2021年10月21日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:真子(女性・20代)

なんだかんだ男子とつるんでる方が気が楽で、女友達よりも男友達の方が多かったりするんだけど、不思議と、「あの子って男子とばっかりつるんでるw」みたいに言われることがない。
多分、服装もカジュアルで女の子っぽいものよりもシンプルなものを好んで着ていたりとか、髪がショートっぽいことも理由なんだろうけど。

で、友達のうちでも特別仲がいい子なら、性別問わず、普通に家でふたりきりで遊んだりもしてた。
ある男友達Kが遊びにきていて、いっしょに夕飯食べながらテレビを見ていたら「男の娘特集」とかいって、女装したかわいい男の子のことを特集していたんだ。

「【男の娘】男友達に女装させたらムラムラしてきちゃって…(体験談)」の続きを読む

2021年10月14日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:斉藤 さん(男性・30代)

体験談タイトル:終電を逃してから相席した泥酔娘とベンチで・・・

終電まで飲み歩くことが多い私にとっては、自宅に帰らないのは当たり前。
朝までネットカフェに身を寄せることもあるのです。
まぁ、タクシーで帰ると数千円はくだらないので、そうなってしまいますよね。
でも、今回はいつもとはちょっと違う流れが訪れたのです。

駅近くのベンチで、なにやら電話を持って笑いまくっている女性が。
明らかに泥酔しているのは酔っている私が見ても明白です。
ただ、自分も酔いがかなり回っていたので、狭いけれどベンチで一休み。
危うく記憶が飛びかけた時に、不意に女性が私にもたれかかり突然のキス!?

「終電後のベンチで隣の泥酔女が突然キスしてきたので…(体験談)」の続きを読む

2021年10月02日 21:00

読了時間:約 6

投稿者:ギャル男 さん(男性・20代)

去年の10月ごろの話ですが。
パソコンのメモリを〇〇ショッピングに注文しました。
ショップからは二日後にメモリが届くと連絡があったのですが、なぜか次の日に宅配業者がきて荷物を置いていきました。

メモリの割には箱が大きいような・・・。
箱を開けてみると、ペペローション、イボ付バイブ、アナルバイブ、ローター。
どうやら「大人の玩具の福袋」らしい。
他にはセクシーランジェリーなども入っていた。

「間違って届いた女性用のアダルトグッズを届けてあげたら…(体験談)」の続きを読む

2021年10月02日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:アタッカー さん(女性・20代)

私は学生時代にずっとバレーをやっていました。
身長が180センチあったのでスパイクを武器にアタッカーとして活躍していました。
私のような大女にはあまり男性は近づかないはずなんですが、電車に乗っている時に痴漢してきたチャレンジャーがいました。

どんな人が痴漢しているのか気になってみてみると、まだ中高生ぐらいに見える私より30センチ弱小さいひ弱そうな男性でした。
現在の私は24歳ですが毎日筋トレを欠かさないので、現役時代と同等の筋力が残っています。
こんな私に痴漢してきた男があんなひ弱な男だったなんて、あのボウヤ、いい度胸しています。

「大女の私に痴漢してきた勇気ある坊やにお仕置き…(体験談)」の続きを読む

2021年08月06日 21:00

読了時間:約 7

投稿者:ホームレス中年 さん(男性・30代)

何もかもすべてが嫌になって社会から逃げ出したことがある。
ホームレスになって公園に寝泊まりをする日々を一週間だけ経験した。。
今回は、ホームレスの時に体験したとんでもない女のことを話したいと思う。

俺がホームレスになったのは20代後半。
好きでもないバイトを毎日繰り返し、暇な時間はギャンブルに身を染めていた。
当然のようにギャンブルでバイト代が吹き飛び、ついに生活ができなくなるレベルにまで到達。
何で俺がこんな苦しい想いをしなきゃならないんだよと不平不満ばかり漏らしていたが、これって単純に自業自得ってやつ。
逃げるように住んでいたアパートから飛び出し、俺は何時間も歩いて大きな公園にたどり着いた。

