2018年06月02日 09:00

読了時間:約 4

会社もクビになり、漫喫生活する金も無くなり、途方に暮れていたある日のことでした。
人気のない道をボーっと歩いていたら、曲がり角にある家の窓の鍵が閉まってないことに気が付きました。

僕は2日も水しか飲んでなかったので空腹で死にそうでした。
(何か食べる物だけ・・・。)
そう思って周りを警戒しながらその家の窓から侵入しました。

「【レイプ】空き巣に入った家で寝ていたJSっぽい子にムラムラして…(体験談)」の続きを読む

タグ: