2016年12月26日 18:00

読了時間:約 15

社会人2年目のある日、直属の上司だった係長の自宅に招かれた。

係長は一見大人しそうで人畜無害なタイプ。
あまり若手を誘って飲みに行く人じゃないから意外だったが、俺を元気づけようとしてるんだなと考え、ありがたく招待された。

実は俺、その半年ほど前に、長年付き合ってた婚約者を事故で亡くしていた。
悲しさを紛らわせようと仕事に打ち込んだが、傍から見て相当酷い状態だったらしい。
係長に誘われた時は、まあ何とか立ち直りつつある、くらいの時期だったと思う。

係長は当時30代後半で、郊外の一戸建てに奥さんと2人暮らし。
結婚7年目くらいで子供はいなかった。

「寝取られ趣味の上司に頼まれて奥さんを抱き続けた結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月26日 00:00

読了時間:約 18

友達に礼司(れいじ)」って奴がいる。
本名じゃなくてあだ名。ちなみに漫才師でもない。

ルックスは100人に聞いたら99人が「フツメン」と答えると思う。
身長170cm台前半で体重60kg台前半。成績はどの教科も並み。スポーツも普通。

何かに特別秀でてるわけじゃないけど、やればまあ及第点の結果を出す。
漫画で「何をやらせても平均点のアベ・レイジ君」ってキャラがいたそうだが、
「まるでアベ・レイジだよな」で、礼司と呼ばれるようになった。

全然目立たないってわけじゃない。そこそこ明るくて、そこそこ友達もいる。
大してモテもしないが、それでも高2の時には彼女なんかできたりした。
その彼女ってのが中途半端に地味で、それもまあお似合いだったんだが。

「フツメンなのに巨根の友人の熟女キラーっぷりが凄すぎた(体験談)」の続きを読む

2016年12月25日 15:00

読了時間:約 5

明日でアナログ放送も終わりなわけですが、ちょっと思い出した事があります。

3年~4年前の夏のこと。
おれが20代半ばの頃、あるマンションのTVのアンテナの工事をやった。

高級なマンションであったにもかかわらず、少し古かったため、CS放送の受信には対応してなかった。
屋上のアンテナと共用部の機器は交換が終わってあとは部屋の中のテレビの端子の交換を残すのみ。

これが結構大変で、テレビの後ろはホコリが溜まってたりしてむせ返る事も。
私は職人さんではないので物の手配と工事の立会いをしていた。

そして最終日。
一日に回れる世帯は限られているので多くは回れないんだけど、職人さんが交通事故で来れなくなってしまった。

「アンテナ工事で訪れた家で淫乱人妻に襲われ口内発射(体験談)」の続きを読む

2016年12月25日 12:00

読了時間:約 4

離婚歴のある方は、離婚がどれだけ体力を使うかお分かりだと思います。

私が結婚したのは25歳、元妻は22歳と若すぎた結婚で、1年はラブラブでしたが、元々他人が一緒に暮らすわけなので次第に相手への不満が募り、このまま子供を作って一生添い遂げるか、別れて他の道を歩むか、話し合いました。

私は、客観的に見ても美人の元妻を手放すのが惜しい気持ちと、もっと気立てのいい娘さんを見つけたら幸せだろうなと思う気持ちが交錯していました。

美しい元妻はスタイルも良く、その女体はヨダレが出るほど妖艶で、87㎝ある乳房は揉み応えもあって、イチモツに吸い付くような秘穴もいい具合で、ヨガり声も色っぽくて女としては上玉でした。

「【愕然】元妻がAV女優になっていた・・・(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月25日 06:00

読了時間:約 12

もう13年も前の話なので会話などは、覚えていないので会話やシチュエーションはフィクションが多いですm(__)m

当時、高校2年生だった俺は野球部で毎日が練習。
女と付き合うなんて出来ない生活。
(坊主だし通学も帰宅時もほとんどむさ苦しい部員と一緒)

でも好きな子はいた。科は一緒だがクラスが隣の子。
まぁ話す事などほとんどなく、遠くから見てる感じ・・・夏休み前、クラスの奴らは彼女と夏休みデートの予定とかバイトの話とかして盛り上がってたが、俺は部活。

その子を遊びに誘いたかったが、そんなところを野球部の奴らに見つかったら、無駄に囃し立てられウザイだけだったから、やめた。 (まぁ遊びに誘う勇気も無かっただけだが・・・)

「【初体験】叔父の奥さん(29)が俺に筆おろししてくれた理由…(体験談)」の続きを読む

2016年12月24日 18:00

読了時間:約 13

不妊の原因って、夫側と妻側のどちらにあることが多いんだろう?

