2018年07月19日 21:00

読了時間:約 4

3ヶ月くらい前の話になります。
僕の家は5年前に父親と死別して、今は母親と二人暮らしになります。

僕は中学2年になって少しずつ成績も落ち、志望校に入れるか悩んでいる時でした。
保育園からの幼馴染の田村と、中学に入ってから仲良くなった吉田の二人が「学校終わってから解らないところ教えるから一緒にやらないか?」って声を掛けてくれました。

二人は学年でもトップクラスの成績で大変助かる思いでした。
それからは、学校が終わると僕の家に来て勉強する毎日になりました。
母はパートで保険の外交員をしている為、家には居なく、二人とも遠慮することなく勉強をすることが出来ました。

「僕の知らぬ間に母が同級生たちの睡眠薬レイプの餌食に…(体験談)」の続きを読む

2018年07月18日 09:00

読了時間:約 2

高校生の夏休みのときのこと。
親戚の男の子(小学生)が泊まり込みで遊びに来てて、夜に花火しようって。
ついでに近所の中学生の男の子2人も誘って近くの公園に。

花火が終わった頃、1人中学生の子が、「俺、おしっこしてくる」ってトイレに行ったの。
戻ってきたら・・・。

「お姉ちゃんちょっとこっち来て」
「なに?」
「いいから早く」

他の子供達をおいていくわけにもいかず、皆で行ったの。

「【覗き】近所の中学生とカップルの青姦を覗いてたら…(体験談)」の続きを読む

2018年07月13日 09:00

読了時間:約 3

僕が中学生だった頃の体験談です。
どこの中学校にも大抵居るようなアイドルが、僕の学校にも居ました。
性格も良くてとても明るく、ルックスもかなり上でした。
その子を仮に『Rさん』と呼びましょう。

Rさんは女子バスケ部のキャプテンで、男子バスケ部員とも仲が良く、男子バスケ部員がとても羨ましく思いました。
なぜなら、僕もRさんのファンの一人だったからです。

僕は男子テニス部に所属していました。
ある日、間近に迫った大会に備えて、下校時刻の午後6時をとっくに過ぎても、僕は夢中で練習していました。

そのため、学校に残っている生徒も多くはなかったのですが、僕はあの異変に気付きもしませんでした。
ただ、気になっていたことは、いつも部活に来ているはずの先輩達が居ないという事だけでした。

僕は毎年大会前に行われている“ミーティング”だろうとしか思っていませんでした。
僕は身体に疲労を感じ、午後6時30分に練習を切り上げ、帰るためにテニスコートの横の道を歩いていました。

そしてちょうど体育倉庫の横を通り過ぎようとしたとき、中から会話が聞こえてきたのです。

「やっぱ可愛いねぇ!」

S先輩です。
他のテニス部の先輩の姿も見えました。
先輩達は皆ここに居たのです。
先輩達の向こうには、誰か女の子が居るようでした。

「Rちゃん、彼氏いるの?」

僕はその向こうにいるのがRさんだということが解りました。
でも何をしているのかはすぐには解りませんでした。

「俺達じゃ駄目?」
「すみません・・・帰らなきゃ・・」
「何言ってんだよ!まだ帰らせねーよ!」
「もう何があるか解るだろ?子供じゃないんだし。その身体もらったぜ!」
「ほらっ!」
「キャッ!」

先輩の一人がRさんに抱きつきました。
そして、Rさんの身体を触っています。

「やめてください・・」
「たまんねーよ!」
「次、俺にもやらせろよ」

Rさんは泣いているようです。

「やめて・・」
「こういうところ触られると気持ちいいんだろ?」
「やめてください・・・あぁ!」

先輩の手はもうとっくにスカートの中に入り込んでいます。

「この身体で何人落としたんだ?」
「あぁん・・・いやっ・・・やめてください・・・いやっ」
「調子に乗って男を挑発してるからいけないんだよ!」
「ほら!気持ちいいんだろ?」

先輩達がどんどん加わり、Rさんに群がっていきました。
Rさんの抵抗もほとんどなくなり、喘いでいました。

「あぁん・・・だめっ・・・あん!」

Rさんの乳房を揉みほぐされ、秘部はもうびしょびしょのようです。

「いっちゃう!いっちゃう!」
「俺達がそんなに良いか?」
「だめっ!もういっちゃう!」

突然S先輩が自分のズボンを下ろしました。

「いくよ!」
「あーーぁ!あん・・んーっ・・・あん・・あーー!」

先輩は激しくRさんを突き上げていました。

「あーー!イクーーーーっ!」

Rさんは頂点に達し、身体はもうぐったりしていましたが、その後全員の先輩に輪姦されていました。
僕は何だか罪悪感に駆られ、そのまますぐ家に帰りましたが、その夜はRさんのことが気になってあまり眠れませんでした。

