2021年10月11日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:彼氏いない歴21年 さん(女性・20代)

わたしは高二で処女でした!
完全に喪失が遅いパターンですwww

わたしは小さい頃からバレエとピアノとお茶とか習ってて男関係は一切禁止されてたから・・。
家は相当厳しかったです。
ママとか、超怒るし、わたしの自由なんてどこにwって感じでした。
パパもそうですけど、ママよりはマシかなってwww

で、処女を失ったのは高二のある日でした。
完全に事故でした。

「処女なのに処女膜がない私のちょっと痛い話…(体験談)」の続きを読む

2021年10月06日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:非モテ男 さん(男性・30代)

俺は今まで付き合った女性がブスばかりの非モテ系。
しかも、ヤリマンと呼ばれる女性たちが「かわいそうだから相手してあげる」と言うくらい、お情けでしか付き合ってもらえないレベルらしい。
好きな女性に告白すれば全戦全敗、デートに誘っても全戦全敗。

だから、俺は学生時代から無駄遣いをせずにバイトや仕事を頑張り、ひたすらお金を貯めることだけに専念してきた。
若くして一大財産を築いたある資産家が「金さえあればどんな女でも買える」と豪語していた。
俺はその言葉を信じ30代になった今まで、女遊びを捨てて金だけを追い続けたんだ。

「ネットで50万で処女を募集した結果…(体験談)」の続きを読む

2021年09月30日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:ヤス さん(男性・20代)

大学まで男性と付き合ったことがなかった俺(大学生)の彼女サチ。
サチは小さい頃から新体操をやっていて恋愛を楽しむ時間がなかった。
大学生になってからも新体操部に入部しているので、将来は体操教室でも開くのだろう。

スポーツは鍛錬の他に休憩も必要。
部活を頑張っているサチは俺のことを見ても全く反応せず集中して練習に励んでいる。
オフの日になると、精神年齢が幼くなり子供のように騒いでデートを楽しんでいた。
ちなみに、俺たちは付き合い始めてまだ1ヶ月ぐらいでサチとはエッチをしていない。

「【復讐】処女の彼女がレイプされた→しかし真相は…(体験談)」の続きを読む

2021年09月23日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:美和子 さん(女性・30代)

高校1年の時、私は先輩たちの性器おもちゃでした。
きっかけは、夏休み前の学校集会の時、校長の長話中にトイレに行きたくなってしまい、我慢できず一番近いトイレに駆け込んだのですが、女子トイレが故障中。
仕方なく、男子トイレに入ることにしたんです。

トイレに入ってパンツを脱いだ途端、シャーーーーーーーーーっと勢いよく音を立てておしっこしました。
ものすごい音で恥ずかしかったですが、みんな集会にいるし「いっか」と思いっきりおしっこしました。
スッキリしてトイレを出ると、そこには男子が2人。
ネクタイの色から、その男子2人は2年生だとわかりました。

「37歳で処女の私の学生時代のトラウマ体験…(体験談)」の続きを読む

2021年07月03日 21:00

読了時間:約 6

投稿者:さー さん(男性・20代)
タイトル:幼なじみとエッチ、そして

唯奈とは小さい頃からの幼なじみで、よく一緒に遊んだり家族でバーベキューしたりの仲なので妹のような存在だった。
俺も二十歳になり地元で就職し、唯奈も高校に行く年になり、幼なじみであっても会う機会も減り平凡な日々を過ごしていた。

ある日仕事帰りにコンビニに寄ると見かけたことのある顔が学校の制服を着て友達と買い食いをしていた。
唯奈だ。
「おっ、唯奈ちゃん久しぶり。」
「あっ、こうちゃん…見られたかぁ…」
部活帰りにお腹がへったのと親の迎えを待っていてコンビニにいたようだ。

