2020年12月20日 21:00

読了時間:約 6

大学のテニサー時代の話。
合宿の最後の夜はみんなベロベロになるまで飲むのが恒例。
しかも男の先輩たちは、セクハラOKだろみたいな軽いノリがあって、彼らは『飲み会』じゃなくて『揉み会』と呼んでいた。

飲みながら、服の上からタッチしてくる。
1年生の女の子は、サークル辞めちゃうから獲物にならない。
私が1年生の時は女の先輩が触られてるの見て、すごいなと思ってただけだけど、私はその時2年生になって初めての合宿で、いつの間にか自分が触られる立場になってることがわかってなかった。

「「揉み会」と呼ばれる合宿最後の飲み会で…(体験談)」の続きを読む

2020年07月31日 21:00

読了時間:約 6

俺(仮名タカシ)が大学に入学してすぐの頃の話。
俺は中学校から高校生までの6年間男子校だった。
ずっと彼女が欲しかったが、結局大学に入学するまで彼女は出来なかった。

大学に入り、バドミントンのサークルに入った。
1年先輩にマリアという女の人がいて、1ヶ月もしないうちに告白された。
マリアは日本人の父親とロシア人の母親のハーフで、色が白くて金髪、目が黒くてGカップの巨乳でスタイルが抜群に良くて、ぱっと見はほぼロシア人。
日本育ちなので日本語は話せた。

「ハーフ美女の彼女の爆乳ロシア人ママに筆おろしされた…(体験談)」の続きを読む

2020年07月10日 09:00

読了時間:約 4

つい最近、妻の姉の優子さんの家でたまたま二人きりになる機会があり、流れでゲーム対決をする事になりました。
優子さんは7歳上。
150cm、B102-W64-H93のキョンキョン(小泉今日子)激似で、嫁より好き!

ゴロゴロしているとテレビの横のゲーム機が目に入った。
優子「あ、それね~、Wii買っちゃったんだ。私とやってみない?」
ゲームに全く疎い私だが、対戦出来ると言うのでマリオカートに初チャレンジ。
初めての俺は優子さんに最初の数回負けるものの、要領を掴んだ4回目以降は勝ち続ける事に。

「【浮気】ゲームに負けた爆乳義姉が乳揺らしながら襲ってきた結果…(体験談)」の続きを読む

2020年07月02日 21:00

読了時間:約 3

相手は留学生のポーランド人の美人。
俺もイギリスに留学してて、それで知り合ったんだよ。
ビーチで青姦セックスもしたけど超最高だったw
なんか洋物のAV女優を抱いている気分。

目の青い東欧美人は本当に最高のエロ体験だった。
ホームステイしてたんだけど、ルームメイトのロシア人Aに、「ビーチで飲むから来いよ」って言われてついてったら、ドイツとかスウェーデン人とか10人くらいでビーチで飲み会してたんだ。

「留学先で爆乳ポーランド美女に気に入られて青姦セックス…(体験談)」の続きを読む

2020年07月01日 09:00

読了時間:約 7

45歳の会社員です。
結婚していて子供もいます。
普通に仲良く暮らしています。
ただ、私の昔からの趣味でどうしてもやめられないのが、ツーショットで見知らぬ女性とおしゃべりすることです。

もちろん会ってデートすることもあります。
そして先月のこと。
いつものように仕事休みの日。
朝から、1人です。
子供たちは学校(中学生なので帰りは夕方)、妻も仕事で夕方まで自由な時間でした。

「息子のオナニーを見て興奮してる爆乳奥さんと…(体験談)」の続きを読む

2020年03月31日 21:00

読了時間:約 10

3ヶ月ぐらい前の金曜日、夜の9時半頃。
地下鉄某線の某駅で降りると、背の高い女がふらふら~きょろきょろ~としている。
顔は木村佳乃を地味めにした感じの30代前半。
身長170cmぐらい、ぽっちゃり気味だがとにかく胸と尻がでかい。

(うおっ!いい胸してんなオイ!)
そう思うものの、着てる服が地味ーなスーツ・・・。
超真面目そうな感じで、ナンパとか無理っぽい・・・。
(カラダはすげぇいやらしいんだけどなぁ、もったいねぇ・・・)
すると、女がUターンしようとしてコケた!

「【泥酔女】爆乳・巨尻な高身長女を拾った結果…(体験談)」の続きを読む

2020年02月19日 21:00

読了時間:約 6

私(45歳)、妻(47歳)で結婚16年目です。
子供は全寮制の学校に通わせていて、家には2人だけで最近はいつもマンネリの夫婦生活をしています。

最近、後輩のA(39歳)がB子(27歳)と結婚したので、ある日我が家でお祝いも兼ねて食事会をしました。
B子は幼さが残る童顔で、至って普通に可愛い顔。
少し茶髪のショートカットで、体は丸みのある肉付き。
色白で女性特有の曲線美で、オッパイがGカップあるエロティック体型で、胸元を強調する大きく開いたU字のセーターを着ていました。

「寝取られ趣味の妻のアシストで後輩の巨乳嫁とセックス…(体験談)」の続きを読む

2020年01月24日 21:00

読了時間:約 9

私は27歳の会社員で、叔母は49歳です。
ちなみに私は恥ずかしながらこの歳で童貞です。
叔母は世間で言う豊満おばちゃん。
恐らくB-W-Hともに100cm、身長は170cmはあろうかという巨漢です。

