2021年10月13日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:駆け出し按摩師 さん(男性・30代)

体験談タイトル:伝説のマッサージ師 vs 不感症の女

俺はつい最近マッサージサロンで働くようになったのですが、まだまだ研修中の身であり、ベテランマッサージ師のS先輩に付いて貰いながらマッサージのイロハを教わっています。
実はこのS先輩、業界では生ける伝説のマッサージ師らしく、お客さんの間でも「ゴッドハンド」の名でよく知られていました。
見習いの俺から見てもS先輩のマッサージは「超絶」の一言で、マッサージされたお客さんは男も女も皆満面の笑みで帰っていくんです。

ところがある日、そんなS先輩の前に強敵が現れたんです。
お客さんなのであまり詳しいことは言えませんが、この店には初めて来る女性客で、歳は20代中盤ぐらいでしょうか。
メガネをかけたクール系美人という感じでした。
「よろしくお願いします」
冷たい声でそう言うと、お客さんはメガネを外し、マッサージベッドにうつ伏せになりました。

「伝説のマッサージ師 vs 不感症の女…(体験談)」の続きを読む