2021年04月17日 09:00

40代男ですが介護の職場で29歳のセフレができました…

読了時間:約 4

私は40代の男性ですがセフレがいます。
どこで知り合ったかは前の職場です。
介護の仕事をしているので女性が多くて、29歳の子とセフレになりました。
この子はエロ話を普段はしないのですが、エッチの最中はエロい話を私に語りかけてきます。
私はエッチな話をされながらセックスすると興奮してしまいます。

この子の簡単なプロフィールを紹介します。
名前は藍子ちゃんです。
身長は162cmでスタイルがいい方です。
痩せていて一緒に歩くと周りから優越感を得ることができます。
胸が小さいのが少しネックです。

顔は目が少女のような目をしているので、エッチ時に私はよく藍子ちゃんの目を見てしまいます。
性格は介護の仕事をしているので優しいですが、エッチの時はすごく積極的になります。

よく話すほうで、私と性格の相性もいいです。
藍子ちゃんはバツイチで子供がいなく、もう結婚する気がないからセフレの関係で満足しています。

それでは藍子ちゃんの自宅内でのエロ体験談を書いていきます。
私は実は既婚者で別居しているから、近場で会う時は藍子ちゃんの自宅内で会います。
遠出した時は周りを気にしないで堂々と一緒に歩いています。

藍子ちゃんの自宅に訪問して、私はエッチをする時は一緒にお風呂に入ってイチャイチャします。
藍子ちゃんは風俗みたいに私の身体を洗ってくれます。
私のおちんちんを綺麗に洗ってくれて、お尻の穴も石鹸で綺麗に洗ってくれます。

私も藍子ちゃんのおまんこを洗ってあげてクリトリスも一緒に触って気持ちよくしてあげます。
お風呂内ではいつもフェラやクンニはしないです。
また本番行為もお風呂だと狭いのでやらないです。

お湯につかってキスをしてイチャイチャしながら話をしてから、お風呂出て裸のまま藍子ちゃんのベッドに行きエッチを開始します。
藍子ちゃんとエッチをする時はいつもローションを持っていき、介護用のフラットシートを使ってシーツが汚れないようにしてプレイをします。

またバイブもよく使いますよ。
ベッドに行き藍子ちゃんからキスをしてくれて濃厚なキスをします。
藍子ちゃんは「私のことが好き?」と聞いてくるので「大好きだよ」と言ってあげて、エッチのムードを高めていきます。

濃厚なキスをしてから、私は藍子ちゃんの目が好きなので犬みたいに目の周辺を舐めてあげる少し変わったプレイをしています。
キスが終ってからローションをおっぱい全体につけて揉んであげて乳首をなめてあげます。

ローションを舐めることが私は苦痛ではないので、綺麗におっぱいを舐めてあげます。
おっぱいを舐めてあげてから、おまんこにローションをつけてクンニしてあげます。

クリトリスにローションをつけて手で「クリクリ」と触ってあげてから、おまんこを舌先で舐めていきます。
ローションをつけて手マンをすると、「びちゃびちゃ」と音がかなり鳴るのでエッチな気分になります。

手マンをしてクンニをしていると藍子ちゃんは「気持ちいい、もっとして」と大きな声をあげます。
かなり気持ちよくなってくれるので手マンを少し激しくやってあげてから、優しくおまんこを舐めてあげます。

藍子ちゃんはフェラが大好きで、おちんちんにすぐに手を差し伸べて手こきをしてからフェラをしてくれます。
「ここ気持ちよくして欲しいのでしょ?」とエッチな言葉を私に投げかけてからフェラしてくれます。

藍子ちゃんもおちんちんにローションをつけてからフェラしてくれます。
亀頭部にローションを垂らして舐めてくれる時に我慢汁が出ているのですが、ローションで分からないです。

藍子ちゃんは我慢汁も丁寧に舐めてくれて激しいフェラをして音を立てながらフェラしてくれます。
「気持ちいい?」と私に言葉責めをしてきて、私は気持ちよくなって「もっとフェラして」と言うと藍子ちゃんは、裏筋をなめてから金玉をパクっと咥えて舐めてくれました。

フェラした後は、ローションをたくさんつけて手こきを激しくやってくれると射精してしまいそうになるから途中でやめてもらいます。
藍子ちゃんの手こきは激しいですが私的に丁度いい気持ちよさでやってくれるのですごく嬉しいです。

フェラとクンニが終ってからバイブでクリトリスを刺激すると藍子ちゃんは「かなり気持ちいい」と言ってくれるのでずっとやってしまいます。
バイブでクリトリスを刺激しながら手マンをするとすごく濡れて、おまん「びちょびちょ」になってしまいます。

フラットシートを敷いているのでシーツまで濡れることがないから安心してエッチができます。
藍子ちゃんからいつも「いれて欲しい」と言ってくるのでコンドームをつけて、おちんちんにたくさんローションをつけてから正常位で挿入します。

ローションをつけていますから、すぐに入ってしまい私はキスをして徐々に腰を動かして藍子ちゃんを気持ちよくさせてあげます。
挿入している時にも「クチュクチュ」と音が漏れてきてエッチな気分になりながらエッチを楽しみます。

正常位からバックの体位にかえて、私は藍子ちゃんのお尻の上にローションを垂らしてバックで激しく突いてあげます。
「いくいく」と藍子ちゃんは気持ちよくなってしまいいってしまいました。

身体全身の力が抜けてしまっていたので、少し休憩してから、また正常位の体位にかえて、腰を激しく動かします。
私の方も気持ちよくなってしまって「いきそう」と言っておまんこからおちんちんを出してコンドームを素早く外して精子をおっぱいの上にかけて、藍子ちゃんは綺麗にお掃除フェラをしてエッチが終了となります。

「今日も気持ちよかった」といつも声を掛けてくれるので私も「気持ちよかった」とキスをしてあげます。
ローションをつけていたので身体全体がローションをまみれになっているので一緒にお風呂にはいって、藍子ちゃんが私の身体を洗ってくれます。

介護をやっているので、尽くしたい気持ちが強いと思います。
私も介護の仕事をしているので、どちらかといいますと尽くしたい気持ちが強いです。

これまでがセフレの子とのエロ体験談を書いていきました。
セフレ探しをしている人は是非セフレを作るといいですよ。
エッチをするとストレス解消にもなりますし、寂しさを薄める効果もあります。

職場や出会い系サイトなどでセフレ探しに励んでくださいね。
私も女好きなので、まだまだ他のセフレを探していますよ。

コメント (0)
コメントする