2021年01月23日 09:00

読了時間:約 5

俺は仕事で一年に4、5回のペースで関西に出張に行くのだが、数年前にナンパしたバカ女子大生をセフレにしてオマンコしてやっている。
女は俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンポの虜になっているので、呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る。

かなり性格の歪んだバカ女で、十三の駅の近くで待ち合わせした時に、仕事帰りに「ふう~っ、疲れた!」とか言ってるオッサンを見て「ふう~っ、ダッサ!」などと言うクソアマなんで、オマンコする時はいつも顔面シャワーして、鼻の穴を両方ともチンポ汁で塞いで懲らしめてやっている。

「俺が性処理便所として使ってる関西の女子大生…(体験談)」の続きを読む

2021年01月12日 21:00

読了時間:約 5

私は専業主婦をしています。
先日あったいやらしいエロい話をしたいと思います。
私は結婚して10年、パートで働こうにも手に職がないので、パソコンくらいはできないと困るよと旦那様が言うのです。

私はまったくそういうのに疎いので、まずはパソコン教室に通うことにしました。
パソコンを教えてくれる先生は若い男性で、まだ20代後半に見えました。
先生は背が高く痩せていて、黒縁の眼鏡を掛けています。
私はそうでなくても痩せた男性が好きなので、教室に通っているだけで、先生のことが気になりました。

「【浮気】気になってるPC教室の若い先生が家に教えにきてくれて…(体験談)」の続きを読む

2020年12月15日 09:00

読了時間:約 5

携帯のベルが鳴った。
朝、夫と子供を見送ると、決まってこの時間に呼び出しベル。
私は急いで携帯電話を取った。
そして着替えると、指定された場所に向かうんです。

私:29歳、専業主婦、子供は6歳。
夫:35歳、外資系の営業マン。
私は8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。
夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。
夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由ない毎日を送っていました。

「輪姦されたその日から暴走族の穴奴隷にされてます…(体験談)」の続きを読む

2020年12月01日 21:00

読了時間:約 11

前々から狙っていた陽子ととうとうやった。
ワイフとは4歳下の24歳。
ワイフもDカップと巨乳だが、陽子はもっとデカい。
チアリーダーをやっていたとかで、腰はキュッとくびれて尻はボーンと張り出している。
顔は飯島直子に似ていることを本人は自慢にしている。

確かに似ているが、陽子の方が口が大きく、唇も厚い。
以前から実家に行く度に、いつかチンポをぶち込んでやろうと狙っていた可愛い可愛い義妹だ。
陽子は新婚6ヶ月。
先週から旦那が2週間ほど出張とかで我が家に遊びにきた。

「【浮気】前からや狙っていた新婚巨乳義妹(24)が一人で遊びに来たので…(体験談)」の続きを読む

2020年11月30日 21:00

読了時間:約 6

「俺の部屋に来る?」俺が訊くと
「うん」と答えて真里がコクンとうなずいた。
身長が144cmしかない真里がそういう仕草をすると本当にかわいい。

やった!と心の中でガッツポーズをする俺。
そんなかわいい真里をもうすぐ俺は抱ける。
そう考えただけで俺の股間はムクムクと猛り始めている。

「性に奔放な女を俺一筋にさせた自慢の20cmマグナム…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年11月30日 09:00

読了時間:約 6

パパが妹とセックスしてるのを見てしまいました。
私と妹の部屋は、8畳間を可動式のクローゼットとパーテーションでし切った部屋で、上の方は15センチくらい隙間があります。

去年の夏休みの終わり頃、夕食後に妹が、「宿題が出来ない、手伝って」とか言ってパパに甘え、ママに「遊んでばかりだから」って叱られながらもパパと部屋で宿題やってました。
1時間くらい好きなTV番組見終えて、8時頃に私も部屋に戻って、勉強というか本を読んでました。

「パパと妹がセックスしてるところを見ちゃった…(体験談)」の続きを読む

2020年11月11日 21:00

読了時間:約 8

半年ほど前の出来事かな。
都内でサラリーマンをしているが、海外出張が多い俺は、機内のCAによくナンパをしていた。
席に来た時に連絡先を書いた紙を渡したり、トイレの前で直接口説いたりもしていた。

もちろん無視されることもあるし、時間が合わなかったりすることもあるが、何度かは美味しい思いをさせてもらった。
今回もそういう話。

俺は出張で香港に行く用があり、某航空会社(これはさすがに言えないかなw)の飛行機に乗った。
その時は、運良くビジネスクラスに乗れた。
会社の都合で、時期によってエコノミーだったりビジネスだったりするのだが、ビジネスの方が格段に勝率が上がるw