でも僕の心の中には少しだけ「ざまぁみろ!」という気持ちがありました。
ルックスが良いことにRさんは散々男を挑発、誘惑し、遊んでいたような気がしたのです。

実際にはそんなことはありません。
性格のいい彼女がそんなことをするはずないのですが、どうしても僕にはそう思えてしまうのです。

それだけ彼女のことが好きだった僕にとっては、あの日の出来事はとても悲しく思えました。

タグ:
2018年07月12日 21:00

読了時間:約 9

中学2年の時、部活の先輩に強姦されました。
それも部活仲間の前で・・・。

地元の公立中学に入り、勧誘されてブラスバンド部に入りました。
勧誘したのは仮にN先輩、とします。
明るいけど軽薄そうな、女友達も沢山いるような先輩で、入部した後にかなりの遊び人らしい、という噂も聞いていました。

でもまだ子供で男性にも慣れていなかった私は、先輩がからかい半分で私の事を好きみたいな素振りをするのが嬉しくて、なんとなく先輩の後ろをついて回るようになりました。

「【レイプ】中学時代に先輩DQNから犯された記憶が今も…(体験談)」の続きを読む

2018年06月28日 15:00

読了時間:約 9

俺の初体験は中3の時でした。
でも、ただその時の事だけを書いてもなんも面白くも無いので、中学に入るちょっと前から話そうと思う。

小学校の頃は男友達より、女友達の方が多かった。
結構モテたと思う。
中学へ入ると一変し、1年の6月頃からいじめられるようになってきた。
その頃から、小学校からの友達からも敬遠されるようになってきた。

中学入ってからはじめての夏休み。
いじめている奴らが近所にいると思うと、毎日怖かった。
宿題は7月中に片付けて、8月は田舎の祖父の家で過ごす事にした。

案の定いじめてくる奴は誰もいない。
天国にいるような感じだった。
当時は(現在も)鉄道が好きで、毎日毎日電車の写真ばかり撮ってた。

家は金があるだけが取り柄で、小6の頃に10万もする一眼のカメラを買って貰ったくらいだ。
夏休みが終わる・・・。
やはり休みが明けてもいじめは止まない。
逆にエスカレートしてた。

毎日毎日嫌な事をされ、言われ、教科書とかも平気で隠されてた。
でも、先生には言えなかった。
親にも心配をかけたくなかった俺はどうしたらいいか判らなかった。

「【初体験】いじめられっ子だった俺が頑張れた理由…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年06月27日 21:00

読了時間:約 7

由美子(仮名)と申します。
私には、今まで誰にも明かさなかった秘密があります。
その秘密とは、“息子の同級生の男の子と関係を持ってしまった事”です。
ここにそれを記したいと思い、投稿しました。

私は、船橋市在住の39歳のバツイチシングルマザーです。
元中学教師で、現在は学習塾の講師をしています。
私は教員になった当初、既に息子を身篭っていて、22歳で大学時代から付き合っていた同級生と結婚し、半年後には息子を出産しました。

「【筆おろし】夫とレスの私が息子の友達のイケメン君を預かった結果…(体験談)」の続きを読む

2018年06月25日 15:00

読了時間:約 3

俺が中学3年の時、私立大の付属高校を受験するのに医者の診断書がいるってんで、平日の授業休んで保健所に行って受けた。
時期は1月くらいで、中学生で受けに来てるのは少なかったが、大学受験で受けに来てる高校生(なぜか女子高生ばかり)が目立った。

俺もそうだけど、みんな制服姿。
普段は保健所も空いているんだろうけど、この時期はそんなせいか結構混んでる。
学校休めるんでちょっとは楽しかったけど、面倒くせえなあというのが正直な感想だった。

「【覗き】保健所の健康診断がJKやJSの裸を拝み放題だった…(体験談)」の続きを読む

2018年06月23日 15:00

読了時間:約 3

小6の頃からオナニーを知りました。
最初はイクというのは分からなくて、あそこを触ってたらなんか気持ちよかった。
ずっと触り続けてるとお股がびくびくってなって気持ちよくていつもあそこ触ってた。

