2021年02月25日 21:00

読了時間:約 9

俺が高校の修学旅行の夜の話。
消灯後に窓から部屋を抜け出して彼女の部屋へ。
廊下は先生が見回りをしているので、俺と女の子4人(彼女含む)は電気を消してヒソヒソとトランプをしながら話していた。

内容は「誰が誰に明日、告白する」といった他愛のない話。
すると、突然ドアが開き「お前らまだ起きてんのか!」と先生の声。
当然俺は見つかる訳にはいかないので彼女の友達の布団に潜り込んだ。
そして俺の彼女がドアの方まで行き「もう寝るよ~」などと先生と話していた。

「修学旅行で彼女の女友達の布団にもぐりこんだ結果…(体験談)」の続きを読む

2021年01月31日 09:00

読了時間:約 5

もう二年くらい前の話なんだけど、当時オレは20歳でやりたい盛り。
今はもーやってないけど、そん時はダンスやってて、いわゆるモテ期ってやつでした。
その当時の話です。

ある日、練習が終わって、チームのメンバー(男、以下A)と居酒屋で二人で飲んでました。
程よく飲んでほろ酔いになってきたところでAが、「女の子を呼ぼうぜー」と言い出し、互いに知り合いであったダンサーの女の子(以下、『P』)をオレが呼びました。

「ダンサーの女の子とセックスしたら腰使いがヤバかった…(体験談)」の続きを読む

2020年12月10日 21:00

読了時間:約 5

大学生の頃、友達というか、ノートをコピーさせたりレポートを代わりに書いてあげたりしてた、単に都合のいい男だった関係の女の子がいた。
顔も可愛くて巨乳でムッチリした感じで、大学でもモテモテだった。
もちろん彼氏もいたわけだが、それとは別に「ご主人様もいる」と俺だけに教えてくれた。
童貞の俺は、そんなん聞かされても知らんがなとドギマギするだけだった。

ある日、電話がかかってきた。
最初は普通に話してたけど、どうも様子がおかしい。
息遣いが荒いのでオナニーしてるのかと思い、これはテレホンセックスというやつができるチャンス!?

「巨乳女友達とそのご主人様のオッサンのペットにされてた…(体験談)」の続きを読む

2020年11月01日 21:00

読了時間:約 2

結婚式1ヶ月前の部下(美子)に中出ししたことがあります。
もう最高の快感で、いまだにその時の感触を思い出せるくらい。
飲んでるうちに思い出話で盛り上がって、しんみりしてムード出てしまい店の中でキス。
もうちょっと話そうってことで外に出たが、疲れもあって近場のシティホテルに。

当然だが、酒も入ってるのでどんどん妖しいムードになって・・・。
生おっぱいに触れた段階で双方完全に理性が飛びました。
流れで来たのでゴムは持ってないし、勢いで下半身を裸に剥いて、生ペニスを滑り込ませました。
されるがままの美子も、奥まで完全に挿入された状態になって、一瞬最後の理性を取り戻したようでした。

「1カ月後に結婚を控えた女に中出しする快感…(体験談)」の続きを読む

2020年10月05日 09:00

読了時間:約 3

友達の女の子をセフレとして調教してエッチしてる。
最初はいつもの延長でホテルで縛る程度だったんだけど、酔っぱらってホテル難民になって面倒臭くなって俺のマンションに連れてきたんだが、それから頻繁に来るようになって、今やほぼ同棲状態。
何かおかしなことになってる。

とは言え、普通のカップルらしい生活をしてるわけじゃなく、彼女は俺のペット状態。
帰ってくるなり玄関で裸にして(俺よりも彼女の方が帰宅は遅い)、首輪を付ける。
部屋の中では首輪以外を身に着けるのは禁止。
首輪を付けた後は廊下に這わしたり、壁に押し付けてクリやGスポットを刺激してイカしてやる。

「女友達を調教してペットとして飼ってます…(体験談)」の続きを読む

2020年10月04日 09:00

読了時間:約 5

私は女だけど、女に抱かれたことがある。
抱いたことがある、とも言える。
なにしろ、お互いのクリトリスを擦り合ったのだから。
一度きりのことでしかなく、レズに目覚めたというわけではない。
ただその場の勢いに流されてしまっただけだ。

とは言え、何年経っても忘れることのできない出来事ではあった。
高校2年、友達の家に泊まった日のことだった。
親友の洋子とは、お互いの家に何度も泊まったりするくらいに仲が良かった。
別にレズな関係というわけではなく、どこにでもいる親友同士だと思っていたけれど、洋子の方は密かに私の身体を狙っていたようだった。

「【レズ】高校時代に友達とおふざけでクリを弄り合った思い出…(体験談)」の続きを読む

2020年09月21日 09:00

読了時間:約 4

これはオレの同級生の女のことだ。
ユウコという現在33歳の女なのだが。
彼女は元々はおとなしい性格だった。

しかし可愛いので実はそこそこモテている人生を送っている。
ただ、ユウコのおとなしさが災いして、彼女にまで進展しないことが多かったのだ。
しかしそんな中で、ユウコがついに結婚を決めて皆でお祝いしたことは今でも覚えている。
本気で嬉しかったし、旦那もいい人でよかったと思っている。

