2019年01月30日 21:00

読了時間:約 5

ある新体操クラブのオーナー兼理事の息子の俺。
軟体少女達の練習風景をエロい眼で楽しむ俺。
ただ一人の少女にだけを目で追う。
その少女は智子という中学生だ。
ここに来てもう4年になる少女。

見る見るうちに女らしくなって行く智子に、俺はだんだん淫らな想いを抱くようになってきた。
(あの軟体な身体を俺の物にしたい)
もうそればかりを考える日々が続く。
ある県大会が近付き、その選考会が開かれる事に。

「【鬼畜レイプ】睡眠薬で眠らせた新体操の美少女選手を…(体験談)」の続きを読む

2018年12月08日 09:00

読了時間:約 4

男に硬派と軟派がいるように、女にも貞操派と快楽派が存在する。
同僚のY子(27歳)は明らかに後者のタイプだった。
彼女の可愛さと巨乳は総務課の宝だった。
エッチなジョークもさらりとかわすアイドル的存在の彼女が、エリートコースの銀行員と結婚すると聞いた時、俺は正直ショックだった。
そしてひどく裏切られたような気がした。

それまで何回か会社の飲み会で近くに座り、一度は酒の酔いのためか、「もし◯山さんに奥さんがいなかったら、私、◯山さんの家に行っちゃうかも」とY子は俺に言ったことがあった。
(こいつ、俺に気があるな)と思ったが、当時ヨチヨチ歩きを始めたばかりの子供が可愛くて、俺はY子に手を出せなかった。

「【輪姦】元・総務課の宝の巨乳女子を睡眠薬で眠らせて…(体験談)」の続きを読む

2018年11月22日 09:00

読了時間:約 2

私は中年の独身男ですが、若者が集まるクラブで見かける生意気そうなギャルに目がありません。
しかし、容姿はチビで、年齢もいっている私のような男はそうそう相手にされるわけもなく・・。
そんな私に先日、女神が微笑みました。

明け方近くのクラブ店内。
常連客のナオというギャルがかなり酔っているのを見て、介抱してあげていました。
このナオという娘、まだ20歳でした。
170cmの長身に小麦色に日焼けしたなんともエッチなカラダをしていまして、腰のあたりにはタトゥーも入ってます。

「【泥酔女】ギャル好き中年男の僕に女神が微笑んだ…(体験談)」の続きを読む

2018年06月18日 09:00

読了時間:約 6

この前の金曜日、先輩の誕生日パーティーにお邪魔してきた。
小さいながらも会社を経営してて、毎年パーティーをやるという痛い先輩。

3年ほど忙しくて不参加だった俺は、憂鬱だったけど仕方なく参加した。
年々人数が増えてるとは聞いていたが、会場に行ってビックリした。
100人ぐらい参加者がいて、ニセセレブっぽい人達がウジャウジャいる。

「【昏睡レイプ】エセセレブパーティで知り合ったキャバ嬢みたいな奥さんを…(体験談)」の続きを読む

2018年06月14日 21:00

読了時間:約 4

僕は大学卒業後、都内の企業に入社した。
僕が配属されたのは、商品開発部。
いわば企業の心臓部である。
その中でもたくさんのセクションがあり、僕は3課に出向。

そこの課長はなんと28歳の女だった。
この若さで課長まで昇進することなど、この老舗の会社では異例のことである。
それだけにハキハキしていたし、言うことも物怖じせず言う。
そして何より、鼻筋の整った美貌、細い肢体を持つ美女だった。

「【レイプ】泥酔した美人女上司に中出しした結果…(体験談)」の続きを読む

2018年06月11日 15:00

読了時間:約 4

今年の2月ごろ引越ししたのですが、引越しして4日ぐらい経って、初めて会社の同僚と飲みにいった帰りのお話です。
飲酒運転なんですが、車で帰っていると、あからさまに酔っている女性がフラフラと歩いています。

時間は夜の11時ぐらいだったでしょうか?
一旦は通り過ぎたのですが、どうにもこうにも気になってUターンです。
ちょっと見失ったのですが、しばらくして道路の脇に座り込んでる彼女を発見。
真冬ですから、夜は冷えます。
さすがにこのままではまずいと思い、声をかけます。

「【泥酔女】道路わきに座り込んでた巨乳女を持ち帰って…(体験談)」の続きを読む

2018年05月13日 21:00

読了時間:約 2

私は東北のアパート2階に住んでる42歳の独身です。
この間、職場の飲み会があり、11時頃にアパートに戻ると駐車場のすぐ近くに横になっている人を発見。
「大丈夫?」と声掛けるとかなり酔っ払ってるのか無反応。

