2021年01月25日 09:00

読了時間:約 4

パソ通(インターネットではない)のチャットで知り合った連中とオフ会をやった時の事。
彼女と同棲してる自分の家が宿になってしまったんだが、夜中にいきなり劣情を催してしまった。

しかし狭い部屋で七人ほどが雑魚寝している上に、彼女も疲れて熟睡してるので、よくあるパターンに持ち込むワケにはいかない。
仕方がないのでその夜は一人悶々としながら耐えた。

「オフ会後に溜まったザーメンを彼女の口で何度も顔面に吐きだした…(体験談)」の続きを読む

2021年01月24日 09:00

読了時間:約 4

オレが高校三年のころである。
オレは学校生活も楽しく順風満帆だった。
何といってもオレは学校の先生と禁断の肉体関係もあったからである。

相手はまだ先生になったばかりの25歳のアケミという、科学の先生だった。
目鼻立ちが良くて美人タイプ。
しかしとても接しやすいところがあり、男子生徒からとても人気があったのだ。

「美人女教師と巨乳同級生を同時に性欲処理に使ってた高校時代…(体験談)」の続きを読む

2021年01月22日 09:00

読了時間:約 4

オレは仕事で組んでいるパートナー的な存在の女がいる。
パートナーと言っても付き合っているわけでは無く、あくまで一緒に協力している仕事仲間という感じだ。

彼女はルミと言って、会社では後輩なのだ。
最初に会社にきたときは真面目すぎというか、ちょっと神経質なのかもしれないと思った。
しかし仕事に慣れていくうちに、ルミは少しずつあか抜けていき、今ではオレとルミはかなりの良い関係である。
まあ、最初からオレの元にいたからそれも当たり前なのだが。

「取引先へ行く前の後輩女子との車の中での儀式…(体験談)」の続きを読む

2021年01月20日 09:00

読了時間:約 4

オレにはセフレがいて、週に一回くらいの割合で会ってエッチをしている。
その彼女はヒトミという29歳の女だ。
スタイルも良く積極的で、最初はヒトミの方からオレを誘ってくる。
ご飯に行って楽しんだりしていると、だんだんと距離が近づいてきて、普通にエッチをする関係まで進展したのだ。

ヒトミは非常にフェラが好きな女である。
ヒトミと飲みに行った時に、オレはヒトミが酔っていたので、家まで送ろうとした。
なんとなくの場所が分かっていたので、その場所まで酔ってテンションの高いヒトミを連れていった。

「フェラ好き淫乱女だと思ってたら意外に純情だったセフレ…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2021年01月17日 09:00

読了時間:約 4

オレは一時期、数人の男女で混ざってルームシェアをして過ごしていたことがある。
そのメンバーは知り合いもいれば、なんとなくつながりがある程度の人まで様々だ。

実家には居ようとは思わないけど、一人暮らしには経済面でリスクが大きいオレにとっては、助かるシステムである。
そんな気持ちでシェアハウスにいる人もちらほらいた。

「【3P】シェアハウス内で下ネタばかり言ってくる女を襲って…(体験談)」の続きを読む

2021年01月16日 09:00

読了時間:約 4

オレは料理が好きで、その仕事について二年ほど経っていた。
中華料理の会社に入り、厳しくも遣り甲斐を感じて何とか頑張っている。
そもそも中華が好きだったのだが、オレは色んな国籍の料理に興味を持っていた。
フレンチやイタリアン、アジアンもあればもちろん和食にも。

なので当時に働いていた中華の会社でも、色んな料理からヒントを得たまかないを作っていたのである。
すると、調理長からオレに相談があった。
それは調理長の知り合いの人が出している和食の店に手伝いに行ってほしいとのこと。

「若女将というまかない付きの旅館の調理場のヘルプ…(体験談)」の続きを読む

2021年01月15日 09:00

読了時間:約 4

友人らと夏の思い出としてキャンプに行くことになった。
男女合わせて五人の仲間たちで、一泊の計画である。
大きな車を持っている男がいるので、その車で一気に乗り合わせてキャンプ場に向かった。

そこにはバーベキューができる施設も整っていて、広い芝生が広がっている。
その中で好きなようにテントを張って良いという素晴らしいところだ。

「キャンプ場で知り合った女性のテントで中出しセックス…(体験談)」の続きを読む

2021年01月07日 09:00

読了時間:約 3

私は40代以上のサラリーマンとセックスする事に興奮します。
今日も仕事帰りのお父さんとセックスを楽しんでいます。
本当に変態ですよね。
加齢臭が堪らなく好きで、どっぷりお腹の出た太鼓腹のメガネハゲが堪らなく好きなんです。

