2021年06月19日 09:00

越してきたお隣の奥さんを計画的に犯したつもりが…

読了時間:約 2

投稿者:前科者 さん(男性・30代)

俺、貧乏サラリーマンだから未だに賃貸暮らしなんだけど、こないだ引っ越したら、隣の奥さんが美人だなんだってw
俺は独身32歳だから、別に誰と付き合っても良いんだろうけど、相手は人妻。
交際はすなわち不倫となる。

不倫か・・・いいかも・・・w
俺、奥さんの旦那が出勤するのを見計らって、
ピンポン。
「はあい」ってエプロン姿の奥さんが出てきて、
「ああ、お隣の」って微笑んでくれる。

俺、その笑顔を見ただけで、軽く勃起w
その普通な主婦の感じがそそられる。

ただ、何も考えなしにピンポンするバカでは、俺はない。

「あの・・・昨日、うちにゴキブリでたんですが、大丈夫ですか?」
「え?ゴキブリ??」
「良かったら、俺が点検しておきましょうか?」

「いえ、主人が帰ってきたらで・・・」
「奥さん、昼間のうちに退治しちゃった方がいいですよ(笑顔)」
「え、ええ。そうですか?それじゃあ、気持ち悪いし、お願いしちゃおうかな」

というわけで、奥さんの自宅に潜入成功。

ここまでくれば、あとは押し倒すのみ。

冷蔵庫の高いところを見ていると、奥さんが下から覗き込むように上目づかいで俺のことを見るから、そのまま勢いよくしゃがんで、抱き付く。

「え、ええ?」
驚く奥さん。
当たり前だけど、このままセックスに持ち込む。

「旦那さんより、良くしますから」
そう言って、奥さんにキスをする。
「ちょっと、ちょっと、やめて下さ・・・」
奥さんの言葉を唇を合わせて塞ぐ。

キスをしたまま、ソファになだれ込んで、エプロンを脱がせて、胸をまさぐる。

「そんなつもりじゃ・・・」
「男を簡単に家に上げといて、それはないですよ、奥さん」

胸を軽く揉んで、乳首を転がすようにすると、少しずつ感じていく奥さん。

「体は正直ですから」
そう言って、手早に下に手を入れて、秘部にそっと手を触れる。

奥さんのそこはすでに湿っていて、俺を受け入れる準備は整っている。

軽く触って、手マンして、クリトリスをこねくり回すと、奥さんが
「あ、ああ」
って喘ぎだす。

その反応を見て、即挿入。

もちろん、妊娠したら大変だから、ゴムは持ってきている。

挿入すると、するりと俺のものを受け入れ、動くのと同じタイミングで奥さんの喘ぎ声が聞こえる。

これが目的だったから、とりあえず目的が達成できて、俺は正直満足していた。

ただ、一つ落とし穴があった。

家にいる奥さんの姿を監視するために旦那が、部屋に隠しカメラを装着していたのだ。

その動画が決め手となり、俺は嫌がる奥さんを無理やり犯したとして、逮捕された。

まさかの逮捕w
俺、涙目w

コメント (0)
コメントする