2022年03月19日 21:00

女友達にチン○○が原因でフラれました…

読了時間:約 3

投稿者:チン○○男 さん(男性・20代)

体験談タイトル:いいカンジになった女友達にフェラしてもらった結果・・・

大学時代からの友人で、お互い30過ぎたら結婚しようねーなんて冗談言い合える女友達ひとみ。
2年後、お互いに恋人がいなければ本当に結婚するかもしれません。

でも、まだキスもしたことないので、なんとか結婚前に関係を持ちたくて焦っていました。
全く経験なしで結婚もいいかもしれませんが、一度はセックスしてみないとw
後々、この決断を俺はかなり後悔します・・・。


いつものように俺の家に泊まりに来たひとみは、俺のTシャツをトランクスを着て一緒に酒を飲んでいました。
立ち上がる時とか、トランクスからマンコがチラッてみえたりするんですよね。
たまに濡れている時もあって、このまま襲いたい!と何度思ったことか。

もう28。ひとみも「結婚できないかも・・・」と焦っていたので、
「30じゃなくて29になって誰もいなかったら結婚しちゃおっか」なんて冗談交じりに言ってみたら

「そんなプロポーズは・・・嫌だな・・・」

少し照れたひとみの顔に、「あ、俺、ひとみのことやっぱり好きなんだな」って。
我慢できずにキスをすると、ひとみは俺の顔に触れてキスを受け入れてくれました。

興奮して、キスしながらひとみの体を撫でまくりました。
お酒のせいか、体が火照っていてマンコも濡れていました・・・ひとみも俺とのセックスを望んでいるんだと思うと、嬉しくてたまりませんでした。

Tシャツを脱がすと、白くて大きくて柔らかいおっぱいがポロンと出てきました。
おっぱいを下から持ち上げて、手を離すと・・・ポヨンポヨンと弾むおっぱい。たまりません。

「おっぱいもいいけど・・・こっちもいいかな?」

ひとみは俺のパンツに手をかけ、チンコを取り出すとそのままフェラをし始めました。
それからひとみはトランクスを脱いで、俺にクンニするように促しました。
でも、クンニって嫌なんですよね。汚いというか。

ムードを壊さないよう手マンで誤魔化しつつ、ひとみのフェラを満喫していました。
突然、皮を剥こうとするので「汚いから、そこはいいよ」と言って、ひとみの手を止めましたが、
「ちゃんと舐めたいの」と見つめられ・・・。

完全に身を任せることにしました。
ところが、ひとみの動きは止まりました。
俺のチンコを見て、ひとみは

「ねぇ・・・チンカス、すごくない?」

さっきまで美味しそうに舐めていたのに、かなりドン引きした様子で俺のチンコから手を離しました。
皮を剥くとチンカス、俺、ひとみに言われるまでそういうもんだと思っていました。

無理に洗おうとすると、痛くて・・・痛いってことは取って洗っちゃだめなんだなって勝手にそう思っていたので、そのままにしていました。

ひとみは、口の中を洗いたいみたいでした。

でも、俺はこの機会を逃したらひとみとセックスできないと思って、思い切って何事もなかったようにひとみにキスをして、強引に抱きしめました。

ひとみは何も言えず、ただ俺にされることを受け入れてくれました。
セックスしたら挽回できるかもしれない、そんな風に思ってチンコを入れようとしたら「ゴムはして!」とかなりきつく怒られました。

言われるままゴムをつけて、ひとみとセックスしようとしたら、ひとみは俺に背を向けました。
バッグが好きなのか、それとも俺の顔を見てセックスするのが嫌なのか、でもひとみの大きなケツは俺に考えることをやめさせる威力がありました。

ひとみのアナルを見ながら、ひとみを犯しました。
緊張と興奮のせいか、あっという間に言ってしまいましたが、セックス後のケアはしっかりしましたよ。
ひとみのマンコを綺麗に拭いて、おでこや頬にキスして、抱きしめながら寝ました。

その頃にはひとみも、俺に抱きついたりして愛おしかったです。

しばらくして、大学の同級生から連絡がありました。
そいつは「30になったら結婚って約束してたんだよね。」とひとみと結婚することを教えてくれました。

詳しく聞くと、どうやらひとみは色々な男友達に「30までお互いに独身だったら」って保険をかけていたようです。

そして、そのうち俺とそいつとはセックスしたようで・・・たぶん、チンカスが敗因だと思います。

コメント (0)
コメントする