意気揚々と機内に乗り込み、CAを観察していった。
仕事しに行ってるんだけどねw
こういう時が一番楽しいw

機内で最初に飲み物を頼んだ時に来たのが、マユコだった。
まさに、キタコレって感じだった!
顔は某女子アナ似で、身長は165センチぐらいだったと思う。
すらっとした脚にくびれが最高にエロい雰囲気を出していた。
色白で目が大きくて、他のCAよりも一際目立って可愛かった。

俺は躊躇するまでもなく、機内食を運んで来た時に連絡先(LINEのID)を添えたメモを渡しておいたw
「予定が合えば夕飯でもどうですか?よかったらLINEしてください」
マユコは見事なビジネススマイルでそれを受け取ったw
ダメ元だが、運に任せるしかないw

「機内ナンパした隠れ巨乳の美女CAを自慢の巨根で潮吹かせ…(体験談)」の続きを読む

2020年10月29日 09:00

読了時間:約 6

去年の冬に援交サイトで17歳の女子高生香織と出会った。
すぐに会うのは怖いと言うことでメールを繰り返し電話しお互い写メ交換をした上で会うことに。

くだらない話やエッチな話で彼氏では何か物足りないと性欲の強さをアピールし俺はチンポはでかく太いので楽しみにしてと話すと大喜び。
したい、やりたいこととかを聞くと玩具や露出だったりアナルも興味があると話した。

「援交サイトで知り合った巨根好きな淫乱JK…(体験談)」の続きを読む

2020年10月21日 09:00

読了時間:約 9

田舎のスポーツジムでバイトしてて、プールの担当をしてました。
と言っても、プロでも体育会水泳部でもない俺は、インストラクターじゃなくて裏方。
窓口事務とか施設の掃除とか道具の出し入れとか、言ってしまえば雑用係。

うちのクラブには競技会に出るような本格的な奴もいたが、日中は基本的に年寄りと主婦や熟女、それから妊婦とか乳幼児向けの教室が中心。
夕方になると学校帰りのガキ、夜は会社帰りの勤め人が多かったな。

「【覗き】ジムの倉庫で巨根インストラクターと巨乳美人妻が…(体験談)」の続きを読む

2020年09月24日 09:00

読了時間:約 4

チャットで知り合った男が超ブサメンだったけど、大きなチンコを持つ巨根ブサメンでした。
彼氏もおらず、日照りの続いてた私は、飲んでチャットしているうちにブサイク男と意気投合。
実は家が近かった事も判明し、何を血迷ったのか、“ヤル約束”をして会うことになってしまいました。

会う前に画像交換をしていたのですが、あいにく私も向こうも携帯画像程度のものしかなく、お互いバクチ状態で挑んだのですが、当日待ち合わせ場所にいた彼はBSK。
いや、BSKなどと言っては申し訳ない。
笑うとそれなりに可愛く、(うわー!ブサイク!)って程ではないのだが、喋り方とかなんかヤバい。
帰りたくなった。

「【出会い系】「ブサイクだけど巨根男」の誘惑に負けた私…(体験談)」の続きを読む

2020年09月17日 21:00

読了時間:約 6

俺は最近、リアルタイム動画を配信するライブチャットにハマっている。
その配信されたエッチな生放送のライブチャットの動画を保存し、公開しているネットを見つけた。

そのサイトを知ってからは毎日のように覗き、夜はお世話になっていた。
女の子が知らない人に見られ、コメントをされることで羞恥心と快感を得ているその事実が妙にやらしく、俺は好きだった。

「【寝取られ】ライブチャットのエロ動画を見てたら彼女が出てきた…(体験談)」の続きを読む

2020年09月03日 21:00

読了時間:約 3

仕事先の人から猛アタックされて、ものすごくしつこいから一回だけ付き合おうと思ってデートしたら、流れでセックスまでしてしまった。
彼氏いること知られてるし、あんまり貪欲に行くと引かれるかなと思って、なるべく拒否する方向でいたけど、彼氏は淡白で最近エッチもないし、正直すごく期待してた。

大きくて分厚い手で胸を揉まれて、乳首を摘んでひねるように愛撫されて、しつこく舐め回されて、反応しちゃいけないと思ってるのに身体が跳ねるようにピクピク動いて止まらなくなってしまった。

「【浮気】彼氏いるけど猛アタックと巨根の誘惑に負けて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2020年08月24日 09:00

読了時間:約 8

今から6年前の話、大学のサークルの夏合宿で温泉に行ったとき、先輩と同級生にあそこを見られました。
うちのサークルは基本的にイベント系で、合宿と言ってもほとんどが遊び。
だから次の日はあまり考えず夜は死ぬほど飲まされます。

だから2日目は酔っぱらった振りをして、切のいいとこで抜け出し、仲のいい同級生のカズとタケの三人で一緒に露天風呂に向かいました。
時間は夜中の2時くらい、もともと他のお客さんもあまりいなかったが、案の定露天は俺らの貸切でした。

