2017年05月23日 13:00

読了時間:約 2

マンコの臭いがちょっと苦手だ。

初めてやった子は、(最後まではやってないけど)向こうから俺にくっついてきて、部屋に転がり込んだんだけど、
10代後半の若さで、既に相当なヤリマンみたいな感じだった。
マンコ腐ってるんじゃないか?ってくらい異様に臭い。
これを舐めたりチンコを入れたら重大な病気になりそうで、挿入は避けて手マンだけでごまかしていた。

「【クンニ】マンコの臭いが耐えられない…(体験談)」の続きを読む

2017年05月16日 21:00

読了時間:約 10

人生で一番エロかった「初体験」について話す(体験談)※前編

「と、とにかくそれはマズいの・・・んんっ」

二人で、しばらく夢中でさわりあいっこをしていた。
正確にいえば、さわりあいっこというかわいいレベルではなく、激しく動かしあっていたので、愛撫のしあい、とでもいうレベルだった。
でも、スカートの中に手を伸ばすのはさすがにいけない気がして、スカートの上から彼女の股間をいじった。

「人生で一番エロかった「初体験」について話す(体験談)※後編」の続きを読む

2017年05月16日 17:00

読了時間:約 9

高校生の頃、友達の家でみんなでお酒を飲んでいた時の話。
とりあえず今までの人生の中で、一番興奮したエロ体験ですよっと。

友達の親が、「酒は飲んでも飲まれるな。これが守れるなら飲んでもいい。許可」ってな人だったもんだから、
その好意(?)に甘えて、お酒を飲むといえばそいつの家と決まっていたんだ。

「人生で一番エロかった「初体験」について話す(体験談)※前編」の続きを読む

2017年05月15日 09:00

読了時間:約 3

僕の性癖は「普通のオバサンがひどいことをされるのに興奮する」というちょっとマニアックな性癖です。
そういうAVでしか興奮できません。
というのも、幼い頃の経験が理由だと思います。

子供の頃、僕は信者が30人くらいの新興宗教に出入りしていました。

「【覗き】子供のころ通っていた宗教団体で見たおぞましい光景(体験談)」の続きを読む

2017年05月13日 21:00

読了時間:約 10

俺は妹がいるけど血がつながってない。俺が小さい頃に親が再婚してお互い連れ子。
で、妹は普通じゃないんだよな。こういう言い方いけないかもしれんけど頭が弱い。
普通よりも知能指数が低くて小学生低学年ぐらいの知能しかない。

小学生の頃には申し訳ないけど妹が普通じゃないのが恥ずかしくて嫌だったけど
同級生の男に小石投げられてバカ呼ばわりされてしゃがみ込んで泣いてるのを見てからは大事にするようになった。

「知的障害者の妹と結婚する(体験談)」の続きを読む

2017年05月13日 17:00

読了時間:約 10

先週末のことです。
職場の送別会があり、久しぶりに繁華街へ繰り出しました。
送別会の後、風俗にでも行こうかと思い、火曜日からエ○オス投入。
・・・飲むと極端に勃ちが悪くなるんです(´・ω・`)

送別会の内容は割愛します。
女っ気のない、野郎10人だけの送別会だったから・・・。

「バーの隣席で彼氏にビンタされた女の子が初恋の子だった…(体験談)」の続きを読む

2017年05月11日 21:00

読了時間:約 3

バツイチの彼女+娘と同棲していて
凄く娘に懐かれてて、寝転がってると、必ず上に乗ってきてた

しかも、だんだん胸も大きくなってるのに、全身を擦りつけるように、鼻息も荒く・・・
うつ伏せになってると、背中の上に乗って
仰向けになってると、当然胸の上に・・・

「【手コキ】バツイチ彼女の娘(小6)に性教育…(体験談)」の続きを読む

2017年05月11日 00:00

読了時間:約 5

夜間の高速バスは静かだ。
長い距離の移動に疲れ誰もが寝ている。
そんな中だからこそ出来る“行為”があった。

くちゃ…くちゃ…

「【痴漢】夜行バスで目が覚めたらアソコをクチュクチュされていた…(体験談)」の続きを読む

2017年05月10日 15:00

読了時間:約 2

厳密にはsexじゃない話しでよろければ。

小学生の頃は、男の子の友達が多かった。
その中でも特に仲が良かったのは、A君。
A君の家は、両親が共働きで夜遅くまで帰ってこないのでしょっちゅう遊びに行っていた。

「勘違いで男の子の精子を絞り出してた小学校時代(体験談)」の続きを読む

2017年04月16日 00:00

読了時間:約 6

大学の頃、男女6人でサッカーの試合で賭けをしました。
どちらのチームがどのくらいの点差で勝つかを予想。
勝った人は王様になって命令できる、という内容でした。

「男友達に外で手マンされてお漏らし(体験談)」の続きを読む

2017年04月10日 09:00

読了時間:約 10

【初体験】ゴムがなかったのでクンニしまくったら奇跡が…(体験談)※前編

脇の下から胸にキスの雨。徐々におヘソの方へ移動。
由紀の肌を味わいながら、ジワジワと頭の位置を下げる。
同時に俺の左手は由紀の腰をガッチリと固定。
由紀は俺の顔が秘所に接近したので本気で焦りだす。

「いっ、いやぁ、やめて…!」

「【初体験】ゴムがなかったのでクンニしまくったら奇跡が…(体験談)※後編」の続きを読む

2017年04月10日 06:00

読了時間:約 10

高校時代はアパート生活だったんだよね。
学生寮っていうのかな。そういうのが沢山建っているところでさ。
だから結構一人暮らしを満喫できた。友達も気兼ねなく誘えるし。
付き合ってた女の子も何度か遊びに来てたわけよ。

「【初体験】ゴムがなかったのでクンニしまくったら奇跡が…(体験談)※前編」の続きを読む

2017年04月09日 06:00

読了時間:約 11

例によってきっかけは出会い系なのだが・・・
今年の年末に掲示板に書き込んでいたところ、メールが返ってきた。
彼女の名はかなこと言った。(最初はK子と書こうと思ったがそれだとウチのおかんと同じ名前で激しく萎えなのでやめた)

「出会い系でゲットした巨乳ちゃんとの攻防…(体験談)」の続きを読む

2017年04月05日 21:00

読了時間:約 15

【ショタ】女湯でいつもイタズラしてきた熟女たちに逆襲(体験談)※前編

もちろん約束は守らなかった。そもそも約束したつもりもない。

子供の指先で女に起きた不思議な現象を探求することで、幼い俺の頭は一杯だった。
誰でも「イッちゃう」ものなのか。どうすれば「変になっちゃう」のか。
湯船で奥さんたちに悪戯されるたび、俺は片っ端から反撃を試していった。

「【ショタ】女湯でいつもイタズラしてきた熟女たちに逆襲(体験談)※後編」の続きを読む

2017年04月05日 18:00

読了時間:約 11

高校卒業まで、山間の温泉町で育った。どっぷりと昭和の時代だ。

母と2歳上の姉との3人暮らし。
母が俺を妊娠中、親父は愛人を連れて姿を消した。
病的な女たらしだったそうだが、俺にとっては最初から「いない人」だ。

「【ショタ】女湯でいつもイタズラしてきた熟女たちに逆襲(体験談)※前編」の続きを読む

3 / 512345