2020年11月23日 09:00

読了時間:約 4

オレの知人には一人の既婚女性がいる。
5年前に結婚して子供も二人いるごく普通の母親だ。
33歳のキミコというその女は、実はオレの小学生時代の後輩でもある。

当時のキミコは男子に囲まれて遊んでいた、いわゆる活発な女だった。
高学年になるにつれてあまり一緒には遊ぶことはなくなったが、一つ思い出の場所がある。
それは小学校時代によく遊びに来ていた、田舎の公園の遊具の一つだ。
木を組んでできた階段を上って、そこには二畳くらいの大きさの小屋が立てられていた。

「【不倫】幼い日に秘密基地でエッチなことをした後輩と同じ場所で…(体験談)」の続きを読む

2020年11月19日 21:00

読了時間:約 5

私は現在、妻と別居中です。
理由は娘の病気と妻の心の病です。
私の娘は重度の小児喘息で、幼稚園に上がる前から入退院を繰り返し、妻は看病疲れから鬱になって現在実家にて療養中です。

子供の入院中は就学前の幼児には付き添いが必要なので、仕事のある昼間は仕方なく“付き添いさん”を雇っていましたが、夜は出来るだけ私が泊り込むようにしていました。
そういう訳で、その病院の小児科は同じような病状の子供たちと、同じ悩みの親たちが共同生活をする一種のコロニーのようでした。

「【不倫】小児病棟の看病疲れの親同士で…(体験談)」の続きを読む

2020年11月12日 09:00

読了時間:約 5

オレは学生時代に演劇部に所属していたことがある。
先輩後輩合わせて20人くらいは仲良くさせてもらっていた。
オレ達がその学校を卒業して10年は経った頃なのだが、たまたま今でも連絡をとっていた元演劇の友人から知らせが来る。

たまには集まってまた何かドラマでも撮ろうよと。
先輩たちからの提案が、オレの元にも来たのだ。
オレは面白いことと思い参加表明を出す。
そんなところから、再びオレ達は素人ながらもドラマをとるということに。

「演劇部OBのドラマ撮影でエロシーン中に暴走して…(体験談)」の続きを読む

2020年11月05日 09:00

読了時間:約 3

新宿についた俺はアルタの前を避け、◯◯前の青信号を待っていた。
その時、なんとなしに対岸の一人の女性と目が合った。
彼女はハッとして目を逸らした。
格好は地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。

あんな女とやりてーなーぁ─と思いつつ、青信号になったので渡り始めた。
彼女は誰か待っているのか渡ってこない。
(ちっ、近くで見てやろうと思ったのに)
俺は自分から近づいていった。

「旦那への復讐に何度も中出しさせてくれる人妻…(体験談)」の続きを読む

2020年11月03日 21:00

読了時間:約 4

今まで3人の女性とSEXした経験はありましたが、すべてゴム出しか生でも外出しでした。
僕が初めて中出しした女性は同じアパートの人妻、里美さんでした。
里美さんは30代中盤ですが、子供がいないせいか外見はとても若く、藤原紀香系の色気のあるグラマラスな感じです。

それまで里美さんとはアパートの通路などで顔を合わせる程度で会話などはありませんでした。
ある日、近所のスーパーの帰りに自転車の前にしゃがんでいる里美さんを見かけました。
初めは通り過ぎようとしましたが、思い切って「どうしました?」と声を掛けました。

「同じアパートでゲットした中出し専用の巨乳人妻…(体験談)」の続きを読む

2020年10月30日 09:00

読了時間:約 3

俺36歳独身。
先日、会社帰りに駐車場に行くとき、43歳のグラマーなパートのおばちゃん・寛子と出会い、「家まで送ろうか」と言うと、ニコニコして助手席に乗ってきた。

家は正反対ではあるが、俺は家に帰ってもしょうがないので良い時間潰しになると思い、気軽に乗せてやりました。
しばらく走っていると、「どこかドライブに連れて行って」と言うので行きました。
寛子はしばらく走っていると、寄り添ってきましたので、俺は肩に手を廻しました。
そうすると、彼女は俺の手を自分のバストに持っていきました。

