2017年02月18日 00:00

【覗き】妹と家庭教師ができてた→こっそり部屋を覗いたら…

読了時間:約 8

GW直後のある日、俺は妹の部屋に入った。
俺の部屋から勝手に持っていった漫画を取り返すためだ。
妹は塾でいなかった。

なかなか漫画が見つからずに、部屋の色々なところを探していた。
すると妹の机の椅子下に約3センチ四方の紙みたいのが落ちていた。


どうせだからとゴミ箱に捨てようと思い、拾うことに。
白い紙だと思っていたのは、プリクラの裏側だった。

裏返しでプリクラを見たとき、俺はビックリした。
写っていたのは頬をくっつけて仲良さそうにしている妹とC(家庭教師)さんだったのだ。

しかも2人の名前と『いつも大好き』とハートマーク付きの文字が。
どうみても家庭教師と先生の関係でく恋人っぽく見えた。

(妹とCさんは知らないところで付き合っているのか?)

もはや漫画を取り返す事などどうでもよかった。
目的は一気に変わり、他に何か隠していないか調べる事にした。

机の引出しを調べる。
中からプリクラ帳が2つ出てきた。
さっそく調べると、1つは学校の友達との、もう1つはCさんと2人で写っているプリクラばかりだった。

Cさんと写っている方を見ると、一番最初に『初プリ』と文字されているのがあった。
日にちはわからないが、2人とも薄着をしているので夏場のようだ。

俺の方の家庭教師をやっていた時は妹と話しているのを見たことが無いので、おそらく前の年の夏に撮られたものだろうと思った。

他を見てみると、キスしながら撮っているプリクラも有ったので、付き合っている事は間違い無さそうだ。

そしてそれを裏付けるかのように、他の段から違うアイテムも見つかった。

まずは手帳を発見。
見てみると、カレンダーに所々ハートマークがついている。
そのハートマークの下には『M(妹の名前)』『C(Cさんの下の名前)』『車』『ホ』などの文字が。

文字の意味がわからないので他のものを探す。
すると手帳のあったすぐ奥に1つの箱を発見した。

その箱を開けて全てを把握した。
その箱の中身はコンドームだったのだ。
しかも12個入りとなっているのが2個しか残っていなかった。

(妹はCさんとそういう関係までなっていたのか・・・)

手帳の文字の意味も分かった。
おそらくセックスした場所なのだろう。
2人のお互いの部屋、車の中、ホテルなのだと。

1月からすでにマークがついているのでおそらく去年の内に関係を持っていたようだ。
しかも家庭教師の日には必ずマークが付いていた。
その下には『M』が書かれていた。

入った日は水曜で前の日はCさんが家庭教師に来ていたが、案の定マークが。
下のは『M』『車』となっていた。

そういえば家庭教師が終わった後に本屋さんに行きたいとCさんに連れて行ってもらっていた。
1時間弱して帰ってきたとき、目当ての本が無かったと言っていたが、おそらく本屋は出かける名目なだけで、車の中でセックスしてきただけなのだと悟った。

塾の日も塾の前後かに会っているようでよくハートマークと『C』『車』のマークが。
GWまでの回数を調べたら、約130日中60日にマーク付きで約100回のセックスをしていた。

春休み中はほぼ毎日会っていて、サカっているときは『C5』とか書かれていた。
Cさんは1日5回もする精力があるみたいだ。

俺はこの事を両親に言おうか迷った。
しかし妹の成績は上がっているし、バラしても俺には何の得にもならない。
逆に俺は1つのことを思いついていた。

妹がセックスしているところを見てみたい、と。
俺は当時高2で、まだ童貞だしAVも見たことが無かった。
将来沙織とする時のために、純粋な気持ちで1回セックスを見てみたいと思ったのだ。

妹の部屋からふすまをはさんだ部屋は姉の部屋だった。
姉は俺が高校に上がるときに、仕事の関係で1人暮らしをする事になり、それ以降は荷物置き場みたいになっていた。
そこの部屋からのふすまの隙間から見れるのではと思った。

次の週の火曜日、Cさんが来る日だ。
俺は日頃は部活がある曜日で帰りも遅く、妹が家庭教師してるときにご飯を食べていたが、その日は体調が悪いと嘘をつき早めに帰宅。
妹と一緒にご飯を食べる。

中間試験が近いから勉強するといい俺の部屋で待機。
7時半頃Cさんが来る。
妹は1階に降りCさんを迎えに行った。
その隙に姉の部屋に入り、じっと妹の部屋を覗く事にした。