知り合いの医者に聞いたら「うーん、半々くらいじゃないの?」との回答。
その時は医者のくせになんでそんな曖昧なんだよ、と思ったが、正直どちらが主な原因か断定しづらいケースも多いそうだ。

医学的な問題以上に実態を分かりづらくしてるのが「夫の非協力」。
ここにきてようやく男性不妊への理解が高まってきたが、意外と最近まで「不妊は女の側の問題」という風潮が世間一般に強かった。

奥さんの検査でこれといった異常が見つからず、「念のため」と旦那に検査を勧めても、断られることが多かったそうだ。

「不妊の人妻を孕ませる「種付け屋」のバイトをしてたんだが(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月23日 00:00

読了時間:約 7

最初に断っておくが、感動も興奮も笑いもない「そんな奴いるんだねぇ」という話。
読む前に期待値を下げてもらえるとありがたい…と、予防線を張っておく。

さて、職場の同期に松本という男がいる。名うての女たらしだ。

イケメンで口が上手いというのが女たらしの条件と考える人も多いが、それ以上に、いい女と見れば見境なく口説きにかかる腰の軽さと、口説き始めたら落とすまで粘る根性の方が大事だろう、と個人的には思う。
女の噂が絶えない有名人を見ると、必ずしも男前じゃなかったりするし。

その点、松本はジャニーズ系の容姿、聞き上手で話し上手な話術に加え、女に関して軽さと粘り強さを併せ持つ、実に完成度の高い女たらしと言える。

そんな松本が、別部署から異動してきた島田さんに目を付けた。
島田さんは35歳。絶世の美女とは言わないが、可愛くて男好きのするタイプだ。

「【浮気】上司の奥さんまで簡単に寝取る、同僚の手口(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月21日 03:00

読了時間:約 4

義父が急に入院することになってしまいました。

入院中は、義母が付き添いするので、夫の実家はお祖母ちゃんと義弟だけ。
そして、専業主婦をしている妻の私が家事とかのお手伝いに行くことになりました。

夫の実家は少し遠いところにあり、夫は仕事なので、私一人で行く事になりました。
夫と住んでいる家からは車で三時間くらいかかるので 、泊り込みです。

お手伝いにいって、3日目くらいのこと。

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。
夫と義理の弟は10歳以上、年の離れた兄弟です。

「【筆おろし】夫の実家で寝てたら義弟(高1)におっぱい揉まれてた・・・(体験談)」の続きを読む

2016年12月21日 00:00

読了時間:約 4

小野真弓に似てるってよく言われる。

結婚したのは6年前、ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、
でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。
メガネとスーツが似合ってて、手がきれいだった。
1週間くらい毎日メールしてて、誠実そうだったから会うことにした。

「【浮気】淫乱人妻の出会い系体験記がとにかく凄い」の続きを読む

2016年12月20日 06:00

読了時間:約 6

26歳、結婚2年目です。

仕事が忙しく新婚旅行も行けなかったので、国内で温泉旅行に行ってきました。
泊まった旅館は、結婚前から夫と何度か行ったことのあるお気に入りの旅館で、ご飯が美味しいのと、周りに何も無いことが特に私好みでした。

お風呂が何種類かあり、普通に男湯、女湯、そして貸切露天風呂(鍵をかけれるタイプ)、誰でも入れる混浴露天風呂です。

夕飯を食べ、貸切露天風呂に夫と入り、昔の思い出話にひたりながら、満喫をしてました。

「【浮気】夫との旅行で混浴風呂に入ってきた男性と…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月16日 22:47

読了時間:約 4

1年程前、両親が家を建て、この地に引っ越して来ました。

以前から犬を飼いたいと両親共々思っていたんですが、社宅では禁止で我慢していたんです。
それが1軒屋を購入し、一応庭付きだった事もあって、すぐに犬を飼うことになったんです。

ちょうど引っ越す数日前、偶然にも親父の会社の人が飼っていた犬が子供を産んだと言うんです。
家族でその人の家に出向き、子犬を見せてもらいました。

3匹の内2匹は既に貰われていて、茶系の子犬が庭を駆け回っていました。
私達は一目見て気に入り、すぐに貰って帰ることにしたんです。

「【獣姦】飼い犬が近所の人妻のセフレに…(体験談)」の続きを読む

11 / 11« 先頭...7891011