「欲求不満なパートの巨乳おばちゃんと濃厚浮気セックス…(体験談)」の続きを読む

2020年10月28日 09:00

読了時間:約 4

オレの最近セフレになった女がいる。
彼女はマヤと言って32歳の一児の母だ。
旦那が忙しい傍らで、何とか稼ぎも良いらしく専業主婦になっている。
子供がまだ小さく、二歳になったばかりと言っていただろうか。
まだ手は離せないが、保育園にいる間には多少は羽を伸ばしていた。

そんなマヤと出会ったのは、それもまた子供のおかげである。
公園でオレが時間つぶしにベンチでコーヒーを飲みながらスマホをいじっているときのこと。
子連れの母親が近くを通りすぎた。
オレがたまたま飲んでいたコーヒーに、キャンペーンでミニカーが当たるというパッケージだったために、子供が反応してしまう。

「2歳の子が寝てる横で人妻セフレに背徳クンニ…(体験談)」の続きを読む

2020年10月27日 09:00

読了時間:約 4

私、パート勤めの主婦です。
子供も大きくなり子育てからは開放されています。
20代前半で結婚。
旦那以外の男性との付き合いはありませんでした。
ちなみに40代(あと数年で50の大台です)。

ですが、私の友達には独身女性もいて、彼女は時折、テレクラで男性との関係を楽しんでいるって言っていました。
そんな彼女から電話があり、食事する事に。
居酒屋に行ってみると見知らぬ30代くらいの男性が二人、彼女と一緒に座っていました。

「女友達に騙されて性奴隷にされてしまいました…(体験談)」の続きを読む

2020年10月26日 21:00

読了時間:約 5

俺が32歳の時に経験した話だ。
以前から患っていた左目のブドウ膜炎が悪化して、眼圧が上がり緑内障を併発してしまっていた。
総合病院の眼科に通っていたのだが、そこの女医先生は直ぐに入院させる人で、俺も即入院させられることに。

その病院に入院するのは二度目で慣れてはいたが、身体は元気なので毎日退屈していた俺。
入院した病棟には、胃がんや大腸ポリープの人などが多くいて、手術した人や手術を待っている人で満室状態。
年齢的にも一番若かったし元気だったので、病棟勤務の女性看護師たちは、何かにつけて俺の所へ来ていた様だ。

「性欲が溜まってる人妻看護師にフェラ抜き&中出しセックス…(体験談)」の続きを読む

2020年10月23日 09:00

読了時間:約 4

昨年から関係を持っている40代の人妻、美和。
今までもかなりのセックスをしてきましたが、結構ハードな内容がありましたのでここで。
美和とセックスをするため、美和の家で昼間に会うことになりました。

美和の旦那は仕事で出張中。
美和の上の子は仕事で今夜は帰ってこないらしいです。
下の女の子は高校に行ってます。
昼から美和の家に行き、早速セックス開始。
いつものように美和とお風呂に入りました。

美和は丁寧にちんちんを洗います。
当然ちんちんは大きくなり、美和も喜んで玉とお尻も洗います。
美和とお風呂を出て寝室でセックス開始・・・ですが、今日の美和は何かを用意してました。
何かと思えば、なんと体操服とブルマでした。

体操服は白、ブルマは紺色でした。
僕「こんなのどうしたの?娘さんブルマなんて穿かないよね?」
美和「通信販売で買ったの、どう?これでエッチしない?」
美和はノーブラに体操服、ブルマの下は白色のパンティです。

ブルマ姿になると、ブルマからパンティがはみ出してました。
僕の興奮度は上がり、美和に抱きつき、二人で抱き合いました。
美和は体操服のまま僕の身体を舐めてくれます。
そしてちんちんを舐め始めました。

じゅぼじゅぼじゅぼ、じゅるるるるるる、ずずずずず・・・。
美和のフェラチオが音を立てていやらしくなります。
「気持ちいい?おちんちんおいしい」
僕は気持ちよくなりました。

