2021年10月06日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:非モテ男 さん(男性・30代)

俺は今まで付き合った女性がブスばかりの非モテ系。
しかも、ヤリマンと呼ばれる女性たちが「かわいそうだから相手してあげる」と言うくらい、お情けでしか付き合ってもらえないレベルらしい。
好きな女性に告白すれば全戦全敗、デートに誘っても全戦全敗。

だから、俺は学生時代から無駄遣いをせずにバイトや仕事を頑張り、ひたすらお金を貯めることだけに専念してきた。
若くして一大財産を築いたある資産家が「金さえあればどんな女でも買える」と豪語していた。
俺はその言葉を信じ30代になった今まで、女遊びを捨てて金だけを追い続けたんだ。

「ネットで50万で処女を募集した結果…(体験談)」の続きを読む

2021年09月18日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:ヤイ子 さん(女性・20代)

学生ん時、性的好奇心が旺盛だった私は援助交際をしていたんだけど、その相手が父の同僚だったんです。
数回おじさんと会った後、おじさんは
「実はね、僕、君のお父さんとお友達なんだ」
と告白されました。

最初、おじさんは私が父の娘とは知らなかったみたいだけど、ある時飲み会で私の写真を見せられた時、「あの子は、コイツの娘だったんだ!」と気づいたそうです。
そして、おじさんは
「お父さんに知られたくないよね?」
と聞いてきました。

「【愕然】援交相手が父の友人だった結果…(体験談)」の続きを読む

2021年07月23日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:ドルオタ さん(男性・20代)

TSU〇AYAでバイトしていた頃、一緒のフロアでバイトしている女友達のミナと仲良くなりました。
休憩が一緒になると店のそばにあるファーストフード店で一緒にメシを食ったりしました。
お互い映画鑑賞が趣味だったので新作を借りて一緒に部屋で見たりしました。

お互いの部屋を行き来していましたが、仲間同士で変な噂をされるとイヤなので二人の秘密にしていました。
ある日、ミナはバイトをドタキャンで休みました。
連絡もつかない・・・。
今までそんなことをしたことはなかったのでみんな心配していました。

「月2万で契約してたフェラ専属の女友達が…(体験談)」の続きを読む

2021年07月22日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:タカシ さん(男性・20代)

大学にも行かず、地元に残り続けている同級生だった女がいます。
エリカという女です。
母子家庭でしかも母が男と失踪。
残された姉が母代わりになってエリカとその弟を育てた・・・という話しを聞いたことがありました。

エリカは地元の「仲間命」みたいな感じでマイルドヤンキーそのものです。
顔は可愛いし身体つきもエロいので昔は気になっていたのですが・・・。
大学を出て就職し、地元に帰るとその女・・・エリカとイオンで出くわしました。

「【援交】地元帰ったらかわいい系ヤンキーに金をせびられたので…(体験談)」の続きを読む

2021年06月18日 09:00

読了時間:約 7

投稿者:勇者 さん(男性・20代)

俺と彼女は年齢が同じで、本来なら、就活であわただしくしていなきゃいけない年。
なのに彼女はまったく就活するそぶりもなく、聞いてみても、
「就職できなかったら実家帰ればいいし。バイトでも生きていけるし」
なんていって、就活しようとしない。

俺もそんな彼女に呆れつつ、それでもやっぱり好きだから、傍にいたいって思って、俺だけでもきちんと就職して彼女を養えるようになろうと思って、がんばっていた。
エントリーシートを何枚も書いて、面接に行っては、うれしくない返事ばかりが届く毎日。
俺は精神的にも疲れているのに、彼女は毎日ふつうに学校にいってテキトウに友達と時間をつぶしては、バイトをしたりやめたり……気まぐれにもほどがある。

「就活もせずに援交してた彼女と相手のおっさんに制裁…(体験談)」の続きを読む

2021年02月27日 09:00

読了時間:約 3

私は、46歳のおばさん(既婚)です。
2年前まで夫しか知らなかった普通の主婦でした。
2年ほど前に、心ときめく59歳の彼と知り合い人生観が変わってしまいました・・・。