「夏合宿の温泉で女子3人に巨根を見せつけた思い出…(体験談)」の続きを読む

2020年08月11日 09:00

読了時間:約 6

私の妻とは高校生の時知り合った。
「恵美子」という名前だ。
妻は当時から巨乳で、今見ると芸能人の優香に似ているなと思う。

高校を卒業した後も私たちの交際は続き、私の就職とともに結婚した。
これまで順調に来たようだが、私たち2人にも危機が訪れたことがあった。
それは、つき合って1年くらい経ったころ

「私、別れたいな」
「なんだよ突然に」
「しばらく会わないようにしたいの」

妻は私を嫌いになったわけではなく、高校を卒業したら私と結婚したいから
それまでの間に友達といろんな想い出を残したいし、あとで後悔しないために勉強もしておきたいと言う。

私は決して納得したわけではなかったが、卒業まで数ヶ月だったので、しぶしぶ納得した。
ただし、電話では話をするし、学校でも廊下で話したりしていた。
それまでは、毎日学校の帰りに私の部屋に寄ってセックスをしてたので、セックスのできない毎日はとてもつらく、時には、どうしてもとお願いして学校のトイレでフェラさせたりしていた。

それから数ヶ月が過ぎて卒業。
私は進学、彼女は就職した。
電話するのも段々少なくなりかけたころ。

ある時、妻からの電話で「また前みたいにつき合おっかー?」と言われた。
私は妻のことをまだ好きだったので、すぐに会うことになった。
妻が私の部屋に遊びに来ると、すぐに熱いキスをして、そのまま妻はしゃがみ込んで私のPを取り出すとフェラし始めた。

先っぽを少し舐めてから私を見上げると
「ふふ、久しぶり~」と言って、一気に根元まで呑み込んだ。
何度かゆっくりと頭を上下させると、唾液に光るPを握りながら

「あれ?なんかちっちゃくなったみたい?」
「そんなわけないだろ、今日は久しぶりで興奮してるからいつもよりでかいぞ」
「じゃあ、気のせいかな」
「誰かと比べてんのかよ」
「なわけないじゃん」

そしてフェラを10分くらいした後、妻のアソコに挿入した。
妻は一瞬「ああ」と声を上げたが、それきりで久しぶりのセックスのわりにはもの足りなそうな感じだった。

そのセックスの後で、不審に思った私は妻に聞いた。
「しばらく離れている間に、誰かとやっただろ?」
「やってないよ。浮気はしないって約束でしょ!そっちこそどうなんよ?」
「俺は絶対にやってない」
「だったらいいじゃん。また仲良くして、いつか結婚しよっ!」

妻がとても可愛く思えた。
一瞬であっても疑って悪かったと思った。
その後の妻とのセックスも、次第に身体が合ってきてとても充実していた。

妻も以前のように私とのセックスに夢中になっていった。
それから数年の交際が続いて、私の就職とほぼ同時に結婚した。
もうこんなことも10年以上も昔の話。
今となってはもうどうでもよいこと。

妻のことはあのころと変わらず愛しているし、子供も生まれ、経済的にも恵まれ、
妻は一切私に逆らわず、てきぱきとよく働き、とても平和な家庭である。
しかし、ただひとつ。
どうしてもあの時の妻の様子が気になっていました。

10数年の間、何度も訊いてみようと思いながら
「だからどうしたんだ。もし、こいつが他の男を知っていたとして、別れるつもりでもあるのか」
と自分に問いかけても、別れたいなどとは思わなかった。

ただ、妻が他の男とセックスしている様子を想像すると、とても嫉妬で興奮してしまうという不思議な感情が湧いてきた。

ある日、セックスの最中に、ふざけ半分に言ってみた。
妻にフェラチオをさせながら、妻のアソコを指でふれ
「どうだ。他の男のもフェラしてみたいか?」
「俺以外のもこうやって舐めたことあるだろ?」
「あいつの方がもっと大きかったって思い出しているんだろ?」
と言ってみました。

「あいつって誰よ」
「お前が今思い出した男だよ」
すると、妻はすごく興奮しながらフェラを続け、アソコがみるみる濡れてきました。
ボタボタと垂れるほど濡れました。

「やっぱり、俺の予想は当たっていたのかもしれない・・・」
「俺に会わない間に他の男とセックスしていたのか・・・」
頭にカーッと血が昇った私は、起きあがって妻の長い脚を広げると、妻のアソコに自分のモノを突き立てて、一気に挿入した。
奥深くまで、一気に。

