2018年07月08日 21:00

読了時間:約 5

10年くらい前の話ですが書いても良いですか?
ネタのような本当の話です。
途中まではごく普通のお持ち帰り話なんですが。

もうかれこれ十年くらい前のことになるが・・・。
当時一人暮らしをしていた俺は、彼女は居たが遠距離という状態でした。

アパートに一人で居ても退屈なので、いつも仕事を終えるとアパートの近くにあるスナックへ飲みに行ってました。
そのスナックは50歳代くらいのママが一人でやっていて、カウンター席8席くらいの小さな店でした。

「スナックで出会った積極的な女が実は処女だった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年06月09日 09:00

読了時間:約 4

僕と姉と、僕の双子の妹は同じ高校に通っています。
姉は成績優秀、スポーツ万能でスタイルもよく美人ですが、家ではいつもだらしなく、片付けも料理も何も出来ないんで家事全般は僕がやっています。

ある日、学校から帰ったら、姉が服を脱いで裸になっていました。
お風呂に入るところだったようです。
僕は姉の裸なんて何度も見てるのにドキドキしてしまいました。

「【姉弟相姦】 高校生の姉と一緒にお風呂に入った結果…(体験談)」の続きを読む

2018年05月25日 21:00

読了時間:約 3

俺は今年になって初めて彼女M子が出来た!
M子とのきっかけは、俺が美術部員で、M子の所属するアニメマンガクラブのアニメの背景画を手伝った事からだった。

M子の家も俺の家も常に誰かいるし、ホテル行く金もなく(画材に消える)、なによりも処女と童貞なんで(処女は大変だって聞いてたし)したい気持ちは強くても三ヶ月経ってもエッチはまだだった。

春休みに入り、俺は作品製作の為に毎日学校へ、M子も自分のクラブへ。
だから毎日顔を合わせていたが製作が遅れている俺は遅くまで学校に残り、M子には先に帰ってもらっていた。

ある日の事、遅くなり美術部員も一人減り二人減りして、残ったのが俺と同学年のK子だけになった。
不意にK子が・・・

「M子と付き合ってんだよね?」

そこから俺とM子の事で質問攻め!

「【初体験】彼氏に処女だってバレたくない女友達に頼まれて…(体験談)」の続きを読む

2018年05月19日 15:00

読了時間:約 8

今から4年ほど前の事でした。
僕の家では彼女の母の入院を期に当時中3のアヤを預ることになりました。
アヤの家庭は母子家庭であり、他に預かってくれる身寄りが近くにいなかったのだ。

ちなみに僕の家は両親と僕の3人。
三兄弟であったが、兄二人は独立し部屋も余っていたので住む事に問題は無かった。
女ッ気の無い家だったので、僕の母は大変可愛がりました。

アヤの事は幼稚園位から知っていましたが、人懐っこくて近所でも美人で評判の子でした。
卒業後の進路は、公立高校に合格していましたが、母の体調が思わしくない為に「働く」と言いましたが、僕たちの説得も有り当初の通り、結局高校に通うことになりました。

ちょうどその頃、アヤの母は末期癌で余命数ヶ月と教えられました。
僕の家族はアヤ自身には告げず、隠していました。
彼女にはとても言えなかったのです。

「家で預かってた16歳の女の子の処女をもらって…(体験談)」の続きを読む

2018年05月03日 15:00

読了時間:約 5

長年連れ添った妻と別れて間もない38歳の時。
会社から自宅のマンションに帰宅すると、一台の引っ越し業者のトラックが停車してあった。
様子を窺うと、新しい住居人と思われる中年女性の姿があった。
茶髪にピンクのカーディガンに白いパンツという格好の、清らかで品のある雰囲気を醸し出していた。

「どうも、こんにちは」
「ああ、どうも。今日から引っ越してきました、山本と申します。これからどうぞよろしくお願いします」

「【レイプ】酔って近所の独女(44)を犯してしまった結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年04月27日 21:00

読了時間:約 6

俺:某地方国立大2回生、フツメン、19歳、身長180cmちょっと。
彼女はいた事はあるが童貞だった。
相手:M、高3、17歳、顔は中の上。
雰囲気は吉高由里子みたいな感じで結構頭がいい。

大学1年の時に、受験時代に世話になった予備校の先生に憧れて個別指導のバイトに応募したら採用された。
正直その時は年下には一切興味なかったし、高校時代に付き合ってた彼女とも別れた直後だったから恋愛には関心が無かった。

「【初体験】童貞の俺の部屋に泊まりに来た塾の教え子と…(体験談)」の続きを読む

2018年03月29日 21:00

読了時間:約 11

私は外見も中身も平凡な、何処にでもいる普通の男です。
しかし、ただ一つだけ同級生の誰に言っても羨ましがられることがあります。

それは、私が高校時代に菜穂子というもの凄い美少女と付き合っていたということです。

菜穂子とは中学も同じでしたが、全てにおいてぱっとしない私と、超の付くほどの美少女で生徒会の副会長をしている優等生の菜穂子とでは全く接点もなく、町で擦れ違っても挨拶すらしない関係でした。

