2017年11月28日 09:00

読了時間:約 4

俺は内陸最北端の山に囲まれた村に住んでいた。
ココは、1年中サルが出没する田舎中の田舎で村民全員が貧しかった。

俺が小学6年生の時にクラスで一番金持ちの飯田という男がいた。

「昔あったド田舎村のご奉公とかいうマジキチな風習…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2017年11月01日 05:00

読了時間:約 3

私は20代中盤の頃に今の旦那と結婚したのですが、旦那の実家で行われた結婚式があまりにも奇抜なものだったものでこちらに投稿させて頂こうかと思います…

旦那は東北の人里離れた山奥に家を構える農家の出身で、大学を出たあとは都内の企業で会社員をやっていました。

「夫の故郷で挙げた結婚式でのマジキチな風習…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2017年09月30日 09:00

読了時間:約 4

今年の正月、久しぶりに両親の下へ里帰りした。
実家・・とは言っても幼少期に住んでいた場所ではなく、俺が成人してから両親が土地を買って家を建てた場所。

俺は小学校低学年まで小さな小さな村に住んでいた。
ちなみに、その村が両親の故郷であり俺の生誕の地。

「俺の故郷にあった婚姻の儀式がヤバすぎた…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2017年07月25日 17:00

読了時間:約 3

僕が初体験をしたのは二十歳の時で、そのころ家庭の事情で遠縁の親戚の家で預かってもらわれていたときのことです。

海に囲まれた島で携帯も通じないようないなかでした。
そこで家事を手伝いながら渡し舟にのって大学受験の為の塾などに行ってました。
体が生まれつき弱かったので学校も休むこともあり高校も遅れて卒業しました。

「【初体験】田舎の村の風習で病弱なのに脱童貞できた僕…(体験談)」の続きを読む

2017年03月21日 00:00

読了時間:約 8

親しい間柄だからこそ話せることっていうのは、あるものだと思う。
私は今年で54歳になる。
子供はふたりいるが、ふたりとももう就職しており、無事に自立させることができた。

高卒で就職した私は、それからずっと、同じ会社で働いてきた。
もちろん支社が変わったりはしたし、昇給だってしたし、今の生活には不満はそれほどない。
ただ、子供たちがいなくなったからこそ、夫婦ふたりだけの時間が重苦しく感じるときもある。

「【初体験】田舎で育った俺の村の奇妙な風習…(体験談)」の続きを読む

2017年03月17日 06:00

読了時間:約 3

私が20歳のときに、とある田舎のほうへお嫁に行きました。
私は学問してないので頭はおばかだし、働くしかなかったので一生懸命、お家に尽くすよう働いていました。
朝の三時半頃に起きて旦那さまのお父さん、お母さん、そして旦那さまの食事を作り、(旦那さまは味の好みが違うので別に作るんです)四時にはみんなを起こして朝食。

「【田舎の風習】農家に嫁いだ女ですが「夜の労働」がとっても厳しいです…(体験談)」の続きを読む