2021年04月16日 21:00

読了時間:約 8

2泊3日の温泉旅行。
夫が旅行券を当てた事から始まります。
夫が旅行券を当て、せっかくだからと温泉旅行に出かける事になりました。
子供(5歳)と一緒に温泉宿に着いたのは夕方4時を回っていたと思います。

この旅館に決めたのは、何でも混浴があるという事で、夫の希望でここに決めたんです。
「混浴なんて・・・恥ずかしいわ・・・」
そう言ってはみたものの、私も満更ではありませんでした。
部屋に着き、風呂に入ろうと着替えを始めた時、夫の電話が鳴り、やがて夫はファックスを送るとかで、車で近くのコンビニに向かったんです。

「家族で行った混浴温泉で強面男性たちに目を付けられて…(体験談)」の続きを読む

2021年04月03日 09:00

読了時間:約 5

主人は43歳、私は(麻美・38歳)、高校生になった娘は通学の都合で私の実家から通っています。
普段から夫婦二人だけの生活なので、結婚17年目を迎えた今でも週に一度は夜の営みはあります。

主人しか男を知らない私でしたが、バイブを使ったオナニーや、恥ずかしい格好で写真を撮られたりと夫婦だけで遊んできました。
私はそれだけで満足していました。

「【性奴隷】主人の寝取られ趣味で会ったイケメン男性に騙されて…(体験談)」の続きを読む

2021年04月02日 21:00

読了時間:約 6

私41歳、妻38歳。
東京近郊の住宅街に住んでいる。
小学校6年と2年の子供がいる。

11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、週末は私たち夫婦二人だけになった。
妻は子供達の世話と同時に、町内会の役員や学校の世話役などを積極的にこなす社交的なタイプである。
普段は子供達で騒々しい我が家も、怖いほど静かだった。

「レイプ魔たちに「おまんこにちんぽを入れて」と懇願した清楚な妻…(体験談)」の続きを読む

2021年03月21日 21:00

読了時間:約 7

以前、一度だけ雑誌企画の撮影会というものに参加したことがあります。
当時交際していた男性の強い要望で、断りきれませんでした。

私自身、まったく興味がなかったとはいいませんが、やはり不安の方が大きかった。
できればやめておきたいと思っていました。
ただ企画の内容が行為なしの単純なH撮影会とのことだったので、わずかながら安心感があったのは事実です。

でも結果的には、それは全くの嘘でした。
私は一生忘れられない、恥ずかしい思いをすることになりました。

企画を取り仕切っていたのは、元AV関係者という派手目の中年男性でした。
当日、まずは参加者の自己紹介と挨拶があり、その後しばらく会話があったように思いますが、よくは覚えていません。

撮影が始まり、着衣姿、下着姿、そしてヌードの順で進行していきました。
進行役の男性はさすがに手馴れていて、気がつくと下着まで脱がされていて撮影されていたような印象でした。

おびただしいフラッシュが焚かれ、私はやや茫然と要求されるままにポーズをとっていました。
そのうち、いつの間にか進行役の男性がつねに私のすぐそばにいて、身体に触ってくるようになりました。

ポーズだとか表情だとか、あれこれ理由をつけながら触るのですが、二の腕やウエスト、内腿などをくすぐるように触るのです。
なにか意図があるように感じました。

やがて、進行役男性が「乳首がもう少し、ピンとなっていたほうがいいね」と言い出しました。「そうだね」「そうかもね」と参加者たちも口々に賛同し、「そういうわけだから少し触るね」と男性は身体を寄せてきました。

「え、あの…」と私が戸惑っている間に、男性は強い力で私の身体を抱き寄せ、背後から手を回してきました。
ゆっくりと乳房を揉みつつ、指先は先端へ向かいます。

突起をリズミカルに転がされたりつまんだりされ、すぐに自分でもそれと分るほど固くなりました。
「も、もう充分です」と言いましたが、男性はやめようとしません。
それどころかベッドに上がってきた他の男性達に私は両手を掴まれ、足首を掴まれて強制的に脚を開かされました。

怖さと恥ずかしさで体がガチガチになりましたが、男性達はかまわずに私の身体の部分について、色がどうの、形がどうのと、品評のようなことを大声で言いはじめました。
気付かないうちに、ビデオ撮影が始められていました。
もう、とても逆らえない雰囲気のように感じました。

その間もずっと胸の愛撫は続いていて、私があきらめたような気持ちになって「ああ」と声を洩らすと、それを合図のように参加男性達が次々と身体に触ってきました。
あちこちをくすぐられたり悪戯され、やがて後ろから抱えられて小さい子におしっこをさせるような格好でベッドの上に据えられました。