母に「そんなとこ触るもんじゃない!」と叱られた。
でも気持ちいいから止められず、部屋でこっそり触ってた。
中学生になって本格的にオナニーにはまった。
もうオナニーに夢中。

「中学の時、オナニーばかりしてたらクラスの男子に呼び出されて…(体験談)」の続きを読む

2018年06月21日 21:00

読了時間:約 2

今から6年前の、僕が中2の時の体験です。
ある日曜日に両親が出掛けましたので、6歳上の大学生の姉と2人家に居た時の事です。

朝10時頃、僕がリビングでテレビゲームやってると、姉がやって来て、僕が友達から借りて来た本を持って「この本、お前が買ったのか?」と僕の目の前に出した。
僕はその時、“ヤバい見つかってしまった”という気持ちで一杯だった。

僕「買ったんじゃないよ、借りてきたんだよ。でも、その本何処にあったの?」
姉「階段上がったとこの出窓」

「初めて姉のマンコを見せてもらった時の衝撃…(体験談)」の続きを読む

2018年06月21日 15:00

読了時間:約 4

俺には二つ上の従姉がいて、毎年夏休みには遊びに行っていた。
小さい頃から可愛がってもらっていて、俺は頼りになる姉のような存在に思っていたし、向こうも俺のことを弟分のように思ってくれていたと思う。

話は俺が中一の時のことです。
その年の夏休みも、例年通り家族揃って実家へ帰った。
俺は一年ぶりに従姉に会えることがとても楽しみだった。

「【初体験】男に振られた従姉(中3)を慰めてるうちに…(体験談)」の続きを読む

2018年06月20日 09:00

読了時間:約 8

中学生のときの話です。
真夏の21時過ぎ・・・塾の帰りでした。
制服姿で自転車をこいでいると、白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」と、窓を開けて三十代くらいの男の人が声を掛けてきました。

教えてあげようと思い車に近付くと、突然扉が開き、私は後ろから羽交い締めにされて車内に連れこまれました。

「【レイプ】塾の帰りに白いワゴン車に連れ込まれて…(体験談)」の続きを読む

2018年06月17日 21:00

読了時間:約 9

自分が初体験をしたのは中学2年の時である。
当時、自分のことを好きになってくれた女子がいて、チカという名前だ。
チカとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。
そしてチカの親友のサナエとも仲良しだった。

チカはとても積極的な人で、周りだけでなく、モテたことのなかった自分ですらチカの好意に気付いてしまうほどだった。
その当時、中学では委員会に入るのが決まりだったため、楽であろう図書委員に入り、自分につられてチカも図書委員に入った。

「逆レイプで精通と初体験を同時に経験した…(体験談)」の続きを読む

2018年06月15日 21:00

読了時間:約 4

厨三の時、なんとか勉強が出来るようになりたいという幼なじみに勉強を教えたことがあったな。
勿論巨乳だった。
幼なじみは小柄で内気な子で俺はちょっと苦手だった。

幼なじみといっても親が仲良くて子供も一緒に遊ぶことがあっただけで、お洒落とかしないから、女の子としては意識したことは無かった。

「【初体験】地味巨乳な幼馴染は超積極的だった…(体験談)」の続きを読む

2018年06月12日 21:00

読了時間:約 2

中3の時、父親が長期出張で出かけた初日。
確かテストだったか受験で毎日2時くらいまで起きていた時、ちょっとムラムラしてオナニーしていたら、母親が気を利かせて夜食を持っていきなり部屋に入ってきた。

で、モロに見られて慌てて隠したけど時既に遅し。
パニクった俺に近付いてきて「いいのよ、男の子なんだから」と声を掛けて、それでも黙ってた俺に「お母さんがしてあげるから脱ぎなさい」。

「【母子相姦】母と僕、お互いの理性が崩壊した瞬間…(体験談)」の続きを読む

2018年06月11日 21:00

読了時間:約 4

過去のトラウマです。
中1の夏休みでした。
実家は群馬県のM市はずれ、片田舎の広い農家です。

たぶん夜中2時頃だったかもしれません。
寝苦しさで目を覚ますと、廊下の向こうで苦しそうなうめき声のようなものが聞こえていました。

寝ぼけていたのではっきりと聞き取れませんでしたが、声の主はL字の廊下の突き当たりの母親の部屋から漏れているようでした。

「【母子相姦】一人親の母のオナニーを見て精通してしまい…(体験談)」の続きを読む

1 / 2612345...1020...最後 »