その彼は仕事もエキサイティング、女性に対してもエキサイティングで、何でもない主婦にとっては驚きの連続で、日々が過去の46年と一変させられてしまいました。
何より、自分がMであった事に気付かされてしまったのです。

「ただの主婦の私(46)が1発1000円の精液便所になった理由…(体験談)」の続きを読む

2020年10月29日 09:00

読了時間:約 6

去年の冬に援交サイトで17歳の女子高生香織と出会った。
すぐに会うのは怖いと言うことでメールを繰り返し電話しお互い写メ交換をした上で会うことに。

くだらない話やエッチな話で彼氏では何か物足りないと性欲の強さをアピールし俺はチンポはでかく太いので楽しみにしてと話すと大喜び。
したい、やりたいこととかを聞くと玩具や露出だったりアナルも興味があると話した。

「援交サイトで知り合った巨根好きな淫乱JK…(体験談)」の続きを読む

2020年10月27日 21:00

読了時間:約 6

俺は会社を辞めて、学生時代にバイトしてたイタリアンレストランで働きながら職探しをしていた。
レストランなんて言っても小さな所で、厨房はシェフと俺を含めて3人。
ホールはマネージャーとバイト2人。

そのバイトの1人が愛夏(仮名・23歳)、身長155cmぐらい。
顔つきは元SPEEDの島袋みたいな感じ。
大学卒業してから上京して、専門学校で勉強している子だった。
俺の歓迎会で、店が終わった後、従業員で飲んでいたら、愛夏がうちから徒歩15分ぐらいの所に住んでいるのを知った。

その日は何もしなかったが、その後、遅番の時はいつも帰りに送っていった。
色々と聞いているうちに、愛夏が勉強していることは、そこそこお金がかかり、月末は店のまかないだけ、ということもあるとか。

で、俺は単純な親切心から、「厨房からハムとかソーセージとかちょろまかしてやるよw」と言って、実際に色々と裏から渡してあげていた。
そんなこんなで1ヶ月半ぐらい経った頃、愛夏と俺はかなり仲良くなっていた。

で、ある日、愛夏から「相談がある」と言われ、店が終わった後、近所のファミレスに。
愛夏はすごく言い難そうに、「すみません・・・3万円貸していただけますか?」と。
「お店から前借りすれば?俺がオーナーに言ってあげようか?」
「前借りすると、返済で翌月から生活が苦しくなるから・・・」
「だからといって、俺もそんなに余裕ないしなあ・・・。月々、いくらぐらいずつなら返済できるの?」
「5000円なら・・・」

おいおい、そりゃちょっとなーと思っているうちに、俺の中の黒い小鬼がピョコンと顔を出した。
「ねーねー、バイトしない?」
「どんなバイトですか?」
「んーとね、実は俺、月に3万円ぐらい風俗に使ってるんだよ」
「え・・・」
「まあ、風俗といっても本番じゃなくってさ、口でしてもらうだけなんだけどね」

「バイト先の半処女に月3万円で援交フェラしてもらってた…(体験談)」の続きを読む

2020年09月20日 09:00

読了時間:約 4

オレはとある時期に、個人的にパソコン教室を開いているところに通っていたことがある。
先生はマリという33歳の既婚女性だ。
週に一回だけ、短時間の教室なのだが、その分値段も安くて回数をこなすという方法なので、オレにはありがたい。

そのプランが良くて通うことにしたのだが、マリもなかなかの美人でラッキーな部分もある。
もし結婚していないのであればちょっと迫っていたかもしれない。
まあ何回か通っていてもそんな期待できる雰囲気にもならないし、とりあえず目の保養くらいの感じでパソコンに集中していた。

「パソコン教室の美人講師が金でオヤジのチンポをしゃぶってたので…(体験談)」の続きを読む

2020年07月25日 21:00

読了時間:約 4

俺は高校時代、生物系の研究部に所属していた。
その時にやっていた研究は、必ず1日1回決められた時間にデータを取らなければならず、その日も日曜だというのに登校していた。

もう1人の仲の良い部員と、とっととデータ取りを終わらせてすぐに帰ろうとした。
誰もいない校舎を歩いていると友人が、「あ、オレ教室にちょっと荷物取りに行ってくるわ」と言うので、とりあえず一緒に教室へ行くことにした。