「妹のような存在だった幼馴染と再会からの急展開…(体験談)」の続きを読む

2021年03月31日 21:00

読了時間:約 3

高校の保健室の先生がすごい優しかったな。
年も20台の真ん中くらいで弟のようにかわいがってくれたっけ。
彼女とうまくキスができないって相談したら「放課後、またここにきなさい」ってキスの先の実践まで練習させてくれて。

終わったあとに「実は処女なの」って聞かされた瞬間はちょっとの罪悪感と先生に対する淡い気持ちがあって彼女に対して少し後ろめたかった。
そしてその彼女より先に先生とやっちゃったことに対して罪悪感を感じていると相談したら「君は悪くないよ」って、また慰めてくれた。

「処女なのにセックスの練習までさせてくれた保健室の先生が…(体験談)」の続きを読む

2021年03月19日 09:00

読了時間:約 5

当時付き合っていた彼女には、高校を卒業したばかりの優里と、中学三年になる真理という妹が二人いた。
知り合ってからもう何年も経ち、優里が中学生だった頃から皆でよく遊んだことを覚えている。
二人のことは「自分の妹みたいで可愛い」などと表面上は言っていたが、そんなことはどうでもよかった。

俺には変わった性癖がある。
処女に異常な執着があり、興奮するのだ。
その人間自体に興味はない、そこそこ容姿が整っていれば処女だと聞いただけで犯してやりたくなる。
優里も真理もまだ処女だ。

「【鬼畜レイプ】彼女の二人の妹を睡眠薬で眠らせて…(体験談)」の続きを読む

2021年01月07日 21:00

読了時間:約 8

俺は23歳で社会人フツメン。
妹はちょっと歳が離れてて14歳の中学生。
おっぱいはハッキリ言って大きくないが、顔は可愛い方だと思う。

で、俺達兄妹は歳が離れてるせいか結構仲が良い。
その日は金曜日で俺と妹は2人で夜通しでゲーム大会しようと約束してた。
俺は眠くなった時用のレッドブルを購入して家に帰り、晩御飯を終え、妹と一緒にお風呂に入り、準備万端になった。

「【兄妹相姦】対戦ゲームの罰ゲームが段々エスカレートしてきて…(体験談)」の続きを読む

2020年12月25日 21:00

読了時間:約 14

「静かにして下さい!」
クラスに一人はいませんでしたか?
こんな出しゃばりで生意気な女子生徒が。
大概は、眼鏡を掛けたクラス委員がそのタイプでしたよね。

僕が中学のときにも、こんな女子がいました。
僕の学校は幼稚園から大学までの一貫性私立校で、幼稚園や小学校は親が金とコネさえ持っていれば誰でも入れるんですが、中学からは並の偏差値では入試に受からない、高レベルな学校になります。

「いつも怒ってるクラス委員の優等生からまさかのお願い…(体験談)」の続きを読む

2020年12月14日 21:00

読了時間:約 5

2年前、通勤のために越してきたアパート。
その隣部屋に住んでいた女子大生の玲子と付き合いだした。
俺は社会人1年生、玲子は大学3年生。
玲子の性体験は浅く、まだクリトリスでしかイケなかった。

その玲子も俺との性生活で次第にペニスの抽送による快感を覚えて、ペニスでもイケるようになったが、その頃、玲子が二股を掛けていたことがわかった。
ある日、出張から早めに戻ったので、玲子を抱こうと部屋を訪ねたら留守だった。
でも人がいる気配がして壁に耳を当てると・・・。

「バイだった彼女のペットだった女の子を譲り受けた…(体験談)」の続きを読む

2020年12月12日 21:00

読了時間:約 4

僕は25歳。
真穂はこの春中2になったばかりの13歳。
華奢な身体してますがソフトボール部員で、ちょっと日焼けしてる顔に肩までの髪。
以前はそれ程意識してなかったのですが、兄の僕から見てもちょっと可愛くなってきました。

もともと仲はよく、最近は僕と元カノとの関係なんかをニヤニヤしながら聞いてくるようになったのですが、とは言え別に特別な感情を抱いていないつもりでした。
今日は友人の結婚式があり、夕方頃帰ったのですが両親は留守。
しゃあないから真穂と外でゴハン済ますかと思って真穂の部屋をノックしました。

