2019年03月16日 21:00

読了時間:約 3

私が高1で、お兄ちゃんが高3の時の話です。
いきなり、お兄ちゃんに「好きだ」って告白されました。
仲はよかったし私も好きだったけど、兄妹として以上には思っていなかったからすごいビックリしました。

返事に困っていると、抱きしめられてキスされました。
イヤじゃなくて、ただ(ファーストキスはお兄ちゃんとかぁ・・・)って冷静に思ってました。
お兄ちゃんはすごい興奮していて私を押し倒しました。

「【近親相姦】お兄ちゃんに告白されて処女を奪われた…(体験談)」の続きを読む

2019年03月16日 09:00

読了時間:約 2

私には二つ上の兄が居ます。
その兄が中2、私が小6の時の夏休みのことでした。

夏休み前に女子だけ集めた性教育の授業がありました。
性犯罪の注意もありました。
それでエッチに関して興味を持ってしまいました。
5年生の時もあったけど、気にはなりませんでした。

兄は大人しいタイプで気の弱い人だったので、男性の勃起に興味があったのですが、直には言えないので部活から帰った兄を風呂に誘ったんだと思います。

「【処女喪失】兄の勃起が見たくてお風呂に誘った結果…(体験談)」の続きを読む

2019年03月08日 09:00

読了時間:約 3

それは一枚のクラス会の案内状がきっかけとなったのです。
クラス会の案内が届いてから数日経ったある日、高校時代にお付き合いをしていたG君から一本の電話が入りました。

G君とは高校の時交際をしていたのですが、彼は都会の大学に進学した為自然とお付き合いが途絶えていました。

「クラス会へ行くのか?俺は芙美と会えれば別にクラス会なんてどっちでもいい・・・。明日とりあえず帰るから会えないか?」との事。

「【初体験】高校時代の彼氏からの連絡で再会したその夜に…(体験談)」の続きを読む

2019年02月26日 09:00

読了時間:約 4

いつもみたいに女子二人、男子三人でエッチなことを友達の家で話していました。
いつもは話だけで終わるのですが、この日は違いました。
「なぁ、あい、まんこ見せて」と一人の男子が言ってきました。

「見るだけだよ~、何もしないでね」と言い、私はノリでパンツを脱いで見せびらかしてしまいました。
「ウォ~!!」と男子が声を上げて大喜びしていました。
もう一人の女の子(ゆき)はおっぱいを露出していました。

「【乱交】男友達3人にレイプ気味に処女を奪われて中出しまで…(体験談)」の続きを読む

2019年02月22日 09:00

読了時間:約 3

はじめまして。高1のサナです。
あたしには付き合って2ヶ月の彼氏Yがいます。
その日は彼氏の地元の花火大会だったのですが、帰りバスが混んであたしは最終電車に乗り遅れてしまいました。

どうしよう・・・という話になって。
Yに「うちに泊まっていく?」といわれました。
うちはその日はたまたま家族旅行で(あたしはデートだから行かなかったんです)家には誰もいませんでした。

「【初体験】JKですが、彼氏の家に初めて泊まった夜に…(体験談)」の続きを読む

2019年02月18日 21:00

読了時間:約 9

私はそのとき二十歳。
◯◯大学に通う二年生でした。
その日は当時入っていたバドミントンサークルでコンパがありました。
カラオケボックスの一室でコンパは宴たけなわ。
私もそんな談笑の輪の中に交じっていました。

「どうだ、宮原、佐伯さんとは順調なのか」
隣に座る一つ年上の多田さんが話しかけてきました。
彼は同じサークルの先輩です。
四角い、面長の顔だち。
背が高く、広がった鼻は・・・言っては悪いかも知れませんが、どこか豚を連想しました。

「ブ男に騙されて処女を奪われてしまった…(体験談)」の続きを読む

2019年01月20日 21:00

読了時間:約 3

私は独身時代彼氏のいる時期がほとんどなかったのですが、特に学生時代は共学の大学に通っていたにも関わらず全く彼氏ができませんでした。
そのため出会い系サイトを利用して彼氏を探そうとしていました。
しかしながら実際に出会うのは私を体目当てで見てくる人ばかりで本命の彼氏はできませんでした。

