2018年12月14日 09:00

読了時間:約 4

「こんな所で、凄い事してるじゃないか」
「おっ、おい、何なんだ!」
「あれ、同じマンションの加藤さんじゃないっすか?」
「お前は・・・」

妻(美里、33歳)は教師、私(和人、36歳)は市役所職員をしています。
結婚5年を迎えますが、未だ子供はいません。
お互い堅い仕事という事もあってストレスが溜まっており、それを解消するかの様に夫婦の営みは激しいものでした。
家の中での軽いSMや道具責めなどから始まり、やがて野外でもエッチをするようになっていったんです。

「【寝取られ】近所の柄の悪い男に妻との野外プレイを見られて…(体験談)」の続きを読む

2018年12月02日 21:00

読了時間:約 4

私の場合、「中出し」することにあまり興味はないんです。
私が好きなのは、もっぱら「中出しされたオマンコ」なんです。
そんなわけで、愛する妻に中出しを決めては、妻の中から流れる精液などを観察していんですが、これがどうも違う・・・。

何て言うか、私にとっては「中出しされたオマンコ」の「汚された」という感じが好きなわけで、自分の精液では「汚された」という感じがあまりしないんですよね・・・(笑)
じゃあ、どうしたらいいのかっって??
そう・・・妻の中に他人の精液を注いでもらえばいいんです!

「【寝取らせ】妻が他人棒に中出しされたオマンコを見たくて…(体験談)」の続きを読む

2018年11月21日 21:00

読了時間:約 7

私は武史(サラリーマン・42歳)といいます。
亜紀(専業主婦・38歳・158cm・86-60-88)、笑顔が可愛い妻です。
妻は娘が小学校に上がったのを機に仕事を探していましたが、昨今の求職難のため思うような仕事がありません。
そんな折、学生時代の友人であり仕事上の取引先でもある会社を経営している森山と飲む機会がありました。

森山とは年に数回は飲みにいく間柄でしたが、奥さんを交通事故で亡くしてから初めてでした。
私「大変だったな。奥さん・・・」
森山「ああ・・・もう一年だよ。早いもんだ・・・」
子供が出来なかった森山は一人で暮らしています。
私「一人暮らしは慣れたか?」
森山「なんとかやってるよ。出来た嫁だったからなぁ・・・」

「【寝取られ】友人に調教されて変わり果てた妻…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年11月12日 21:00

読了時間:約 7

俺の妻は、とても可愛くて、近所でも評判の清楚な女性だ。
そんな俺の妻から、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。
その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。
たまにはいいかなと思い、その時は了承した。

そして、その日の夜が来た。
妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカート姿で、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。
「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな」
俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。

「【寝取られ】中出しされて帰ってきた浮気妻…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年11月10日 09:00

読了時間:約 5

うちの嫁の話(昨晩)です。
嫁は小柄(148cm)で童顔ないわゆるロリ系なんですが、結婚3年目で夜の生活がマンネリ化していました。
嫁は「電気はつけない」「ベッド以外でやらない」「正常位以外でやらない」と注文が多く、お互いにイク事はイクのですが、個人的には不完全燃焼でした。

そこへ私の一ヶ月長期出張が入りました。
当初は嫁の浮気が心配だったのですが、浮気が心配だったのは嫁も同じだったらしく、テレビ電話付きの携帯を買わされ、毎晩テレビ電話攻勢に晒されました。
出張中、一日だけ本社に戻る日があり、嫁には内緒で会社帰りにこっそり家(社宅)に戻り、嫁の帰宅を待ちました。

「【覗き】おとなしい妻の激しすぎるオナニーを見てしまい…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月24日 21:00

読了時間:約 7

私の高校時代からの友人(明)は、写真屋の息子です。
明とは学生時代からの仲良しで、就職した後もちょくちょく会う仲でした。
でも、ここ最近仕事が忙しのと、私も結婚した事で会う機会がめっきり減ったんです。
そんな時、会社の旅行写真の焼き増しを依頼され、私は明に頼む事にしました。