「【不倫】結婚して半年の大人しかった同級生に呼び出されて…(体験談)」の続きを読む

2020年09月12日 21:00

読了時間:約 4

夏になると恒例の花火大会がある。
色んな地域でやってはいるが、オレ達は友人らと10年も前から定例会的に見に行っている花火大会があった。
その友人らと言うのは、男と女が混ざっているのだが、基本的には男性陣は学生時代からの繋がりである。

そこに彼らの彼女や友人の女も参加するようになり、現在に至っていた。
来るもの追わず去るもの追わずのこの仲間たち、その年も全員で9人のグループとして花火大会に行く。
毎年のことながら、皆で盛り上がって飲んで食べて、花火をついでに見て。そんな感じの集まりだった。

「花火大会の日に友達の彼女に中出し花火を打ち上げた…(体験談)」の続きを読む

2020年08月19日 09:00

読了時間:約 3

この前、バイトが中途半端で終わったから、飯食おうってことで彼氏持ちの女と二人で飲みに行った。
店に入ったら個室に通されて、近くに座れた。

1時間ちょっとくらい過ぎて、二人とも酔っ払ってきて、「唇に海苔ついてるよ」って言って取ってあげた。
そしたらめちゃめちゃ柔らかくて、思わず、「チューしたーい!」って甘えてみたら、ほっぺにキスしてくれた!!
俺も調子に乗ってほっぺにキスして、流れでディープになっていった。

「居酒屋の個室で彼氏持ちの女友達のお口に発射…(体験談)」の続きを読む

2020年08月17日 09:00

読了時間:約 4

今では当たり前に皆がしているSNS。
オレが子供のころには全くそんなものは無かった。
そこから比べると、今の若い子たちは変なところが気になるんだなと思う。

個人的な日記を皆に公開してしまうわけだが、もちろんそれを見て何かを思う人もいるわけで。
オレは正直、他の人が何をしていようがどうでもいい。
旅行に入ってようが美味しいものを食べていようが。

「女同士の嫉妬心を利用して女友達にフェラさせた方法…(体験談)」の続きを読む

2020年08月01日 21:00

読了時間:約 4

私は28歳のバツイチです。
先週の土曜日、親友の麻紀ちゃん(26歳)と二人でビアガーデンに行きました。
美味しい生を4、5杯も飲み、酔った勢いで、「成人映画を観てみたいな~」と都内の成人映画館に行きました。

いくらなんでも恥ずかしいので早足で中に入り、二人が並んで座れる席を見つけて座りました。
周りは結構空いていて、私たちは空席の多い一角に座り、ドキドキしながらスクリーンを見ていました。

「【輪姦】女の子の友達と二人で成人映画を見に行ったら…(体験談)」の続きを読む

2020年07月12日 09:00

読了時間:約 4

忘れもしない、あれは去年の夏の終わり。
当時俺には付き合ってる女がいた。
全然モテルタイプでもない俺は、寂しさを紛らわせる為、出会い系で知り合った同い年の女性と付き合っていた。

正直お世辞にも「可愛い」などと言える彼女ではなく、当時の俺は、「もう終わりかな・・・」「こいつと結婚しちゃった方がいいのかな?」などと、無限ループな思考を繰り返しつつ、ハッキリとした別れを言い出せぬままダラダラと過ごしていた。
そんなとある日、俺の携帯に一通のメールが届く。

「【奇跡】高嶺の花だった女友達から突然連絡が来た結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年07月10日 21:00

読了時間:約 4

高校時代の話。
俺は某文化系の部活に入っていたのだが、この部活は女子率が高い。
だからと言ってそれほど甘酸っぱい思いは無かったのだが、女子の中でうまく立ち回るスキルは身に付いたのかもしれない。

部室がある部活は、体育があると大体部室で着替える。
俺はちょっと気になっていた子と同じクラスだったので、体育の授業も同じ時間。
お互い部室で着替えるとなるとちょっと抵抗がありそうだが、それまで上手く信頼を得ていたので、通常の体育ならお互い部屋に居たままでも着替える。

「部室に置いてる好きな子の着替えのパンティでオナニーした結果…(体験談)」の続きを読む

2020年06月23日 09:00

読了時間:約 3

その子は友達のなかでも特に可愛い子じゃなかったんで、割と気軽に遊びにいってました。
まあ、時間潰しにちょっと寄ってみるかくらいで、時々何人かでは泊まったりしてたんだけど。

その日は仕事の帰りで一人でした、その子のアパートの側を通りかかったんで電話してみるといました。
いつもの調子で一通りの飲み物とかを買い込んでお邪魔することにしました。

「いつも気軽に遊びに行く女友達の家に泊まったら…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年06月04日 09:00

読了時間:約 4

25歳の時、北海道の女友達がどうしても来いと言うから、行ってみた。
その友達は学生時代東京にいたのだが、家族の都合で一家全員北海道に渡ったのだ。

初めての北海道と言う事もあって、俺は見るもの全てが新鮮で楽しく、十分に観光を満喫できた。
車を出してくれた彼女には大いなる感謝を伝えておいた。
さて、夜になって友達が、「泊まる所あるの?」と聞いてきた。

「北海道まで会いに行った女友達が積極的すぎて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
1 / 1112345...10...最後 »