2021年03月07日 21:00

読了時間:約 2

中学一年の頃、私は、『お尻を叩かれたい』という願望を持っていました。
その願望を叶えるため、小学校低学年の弟を利用しました。
私はわざと弟の大事にしていたおもちゃを壊してしまったのです。

弟は壊れたおもちゃを見て、よほどショックだったのか泣き出してしまいました。
泣きじゃくる弟に私は言いました。
私「ごめんね。お姉ちゃんが悪いの。悪いお姉ちゃんのお尻を叩いて」
私は弟に背中を向け、スカートを捲くり上げます。

「お尻を叩かれたい願望を満たすために小学生の弟を利用した…(体験談)」の続きを読む

2021年02月27日 09:00

読了時間:約 3

私は、46歳のおばさん(既婚)です。
2年前まで夫しか知らなかった普通の主婦でした。
2年ほど前に、心ときめく59歳の彼と知り合い人生観が変わってしまいました・・・。

その彼は仕事もエキサイティング、女性に対してもエキサイティングで、何でもない主婦にとっては驚きの連続で、日々が過去の46年と一変させられてしまいました。
何より、自分がMであった事に気付かされてしまったのです。

「ただの主婦の私(46)が1発1000円の精液便所になった理由…(体験談)」の続きを読む

2021年01月29日 09:00

読了時間:約 3

20代の頃、就職課の先生の所に進路相談に行きました。
そして食事に誘われ飲みに行き、無理やりラブホに連れて行かれました。
先生「俺がオマエのスケベな部分を目覚めさせてやる」
当時44歳の先生の強引で、命令調のセックスになぜか快楽を感じました。

いきなり、「オナニーはやったことあるのか?」と聞かれました。
実は6歳からしていましたが、親や姉妹や友人はもちろん、今まで付き合った人にも話していない秘密のことでした。
私は、「やったことない」と言いました。

「【調教】学生時代に就職課の先生に目覚めさせられた私のM性…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年01月23日 09:00

読了時間:約 5

俺は仕事で一年に4、5回のペースで関西に出張に行くのだが、数年前にナンパしたバカ女子大生をセフレにしてオマンコしてやっている。
女は俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンポの虜になっているので、呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る。

かなり性格の歪んだバカ女で、十三の駅の近くで待ち合わせした時に、仕事帰りに「ふう~っ、疲れた!」とか言ってるオッサンを見て「ふう~っ、ダッサ!」などと言うクソアマなんで、オマンコする時はいつも顔面シャワーして、鼻の穴を両方ともチンポ汁で塞いで懲らしめてやっている。

「俺が性処理便所として使ってる関西の女子大生…(体験談)」の続きを読む

2020年12月24日 09:00

読了時間:約 9

私は優衣。
24歳、独身OL。
そして私のメス猫ちゃん。
21歳、女子大生の麻美。
私の言う事に服従するメス猫ちゃん。

とっても可愛らしい麻美。
幼さの残る顔立ちと違い、厭らしいスタイルをしてるの。
T154、B86、W56、H88。
アソコは無毛のツルツルパイパン。
土手が高く、大陰唇もプクッとしてて可愛い。
正面から見ると、クリと小陰唇が少し食み出して見えて、それがとっても厭らしいの。

「ペットにしてる女子大生に浣腸してコンビニに行かせた結果…(体験談)」の続きを読む

2020年12月22日 21:00

読了時間:約 3

元彼女の話を。
彼女の名前はA子にしとく。
付き合った時は性に疎い娘だった。
だけど、1年も付き合ったらこっちが本当にイライラする位に変態になっちゃって、もう自分にはもう無理と思ったから、誰かに寝取らせて別れちまえって、最低の方法を取ったんだ。

決意した時にはもう別れたくて必死だったから、作戦を練ったりとかは全然しなくて、「A子が誰かとしてるのを見たい」っていう内容を色んな理由を付けて説明した。
最初は、「え?」「なんで?」みたいな事言ってたけど、思いのほか早く「・・・分かった。やってみる」ってなった。

「調教して変態になりすぎた彼女を放流しようと上司を誘惑させた結果…(体験談)」の続きを読む

2020年12月10日 21:00

読了時間:約 5

大学生の頃、友達というか、ノートをコピーさせたりレポートを代わりに書いてあげたりしてた、単に都合のいい男だった関係の女の子がいた。
顔も可愛くて巨乳でムッチリした感じで、大学でもモテモテだった。
もちろん彼氏もいたわけだが、それとは別に「ご主人様もいる」と俺だけに教えてくれた。
童貞の俺は、そんなん聞かされても知らんがなとドギマギするだけだった。

ある日、電話がかかってきた。
最初は普通に話してたけど、どうも様子がおかしい。
息遣いが荒いのでオナニーしてるのかと思い、これはテレホンセックスというやつができるチャンス!?