明の家に行くと、昔と全く変わらぬ店構え。
何だか懐かしくなりました。
店のカウンターに座る明に声を掛けると、笑顔で出迎えてくれたんです。
明「久々だなぁ!全然顔出さないから、心配してたんだぞ!」
私「ごめんごめん、仕事忙しくってさぁ、しかも結婚しただろ、なかなか自由が無くて・・・」
明「そうだったなぁ、奥さん元気か?子供はまだなのか?」

「【寝取られ】写真屋の友人に妻のヌードを撮らないかと誘われて…(体験談)」の続きを読む

2018年10月24日 09:00

読了時間:約 4

子供が夏休みになったある日、妻が事故に遭いました。
近くのスーパーの駐車場でバックしてきた車と接触し、転倒と同時に足の骨を折ったんです。
両足を痛め、歩く事も出来ない妻は、近くの病院に入院する事になりました。
子供たちは夏休みという事もあり、実家に預ける事にしました。

妻の入院した病院は古く、入院患者と言っても数人で、お年寄りばかりでした。
ベッドに横になる妻は、1人では何も出来ず、トイレや体を拭くのも手伝って貰うという感じでした。
初めの数日は私も妻に付き添ったんですが、仕事もあるので看護師に頼むしかなかったんです。

「【寝取られ】入院中の妻が男性看護師に下の世話をされている…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月21日 21:00

読了時間:約 4

とうとう妻が私の見ている前で他人とSEXしました。
私は短小包茎早漏のマゾでして以前より妻にペニスのことを馬鹿にされたり、結婚する前に付き合っていた彼氏と比べられたりして興奮していました。
そして、私の目の前で他人のペニスを奥まで挿入されて喘ぐ妻の姿を見せ付けられ、終わった後の汚れた所を口で綺麗に掃除したいという願望もずっと持っていました。

私たちは7年ほど前に結婚し、当初は普通にSEXをしようと努力したのですが、妻に扱かれている間やクンニしている時、挿入しようとしているときなどに射精してしまうことが殆どで、なんとか挿入しても動けずに秒発といった具合でして・・・。
いつのまにか私たちのエッチはSEXではなく、下半身だけ裸になってクンニしながらのオナニーになっていました。

「【寝取らせ】短小すぎて妻を満足させられない私の願望がついに…(体験談)」の続きを読む

2018年10月17日 09:00

読了時間:約 3

そう遠くない昔まで、この国は性に対し大らかというか、実に下半身にだらしのない国であったと言います。
ただ、妻・ミカの故郷の村は、その点において昔のままなのです。
妻の育った村の夏祭りの前日、私は妻と2歳の娘を車に乗せ、妻の実家に向かっていました。

娘が後ろのシートのチャイルドシートで眠ってから、妻は助手席に移っています。
「着く頃には、日が暮れちゃうな」
私の言葉に妻は答えません。
山間の道は、すでに薄裏くなっています。
「あしたは、俺も神輿を担がされるのかな」
私が快感から気を紛らわせるためにとりとめない言葉を並べても妻は答えません。
妻の口は私に相槌を打つより、私の愚息への奉仕を優先しています。

「下半身にだらしのない村に生まれた妻…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月15日 21:00

読了時間:約 6

私と妻は結婚して10年が経ち、夫婦ともに30歳代になりました。
結婚10年を祝うつもりで近くに住んでいる共通の友人たちを家へ招き、ちょっとしたパーティーを開くことにしました。
私たち夫婦を入れて総勢6組の夫婦たちが当日用意した妻たちの手料理に舌鼓を打ちながら、ビール、焼酎、ウィスキー、日本酒へと、かなりのハイスペースで進んでいきました。
日頃、こんなに揃う事の無い妻たちは、笑い転げながら、昔話に花が咲いていました。