「四十路の人妻セフレの娘(JK)と奇跡の母娘丼…(体験談)」の続きを読む

2020年10月21日 09:00

読了時間:約 9

田舎のスポーツジムでバイトしてて、プールの担当をしてました。
と言っても、プロでも体育会水泳部でもない俺は、インストラクターじゃなくて裏方。
窓口事務とか施設の掃除とか道具の出し入れとか、言ってしまえば雑用係。

うちのクラブには競技会に出るような本格的な奴もいたが、日中は基本的に年寄りと主婦や熟女、それから妊婦とか乳幼児向けの教室が中心。
夕方になると学校帰りのガキ、夜は会社帰りの勤め人が多かったな。

「【覗き】ジムの倉庫で巨根インストラクターと巨乳美人妻が…(体験談)」の続きを読む

2020年10月19日 09:00

読了時間:約 3

学生の頃、近所の銭湯で男湯に女の人が入っているのを見たことがあります。
実際には入っていると言うよりは、両手を怪我したご主人の体を洗ってやるために少しの時間だけしたが。
でも、奥さんも真っ裸でした。

ある日の夕方4時頃、普段からバイトに行く前に、営業開始と同時に銭湯に行っていたのですが、男湯のお客さんは、おじいさんを中心に5人くらいだったと思います。
私が湯船に浸かっていると、湯船の奥にある開かずの扉(男湯と女湯の間を行き来できるドア)が開いたかと思うと、30歳位の女性が突然、「失礼しま~す」と言いながら、タオル一枚で男湯に入ってきました。

「銭湯の男湯に全裸で入ってきた奥さん…(体験談)」の続きを読む

2020年09月30日 21:00

読了時間:約 8

4月上旬に次の町内ゴミ拾いは誰が班長かを決める近所の会合で知り合った、同じマンションの女性。
30代前半で、黒木瞳をもっと若くさせたような感じの清楚感溢れてる人。
こんな人住んでたっけ?と一応は挨拶したけど、何号室に住んでるか分からなかった。

町内でのゴミ拾いとか正直面倒臭い感じなのだが、運悪く俺が班長で、その女性(仮に瞳さん)が副班長。
ここでお互い初めて、「嫌ですね~」とか「面倒臭いですね~」とか話して一旦は別れた。
週末の掃除日に行くと、タンクトップの上に白いブラウスだけ羽織った瞳さんを見てドッキリ。
ブラ線とかモロ出てるし、ジーパンもピチピチで尻のボリューム感も妙にエロい。

「【中出し】レイプ願望があるという同じマンションの美人妻に…(体験談)」の続きを読む

2020年09月26日 09:00

読了時間:約 2

俺の働いてる会社に可愛いパート主婦がいた。
年齢は三十路前半の初々しい若妻。
可愛らしいさと清純さを兼ね備えたパーフェクトな人妻で、好きになるのにはそれほど時間が掛からなかった。

同じ部署だったので、どうにかこの可愛い若妻とエッチしたくなってきて、しつこくご飯に誘っていたら、「ご飯だけなら」という事でオッケーが出た。
ご飯に行った帰り道、「マッサージしてあげる」と言って手を握ったら、何も嫌がらずに「握るだけだよ」と言ってきた。

「【不倫】清純系若妻と旦那のベッドで中出しセックス…(体験談)」の続きを読む

2020年09月16日 09:00

読了時間:約 3

2年くらい前の話なんですが・・・。
俺と美奈代(33歳)は、某チャットで知り合いました。
最初はありきたりな会話からお決まりのプライベートな話へと移り、お互いに恋愛感情を持つまでにあまり時間が掛かりませんでした。

それからプラトニックのまま2、3ヶ月が過ぎた頃、某チャットで『オフ会を開こう』という話になり、俺と美奈代は(お互いに遠距離の為)今回がチャンスとばかり参加表明しました。
当日は美奈代が先に東京に着く為、俺を空港まで迎えに来てくれるとのこと。

「【中出し】チャットで知り合った不妊治療中の人妻に…(体験談)」の続きを読む

1 / 2412345...1020...最後 »