しばらくして妹とCさんが部屋に戻ってくる。
まず妹の格好を見て笑った。
ご飯のときは長いズボン(ファッション誌ではパンツというらしいが)を履いていたのに、スカートに履き変わっていた。
そうやってCさんを誘惑しているんだと思った。

当然会話が聞こえてくるが、2人きりの時は名前の呼び方が違う事に気付く。
妹はCさんを「先生」と呼んでいたが、2人きりだと先生の名前にさんづけだった。

Cさんもいつもは「Mさん」と呼んでいるのに、2人きりだと呼び捨てだった。
かなり親密さが伺える。

最初は普通に勉強していたが、15分位経った頃に母が飲み物とお菓子を持ってきた。
2~3分会話した後に母は去り、俺や妹の部屋がある2階から1階に降りていった。

すると、もう母が2階に来る事が無いのを知っているのだろう。
2人は椅子に座ったままいきなりキスをしだした。
いよいよ行為が始まったのだ。

舌を絡めたり、かなり濃厚なキスをしていた。
キスが終わった後、Cさんは妹に「服上げて」と言う。
それに応える妹。

トレーナーの下にキャミソールみたいなのを着ていて2回とも上に捲り上げる。
すると取る手間を最初から省きたかったのか、妹はノーブラだった。

至近距離から生乳のは初めてだったが、妹のだし少し冷静だった。
普通に胸ちっちゃいなと思った程度だった。
ちなみに後で調べたらAカップだった。

Cさんは妹の胸を愛撫したり吸ったりしていた。
妹は捲り上げた服を口元で持ったままで声を抑えているようだった。

今度はCさんが「M、フェラして」と言って、ジッパーを下げモノを取り出した。
すでにCさんのモノは上に反り返っていた(笑)

妹は服を元通りにし、Cさんのモノに顔を向ける。
そしてモノを咥え顔を前後に動かしたり、顔を離して手でしごいたりしていた。

「M、気持ち良いよ」と言いながら、目を瞑り上を向いていて至福そうにしているCさんが印象的だった。
ただ、フェラしているときの妹の表情が角度の関係から見えなかったのが少し残念だった。

「もういいよ」とCさんは言い、優しく妹の髪を撫でる。
妹はフェラの最中は椅子に座っているCさんの前にひざまづいていたが、Cさんのモノを口から離すと立ち上がった。
そしてスカートの中からパンティを取り、ベッドの中に隠した。

「どうするの?」と妹は訊く。
「机に手ついて」とCさんは答える。

言われた通りに妹は少し前かがみで机に手をついた。
Cさんは椅子に座ったまま妹の後ろに移動。
妹のスカートをめくりあげた。

Cさんの目に前に妹の尻があらわになった。
あそこは丸見えに。
妹の秘部にCさんは顔を近づけ、舐めたり時々指で弄くったりしていた。

妹はハンドタオルで口を抑えながら、あえぎ声を抑えているようだ。
静かな部屋の中にぺちゃぺちゃと粘膜の音や、妹のくぐもった声がしだす。
妹は必死に声を抑えている感じがした。

5分くらい、クンニや愛撫をしていただろうか。
Cさんは椅子から立ち、ジッパーを下ろしモノを再び取り出した。

(ああ、いよいよセックスするんだな)
俺はこの時を待っていたので、ようやくという感じだった。

妹は机の引出しからコンドームを取りCさんへ。
Cさんも袋を破り中身を取り出し、モノに装着した。
妹はクンニされてた時と同じ体制に。
どうやら机に手をついた立ちバックでするようだ。