その代わり20歳の時に出会った10歳年上の男性からは、SMサークルに誘われてしまい、セックスの経験もなかったことからここで誰かと初体験しても構わないと思ってその誘いに乗ることにしました。
20歳を過ぎて処女でいるのはとても恥ずかしいことだと思ったのです。

「【調教】処女の私がSMサークルに入った結果…(体験談)」の続きを読む

2019年01月13日 09:00

読了時間:約 3

私は22歳になる大学生です。
私には小学校以来の付き合いがある親友がいます。
その親友のお兄ちゃんは、私の事を本当の妹のように昔から可愛がってくれました。

初めて不思議な体験をしたのは、小学校のときでした。
親友と、お兄ちゃんと、私とで一緒にお風呂に入りました。
親友はカラスの行水の如く、いつもすぐにお風呂を上がってしまいます。
お兄ちゃんは親友がお風呂を出た後、必ず湯船の中で抱き寄せたりして、体を触ってきました。

「【初体験】親友のお兄ちゃんを母と奪い合ってます…(体験談)」の続きを読む

2018年11月30日 09:00

読了時間:約 4

私、あんな風に男性経験するなんて思ってもいませんでした。
短大時代、街でナンパされそうになったことはありますが、いつも美人の友達が一緒だったから、不美人の私が誘われるわけがないと思って、誰とも男の人と付き合わずに社会に出ました。
男性に対して免疫なんて無いのに、経験がないということで男性の怖さも知りません。

ですから、夜、男性と二人になっても警戒するってことがありませんでした。
それが結局はアダになったんだと思いますが・・・。
あの夜、仕事が忙しい上司の手伝いで、私は残業していました。
まだまだ初心で、ともかく早く仕事を終らせようと一心不乱でやっていました。

「【初体験】ブスですが、部長に無理やり処女を奪われて…(体験談)」の続きを読む

2018年11月24日 09:00

読了時間:約 7

高校3年の夏休みの出来事です。
私は水泳があまり得意でなく、授業を結構サボってしまっていました。
当然補習となってしまい、夏休みも数日登校して、決められた距離を泳がなくてはならなくなりました。

他にもそういう人が数人いて、最初の頃はみんなで楽しく泳いでいたのですが、一番多くサボっていた私は、泳がなくてはならない距離も長く、結局最後の日は一人ぼっちになってしまいました。
午前中のプールで体育の先生が監視するなか、先生と談笑しながら泳いでいたのですが、しばらくすると、他の先生が体育の先生を呼びに来ました。

「【初体験】プールの補習で一人で泳いでたら彼氏が来て…(体験談)」の続きを読む

2018年11月11日 21:00

読了時間:約 3

高校の時の話ですが、私は剣道部に入っていました。
一年の時に同じ剣道部のY子と部のみんなには内緒で付き合うようになりましたが三年のA先輩のおかげで散々な目にあいました。
夏の合宿の時は練習はキツイかもしれないが夜は二人で過せるかもしれないといって、二人で楽しみにしていました。

初日の夜、二人で決めた時間に教室に行ってみると誰もいません。
(私の高校では学校で合宿をします。)
しばらく待ってみましたが、ぜんぜん来る気配がしないので不安と苛立ちをごちゃまぜにした気持ちで、とぼとぼと男子部員のいる部屋に帰りました。

「【寝取られ】彼女の処女マンコを先輩に貫かれた…(体験談)」の続きを読む

2018年09月19日 21:00

読了時間:約 3

今年の春、一浪してようやく女子大生になれました。
楽しみにしていた大学生活・・・。
それなのに、この間、私の前に再び現れたアイツの事で頭がいっぱいです。

高一の時、弟の友達に犯されました。
アイツはまだ中3でした。
アイツは弟と部屋で遊んでいると思っていたのに、弟が外出した隙に私の部屋で襲われました。
無理矢理ベッドに押し倒され、力づくで胸を揉んできましたが痛いだけでした。