パーティーが始まってから約5時間経ったころ、さすがに友人たちの多くは帰り支度を始め、妻もほろ酔い気分で片付けを始めていました。
そんな中、私の親友Tは、まだ飲み足りない様子で、妻に日本酒を催促していました。
Tは、友人たちの中でも一際酒に強く(SEXも)、私もそんなTにペースを合わせ、呂律は廻っていなかったと思います。

「【寝取らせ】巨乳妻の裸エプロンを巨根の友人に見せつけた結果…(体験談)」の続きを読む

2018年10月14日 21:00

読了時間:約 3

私47歳、妻37歳、子供1人(妻の連れ子)の結婚5年目の夫婦です。
妻は、私の知人達からも必ずと言っていいほど、「お綺麗ですね」「スタイルいいですね」「色っぽいですね」などと言われる。
166センチ、48キロ、Fカップ、足長で峰不二子似の自慢の女です。
はっきり言ってエロイです。

そんな妻の過去経験を聞いて、私もビンビンに勃起する性癖なのですが、二つだけ、怒りなのか、劣等感なのかわかりませんが、苦しいことがあります。
妻の経験人数は、私を入れて8人(8本)です。

初体験は17歳の時に高校の同級生として、その後、高校の先輩としたしたそうです。
20歳まで付き合ったということですから、健全な方と思ってます。
そこから妻の“おてんば”が始まったのです。

「自慢の美人妻なのに酷すぎる過去に我慢できません…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月06日 21:00

読了時間:約 4

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。
表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には現場採用の男女が二人ずつ。
それも妻帯者なので時間になるとかっきりと退社・・・とはいえ、別に残業も無いのですが。

私もプロジェクトの終了と共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で予定が大幅に変わり、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長となってしまいました。
私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

「【寝取られ】単身赴任中に妻に似た女性をエロサイトで見つけて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月06日 09:00

読了時間:約 4

暑い夏が今年もやって来た。
最近起きた出来事を聞いて欲しい。
子供が、夏休みに入り、妻の実家に遊びに行った。
同年代の友達が居るからだ。
毎年、実家で1週間くらい泊り、帰って来ないのだ。

週末の夜、その日も暑い日で、妻と久々に居酒屋で夕食をする事にした。
妻は、タイトスカート(短め)にタンクトップ、その上にレースのカーディガンを着て、化粧もバッチリ決めていた。
居酒屋に入り、奥の個室に席を取り生ビールとツマミを頼むと“かんぱーい”と始まった。
まぁ世間話をしながら、酒も進み週末の開放感の影響もあってかなり酔っていた。

「【寝取られ】居酒屋で泥酔した妻が若い男二人に…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月03日 09:00

読了時間:約 5

妻と結婚して5年を迎えた。
お互い出遅れ気味の結婚で、30を超えてから出会ったんです。
妻は肉付きの良い可愛らしい女性で、彼女から逆ナンパされたんです。
彼女は見た目とは違い、Mっ気のあるエッチな女性でした。

最近は、妻と軽いSMプレイにハマり、寝静まった夜に妻を縛って楽しんでいました。
金曜日の夜、私達は夕食を済ませ、軽くお酒を飲むと一緒に風呂に入ったんです。
妻は「今日縛ってくれる?」と言うので、「もちろん」と言いながらキスをしました。
風呂から上がり、いつもの様にリビングにダイニングから椅子を持ち出すと・・・。

「【調教】目隠しした妻が会社の非モテ先輩の餌食に…(体験談)」の続きを読む

2018年09月29日 09:00

読了時間:約 1

ある日、ふと思いついた事がある。
妻の待つ自宅に私が変質者を装い、押し入って妻を強姦してみたらどうなるのか。
試してみようと、ついに決行した。
夜8時過ぎ、私は覆面を被り部屋へ侵入。

妻は風呂から上がりたて。
背後から忍び寄る。
鏡ごしに映る私を見て、震える妻。
私は一切しゃべらず、妻を縛り、目をガムテープで目隠しした。

「【レイプ】覆面かぶって変質者を装って妻を犯した結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
1 / 1112345...10...最後 »