「【鬼畜兄】俺のYシャツでオナニーしたまま寝てた妹に興奮して…(体験談)」の続きを読む

2020年11月29日 09:00

読了時間:約 11

俺:22歳。
今のところ学生、今年の春入社(予定)。
見た目中の上って言われるからそれなりだと信じたい。

Aの妹:18歳。
今年就職。
見た目はガッキーをちょっと丸顔にして目もちょっと釣り目にした感じ。
ここでは新垣結衣から借り名だが結衣にしておく。

A:22歳。
俺の友人、いい奴。
整備士で嫁・子供あり。
見た目ゴリラ。

「ゴリラみたいな友達の妹の超美処女JKの処女を…(体験談)」の続きを読む

2020年11月11日 09:00

読了時間:約 3

母親の実家は瀬戸内海に浮ぶ小さな島。
祖父も健在だったので、小さな頃から夏休みや行事があるたびに家族とよく遊びに行ってた。
島には、母親の親戚も多く、同世代の従姉妹も多かった。

その中の叔母さんの娘に初めて会ったのは小学生低学年の頃。
同世代ということもあって、よく遊んだり、一緒にお風呂に入ったりしてた。
母親と叔母さんが俺たちのことを、「仲が良くて本当の姉弟みたい」と言っていた。

「【初体験】いつも一緒に風呂に入ってた従姉と…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年11月01日 09:00

読了時間:約 3

先日の飲み会の後、後輩を頂いちゃいました!
二次会も終わり、同じ方面の人間はタクシーに乗って解散って事に。
一人降り、二人降り、残ったのは俺と後輩だけ・・・。
先に俺が降りるんだが、後輩はかなり酔っててなんかヤバイ感じ。
なので俺が送って行くことにした。

この時点では、頂こうなんて微塵も思ってなかった!
なんせ後輩はデブスなんで・・・。
着いてタクシーを降りてもフラフラしてる後輩。
仕方なく俺も降りて肩を貸して部屋まで・・・。

「【レイプ】デブスの後輩の部屋に干してた紐パンに興奮して…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年10月30日 21:00

読了時間:約 5

22歳の社会人♂です。
友達の紹介で知り合った同い年の茉希って子と付き合うようになって3ヶ月ほど経ちました。
茉希は家族と一軒家に住んでて、両親も素敵な方です。

親公認という事もあって軽々しく茉希を抱く事もできず、3ヶ月経ってもキス止まりで、デートは映画と食事がほとんど。
それでも案外楽しい。
茉希には10歳年下の妹、紗希がいて、年が離れているせいか茉希は紗希が可愛くて仕方ないらしい。

「彼女だと思って彼女の10歳下の妹の処女を奪ってしまった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年10月27日 21:00

読了時間:約 6

俺は会社を辞めて、学生時代にバイトしてたイタリアンレストランで働きながら職探しをしていた。
レストランなんて言っても小さな所で、厨房はシェフと俺を含めて3人。
ホールはマネージャーとバイト2人。

そのバイトの1人が愛夏(仮名・23歳)、身長155cmぐらい。
顔つきは元SPEEDの島袋みたいな感じ。
大学卒業してから上京して、専門学校で勉強している子だった。
俺の歓迎会で、店が終わった後、従業員で飲んでいたら、愛夏がうちから徒歩15分ぐらいの所に住んでいるのを知った。

その日は何もしなかったが、その後、遅番の時はいつも帰りに送っていった。
色々と聞いているうちに、愛夏が勉強していることは、そこそこお金がかかり、月末は店のまかないだけ、ということもあるとか。

で、俺は単純な親切心から、「厨房からハムとかソーセージとかちょろまかしてやるよw」と言って、実際に色々と裏から渡してあげていた。
そんなこんなで1ヶ月半ぐらい経った頃、愛夏と俺はかなり仲良くなっていた。

