2019年02月11日 21:00

読了時間:約 6

もう3年ほど前の話。
晴れて志望していた大学に進学した俺は、新歓飲み会の後にオッパブでハメを外して終電を逃していた。

で、タクシー呼ぼうかな、でも金無いな、とか考えながら、歩いて帰れない訳では無いけれど、歩いて帰るにはかなりしんどい距離の自宅に向かってとぼとぼ歩いていた。
で、繁華街の駅から5分くらい歩いた頃、制服姿の少女に声を掛けられた。

「飲み会帰りに拾った家出少女がとんでもないビッチだった…(体験談)」の続きを読む