「ホームレスたちの性処理をしてくれるお姉さんの話…(体験談)」の続きを読む

2021年08月03日 15:00

読了時間:約 2

タイトル:ハイヒールフェチの夢のような体験

昨今話題になってるハイヒールやパンプス、それが好きなんです。
ハイヒールフェチやってますが、そこまで足が痛いだなんて思ってませんでした。

ハイヒールを履いて颯爽と歩く女性はとてもかっこよく素敵です。
でも中には履きたくないのに履いている人もいるんですね。
知らなかったです。
ハイヒールフェチとしては多くの女性に履いてほしいですが、足が変形してしまったりするのはいけないですね。

「ハイヒールフェチの自分が夢のような体験をした…(体験談)」の続きを読む

2021年07月29日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:S痴女と楽しんだM歴10年の男性が語るプレイの数々

『エロいお姉さんに性的イジメを受けたい』
『S痴女に体を弄ばれたい』

といった願望を持つM男性は少なくないですよね。
Sっ気のある女性に身を委ね、快楽に導かれるというのはM男性なら誰もが憧れるシチュエーションですし、女性から与えられる恥辱の数々もM男性にとっては歓びであり、興奮材料となり得ます。

けれど具体的にどんなプレイが行われるかというと、簡単には思い浮かばないという方も多いと思います。

今回は痴女プレイが好きなM歴10年の男性にインタビューをし、実際にこれまでどのようなプレイを楽しんできたかについて語っていただきました。

――初めまして。早速ですが義之さん(仮名)はM歴10年という事で、Mに目覚めたのはどういったきっかけからでしたか?

「M歴10年の男が最も興奮したプレイとは…(体験談)」の続きを読む

2021年07月27日 15:00

読了時間:約 6

タイトル:【即日即ハメ!】可愛いからナンパして犯しちゃった痴女の赤裸々体験談

「っ…そんなに締めないで…すぐ出そう…」
「あっ…はぁ…無理…気持ちよくて締まっちゃう…」
「あぁ…もう…出るよ…」
「うん…出して…中にいっぱい出して…」

私は彼の腰上に跨がり夢中で腰を振る。
今にも爆ぜてしまいそうな彼の昂ぶりが快感で強く締め付けてしまう私。
眉根を寄せ、余裕のなさそうな彼の表情に私の淫欲は掻き立てられ、絶頂寸前の彼を頂きへと誘うべくさらに激しく腰を揺らす。

「カフェでかわいい男子大学生を逆ナンパして犯しちゃった…(体験談)」の続きを読む

2021年07月15日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:M女の癖に攻めるのが好きな痴女系M女としてみたら凄かった

「あっ…あっ…あぅん…あふっんっ…」

俺は四つん這いになった女――梨々子の腰を両手でがっしりと掴みながらバックから激しく子宮を突き上げた。
そのたびに梨々子の大きく白い桃尻が揺れ、艶めかしい声を上げる。

俺の逸物で穿った肉裂からはねっとりとした雌汁が溢れ、梨々子の内股を濡らす。
そして逸物を抜き差しをするたびにズチュズチュと卑猥な音が部屋中に響いた。

「M女の癖にご奉仕したいという女に痴女役をさせてみたら…(体験談)」の続きを読む

2021年06月27日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:ホイヤー さん(男性・50代)
タイトル:するまいと思っていたのに痴漢してしまい…

まだ今ほど痴漢に厳しくなかった時の事。
その日ある資格を取るためにどうしても都内の試験会場に行かなければならなくなり、あまり電車が好きではない私は渋々乗りついで試験会場に。【人妻痴女】満員電車で痴漢するまいと我慢してたら…(体験談)