「教室に忘れてた女子のスマホに入ってた衝撃動画…(体験談)」の続きを読む

2020年06月09日 21:00

読了時間:約 5

俺は自分で設計事務所をやっていて、パートの女性を三人雇っている。
三人とも主婦で、いわゆる人妻になる訳だが、彼女たちに手を出して辞められたら困るので、女好きの俺もおとなしくしている。

と言っても、三人のうちの二人には、セックスアピールを感じないので安心しているのだが・・・。
残る一人は、弥生さんと言う31歳になる人妻さんで、彼女の事は最初から気になっていた。
小学生の男の子がいて、弥生さん自身は化粧っ気のない人だが、顔立ちは良いので少し化粧したらなかなかの美人さんになると思っているし、スタイルはやや細身で俺好みなのである。

「【人妻援交】美人パートさんにPCのフェラ画像を見られた結果…(体験談)」の続きを読む

2019年11月28日 21:00

読了時間:約 6

都内の会社に勤めているんだけど、ある日、関西本社のある会社の営業担当者が新しい担当になる女の子連れてきた。
「このたび大阪本社から参りました水野と申します。よろしくお願いします」
引き継ぎはつつがなく行われたが、(なんか見たことあるな?)と頭に引っかかった。
で、家のPCでとあるHPを見たとき疑問が解消した。

(この子じゃん!)
それは俺がたまに利用する交際クラブのHPだった。
あまり修正の入っていない写真は水野さんにそっくり。
超俺好みの女だったので、いつか指名しようと思って狙っていた子だった。

さすがにこの時は、こういうシチュは妄想すらしていなかったので、俺はすげえ驚いて相手に挙動不審に見られたかもしれん。
それで、『関西から来たばかりで東京のことはよくわかりません。色々連れて行ってもらえると嬉しいな』みたいな文章も裏付けている感じだ。

(思い切って指名してみるのが面白いか?)
いやいや、それだと指名料がかかっちまう。
会社のアドレスしか知らないが、それを使うのはちょいマズイ。
ということで水野さんに一席設けてもらうことにした。

当日、元担当も一緒に来やがったが、お前にはすでに用はない。
まあ気を利かせたのか、1軒目で彼は帰った。
俺「軽くもう1杯飲みませんか?銀座でいいバーを知ってるんですよ」
水野「えー、銀座のバーですか?行きたいですー」
で、場替え。

水野さんはちょっと酔ってて、さりげなくボディータッチなんぞしてくる。
これ、『秘密知ってるよ?』なんて話しなくても落とせるんじゃね?って感じだった。
で、バーでしばし歓談。
カウンターの下で軽く太ももに手を乗せたりしてみるがあまり嫌がらない。
(これはまずいける)と確信。

「取引先の新しい営業担当の子が愛人クラブの会員だったので…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年06月18日 09:00

読了時間:約 3

55才のバツイチ男性会社員です。
先月、中途採用で22才の女性と、34才の男性が入社してきた。
私が二人をしばらく指導することになりました。

女性の方は、黒髪に童顔の田舎出身、まじめで大人しく、たぶん処女と思われる。
私は彼女を口説き、本番する・・などという度胸は毛頭なく、チマチマと攻撃をして楽しんでいる。

「ヘタレな私が部下の女子社員に懇願してヤラせてもらった…(体験談)」の続きを読む

2019年05月29日 21:00

読了時間:約 5

昨年末に出会い系サイトで知り合った女子大生に中出しした。
自分の行動エリアから遠くの方が都合がいいので(当然のこと)、わざと100キロ離れたところの学生と連絡を取るようにしたら引っ掛かったのだ。

駅前で待ち合わせして、スマホでお互いの特徴を連絡しあったら、すぐに分かった。
さすがに若いだけあって綺麗な肌をしている。
なかなかスタイルもいい。
どうやらご多分に漏れず、自分の為の小遣い稼ぎだという。