「巨乳女友達とそのご主人様のオッサンのペットにされてた…(体験談)」の続きを読む

2020年11月12日 21:00

読了時間:約 4

もう10年以上前になるけど、初めてSMクラブに行ったのは錦糸町にあったお店だった。
Mコースが1万円で遊べる、とてもリーズナブルなクラブだった。
錦糸町の駅前の電話ボックスから店に電話を掛ける。
すごくドキドキした。

出たのは女性だった。
「そこからア◯フルの看板が見えますか?そのビルの10階です」と場所の説明を受ける。
自分の声が震えているのがよくわかった。
偽名(友人の名)を伝えて電話を切る。

「はじめて激安SMクラブに行ったときのこと…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年10月09日 21:00

読了時間:約 7

今から考えれば、高校生のときはセックスの合間に学校へ行ってたんじゃないかと思うほどセックスしていましたねえ。
うちは独りっ子の僕が幼稚園に上がる前にお袋と親父が離婚をして母子家庭になったのですが、僕のお袋っていうのが当時からいくつもの会社を経営するやり手社長で、親父と離婚した後も、都内の一等地の豪邸に住み、幼稚園から大学までエスカレーター式の有名私立一貫校に僕を通わせていました。

僕が中学生に上がる前に、お袋は海外へ展開するほど更に事業を拡大させ出張の回数も増え、高校生になる頃には、年の8割以上は家を空けていましたね。
自分から言うのも烏滸がましい話ですが、お袋から美形と親父からは長身を受け継いだ僕は、これといったきっかけをこちらから作ることもなくセックスできるほど、昔からよく女にモテていました。

「【調教】男子に人気のヤンキー女子は実は処女だった…(体験談)」の続きを読む

2020年10月05日 09:00

読了時間:約 3

友達の女の子をセフレとして調教してエッチしてる。
最初はいつもの延長でホテルで縛る程度だったんだけど、酔っぱらってホテル難民になって面倒臭くなって俺のマンションに連れてきたんだが、それから頻繁に来るようになって、今やほぼ同棲状態。
何かおかしなことになってる。

とは言え、普通のカップルらしい生活をしてるわけじゃなく、彼女は俺のペット状態。
帰ってくるなり玄関で裸にして(俺よりも彼女の方が帰宅は遅い)、首輪を付ける。
部屋の中では首輪以外を身に着けるのは禁止。
首輪を付けた後は廊下に這わしたり、壁に押し付けてクリやGスポットを刺激してイカしてやる。

「女友達を調教してペットとして飼ってます…(体験談)」の続きを読む

2020年08月31日 21:00

読了時間:約 7

10年以上前に付き合っていた元カノは、バツイチですが、モデル級のスタイルと芸能界でも通用しそうな美貌。
今でも年に1~2回ですがエッチさせてくれます。
地元企業では管理職。
元々ヤンキー。

気性がメチャクチャ荒いのに頭が切れるボスキャラタイプ。
地元の飲み屋で、元カノの部下達が集まって、顔色を窺うのに疲れたって話をしているのを聞いた事もある。
俺も偶然会ったりすると、よく怒られる。
でも元カノには、俺以外の歴代彼氏ですら知らない秘密があります。
そうなんです。
元カノは“超”がつく程の変態マゾ性癖があるんです。

「元ヤンだが実はドMな彼女の野外調教中に部下の根暗君に遭遇…(体験談)」の続きを読む

2020年08月25日 09:00

読了時間:約 6

25歳で3歳年下の前妻と結婚。
3年後に長女、その2年後に次女をもうけて幸せに暮らしていた。
子供の成長とともに、俺によく似た長女と、似ても似つかない次女の差に気付き始めた。

気付いたのは家族写真で、俺と長女は顔つきだけでなく、手を開いた感じや肩から背中にかけてのラインがソックリなのに対し、次女はまったく似ていなかったのだ。
7歳になった長女は俺に似てスラッとしてきて、5歳になった次女はズングリムックリで天然パーマ。

「清楚系美女の調教され尽くしてチンコみたいになったクリトリス…(体験談)」の続きを読む

2020年08月12日 09:00

読了時間:約 4

休日に軒先でオナニーするのが趣味なんだが・・・。
俺の家の周り、造成地ばっかりでまだ家がまばらなもんで、昼間に軒先で全裸オナニーするのが癖になっちゃって、毎日太陽の下で体を焼きつつオナニーしてたんだが、それを近所の中学生くらいの女の子に見られてしまった。

最初はその子が見てるのも知らずにシコシコ頑張ってて、びゅーっと一発打ち上げたところで庭の木の間から女の子が覗き見してるのを発見。
どうせもう見られたからという事で、そのまま気づかないフリで2発目と連続でオナニーを見せた。

「【調教】軒先オナニーを覗いてた近所の中学生を…(体験談)」の続きを読む

2020年07月19日 09:00

読了時間:約 9

前回の話

暑さ真っ只中に、セフレの五十路の美魔女車校指導員・秀子さんのお家に行ったその晩、彼女はひどくブルーだった。

聞いてみると秀子さんはその日、普通車の卒業検定試験を行ったのだが、その教習生(18歳の専門学校1年生)は交差点内での横断歩道の歩行者を急ハンドルで交わして無理やり進行しようとしたため秀子さんが補助ブレーキを踏んでしまい、横断歩行者妨害とか交差点安全進行義務違反で試験中止になった。

「落ち込んでる五十路の美魔女と放尿プレイ…(体験談)」の続きを読む

2020年07月16日 09:00

読了時間:約 3

結婚5年、来月で39歳になるサラリーマンです。
年末に三十路を迎える妻の麻衣は、元セフレでした。
11年前、ある営業所にいた私は、夏休みにアルバイトに来ていた短大生があまりにも可愛いので思わず手を出したことがあります。
それが麻衣でした。

口八丁手八丁で口説き、麻衣のウブな初マンを突貫しました。
麻衣とは単なるセフレの関係。
可愛いからブルマやセーラー服着せてハメ撮りして、「目線を入れるから」と説得して雑誌にも投稿しました。

「昔、セフレとして調教しつくした女子大生と再会した結果…(体験談)」の続きを読む

1 / 912345...最後 »