「【レイプ】私の処女を奪った中学生と再会してしまった…(体験談)」の続きを読む

2018年08月01日 21:00

読了時間:約 9

結構前の話だから、細部の会話とかは正確じゃないかも知れないけど、大体はそのままだと思います。

えっとですね、高校の頃の話です。
秋口くらいじゃなかったかな。
当時私は吹奏楽部だったんですが、付き合っていたのが一つ上の学年の先輩。
中学から一緒で、陸上部と古典ギター部を兼部してました。

『くーさん』とか『K保さん』とか呼んでたかな。
結局名前では呼ばなかった様な覚えがあります。
背が高くて顔もなかなかいい人だったんですが、ちょっと遊んでそうな感じもありました。
実際、私と付き合う前に二人くらいは経験してたらしいし。

「【初体験】私の性癖に影響した夜の学校での処女喪失…(体験談)」の続きを読む

2018年07月07日 09:00

読了時間:約 3

1ヶ月ぐらい前の事です。
私の友達に彼氏が出来ました。
私は胸だけはあったものの、顔はドブスですのでモテず、“彼氏いない歴=年齢”で、彼氏欲しいなぁなんて思ってました。

その友達の彼氏とは、幼稚園~小学校が一緒だったK君でした。
友達の話によれば、K君は意外とエロくて、ディープキスとか求めてくるそうで、何と一週間も経たないうちに別れたんです。

K君は思春期を迎えたのでしょう。
友達と別れた後は「セフレになろう」とか「逆フェラをしたい」とか言い出したそうで、エッチな事などまだ知らない友達は、私に助けを求めてきました。

そこで、私を仲介して友達はK君とのエロトークを楽しんでいたそうです。
私が友達にエロ用語を教えて、K君と話が合うようにする。
純粋な友達を汚すようで気が引けましたが、お願いされて断れませんでした。

私は仲介役を引き受け続け、いつの間にかK君とメールでエロトークをするようになりました。
そしてある日の昼休み。
私はトイレから出てきた途端K君に手を掴まれて、屋上への階段の踊り場へ連れて行かれました。

「【レイプ】友達の彼氏とそのチャラ男仲間に犯されました…(体験談)」の続きを読む

2018年07月03日 21:00

読了時間:約 4

私も彼も20歳、大学は別々だけど、彼はバイト先のオーナーの息子でした。
見た目はチャラくないけど、下からエスカレーターで大学まで進んでるし、お洒落で優しくてトークが上手くて、モテる人なんだろうなという第一印象。

自分なんて田舎育ちで、こういう人とは1番合わないだろうと感じていました。
ですが、オーナーの手伝いで繁忙期に日雇い感覚でたまに働きに来る彼に何度も口説かれ、とりあえず1度デートする事に。

昼間はお台場で遊んで、夜は私のマンションの最寄り駅近くまで送ってもらい、近所のチェーン店の居酒屋で飲みながら楽しく過ごしたのですが、確信犯だったんだろうけど、楽しすぎたという理由で彼が終電を逃しました。

どんな展開だよと思ったけど、一日一緒に過ごすうちに彼に惹かれていた私は、酔った勢いにまかせて、「ウチに来てもいいよ」と言いました。
初めは彼も酔っぱらってヘラヘラしていましたが、うちのマンションの近くまで来ると急に真顔になり、「家に行く前に話したい事がある」と切り出しました。

「もうバレバレだと思うけれど終電逃したのはわざと。あわよくば君とHしたい衝動に駆られた。でも4ヶ月もかけてデートまで漕ぎ着けた相手なのに、“遊び”で終わりたくない。今日一日一緒に過ごして確信したのは、自分は完全に君に惚れてしまっている。どうか恋人として真剣に付き合って欲しい」

そんな事を一気に言われて私は頭が真っ白、すっかり酔いが醒めました。
でも私からもきちんと、「私もあなたにとても惹かれている」と伝え、今後良いお付き合いができれば嬉しいと彼の申し出に応えました。