「【中出し】出会い系で知り合った援交女子大生にお仕置き…(体験談)」の続きを読む

2019年01月12日 21:00

読了時間:約 2

従妹のカオルは中3のギャル系。
冬休みってことでウチに遊びに来た。
早速、渋谷に付き合わされた。
お年玉で買う物の下見だそうだ。

「中学生はバイト出来ないからね~」と言うので、冗談で「エンコウとかしてないの?」と聞いたら、「ヤッてる友達もいるけど、ウチは知らんオヤジとエッチなんて無理」だと。
そんな話をしてたらカオルが突然、「そうだ!シュウちゃんが援助してくれればいいんだ」と大声で言い出した。

「JCの従妹にエッチと引き換えにコートをねだられて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月25日 21:00

読了時間:約 3

高校1年から男性経験は8人ありますが、この間初めて潮吹きしちゃってイクって経験させてくれました。
高校の時の彼氏も、短大の時の彼氏も、OL時代の彼氏も、みんな自分勝手でキスして胸揉んで挿入して・・・自分だけ出してお終いでした。
おもちゃ経験もありますよ。
SEXってこんなものかと思ってました。
私も濡れて感じて気持ち良いって思ってますが、いつもクール?って感じです。

この間、友達とカラオケ行って、夜10時ごろ別れて駅まで一人で歩いていると、30後半の男性が声かけてきて、援交!!
もともと童顔で背も低い私ですが、まさか、高校生に見られるとは思ってなくて・・・。
男の人は「九州から出張で今日夜一人でホテル泊まるの寂しいから付き合って欲しい」って言ってきたの。

「初めて潮吹いて失神するほど逝っちゃいました…(体験談)」の続きを読む

2018年10月07日 21:00

読了時間:約 3

去年の話ですが、僕はひとつ上の姉と約一年間、エッチな関係を続けていました。
当時、姉が結婚して二年目の頃で25歳でした。
旦那は出張が多いらしく、専業主婦で実家の近くのマンションに住んでいる姉は、結婚後も頻繁に実家へ帰って来ていました。

そんなある日、姉は僕にお金を借りに来たのです。
姉は独身の頃から金銭感覚がルーズで、たびたび僕からお金を借りていました。
結婚してからもその癖は直らないらしく、やはり内緒で時々僕にお金を借りに来ていました。
僕の方も姉弟だし、仲のいい姉の頼みなので家族にも内緒で貸していましたが、あまりにも返す素振りがないので、「少しずつでも返すまでは貸さない」と断りました。

「【姉弟相姦】お金にルーズな姉に援交を持ちかけられて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年05月18日 09:00

読了時間:約 3

キャバクラでバイトしてた時、お客に「いくら払えば手マンさせてくれる?」と言われた。
その時は「やだ~何言ってんの、もうw」と言ったけど、24歳くらいでかっこいい人だから、内心、手マンくらいでお金もらえるならと、ちょっと思ってた。

しばらく経ってその事を忘れた頃に、アフターでその人とカラオケBOXに行った。
最初は普通に唄ってたんだけど、段々酔ってきてベタベタ触ってきた。

「キャバ嬢だけど「手マンさせて」とうるさいお客に…(体験談)」の続きを読む

2018年05月10日 15:00

読了時間:約 5

ある日、電車でウトウトしてたら、キャッキャッと煩い集団がいる。
よく見るとJCくらいの4人組。

・煩い“リーダー”らしき女。
・プチ“ブス”。
・派手な感じの田舎“ヤンキー”風(西野カナ風。かなり可愛い)。
・お調子者の地位的には“下っ端”の子(ももクロの玉井風。服装は派手だが黒髪ロング、普段は真面目なんだろう。1番可愛い)。

まとまりのない4人組だが、今流行りのLINEか何かで知り合ったのだろう。
話の内容からするとジャニヲタらしい。

「電車で騒いでたジャニオタJCにWフェラさせた…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年03月23日 09:00

読了時間:約 4

もう時効な話なので書いても大丈夫かな。
10年ほど前、俺の住んでいる地域のいわゆる神待ち掲示板で実際にあった話。

俺は現在40歳の中年男性。
当時は、優しそうってよく言われたけど、実際はただのエロい男だった。

小学校高学年から高校生ぐらいまでの女の子数人がメル友掲示板に登録していた。
彼女たちはちょっと訳ありらしく、住める場所か一日でも泊まれる場所を探していた。

「【鬼畜】神待ち掲示板で出会った少女を泊めてあげたら…(体験談)」の続きを読む

タグ: