2019年10月11日 21:00

読了時間:約 4

俺32歳、彼女21歳だった。
職場での出会い。
当時、違う部署と組むことになり、その中に入ってきたばかりの彼女もいた。
非常に美人なんだけど、仕事が出来ないのに口出しだけしてくる上司に気をとられ、上司にばかり気がいっていた。

当時は、頭の中でスケジュールを考えていたのだけど、彼女のところでスローダウンする。
今、考えれば当たり前なんだけど。
しばらくたって、飲み会が開かれた。
みんなが飲みたいと言うのと、彼女の歓迎会だった。

「【浮気】1000人に1人の美人新入社員と血まみれセックス…(体験談)」の続きを読む

2019年10月10日 21:00

読了時間:約 4

誰にも言えなくて、でも先週、本当に心に残る体験をしたので書き込みます。
‘ずっと憧れていた尊敬する元上司が4月から転勤することになり、送別会に呼んでもらうことになりました。

課長は50歳で家族もいますが単身赴任。
私は33歳です。
初めて会ったのは私が25歳の時。
営業という仕事を一から教えてくれた課長を私は本当に尊敬していて、気さくな課長は私の好き好き光線もサクっとすり抜けるくらいの余裕のある人でした。

「【不倫】大好きな課長(50)のザーメンを口で受け止めて…(体験談)」の続きを読む

2019年10月06日 09:00

読了時間:約 7

つい最近、自分(25歳)が所属してるバスケチームで起きた出来事です。
いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、チームで唯一の美人OL千里さん(27歳)に呼び止められ、「今日この後空いてる?空いてたらちょっと相談したいことあるから飲みに行かない?」と誘われました。

年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、突然の誘いに驚きました。
と言うのも、千里さんには同じチーム内に彼氏(32歳)がおり、その日は彼氏さんが欠席していたからです。
(コレは2人に何かあったのかも・・・)
そんな懸念を抱きつつ、千里さんと二人きりというシチュエーションに嬉しさを感じつつ、近くの飲み屋に入りました。

「【浮気】先輩の彼女が名器でドスケベすぎた…(体験談)」の続きを読む

2019年10月01日 09:00

読了時間:約 5

3ヶ月ほど前、一人暮らしを始めました。
引っ越したばかりの頃、安月給なので自炊する事にし近所のスーパーに買い物に行きました。
とりあえず米を買い、オカズはとにかく自分の好きなものを食べようと思い、生姜焼きを作る事にしました。

と言っても何を買っていいのか分からず、肉売り場の前で生姜焼き用の肉を探していたら、隣で肉を吟味している奥さんが居たので思い切ってどの肉を買ったらいいか聞いてみました。
俺「すみません。生姜焼きを作りたいのですが、どの肉を買ったらいいか困ってて・・・、どれがいいんですかね?」

「【不倫】スーパーで生姜焼きの作り方を聞いた人妻と…(体験談)」の続きを読む

2019年09月20日 09:00

読了時間:約 3

もう時効だと思うので書いてみます。
正確には職場といえるかどうか。
出張先での出来事。
うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。
会社も気を使うのだと思います。
しかしその時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。

俺32歳既婚。M25歳独身♀。
俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。
時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。
Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。
まあ美人だし好みといえば好みなのだが。

「【浮気】出張先で美人同僚がアナルもOKだと聞いて…(体験談)」の続きを読む

2019年09月18日 21:00

読了時間:約 9

私は29歳で結婚3年目の新妻です。
まだ新婚だというのに、夫は去年から単身赴任中。
私は夫の実家に嫁いで来ましたが、結婚前に夫のお母さんは他界されていましたので、現在は義父と私の2人暮らしになってしまいました。

もう還暦を過ぎた義父と言えども、同じ屋根の下で男と女が暮らしていると、お互い意識してしまうこともあります。
それも夫が単身赴任中に帰って来るのはせいぜいゴールデンウィーク、お盆休み、お正月休みぐらい。

「義父の真っ黒な長いペニスを見てしまい…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年09月12日 09:00

読了時間:約 3

子育てに忙しい女房とはセックスレスだったから、欲望の捌け口の最初は風俗だった。
だけどヘソクリも使い果たし、もっぱら自家発電で処理してた。
それもほぼ毎日、車の中で。

ところがその頃やたらと仕事が忙しくて、1ヶ月くらいはオナる暇もない程。
本当に忙しいと朝勃ちもしないんだな。
ようやく早めに帰れるという日、ビールを買うために遅くまで営業してる大型ドラッグストアに夜19時過ぎに車を入れた。

「車でオナってたら女性店員に見つかった結果…(体験談)」の続きを読む

2019年09月10日 09:00

読了時間:約 3

これは、私が大学生の頃、家電量販店でアルバイトをしていた時の話しです。
内定を頂き、少しでも入社してから会社の為になれるようにとアルバイトとして勤務することになりました。

初日から10日くらいは立ち仕事に慣れず足の痛さと、繁忙期でとにかく忙しくてあちこちから呼ばれ、走り、ほとんど記憶がありません。
必死でした。初めてのレジ作業、修理の受付、電話対応、何もかもが訳が分からずその度に上司のMさんに聞いていました。