案の定電車内は平日でも結構混んでいて、お腹に自信の無い私は(トイレ大丈夫かな)とそんな心配ばかり。
途中乗り換えで女性客が何人か入り、(あー、いい匂いだ…)と思いつつも(それよりトイレ大丈夫かな)と心配しながら会場目指していました。

「【人妻痴女】満員電車で痴漢するまいと我慢してたら…(体験談)」の続きを読む

2021年06月22日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:サイドキッカー さん(男性・30代)

自分が自立したのは30を過ぎてから。
というのも、実家には出戻った姉がいたのが一つの原因だったのです。
自分は証券会社に勤める31歳。
ついこの前までは実家からの通勤生活でした。
でも、今までの繋がりと決別するために、一人暮らしを始めたのです。

その原因となったのが出戻った姉。
離婚して実家に帰ってきたのが、変化のきっかけとなったのです。
決して姉が帰ってきて窮屈だったわけではありません。
ただ、自分が大人にならなければいけないと思ったのです。

「姉との相姦生活がやめられず一大決心しました…(体験談)」の続きを読む

2021年06月17日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:スモールダディ さん(男性・20代)

連休が取れたので、久しぶりに実家に帰ることにした。
連絡をするのを忘れていたけど、まぁいいだろうって思って帰宅してみたら、玄関には靴がない。
誰もいないのに、鍵開いてたのか?不用心だなぁ、って思ってリビングへ入ってみると、数年前に父が再婚した新しい母がセクシーランジェリーっていうの?エロい恰好でくつろいでいた。

「あれ、おかえりなさい」
にっこり微笑まれたけど、自分の姿がわかっていないのだろうか?
テレビをつけて、ソファーに座りながらタオルで髪を拭いている。
シャワーでも浴びてきたあとだったみたいだ。

「風呂上がりの継母(35)にセクシーランジェリー姿で襲われて…(体験談)」の続きを読む

2021年06月06日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:痴女じゃありません! さん(女性・20代)

痴女とかじゃないですけど、女の人はちょっとしたお出かけとかだと、ノーブラで出かける人、少なくないと思います。
私は……自慢じゃないですけど、Gカップくらいあります。
でも、胸が大きいのっていいことばかりじゃないです。
特に異性関係は苦労ばっかりです。

目線が確実に胸に向いているのはわかりますし、本屋さんとか、電車の中とはか痴漢の人とかナンパ目的の人に目をつけられて、お店を出たときとか、電車を降りたときに声を掛けられるという展開は日常茶飯事です。

「【痴漢】服装に無頓着すぎてGカップなのにNPNBで出かけてしまって…(体験談)」の続きを読む

2021年04月29日 09:00

読了時間:約 6

俺が高校生の時に付き合っていた彼女(春奈)は某男性アイドルグループが好きだった。
学校にいるほとんどの女子がそのアイドルグループのファンだったし、ちょっとイケてればアイドルのマネをするだけで人気者になれた。

春奈に誘われてアイドルグループのコンサートに行った時の話を紹介したいと思う。
当時、俺はちょっと髪形を似せればそのアイドルグループのメンバーの一人に似ていると言われていた。
俺は似ているという自覚がなかったけど、クラスの女子や春奈にリクエストをされて髪形を似せていた。

「男性アイドルのコンサートで女性ファンに痴女られた…(体験談)」の続きを読む

2021年03月10日 09:00

読了時間:約 4

私は風俗が大好きな40代の男性です。
20代の時はほとんど給料をつぎこんで風俗に通ってエロ体験談を積み上げていきました。
友人にもエロ話をする時によく風俗に通っていたことの話をしています。
今回のエロい話は痴女の風俗嬢とのエッチな話を書いていきますね。

15年ぐらい前の話になってしまいますが、当時まだ、風俗はデリヘルよりも店舗型の方が栄えていました。
私はソープランド・ファッションヘルス・おっぱいパブなど一通り経験したのですが、デリヘルだけは経験がないです。
風俗をほぼ制覇してきた中で26歳の時にファッションヘルスですごい、痴女と出会ってしまいました。
そのエロ話をしますね。