すると「ああああ、あっちゃん、来て~」と聞いたこともない名前を口にした。
私はますます興奮してしまい、「誰だそれは!そいつとやったのかっ!」とガンガン突きながら質問攻めにしました。

それからのことは今思い出しても嫉妬で頭がぼーっとしてしまうほど興奮する内容でした。
妻は私と距離をおいていた間、他の学校の男と会うようになったという。
その男は妻の家の近くに住んでいて「あつし」という名前だった。

男は毎日学校帰りに妻の部屋に遊びに来た。
男はいつもキャビンの煙草を吸っていた。
妻は今でもキャビンの煙の匂いをかぐと、その男のことを思い出してしまうという。

妻の両親は働いていたので、学校から帰って夜8時くらいまでの間、毎日、男と部屋で会っていた。
CDを聞いたり、話をしたりして、友達としてのつき合いだった。
ある時、男が「俺とつき合ってくれ。彼氏のことは忘れてくれ」と言ってきた。

「ごめんなさい。私、その時すぐ断ろうと思ったんだけど、なんとなく寂しかったから、つい。」
「つい、どうしたんだ?つい、でやっちゃったのか」
「うん。ごめんなさい。さびしかったの」
「お前から言い出したことだろ。それなのに俺を裏切ったのか」
「あなたが浮気してるかもしれないと思うと不安で不安で・・・」

妻はその時の雰囲気にのまれてしまったという。
男とドロドロのディープキスをしながら、右手で彼の股間をまさぐった。
男はあわててズボンから大きくなったモノを取り出すと妻に握らせた。
妻は、その太さに一瞬おどろいた。
握っても指が回らなかったからだ。

私のモノはそんなに太くはない。
妻にとって2人目の男は巨根だったわけだ。
少し恐く感じたが、妻は思いきってフェラをした。
唇が裂けそうなくらい太いモノで、しかも喉の奥まで届いてもあまるほどの長さだった。
長さにして私より5cmは長かったというから18cmはあるだろう。
直径も5cm以上はあったらしい。

「背の低い人なのに、どうしてこんなにここが大きいの?それにすごく固い」と思ったという。
しかし、その男にとってはすべてが初体験だった。
妻は慣れた手つきでフェラを続けた。
だらだらと唾液を垂らしながら
喉まで入れたり、出したり、横から舐めたり、下から舐め上げたり・・・

すると、10分もしないうちに男は終わってしまった。
大量の、そして濃い精子が妻の口の中を満たした。
あふれた精子が妻の口の周りにこびりついた。
久しぶりの男の匂いに妻はムッとむせたが、なつかしく、そしていやらしかった。

妻は、一瞬ためらった後、その男の精子をゴクリと飲み込むと口の周りにこびりついていた精子も舌で舐めとってしまった。
この様子を見ていた男はとても感激し、たちまち興すると、すぐに立ち直った。
そして、とうとう妻のアソコに深々と巨根を挿入してしまったという。

その時の妻の覚えている感覚は
「バットか何かで内臓を突き上げられたような衝撃」だったという。
その後、この男とのすさまじいセックスが毎日続いた。

妻はあらゆる体位で、あらゆる場所で、あらゆる穴を犯され続けていたのだ。
妻は自分の穴がどうしようもないくらい大きく広がってしまい、もう2度と私と会うことはできないと思ったという。
そして、どうせならと、その男とやりまくってしまったという。

私はこれらの話をたった1回で聞きだしたわけではない。
妻とセックスする度に少しずつ聞き出していった。
私はセックスが終わると一切質問はしなかった。
訊いても、妻は「いやね、冗談よ」などと言って笑った。

しかし、次のセックスの時に続きの質問をすると、いつも前回までの話をちゃんと覚えていて全く矛盾がなかった。
ひょっとすると途中からは妻の作り話なのかもしれない。
しかし、それにしては話が具体的だし、その男の写真も実家に残っている。

それと、妻と再会したころ、妻の部屋に遊びに行った時、妻の机の隅にキャビンの箱が置いてあったのを覚えている。
その男の想い出として置いてあったのかもしれない。

 

管理人のコメント
いいと思いますよ…(知らんけど)

タグ:
2020年08月08日 21:00

読了時間:約 5

俺は武史と言って大学の四年生になる。
今度、友人と一緒に継母を犯す事にした。
制裁を加える必要が有ると思ったからだ。
継母というのは、俺の親父の後妻である亜希子の事である。

亜希子は親父が忙しいことをいいことに、別の若い男と浮気を繰り返していたのだ。
それを、偶然知ってしまった俺は、亜希子を犯そうと考えたのだ。
失敗しない様に、友人の康介に声を掛けたら乗ってくれたので実行する事にした。

「不倫していた継母を友達と二人で犯して肉便器にした…(体験談)」の続きを読む

1 / 1412345...10...最後 »