「【不倫】学生時代にバイト先の倉庫で先輩社員と秘密の…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年08月28日 21:00

読了時間:約 6

私は21歳のOLです。
彼は20歳も年上です。
不倫関係なんですけど・・・。
18歳の時にバイト先で知り合って、声を掛けられてから付き合うことになって、1年ぐらいしてから彼が既婚だって判りました。

でも好きになっちゃった私は別れることができなくて、ズルズルと今も関係は続いてます。
会いたいって思っても会えなかったり、声が聞きたいって思っても携帯にも出てもらえなかったり・・・。
寂しいときの私はイライラしてて、突然泣いたりして情緒不安定なんです。
今回は私が19歳の時、彼が既婚だってわかった日のことをお話します。

「彼氏が既婚者だと分かって自棄になってチャットで知り合った人と…(体験談)」の続きを読む

2019年08月27日 21:00

読了時間:約 3

付き合っていた彼の22歳の誕生日での出来事です。
本当は彼と2人だけで過ごしたかったのですが、大学最後ということで、誕生日パーティーを友人とすることになりました。
彼の友達や私の友達など仲の良い5人でお祝いしたのですが、まさかの最悪な誕生日になるなんて・・・。

夕方までは私と彼の2人だけで、誕生日プレゼントを選んだり、デートしながら楽しいひと時を過ごしました。
それから彼のアパートで誕生日パーティーを始めました。
友達3人からスウェットパンツとスニーカーを貰った彼はテンションが上がり、酔っていたこともあってみんなの前でズボンを脱いでスウェットに履き替えたのです。

「【浮気】自慢の彼氏が女友達の胸を鷲掴みしながら腰振ってた…(体験談)」の続きを読む

2019年08月23日 21:00

読了時間:約 6

最初に勤めた会社で初めて彼氏ができて、初エッチもして、半年くらいたってから、会社の飲み会でずるずると他部署の上司につきあって、最後までしてしまいました。
お酒の勢いって怖いと思った反面、おじさんのエロテクに参ってしまった。
その後、彼氏とも別れることになってしまいました。

飲み会は二次会、三次会と続き、その前に彼氏は帰ってしまったそうです。
三次会あたりでエロ話になり、名前は出さなかったけど、彼氏とはいつも部屋でやってるとか旅行先でやったとかそんなことを言ったと思います。

「【浮気】他部署の部長にお持ち帰りされて巨根を挿れられた結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年08月16日 09:00

読了時間:約 7

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場としている。
自宅で仕事をしているので、管理組合とかにもマメに顔を出すようにしていた。
独身で昼間も自宅にいるのを変に勘ぐられたくないのが目的の一つだった。

おかげで今では違うフロアの人たちとも、それなりに挨拶を交わし、中には普通に会話も出来るようになった人たちまでいる。
当時はまだ新築のマンションだったので、管理組合が発足した時から顔を出していて、簡単な自己紹介もしていた。

「同じマンションの欲求不満な人妻たちを性奴隷に…(体験談)」の続きを読む

2019年08月14日 21:00

読了時間:約 5

僕がよく行くショップの店員の話です。
彼女は某大手デパートにテナントとして入っている服屋さんの店員で、ミヨコという28歳の女性です。

何度か足を運んでいるうちに仲良くなってきた僕とミヨコは、一緒にランチをすることになりました。
ショップ以外では初めての顔合わせで緊張しましたが、仕事中の彼女とはあまり変わらず明るい女性でした。

「【寝取り】遠距離恋愛中のデパート店員と野外セックスしたった…(体験談)」の続きを読む

2019年08月14日 09:00

読了時間:約 5

これは僕の先輩と一緒に飲んだ時のことです。
その先輩は僕の3歳上の会社の男性の先輩でした。
その先輩は後輩の面倒見も良くて、よく飲みに連れてってくれます。
その先輩には感謝しておりまして、彼のおかげで僕は35歳にして時期部長候補とも言われるようになりました。

そんな先輩に再び飲みに誘われました。
先輩と飲むときはいつも二人だけで飲むのですが、その時は少し様子が違うようでして。
話も進んでくると先輩から話を切りだします。

「尊敬する先輩の新しい彼女がビッチだった…(体験談)」の続きを読む

2019年08月07日 21:00

読了時間:約 3

悪女って本当にいるんだなって言う経験を過去にした事があります。
20代前半の頃の話です。
その当時付き合っていた彼女と彼女の親友と俺と俺の親友4人で鍋をしました。
その時1人暮らしをしていた自分の家に集まって、みんなで食材を買い出しに行ってお酒も買ってコタツで鍋パーティーをしました。

彼女の親友のA子はコタツの中で俺のアソコに足を押し付けてこすってきました。
最初自分は偶然あたったんだろうと思っていました。
でもA子の方を見てみると不敵な笑みでこっちを見つめていました。
その瞬間俺はこの女は悪女だなと確信しました。

「【悪女】コタツの中で足コキしてきた彼女の友達…(体験談)」の続きを読む

1 / 1812345...10...最後 »