私は耐えられず「許して」と懇願しましたが、無視されました。
「恥ずかしいよね、お尻の穴まで見られちゃって」「濡れてるね、感じちゃってるんだね」などと、かえって言葉でいじめられ、悔しくて涙が出ました。

あげくに進行役男性言うところのクリ責め実演?がはじまり、剥き出しのクリを刺激されて、否応なしに悶絶させられました。
こんなのは快感には程遠いのですが、男性達には刺激的だったらしく、時折「お~」などと歓声があがっていました。

いつの間にかHな玩具も多数持ち出されてきて、彼らは次々とそれらを使って私の身体に悪戯しはじめました。
私は、しかしだんだんと反応してしまいました。
進行役男性は、玩具の扱いにも馴れていました。

どこにどう使えば、女の体がどうなるかをよく知っていて「ね、ここを…すれば、ホラ」などと面白半分に責められて、私は幾度か小さなアクメに達してしまいました。
繰り返されているうちに、すっかり昇りつめる寸前まで高められるのですが、男性はそのつど手を止めます。
私が焦れて身悶える姿を見て、愉しんでいるのでした。

私が耐えられなくなり「意地悪しないで、もうイカせて」と思わず口走ると「イキたいの?じゃ、あとで僕等にも気持ちよくしてくれる?」と、誰かが意地悪く言いました。
私はそれがどういう意味かも考えないまま「分かりました」と、うなずいていました。

「じゃ、イカせてあげようね」と男性達は私のお尻を抱え上げ、AVでいう「ま○ぐりポーズ」にして押さえつけました。
これ以上ないくらい恥ずかしい格好にされて、あらためてアソコとお尻にバイブレーターが挿入され、スイッチが入れられました。

「見てごらん」と、うながされて目を開けると、自分の体に出入りする玩具と、その向こうに男性達の興奮した表情が見えました。
すでに寸前まで高まっていた私は、すぐに「ああー」と声をあげて、あっけなくイッてしまいました。

しかし一度のアクメでは離してもらえず、続けざまに何度か、そのままの姿勢でイカされました。
屈辱感と開放感のまじった未経験の刺激で、私はすっかり意志がはたらかかなくなっていきました…。

力の入らないまま、しばらくベッドの上でぐったりとしていましたが、やがて誰かに身体を起こされ、目の前に大きくなったペニスが差し出されました。
私はうながされるままに口に入れ、ふだん交際相手にするのと同じようにフェラしました。

「なかなかですね」「慣れてるね」といった聞こえよがしなセリフが聞こえ、ふとビデオで撮影されていることを思い出しました。
やがて四つん這いになるように言われ、フェラしていた男性にゆっくりバックから挿入されました。

深々と入ったペニスが子宮をぐんと圧迫したとき、身体の芯から快感がこみ上げて、私は「ああーっ」と大きな声をあげました。
そのままピストンがはじまると、もう全然何も考えられない状態になり、思いっきり声を出してあえぎました。

ベッドに突っ伏している私を誰かが支え起こして、誰か別のペニスを咥えさせられました。
その間も容赦なくピストンされているので、息が続かず吐き出しそうになりますが、そのたびに「ほら、がんばって」と声がして、私は励まされるまま躍起になってフェラを続けました。

見ると、男性達はみな裸になっていて、順番待ちのようなことになっていました。
男性が果てるときに必ず奥深くを突くので、私は耐えられずにペニスを吐き出してしまうのですが、男性達はそれがタイミングのように交代するのでした。

また新しい乾いたペニスを口にし、そしてフェラした人に挿入されるのです。
そしてピストンされて、また崩れ落ち、誰かに支えられて堪えながらフェラを続けました。
しばらく、それが続きました。

やがてフェラを求められなくなり、じっくりと味わうようなHに変りました。
入れ替わり色々な体位で挿入され、時折、カメラに向けて曝すようにポーズを付けられました。ベッドの周りには男性達が取り巻いて、撮影したり覗き込んだりしています。

フラッシュを浴びるうちに、私は自分がひどく恥ずかしいことをしているのを思い出し、むせび泣いてしまいました。
しかし抗う気力は全然なく、ただされるがままに犯されて、快楽に流されていました。

進行役の男性は、さすがに一番上手でした。
ペニスも大きいし、愛撫も腰使いも上手でしたが、なにより女を操るのに長けていました。
愛撫と挿入をやすみなく繰り返しながら、卑猥な格好を強いたあとには、すぐさま強い快感をくれるのです。

私は、羞恥心と快感の境目をどんどん見失っていきました。
恥ずかしい思いのあとは、気持ちよくしてもらえる。
それがないと気持ちよくなれない…、だから自分から恥ずかしいことを求めてしまう。

カメラに向って、ことさらいやらしいポーズで、思いっきり顔を歪めてあえいで見せる。
そうすればきっと、もっと快感をもらえる。
見られていると分かっていても、いや…見られているからこそ、気持ちよくなれる。
そして、どんどんエスカレートする。