で、ある日、愛夏から「相談がある」と言われ、店が終わった後、近所のファミレスに。
愛夏はすごく言い難そうに、「すみません・・・3万円貸していただけますか?」と。
「お店から前借りすれば?俺がオーナーに言ってあげようか?」
「前借りすると、返済で翌月から生活が苦しくなるから・・・」
「だからといって、俺もそんなに余裕ないしなあ・・・。月々、いくらぐらいずつなら返済できるの?」
「5000円なら・・・」

おいおい、そりゃちょっとなーと思っているうちに、俺の中の黒い小鬼がピョコンと顔を出した。
「ねーねー、バイトしない?」
「どんなバイトですか?」
「んーとね、実は俺、月に3万円ぐらい風俗に使ってるんだよ」
「え・・・」
「まあ、風俗といっても本番じゃなくってさ、口でしてもらうだけなんだけどね」

「バイト先の半処女に月3万円で援交フェラしてもらってた…(体験談)」の続きを読む

2020年10月23日 21:00

読了時間:約 4

学生の時にバイトしてたコンビニで、バイト仲間の女子大ブスを抱いた事ある。
テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス。
女性ということもあって夜中勤務は無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪で来れなくなって、急遽ブスと勤務になった。

俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。
その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。
暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。
トイレ掃除をしている後姿・・・形のいいお尻を突上げて掃除する姿に、品出ししながらチンポが硬くなっていた。

「コンビニバイト中にブスのバイト仲間の体にムラムラして…(体験談)」の続きを読む

2020年10月09日 21:00

読了時間:約 7

今から考えれば、高校生のときはセックスの合間に学校へ行ってたんじゃないかと思うほどセックスしていましたねえ。
うちは独りっ子の僕が幼稚園に上がる前にお袋と親父が離婚をして母子家庭になったのですが、僕のお袋っていうのが当時からいくつもの会社を経営するやり手社長で、親父と離婚した後も、都内の一等地の豪邸に住み、幼稚園から大学までエスカレーター式の有名私立一貫校に僕を通わせていました。

僕が中学生に上がる前に、お袋は海外へ展開するほど更に事業を拡大させ出張の回数も増え、高校生になる頃には、年の8割以上は家を空けていましたね。
自分から言うのも烏滸がましい話ですが、お袋から美形と親父からは長身を受け継いだ僕は、これといったきっかけをこちらから作ることもなくセックスできるほど、昔からよく女にモテていました。

「【調教】男子に人気のヤンキー女子は実は処女だった…(体験談)」の続きを読む

2020年09月26日 21:00

読了時間:約 3

会社に新入社員が入ってきて、マンツーマン研修という社内制度で4大卒のお嬢さんっぽいI子を担当する事になった。
物覚えが悪い子で、勤務中何度も失敗をして落ち込んでいたので、他のグループも一緒に飲み会に誘った。

飲み会は和気藹々と盛り上がって、やがてエロ話に発展した。
遂にはI子は「早く処女捨てたい」なんて言い出して、こりゃ食えるなと思った。
その帰り、終電を逃したので歩いて帰るわと、別れてしばらくしたらI子が追って来て、ウチに泊まって行けと言う。

「【レイプ】マンツーマン研修制度で二人も処女を喰えた話…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年07月15日 09:00

読了時間:約 7

これは私が高校2年生の時のお話です。
この年の冬、従妹(当時中学3年生)が3日間だけ私の家に滞在する事になりました。
理由は高校受験のためです。

都内にある某有名私立高校を志望していたのですが、彼女の家からだと始発に乗らないと試験開始時間に間に合わないのです。
私の家からだと30~40分もあれば行けるという事で、ウチに泊まる事になりました。
従妹の春菜(仮名)とは年に1回くらいのペースで会っていました。
ただ去年は会っていなかったので、2年ぶりの再会です。

「綺麗になった中学生の従妹の処女を勢いに任せて…(体験談)」の続きを読む

タグ: