36歳)です。

で、ジュース吹きそうなぐらい早速ですが皆さんは気持ちよくなりたかったらどうしますか?

セックス?
セックスは確かに気持ちいいですけど相手が必要なのでお手軽とは言い難いです。
外に出て無理やり捕まえて無理やり押し倒してブチ込むこともできないことはないですが、もはや犯罪だしセックスというよりもレイプでしかありません。

「M男の僕のチクニーマスターからのメスイキ体験…(体験談)」の続きを読む

2021年08月17日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:ニューハーフ風俗嬢に恋しちゃった男の付き合う迄の努力の日々

ニューハーフをもし本気で好きになったとしたらどうします?
ニューハーフってただでさえ出会うチャンスが限られてるんでそのタイミングがもしあったなら絶対に逃したくないものですよね。

今回は元々ニューハーフに興味があった僕がニューハーフの風俗嬢をゲットして付き合うまでの流れをざっと語っていきたいと思います。

特別ぶっ飛んだことはしてないので参考になるかもしれませんがその分もしかしたら面白味には欠けるかもしれません笑
よかったら是非読んでみてください。

ニューハーフという言葉

まずそもそもニューハーフってもっといい言い方ないんですかね?
シーメールっていうのもなんかシーフードみたいに言葉の響きが海っぽくてピンとこないんですよ。
シーメールのシーはSHEなんですけど。

「ニューハーフ風俗嬢に恋しちゃった結果…(体験談)」の続きを読む

2021年08月11日 15:00

読了時間:約 1

タイトル:ファーストアナル拡張体験談

私が始めて女性のアナル拡張したときはまだ21歳でした。

あの頃は今みたいにネットがなかった時代なのでどうすればいいのかわからず、いろいろ失敗を繰り返しました。

今では考えられませんが、一番最初に拡張したときは浣腸もせずにそのまま指を突っ込んでいました。

しかもコンドームも装着せずに素手の状態です。笑

指が直腸付近に到達すると生温かい物体に触れあいます。

まぁ浣腸していないのでスカトロと接触するのは当然です。

「彼女のアナルを開発しようと性急にやり過ぎた結果…(体験談)」の続きを読む