…そんなふうに、みごとに誘導されてしまっていました。
最後のお相手は、やはり進行役男性でした。
私から屈曲位を懇願して、ピストンしてもらいました。
繰り返し、強く深く子宮を圧迫され、私はもう何もはばかることなく「ああーっ」と声をあげて果てました。

果てたあとでお尻の方にブーンと振動を感じ、はじめてアナルバイブが挿さっているのに気付きました。
ピストンされながら、こちらも責められていたのでした。

バイブが抜かれると、お尻とお腹がしばらく痙攣したのを覚えています。
「見られながらイク気分はどう?最高だったでしょ」と私の身体を抱きしめ、男性が耳元で言いました。
「見られるって快感でしょ。恥ずかしいって最高に気持ちいいんだよ」
私はただ素直に「はい、よかったです」と、うなずいていました。

ぐったりとなった私をお神輿のようにして抱えて、記念撮影したあとにお開きとなりました。
別れ際「よかったらまたお願いしたいね、今度はさらに楽しめるようにするから」といわれましたが、その時は、さすがにあいまいな返事しか出来ませんでした。
その後、色々と怖くなって、二度とこういったことはしていません。

写真は男性誌に掲載されました。
私の顔には目線が入っていましたが、見る人が見れば私であることが判るのではないかと思い、いまだに不安です。
それと修正前の、元の画像の行方なども気になってはいるのですが…。

ビデオ撮影に関しては、交際相手の要望だったようで、あとで強制的に見せられました。
こちらは店頭に出るものではないので、完全に無修正でした。
死ぬほど恥ずかしく屈辱的でしたが、ビデオを見ながらの行為は、やはりあの時の快感を思い出させ、私は普段より乱れてしまったようです。
そのことで彼の感情が動いたのか、仕打ちはエスカレートしました。

彼はその後、雑誌やビデオを友人達に見せたのです。
そのあげく、私は顔見知りとの乱交を強制され、さらにひどい辱めをうけるはめになりました。
結局、彼とは破局しました。
別れるとき、一応は部屋からビデオなどを取り返してきました。
コピーがあったら、どうしようもないですが…。

2021年03月18日 21:00

読了時間:約 3

46歳の主婦です。
今年の春の事でした。
パート先の仲間とその友達10名で飲み会を行うことになりました。
会場の店に行くと、座敷が予約されていて、男性5名、女性5名で飲み会が始まりました。

お酒も入り、少しエッチな話題も入り始めた頃、誰が言い出したか覚えていませんが、「二人羽織をしよう」という事になりました。
女性同士だと奇数なので、全員が平等になるように男性と女性のペアになる事になりました。
男性が前、女性が後ろで目隠し、男性が後ろで手を組み、体が離れないようにベルト2本を使って男女の体を結ぶ形で行いました。

「パート先の飲み会で二人羽織りをさせられた結果…(体験談)」の続きを読む

2021年03月01日 21:00

読了時間:約 11

会社の同僚の女子二人旅で栃木に温泉旅行に行きました。
一緒に行ったのがサキという同僚なんですけど、お互い20歳で話もよく合い、本当に仲がよく親友です。
泊まったホテルには家族風呂みたいなのがあって、二人でそこに入っていました。

三メートル四方くらいのお風呂で、まあまあの広さでした。
お風呂はとっても綺麗で、私たちはすごく幸せでした。
初めに言っておきますが、私も彼女も別に遊んでいるわけではなく、私は男性経験が一人、彼女は二人です。
二人とも今は彼氏がいます。

「【胸糞レイプ】家族風呂に見知らぬ男たちを入れてしまった結果…(体験談)」の続きを読む

2021年02月16日 21:00

読了時間:約 2

高校の時に私はイジメをしていました。
リーダー的存在で、私は女子をイジメず、ウザい男子だけをイジメていました。
でも高校の時は仕返しがあるでもなく、平和に暮らしていました。

高校の卒業式の後、2次会が終わって私が家に1人で帰っている時、何者かに後頭部を何かで殴られて意識を失いました。
気付いた時には私は全裸でした。
辺りを見回すと工場のような場所です。

「高校時代にイジメてた男子たちに卒業輪姦されました…(体験談)」の続きを読む

2021年01月15日 21:00

読了時間:約 4

私には一つ違いの兄がいますが、小さい頃から大嫌いでした。
陰気のくせに私には暴力をふるい、顔も中学の頃からニキビ跡がひどくて、学校でもイジメられてる恥ずかしい兄だった。

母や父もなんとなく兄をよく思っていなかったと思う。
お酒に酔った母が一度だけ、「なんで正志(兄)はあんなんなんだろう・・・」とこぼしていたくらい、良い所はなかった。
私が中3の時、兄は高校でもイジメにあい、不登校になってしまった。
それからは部屋に籠りっきりで、滅多に顔を合わせなくなった。

