2017年02月09日 09:00

読了時間:約 14

二十歳そこそこで就職して三流企業。
でも仕事は楽しく別にイヤじゃないしだんだんと面白く感じる年代になり二十二歳。

小さいクレームで出向いた中企業の応接室。
すいませんでした。と頭を下げるがお相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。

「【調教】取引先の美人OLがドS女王様だった…(体験談)」の続きを読む

2017年02月01日 12:00

読了時間:約 8

「先生、お早うございます」 
「はい、お早う」

白の半そでセーラー服と紺色スカートに身をつつんだ女生徒達が、明るい朝の光を浴びながら登校してくる。 
生徒全員が美少女である事を除けば、どこにでもある朝の風景であった。

「【調教】娘が通う女子校の父兄参観に参加した結果…(体験談)」の続きを読む

2017年01月28日 15:00

読了時間:約 15

話は今から4年前、俺が中学3年生の頃。
今ではただのアニメオタ大学生だけど当時の俺はバスケ部に入っていてキャプテンを務めていた。
中学生なりにそこそこ良い体をしてたと思うしまぁまぁ仲の良い女の子もいた

今でもそうだけど中三って時期は暇さえあればすかさずオナニーしてたんだ
自宅で学校のトイレで友達の家のトイレでと場所を選ばずに

「【M男】中3からギャルの奴隷にされてます(体験談)」の続きを読む

2017年01月27日 12:00

読了時間:約 5

小説を書くのが趣味で、仕事が休みの日は、近くのカフェとかでパソコンを開いてカタカタやるのが習慣。
家でやれよって思うかもしんないけど、書き物してるやつならわかってもらえると思う。
なんていうか、適度な喧騒って、捗るんだよな。

お昼前からカフェに行ってランチして。
コーヒーをいただきながら、パソコンを開く。
店員さんが食器類を下げてくれて、広々とした机と、空調のきいた室内でゆうゆうと執筆。

「【調教】爽やか高校生カップルが実は驚愕の変態カップルだった…(体験談)」の続きを読む

2017年01月11日 15:00

読了時間:約 3

俺、大学生の一人暮らし。
同じマンションに母子家庭のJCがいて、アドレス渡された。
普通ならJCとかないわーとか思うかもしれないが、すげー可愛い。
このまま成長したら芸能人とか女優クラスだわーとか思わせるくらいの美少女っぷり。
JCだろうと全然アリ。

なので春から付き合うようになった。

「【調教】JCの彼女にアナル調教する鬼畜大学生(体験談)」の続きを読む

2016年12月26日 21:00

読了時間:約 3

私は、高2で処女と童貞を捧げあった高校時代の同級生の元カノと24歳で再会し、26歳で結婚して、2年後に元妻の上司による寝取られ妊娠で離婚しました。

私は女性不信に陥り、32歳まで4年間女性と付き合えませんでした。
そんな危機的な32歳の私を見て、女性を紹介してくれたのが取引先の社長さんでした。

「君・・・訳アリの女性を引き取ってくれないかね?いつまでもバツイチってわけにもいかんだろう?」
「訳アリ・・・ですか?」
「ああ、訳アリだが別嬪だぞ・・・」

「知り合いの社長に調教され尽くした女を妻にした結果(体験談)」の続きを読む

2016年12月26日 09:00

読了時間:約 10

彼女いない歴19年、やっと彼女が出来た。

高校の2つ上の先輩なんだけど、地方から同じ大学に入学したら先輩がいて覚えてくれて声かけられた。
高校の時は「綺麗で可愛い先輩」って見てるだけだったのに。

3回生で21歳。
綺麗な大人の女の色気とアイドルみたいな可愛いさに押されてモジモジするしかなかった。
同窓のよしみで飲み行こー なんて言われた気がする。

それから暫くして、先輩から「金曜空いてる?」って聞かれて、飲みに行こーってコトになった。
その時は他の人も来ると思ってたし、エロいことなんか思いもしなかった。

「【初体験】ドSすぎる彼女にアナルまで調教される…(体験談)」の続きを読む

2016年12月25日 03:00

読了時間:約 8

こんにちは。
私は女子大生なのですが月に二、三回、三十代後半の会社員奴隷(『ポチ』とします)とプレイをしています。

ポチはとあるサイトで見つけ、女王様を探していたようなのでこちらから連絡しました。

「【女王様】女子大生ですが、おっさん(ポチ)を調教しています(体験談)」の続きを読む

2016年12月21日 09:00

読了時間:約 3

小学生のとき、友達のお母さんにわざと叱られることにハマっていた
もちろん相手を選んで悪戯するのだが、よその子というだけできちんと叱ってくれる母親は少ないため手当たり次第だ

叱られている間、自分のことだけを見ていてくれるのが純粋に嬉しかった

「お尻を出しなさい、罰よ」

中には何人か尻叩きの刑を加えてくるお母さんがいて、友達がされるのを散々見せつけられた後は必ずこちらにもその順番が回ってきた

尻をめくられ、太腿に乗せられて情けない格好のまま何十発も尻をぶたれる

最初は遠慮していたお母さんも、悪戯を繰り返すうちにだんだんと手加減がなくなり、何十発どころか百と数十発は叩かれてから友達と一緒に閉じ込められ、ようやく解放してくれる家まであった

「【スパンキング】お仕置きの尻叩きにハマっていた小学校時代(体験談)」の続きを読む

5 / 512345