「M、挿れるよ」
Cさんは妹の後ろに立ち、焦点を定めて妹の中に入っていく。

角度的に入っている部分が見れないのが残念。
妹から「あーっ」とため息とも取れるような声が出た。

Cさんは両手で妹の腰を持ちながら、前後に動いていた。
妹は相変わらず口元をハンドタオルで抑えながらあえいでいた。

部屋の中に粘膜の音や肉同士の当たる音が聞こえ出した。
Cさんは最初はゆっくりだったが、段々と動くテンポが速くなっていった。
時々妹の胸を揉んだりもしていた。

早く動き出して2~3分だろうか。
妹が「ちょっとヤバいかも、立ってられない。」とCさんに告げる。

どうやら感じて足が震えてしまい、立ちバックの体勢がつらいようだった。
2人は繋がったまま向きを変え、そのままベッドの方向に。

妹はベッドの横でひざまづき、上半身だけベッドの上に。
2人は少し体勢を整えていたが、しばらくするとCさんが再び前後に動き出した。

妹は掛け布団を握りながら顔をベッドに抑えつけて、必死に声を抑えていた。
角度的に今度は繋がっている所が俺は横側から見る事が出来た。

コンドームの色がピンク色だったせいか、妹の尻にピンクの棒が出入りしている感じに見えた。

そのままバックの体勢で行為を続ける2人。
また動きが激しくなりだし、妹も声にならないような声を必死に抑えていた。

Cさんは、そろそろフィニッシュが近いと思ったのだろう。
妹の両腰を持ちながら半立ちに。
妹も同じように足だけ半立ちになり、前傾姿勢の立ちバック状態に。

そのままCさんは妹の腰を持ったり、時々胸や秘部をイジったりしながらピストン運動。
妹は相変わらず声を抑えるのに必死そうだった。
顔を掛け布団につけているので表情は見えなかったが、何かから逃げようとしているように見えた。

段々とCさんの動くペースが速くなり、とうとうフィニッシュの時が来る。
「M、イクぞ!!」とCさんが妹に告げ、狂ったように腰を打ち付ける。

そして突然Cさんは「あーーーー」と言いながら少し上を向いて震えていた。
妹からも同じように「あーーーん」とため息みたいな声が出る。

コンドーム越しとはいえ、どうやら妹の中で果てたようだった。

その後、何回かゆったりとピストン運動した後、Cさんは妹の中からモノを抜く。
妹は半回転しベッドに仰向けで横たわった。

Cさんはコンドームを取り、結んだ後、妹に近づいた。
机の時に口を抑えていたハンドタオルで妹の秘部を拭く。

妹は、行為の後で敏感になっているのか時々ビクンとなりながらもCさんに拭かれていた。
そして拭き終わったあと、舌を絡めながらキスをしていた。

2人は立ち、妹はベッドの中からパンティを取り履いた。
そして2人とも再び椅子に座り、母が持ってきた飲み物を飲みながら余韻に浸っていた。
秘密の行為は終了したのだ。

2人はセックスの感想を話していた。
といっても気持ちよかったとか、愛してるとかばっかりだが。
まだ家庭教師の終了時間まで1時間位あるので、再び勉強をし始めた。

俺は初めて見たセックスにかなり興奮・欲情していて自分の部屋に帰りたかったが、ここで物音を立てたらまずいので、そのままその場で約1時間待機する形になった。
最初の1時間に比べて、後半の1時間はかなり長く感じた。

家庭教師の時間が終わりになる頃、Cさんが「もう1回したい」と言い出した。
もう時間的に余裕は無い。
また外でするつもりなのかと思った。

しかし妹は、「先週も終わった後に一緒に外出したからヤバいよ。今日は我慢して」と断った。
Cさんも簡単に引き下がり、「わかった。じゃ、また今度な」と言った。
そして家庭教師の時間は終了した。

2人が1階に行くのを確認して、俺も自分の部屋に。
そして、さっそく我慢していたオナニーを始めた。
机に手を付かせて立ちバックでしていたのを思い出しながら。

ただやってるのは妹とCさんではなく、俺と沙織に置き換えていたが。
かなり最初から興奮していたからか、すぐにイッた。
その日、さらに2回オナニーした気がする。

秋頃にもう1度だけ妹とCさんのセックスを覗いた。
でも、音を立てない方法がパターン化されているのか、初めて見たときと同じ流れだった。

椅子に座りながらのフェラや机に手を付いてのクンニや立ちバックなどだ。
まるでビデオをもう1回見ているようだったので、期待外れだった。

その後Cさんと妹はどうなったかというと、家庭教師の期間中はずっと同じようなペースで会っていたようだが、高校受験が終わり、お互いの環境が違ってきた頃別れてしまったようだ。

手帳には5月下旬までしかハートマークが付いていなかったので、その辺りに破局した模様。
その後、Cさんがどうしているかは不明。

妹は別れた後も何人か彼氏が出来たみたいで、その時はハートマークが所々手帳に付いていた。
家に家族がいるときは男を連れてくる事はなかったので、セックスを覗ける事はなかったけど。

妹は現在大学4年。
就職活動していますが苦労しているみたいです・・・

こんなところです。
もう昔の事だし、思い出しながら脚色している部分もあるので、事実とは若干違う部分もあると思います。
状況描写とかも下手で文章力もないので、これが限界です。
すみません。

コメント (0)
コメントする