「ヘルスで出会ったアナルまで舐めてくれる痴女風俗嬢…(体験談)」の続きを読む

2021年02月22日 21:00

読了時間:約 6

「小次郎君・・・今まで我が社の為に頑張ってくれてありがとう」
「(゜д゜)ハァ?」

3年前の夏の日、俺の会社が倒産した。
俺が28歳の誕生日を迎えて間もない時期だった。

新卒で勤め始めてからその日まで転職した事がなかった俺は、突然訪れたプータローの日々に現実感が沸かず、何故かワクワクしていた。
今考えればアホだ。

1週間程、何にもしないで自由を楽しんだ。
仕事なんてスグに決まるだろうという軽い気持ちと、訳の分からない開放感から、毎日オナニーをした。

しかし、現実というものは遥かに厳しかった。
プータローになって2週間目にして初めて足を運んだ職業安定所は失業者が溢れ返っていた。
ようやく自分の置かれた立場を理解した俺は、毎日職安に通うようになった。

不思議なもので、毎日職安に通ってるとプー同士でも友達が出来る。
まぁ、余り嬉しい事ではないが。
その友達の中に、ちょっと気になってる奴がいた。
麗香という以前水商売をしていた女だった。

「失業仲間の元キャバ嬢に酔った勢いで逆レイプされた…(体験談)」の続きを読む

2020年12月26日 21:00

読了時間:約 5

私はドスケベで淫乱な女なんです。
今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。
私は今のところ身内の会社の手伝いをしているので、生活に困ることはないのですが、あっちの方がすごく困っているんです。

「【フェラ】未亡人ですが性欲が抑えきれずにネカフェで男性を探して…(体験談)」の続きを読む

2020年10月18日 21:00

読了時間:約 6

今から、だいぶ昔のことをお話します。
私が小学校5年生の時に受けた、叔母との経験です。
その当時、叔母は、田中美佐子似の綺麗な人で、子供ながらに綺麗な人だなと思っていました。
その当時、確か25歳くらいだったと思います。

ただ小学校5年生ですから、特に異性に対する気持ちなどはなく、単に叔母と甥の関係でしかありませんでした。
母親とは小6まで結局風呂に入っていましたので、小5の時点では、叔母とお風呂に入るのは抵抗はありませんでした。

「【逆レイプ】精通もまだだった僕を襲ってきた叔母…(体験談)」の続きを読む

2020年08月22日 09:00

読了時間:約 3

今日は早上がりのローテーションの日であった。
そろそろ定時になろうとすると時、山田さんが僕の所に近づいて来て小声で言った。
「中山君今日は、なにか用事があるの?」
「いえ、別に暇ですよ」

山田さんは人伝いに聞いた話によると2年位前に離婚して、実家に帰ってお母さんと二人で暮らしているとか。
僕は24歳だけど、山田さんは35歳と聞いている。

「【フェラ】皆のズリネタになってる10歳も年上の同僚女性に誘われて…(体験談)」の続きを読む

2020年08月19日 21:00

読了時間:約 5

私の体験はちょっと変わっています。
私がよく行くマッサージ店は全ての店員さんが女性です。
先日施術してもらっていると、隣の部屋から女性がヒステリックに誰かを叱りつけている声がしました。

かなり激しい口調で、キツイ事を言っていました。
時々聞こえる小さな声で、相手は男性だとわかりました。
あまりにキツイ事を言っているので、聞いているだけで不愉快になるくらいでした。
「隣、かなりうるさいですね」と少し嫌味っぽく言うと、
「ごめんなさい、ちょっとお待ちくださいね」と、マッサージ師さんは言い、隣に注意しに行きました。

「よく行くマッサージ店で新人男子に裏メニューを頼んだ結果…(体験談)」の続きを読む