そんな話をしながら歩いて、マンションに到着。
一緒に部屋に入ると彼に後ろから抱きつかれ、心臓が止まりそうに。
このまましちゃうのかなと思って身構えていると・・・。

「今日は何もしないよ。まだ君のベッドに一緒に入るのは勿体ないから。安心して眠ってね」と言われました。
でも実は私はそのまま彼と繋がりたい気持ちになっていたので内心ガッカリ。

軽い女だと思われて幻滅されたら嫌だし、ちゃんと付き合う事になったんだから焦る事無いし、と思うようにして冷静を装いました。
もうとっくに日付が変わっていて、お互い翌日の講義に朝から出るため就寝する事に。

交代でシャワーを浴び、私はベッドへ。
彼はベッドの隣に来客用の布団を敷きました。
お互いにおやすみを言って電気を消すと・・・。

彼「ごめん。やっぱもう一回抱きしめたい。ダメ?」
私「じゃあこっち来て」

結局2人でベッドに横になりました。
彼の顔が近い。
彼の右半身と自分の左半身が半端なく密着してて熱い。
恥ずかしくて彼を見れなかった。

しばらく沈黙が続いた後、彼に髪を撫でられ、耳をくすぐられ、とうとうおでこにキスされ、次は手の甲、そして頬と、唇以外の色々なところにキスされまくり。
エンドレスでキス攻撃。
堪らなくなって、自分から彼の唇にキス。
すると・・・。

彼「あー、俺、唇にキスしたらガチガチになるタイプなんだわ」
私「え?ガチガチって?」

聞き返すと、私の手を自分の股間に触れさせました。
本当にガチガチだった・・・。

耳元で彼が、「ごめんね。今日このまま我慢するの無理だから、今から本気出して襲うね」と囁き、いたずらっぽく笑いました。
「最初から素っ裸で始めるのが好きなんだ」と言われ、先にお互い全裸に。

コンドームは彼がバッグから速やかに取り出し、枕元に設置。
箱ティッシュも。
彼のガチガチだった息子はちょっと元気が無くなってたので、もう1度キスから仕切り直し。
やっぱり唇にキスするとガチガチ状態に戻りました。

した事ないのに急にフェラチオしてみたくなって、彼のを咥えて舐め回しました。
「あー。それちょっとやばいかも。それされるとすぐイキたくなるから」と言われ、今度は私が彼に舐められました。
前に付き合った人とは、ここまでは経験がありました。

散々彼に舐められ、指でクリトリスを刺激され、濡れ過ぎなくらい濡らされると、彼がコンドームを装着して私の中に入ってきました。
ぐぐぐ、と中で音がするような感覚があり、軽く痛みを感じました。

けれどそれよりも、挿入しながらずっとクリトリスを触られていて、それが気持ち良すぎてつい大きな声が出ていました。
彼はゆっくり4、5回私の中を往復すると・・・。

「やばい。なんか中でにゅるにゅる締め付けられる。こんな感覚初めて。すぐに出ちゃうかも。ほんとごめん」と彼が焦った口調になりました。
その最中もクリトリスは刺激され続けられ、クリトリスの奥がジンジン痺れておかしな感覚に。

今だから分かるけれど、多分初めてクリトリスでイッたのがその時でした。
気持ち良すぎて思わず両脚をギュッと彼の腰に絡ませ、自分から腰を彼に押しつけました。

その瞬間、「あー、それダメ。ほんとに出るよ」と彼が言い終わらないうちに、中でトクトクと彼の息子が波打って射精していました。
私は自分の体がまだ気持ち良くてフワフワしていたので、ぼんやり夢心地で彼がコンドームの処理をするのを眺めました。

と言うか、下半身が異様にだるくて熱を持ったような感覚で、横になる以外の動作が不可能だったかもしれません。
彼とは体の相性が良く、最初からこんな感じでとても満足な性生活がスタートしました。

長くなりましたが、なんだか初々しさに欠ける初体験だった気もします。
彼とはその後2年付き合って別れ、私は今年別の人と結婚します。

1 / 612345...最後 »