「引きこもりの兄に売られてヤンキーたちに輪姦されました…(体験談)」の続きを読む

2021年01月14日 09:00

読了時間:約 5

私のエロい話聞いて下さい。
私は大学2年生です。
男友達が失恋して落ち込んでいると風のうわさで聞いていたので、先日メールしたんです。
すると今友達と話しているんだけど、失恋したのは私が原因みたいな話になったというのです。

私がいるから彼女が嫉妬したとかなんとか。
もう意味が分かりません。
私はちょっとそれは違うんじゃないかと怒鳴りこみに行きました。
すると、友達の部屋には友達の他に男子が2人いて、飲んでいました。

「失恋したと言う男友達の家に慰めに行ったら輪姦された…(体験談)」の続きを読む

2020年12月15日 09:00

読了時間:約 5

携帯のベルが鳴った。
朝、夫と子供を見送ると、決まってこの時間に呼び出しベル。
私は急いで携帯電話を取った。
そして着替えると、指定された場所に向かうんです。

私:29歳、専業主婦、子供は6歳。
夫:35歳、外資系の営業マン。
私は8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。
夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。
夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由ない毎日を送っていました。

「輪姦されたその日から暴走族の穴奴隷にされてます…(体験談)」の続きを読む

2020年11月25日 21:00

読了時間:約 8

僕が初めてHをしたのは中学三年生の夏、とても暑い日でした。
その日は学校の終業式で、僕は遅刻をしていました。
僕は急いで遅刻届を書いて、教室で上履きに履き替え、鞄を置いて急ぎました。

学校の建物の構造上、ホールに後ろから入るにはその下にある剣道場を通らなければいけません。
陽を浴びて熱を持ったアルミサッシのドアを開け、剣道場に入ったその時、僕は誰かとぶつかりました。
春の様に優しく、爽やかな香りが、夏なのに漂ってきました。

「【驚愕】イジメで処女を失ったという女の子の正体が…(体験談)」の続きを読む

2020年10月02日 21:00

読了時間:約 3

小学校6年の時です。
通っていた小学校は、田舎にある1学年1クラスでした。
私は、運動音痴で内気な女子でした。

ある日の昼休み、図書館に向かってると、小学校5年の男子二人に羽交い絞めにされて、家庭科室に連れ込まれました。
そこで押し倒されて、スカートをめくられ、短パンと下着を脱がされ、下半身を露出されました。
股を開かされました。
「これがまんこか」と言い、私の性器や肛門を触りました。

「【輪姦】小学校の時にイタズラしてきた男子二人に中学に入ってから…(体験談)」の続きを読む

2020年09月24日 21:00

読了時間:約 6

私は5年前に夫と離婚し、13歳の娘と2人で過ごしていました。
娘の咲妃(仮名)は、やんちゃで、男の子からは嫌われていたみたいです。

ある日、私が家事をしていると、男の子の声で「咲妃さんいますか?」とインターホン越しに言われ、「今いないんだけど・・・」と言うと、「じゃ~、ここで待ってます」と言うので、「中で待ってて」と言い、ドアを開けると、娘と同級生ぐらいの男の子が5人いました。
いきなり彼らは襲いかかってきて、私は押し倒されました。

「【輪姦】娘の同級生男子たちに犯されて母娘で性奴隷にされてます…(体験談)」の続きを読む

2020年09月10日 09:00

読了時間:約 3

私は20代のOLです。
私の会社に出入りしている営業マンで、見た目はとても爽やかな人がいました。
私は結構、好意を持っていたんです。

ある日、私は、その人に声を掛けられて飲みに誘われました。
その人が既婚者だと言うことは知っていましたが、(一度くらいなら飲みに行ってもいいかな?もしかしたら一度くらい大人の関係になってもいいかな・・・)って。
でも、その考えは大きな間違いだったんです。

「【輪姦】取引先の爽やか営業マンに騙されて性奴隷に…(体験談)」の続きを読む

2020年08月21日 21:00

読了時間:約 3

深夜のドライブ中、何度も強引に追い越しては前につけるワゴン車がいました。
運転していた彼がキレて、信号待ちになった時、その車に向かって怒鳴りながら車を降りて歩いて行きました。

すると、そのワゴン車から4人の男が出て、彼とすぐに揉みあいになりました。
周囲に他の車はいません。
私は凍りつきました。
その彼は、付き合ってるって言うわけではなかったけど、このまま行けば彼氏になるだろうって人でした。

「【輪姦】あおり運転をしてきたワゴン車の男4人に…(体験談)」の続きを読む

タグ:
1 / 712345...最後 »