2019年04月05日 21:00

読了時間:約 6

ご主人様へのご奉仕なので、お風呂に入って身を清めてからにしようかと迷いましたが、牝犬は牝犬らしく、牝のいやらしい匂いを残したままでご奉仕をさせていただくことにしました。
どうかお許し下さい。

仕事から帰宅して汗も拭かずに全裸になり、愛用の首輪を身に着けます。
ドッグタグがチャリチャリと鳴り、これから行う自らの痴態を想像して羞恥に身悶え。
反面でその羞恥を悦び、だらしのないおまんこには既に涎がたっぷりと溜まっています。

「【変態オナニー】拾ったエロ本に挟まれてたシコティッシュで…(体験談)」の続きを読む

2018年05月28日 09:00

読了時間:約 2

中学2年の夏、アフォ友達数名と放課後の教室でダラダラしてたときのこと。
なぜか「ザーメンの匂いはイカ臭いのか?栗の花臭いのか?」で熱いトークを繰り広げていた。

その時たまたま教室にいた女子が「ザーメンってホントにイカとか栗の花みたいな匂いするの?」と言ってきたので、冗談まじりに俺が「うひひ、見たいのか?見せようか?」と、からかった。
友達の「アフォか!」の突っ込みで笑ってその場は終了。

「女友達の「ザーメン見たい」という話から始まって…(体験談)」の続きを読む