2018年11月20日 09:00

読了時間:約 3

僕の初めての相手は暢子という高校2年生の女で、書道部の1年先輩だった。
彼女は眼鏡をかけ、真面目な感じで、図書委員タイプといった感じだった。
そんな彼女とは家が近く通学を一緒にしているうちに、付き合うようになった。
そして、僕達は夏休みの部室で初体験をした。

書道部は運動部とは違って、夏休みはせいぜい1週間程度しか練習がない。
そのため、休みの日に暢子を部室に誘ったのだ。
今思えば、もう少し気の利いた場所を選べばよかったのだが、両親が専業主婦で自宅は使えず、ホテルも近所に無かったので、精いっぱい頭を使った結果だった。

「【初体験】地味系彼女との淫靡な初セックスと裏切り…(体験談)」の続きを読む