携帯で照らすと一階に住んでる奥さんでした。
歳は24、5歳の童顔で、可愛らしい顔をしてます。
肩を貸し、自分のアパートへ。

「【泥酔女】駐車場で寝ていた同じアパートの若妻に生中出し…(体験談)」の続きを読む

2018年03月10日 21:00

読了時間:約 11

友達の地元の後輩でMって女がいた。
このMは凄くお祭りが好きで神輿を担ぐ会に入っており、夏になると東京中のお祭りを回っていた。
俺も別の神輿の会に所属していて色々な祭りに参加していたので、よく祭り会場で会って話したりしてるうちに仲良くなって携帯の番号とメアドを交換していた。

「【泥酔女】酔って寝てる祭り好きの後輩女に挿入してみた結果…(体験談)」の続きを読む

2018年03月03日 21:00

読了時間:約 5

俺がバイトしている喫茶店に、面接に来たときからずっと狙っていている子がいた。
名前を真央という。
お嬢様学校で有名なミッション系の高校を卒業し、大学に通いながら週末はバイトしている。
身長は160センチぐらいで胸はCカップくらい。
お嬢様なんだけど人懐っこいし、顔も可愛くてみんなが振り返るほどの美女だ。

「【昏睡レイプ】バイト先のお嬢様女子大生に睡眠薬を飲ませて…(体験談)」の続きを読む

2018年01月25日 13:00

読了時間:約 4

私は、5○歳代の退職間際の中年おやじです。
ここ最近めったにいいことがなかったのですが、先日ひさびさにおいしい思いをしました!

残業帰り、終電に間に合うよう急ぎ足で駅に向かっていると、ふと郵便ポストの陰に若い感じの女性がもたれかかっているではありませんか!?
その時、下心なく私は女性に「大丈夫ですか…?」と躊躇なく声をかけました。

「【泥酔女】50代オヤジが道で拾った20代の美人OLに中出し(体験談)」の続きを読む

2018年01月24日 17:00

読了時間:約 4

去年の9月の中頃の事俺はバイトの残業で遅くなり、プラス雨が猛烈に降ってきたのでタクシーで帰宅した。
タクシーを降りて急いでマンションの入り口のドアを開けて駆け込むと、オートロックのドアの前にある、ポストの下で女が倒れてた。
「お~い」「…」「もしも~し」「zzzzz」完全に寝てる。

「【泥酔女】マンションの廊下で寝てた隣の女子大生を保護した結果…(体験談)」の続きを読む

2017年12月19日 17:00

読了時間:約 4

今年の2月頃に引越ししたのですが、引越しして4日ぐらい経った時の話です。
車で帰っていると、あからさまに酔っている女性がフラフラと歩いていました。

時間は夜の23時ぐらいだったでしょうか。
一旦は通り過ぎたのですが、どうにもこうにも気になって、Uターンです。

「【泥酔女】真冬の夜に拾った巨乳泥酔女の正体に唖然…(体験談)」の続きを読む

2017年11月27日 21:00

読了時間:約 4

私はタクシー運転手をしており妻共に52才、息子22才、お見合い結婚で素人とのセックスは妻のみ。
しかも妻は元々美人ではなくここ10年位でブクブク太りだし全くのセックスレス、ひたすら平凡な日々をすごしてきた訳です。
そんな私に遂に人生最高の1日がおとずれたんです。

「【泥酔女】私(52)のタクシー運転手人生で最高の一日でした…(体験談)」の続きを読む

2017年11月25日 05:00

読了時間:約 4

金の力は偉大ってことを、まざまざと知った。
ギャンブル狂いの俺、金をつぎ込む先がギャンブルしかない。
外見がこうだから女にもモテないし、口も上手くない。
だから金つぎ込む先はギャンブルしかない。
パチンコ、競馬、宝クジ。
給料、ボーナスはそれらで消えていく。

「【レイプ】宝くじ長者ワイ、好きなカフェ店員の彼氏を買収して…(体験談)」の続きを読む

2017年11月23日 05:00

読了時間:約 3

23歳、某女子大に通う大学生です。
エッチが大好きで、ほぼ毎日セフレやおじさんとエッチしてる悪い女ですw
おかげで、入学してすぐに大学中に私がヤリマンだってことがバレてしまいましたww

「【レイプ】エッチ嫌いの童貞イケメンのとんでもない秘密…(体験談)」の続きを読む

1 / 212