「ブサメンの俺に股を開いて全てを晒した学校一の美少女…(体験談)」の続きを読む

2018年03月18日 15:00

読了時間:約 3

春休みでJKもJCも私服姿になってしまい、かなり欲求不満だったある日の午後。
車でなんとなく郊外を流していると、部活にでも行ってきたのかセーラー服の多分JCを発見。
ちょうどでかい古い団地付近だったので「もしや」と建物回り込んだところで路駐あんど玄関にダッシュした。

玄関ホールやエレベーター付近にJCの姿が見えず「しまった、遅かった」と思ったのもつかの間。
ちょうど奥まった郵便受けのところでごそごそ音がする。

「【レイプ】部活帰りの制服美少女JCと一緒のエレベーターに乗り込んで…(体験談)」の続きを読む

2018年02月24日 21:00

読了時間:約 15

前回の話(【近親相姦】亡き妻に似てきた娘との危ない疑似夫婦生活(体験談)※前編)の続きです。
ドライブした1週間後のことです。
娘の彩奈と私が結ばれてしまった。
彩奈が亡くなった妻の真由美の代わりになってしまったのです。

1週間後の土曜日の晩のことでした。
なんか彩奈の態度が変な感じはしてました。昼間から。
なんというか、やたら母親の真似をしたがったのです。
しゃべり方、仕草や着る物や。

「【近親相姦】亡き妻に似てきた娘との危ない疑似夫婦生活(体験談)※後編」の続きを読む

2018年02月23日 15:00

読了時間:約 6

私には1つ違いの弟がいます。

私と弟は昔から仲がよかったんですが、弟が高1になっても仲良しのままだったので、夜とかは毎日のようにお喋りしたりしていました。
弟と恋愛話とかすこしエッチな話もしていたら、唐突に弟に「俺は姉ちゃんのことが好きだ。」と告白されてしまいました。

「【姉弟相姦】弟に処女を捧げて童貞をもらいました(体験談)」の続きを読む

2018年02月12日 17:00

読了時間:約 10

私は、継母と実母の両方と関係したことがあります。
更に継母が産んだ弟の父親は私です。
私の実母は私が小学校6年の時に離婚して出ていってしまいました。
当時母36歳、父48歳でした。
翌年やってきた新しい母は24歳でした
49歳の父はこの若い継母と不倫して、実母は略奪されたのです。

「【母子相姦】継母と実母の両方とセックスしていました(体験談)」の続きを読む

2018年02月02日 09:00

読了時間:約 5

高校まで男性と付き合ったことがない俺の彼女サチ。
サチは小さい頃から新体操をやっていて恋愛を楽しむ時間がなかった
大学生になってからも新体操部に入部しているので、将来は体操教室でも開くのだろうな。

スポーツは鍛錬の他に休憩も必要。
部活を頑張っているサチは俺のことを見ても全く反応せず集中して練習に励んでいる。
オフの日になると、精神年齢が幼くなり子供のように騒いでデートを楽しんでいた。

「彼女(処女)をレイプした犯人がまさかの女だった結果…(体験談)」の続きを読む

2018年01月30日 21:00

読了時間:約 12

理恵子は某繁華街の喫茶店で見つけた。
向かいの席に座っていたのが彼女だ。
良いとこの人妻っぽい雰囲気を醸し出していたので、ムクムクっと俺様の鬼畜な欲望が鎌首を擡げちゃったのだ。

で、ねっとりと視姦しつつ友人と会話する理恵子を観察してやった。
そこで会話の内容から、理恵子が結婚1月前の24歳だと知った。

「【レイプ】膣内に精子を溜めたままバージンロードを歩かせた…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年01月18日 21:00

読了時間:約 8

前回のお話:「【レイプ】地味巨乳がデビューしたくてヤリサーに入った結果…※前編(体験談)

テーブルを囲んで座る4人。
おれは部屋の隅に転がってた。
寝ゲロを少しやって、イケメン先輩に切れられタオルがかけられてた。
パンツ一枚で体育座りするA子の後ろにはぴったりとガチムチ先輩がくっついて、乳をわしづかみしていた。

「【レイプ】地味巨乳がデビューしたくてヤリサーに入った結果…※後編(体験談)」の続きを読む

2018年01月18日 17:00

読了時間:約 6

暇だから大学時代の話する
正確には彼女じゃないんだけど

おれ 当時18歳
田舎の地方国立大学の新入生・工学部
大学デビューを目指すキモメン

「【レイプ】地味巨乳がデビューしたくてヤリサーに入った結果…※前編(体験談)」の続きを読む

1 / 1412345...10...最後 »