この間、掲示板で知り合ったお父さんとテレホンセックスした後、直接お会いした事を話します。
年上にしか興味がない私は、いつものようにサイトにログインして待ちぼうけしていると、ツーショットのコールがありました。

「女子大生ですが、加齢臭がするメタボなオジサンが好きすぎて…(体験談)」の続きを読む

2021年01月02日 09:00

読了時間:約 4

私は20代の時に社内の静かな子とのエロ体験談があります。
お互い彼氏彼女がいなくて恋愛のつもりで最初は誘いました。
この子は、エロ話はあまりしなくて黙々と仕事をしていました。

私はエロい話が大好きで冗談でエッチな話を仕事中にするのですが、笑ってはくれましたが、一緒にエッチな話はしてくれなかったです。
しかし、仕事をしていく上で仲良くなり、デートに誘いました。

「介護士の職場で色白美人(25)をセフレにしてました…(体験談)」の続きを読む

2020年12月31日 09:00

読了時間:約 8

1年ほど前のこと。
ちょっと昔から知り合いだった結構仕事のできる福岡の女、里香が俺の地元の大阪に仕事で来た時だった。
何度か仕事で会ったことあったが、それ以外はあまりちゃんと話しもしたことがなく、別にどうという気持ちを持っていたわけでもなかった。

まぁ、いい女だなとは思っていた。
俺よりも3つ上。
バツイチで子供が一人いた。
顔はお水系のちょっとキツめで、胸は小さいがスタイルは最高。
俺のストライクゾーンど真ん中。

「仕事関係の美女はフェラ上手な名器持ちだった…(体験談)」の続きを読む

2020年12月29日 09:00

読了時間:約 4

私は40代の男性です。
エロ話はいくつかありますが、不倫の話もたくさんあります。
皆さんは不倫を悪だと思っているかもしれませんが、好きになってしまったら我慢するのは苦しくなりませんか?

私は相手の家庭を壊さないで不倫をしています。
不倫のエロい話を書くのですが不快に思ってしまったらごめんなさい。
不倫のエロ体験談の方がドキドキ、エッチができます。
それでは不倫のエッチな話を書いていきます。

「お互いの家庭を壊さないように不倫を楽しんでいます…(体験談)」の続きを読む

2020年12月27日 21:00

読了時間:約 7

彼女Sとその友達が、2週間ぶりにお泊まりでボクのアパートに来た時の事です。
手料理も食べ終わってマッタリしてましたが、しばらくするとS子が後片付けのために流しに立ちました。

イタズラしようと思って、後ろから抱きついてスカートに中に手を入れパンツを下ろすと、「もうっ!」と怒ったものの、大して抵抗もしなかったので、そのままクンニ&指マンをしてあげると簡単にイッてしまいました。

「急遽泊まりに来た彼女友達(巨乳)の誘惑に負けて…(体験談)」の続きを読む

2020年12月26日 21:00

読了時間:約 5

私はドスケベで淫乱な女なんです。
今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。
私は今のところ身内の会社の手伝いをしているので、生活に困ることはないのですが、あっちの方がすごく困っているんです。

「【フェラ】未亡人ですが性欲が抑えきれずにネカフェで男性を探して…(体験談)」の続きを読む

2020年12月25日 21:00

読了時間:約 14

「静かにして下さい!」
クラスに一人はいませんでしたか?
こんな出しゃばりで生意気な女子生徒が。
大概は、眼鏡を掛けたクラス委員がそのタイプでしたよね。

僕が中学のときにも、こんな女子がいました。
僕の学校は幼稚園から大学までの一貫性私立校で、幼稚園や小学校は親が金とコネさえ持っていれば誰でも入れるんですが、中学からは並の偏差値では入試に受からない、高レベルな学校になります。

「いつも怒ってるクラス委員の優等生からまさかのお願い…(体験談)」の続きを読む

2020年12月17日 09:00

読了時間:約 3

同じクラスに彼氏がいました。
バスケ部でなかなかのイケメン。
かと言って遊び人という訳ではなく、お互い真面目に付き合ってました。

でも実は彼は、大のエッチ好き。
しかも結構上手い。
彼とは結構してました。

よくありがちな放課後の教室やバスケ部の部室、彼とは色んな所でヤッてました。
でもさすがに修学旅行先でもエッチするとは・・・。

「修学旅行中に発情する彼氏を高速フェラで鎮めました…(体験談)」の続きを読む

1 / 4912345...102030...最後 »