ルックスはピンクの電話の宮ちゃん似かな?
叔母は母の妹で、夫である叔父は早くに亡くなっています。
6月ぐらいだったかな?
用事で叔母宅に行った時の事です。
叔母は畑の方で仕事をしてました。

「【脱童貞】豊満を通り越してデブな叔母に興奮して…(体験談)」の続きを読む

2019年12月09日 09:00

読了時間:約 4

女友達というか、会社の後輩にしてもらった話。
俺30代既婚、彼女20代(16歳年下)独身。
彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあいわゆる超美人。
髪の色が結構明るいので、夜見ると銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。

こんないい女なのに彼氏なし・・・。
なぜかと言うと、父が同じ旧財閥系企業の元役員という事もあり、なかなか手を出しづらいようだったから。
見た目は凄いんだけど、育ちが良いのか中身は結構素朴で感じの良い女の子だった。

「【不倫】大企業の役員の美人娘は超巨乳だった…(体験談)」の続きを読む

2019年11月27日 09:00

読了時間:約 9

1月になると毎年、俺の田舎では『どんと祭』というお祭りがある。
地元で、水回り工事の店を開く我が家は商工会に入っており、毎年恒例のどんと祭は必ず出席しなければならなかった。
どんと祭は、商工会と青年会がメインで開催する1年の初めの行事であった。

我が家は、出店で焼き鳥を売る担当。
それと、今年は夫婦で裸祭りにも参加してくれと言われていたのだ。
祭りの終盤にお守りなどを焼いている周りを裸(男はまわしだけ、女はさらしを巻く)で回りながら清め水で体を清めるんです。

「【寝取られ】地元の裸祭りでオヤジたちの犠牲になったGカップ爆乳の妻…(体験談)」の続きを読む

2019年10月13日 21:00

読了時間:約 5

成人式と同時にあった同窓会に行った。
中学の頃の元カノに出会ったのだが、俺はその姿に驚いた。
子供を抱えている。
そう、つまり母になっていたのだ。

さすがに子供を連れてきたのは元カノくらいなので、多くの同級生に質問を浴びせられることになり、俺が彼女と話すことはままならなかった。
それ以前に、俺には彼女に近寄りがたい理由があったのだが・・・。

「成人式に子連れで登場した中学時代の元カノと母乳セックス…(体験談)」の続きを読む

2019年09月22日 21:00

読了時間:約 5

これは私が大学生の頃、実際にあった巨乳JKとの体験談です。
当時、私はコンビニの夜勤のアルバイトをしていました。
夜勤は私と同じ年の大学生ばかりで、基本的には裏で談笑してサボっているような仕事でした。

ある時、夕勤にJKが二人入ってきました。校則を守った黒髪ながらもスカートは短く、若干のメイクといった、普通の高校の中では派手な今風のJKでした。
夕勤~夜勤の入れ替わり時は、「おつかれ~」等と爽やかに対応していましたが、夜勤の男達の中では、「どっちが好み?」や「あいつヤれる?」等、下衆な会話で勤務時間は持ち切りでした。

「大学生の俺がバイト先のGカップ爆乳JKの処女をいただいた奇跡…(体験談)」の続きを読む

2019年08月15日 09:00

読了時間:約 6

大学を卒業して3年の俺は、就職した会社には慣れてきたけれど、自分の能力の限界、将来の位置が見えて来て、迷いのようなものが自分の中に出て来ていた。
会社の同僚から飲みに誘われたりもしたが、俺とは違って、野心を抱き、貪欲にのし上がろうとしている彼らとは、一緒の時間を過ごすのがつらかった。

体は疲れているのに、眠りは浅く、朝起きるまでに何度も目覚めて、目覚ましアラームで起きた時は、頭が重かった。
そんなつらい日々が続いていたある日、変な夢を見た。

「高校時代の爆乳同級生の夢を見た結果…(体験談)」の続きを読む

2019年04月10日 09:00

読了時間:約 4

俺はおっぱいフェチなんだが女友達に、Jカップの超爆乳がいる。
一回このデカパイを揉み揉みしたり味わってみたかったが、それが現実のものになったのは、自分が大学2年の冬。

その女友達(以降、裕美)から『相談したいことがあるから、会って欲しい』とメールが来た。
その日はバイトも休みで暇だったから即刻OKして、近くの駅で待ち合わせた。
俺は車で現地まで行き、裕美を待った。

「ずっと触ってみたかった女友達のJカップ巨乳を…(体験談)」の続きを読む

2019年02月09日 21:00

読了時間:約 11

俺は昔から友達が少なかく、一人で過ごす事が多かった。
小学校5年生に進級し、数少ない友達とも別れてクラスで完全に孤立してしまった。

始業式から数日が経ったある日、休み時間に暇で仕方なく教室で過ごしていたら、ふと特別学級の教室に数多くの遊び道具がある事を思い出し、そこで時間を潰す事にした。

行ってみるとそこには、下級生の男子2人と女の先生1人しかいなかった。
「あれ?あなたは?」
「あっ、はい、5年1組の◯◯です」
「まあ、よく遊びに来てくれたわね・・・ちょっと、いらっしゃい」

「知的障害の爆乳女子を性欲のはけ口にしてた結果…(体験談)」の続きを読む

1 / 3123