2020年10月22日 09:00

40代介護職の私が真面目にツイッターで情報発信してたら…

読了時間:約 5

私は40代の男性ですが、最近SNSのTwitterをやることにしました。
それまでは出会い系サイトでエロ話たくさん作ってきていました。
最近、SNSで出会い女性とエロい話をしたとネットで情報を得てからTwitterをやることにしました。

Twitterを通してエロ体験談ができると思っていなかったですが私はLINE交換にもっていき見事、女性と出会いエッチな話を体験することができました。
フェラされてクンニができてクリトリスを触ることができるとは思ってもいませんでした。

それでは私のエロ体験談を書いていきますね。
女性の名前は愛衣ちゃんです。
年齢は30歳です。

どうしてTwitterで仲良くなったかは、私は長年介護の仕事をしていて、介護福祉士・介護支援専門員の資格を取得して働いてTwitterで真面目に情報発信をしていました。
フォロワーが増えて、女性との出会い目的では活用していない為に、私のことをすごく信頼してくれた愛衣ちゃんも介護の仕事をしていてTwitterでコメントのやり取りをしました。

すぐに仲良くなりLINE交換して仲良くなりました。
愛衣ちゃんはLINE内で住んでいる場所が比較的私と近くて会いたいと言ってきたので会うことになりました。

愛衣ちゃんと出会った場所は地方の駅です。
愛衣ちゃんの容姿と性格ですが、容姿からですが、メイクが比較的濃くて、ロングのサラサラヘアです。
目はまつ毛エクステを付けているので目が大きく見えます。
肌白なので、エッチな雰囲気がしてしまいます。
身長160cmと比較的高です。
おっぱいはCカップで普通ですね。
性格ですが、優しくて、ほのぼのしています。

出会って喫茶店に入り介護の話をしました。
お互いに話があって、また会うことになりました。
私は愛衣ちゃんと出会いエッチしたい気持ちになってしまいました。
愛衣ちゃんは独身で私のことをお兄ちゃんみたいに接してくれていました。

LINEで「愛衣ちゃんとは介護のことで話があうけど、女性として見てしまい、エッチしたくなってしまう」とコメントしてしまいました。
暫く返信がこなかったのですが、「また会う?」とコメントがきたので会う約束をして会いました。

ご飯を食べた後に、勇気を出して「エッチしたいとLINEでコメントしたこと覚えている?」と聞いてみたら「覚えているよ」と言ってくれて「そんなに私とエッチがしたいの?」と愛衣ちゃんが聞いてきたから「うん」と答えました。

すごく愛衣ちゃんは悩んでいて、私から「思い切ってホテルに行こう」と半ば強引に誘いラブホテルに行くことに成功しました。
ラブホテルに行くまでに手を繋いで、ラブラブ感を出してホテルに着きました。
まさか愛衣ちゃんとエッチできると思っていなかったので、緊張してしまって、会話が弾まなかったです。

しかし、せっかくホテルに誘ってエッチできそうなので、ギュッとハグをして愛衣ちゃんに「可愛いね」と言ってあげてキスをしました。
愛衣ちゃんは目を閉じてキスをしてくれて、軽いキスをしていました。
キスをしてからベッドに横になり愛衣ちゃんのおっぱいを服の上から触ったら「お風呂に入ってからエッチしよう」と言われたので、エッチを中断して、お風呂に入りました。

別々でホテルに入ったのですが、私のおちんちんは、もうはち切れそうに大きくなっていました。
我慢汁が出てしまい、お風呂に入る前にパンツが我慢汁で汚れてしまっていました。
お風呂から出てから愛衣ちゃんがお風呂に入りました。

心臓がバクバクしてしまい、エッチしたい気持ちと緊張が強くなっていました。
愛衣ちゃんがお風呂から出てきて、すぐにキスをしてベッドの中でイチャイチャしてエッチを開始しました。

愛衣ちゃんのキスは軽いキスで濃厚なキスをしてきませんでした。
私は濃厚なキスが好きなので舌を絡めたかったのですが、諦めておっぱいを触って乳首を舐めていきました。

白い肌のおっぱいなので嬉しくてたくさんおっぱいを揉んであげてから「綺麗なおっぱいだね」と愛衣ちゃんに褒めてあげたら喜んでくれました。
私は愛衣ちゃんのおまんこを触りたくて下半身に手をやってクリトリスを触ってから膣を触りました。

少しおまんこを触ったら濡れていて「すぐに濡れてしまうね」と言ったら恥ずかしがっていました。
愛衣ちゃんのおまんこを舐めたくて「舐めてもいい?」と聞いてクンニすることに成功しました。

クンニして愛衣ちゃんのおまんこの味は正直美味しくはないですが、愛衣ちゃんが感じてくれていたので一生懸命に舐めてあげました。
愛衣ちゃんの両足をあげて、おまんこが丸見えの状態にして舐めることをすることによって、かなり恥ずかしさを与えることができるので快感でした。

クンニしてからフェラをしてもらうことにしました。
最初は軽いフェラでしたが、愛衣ちゃんに頼んで唾液をたくさん付けてとお願いして、フェラしてもらい、激しいフェラにかわっていきました。

かなり長い時間フェラされて、本番をしようと考えましたが、あまり私は本番をすることが得意ではないので、フェラで抜いてくれるようにお願いしました。
その時にローションをつけてもらって、手こきとお口でおちんちんを、しごきながら舐めてくれたら、すごく気持ちよくなってしまい、「いきそう」と言って精子を愛衣ちゃんのお口の中に出してしまいました。

愛衣ちゃんは精子を飲まないでテッシュの中に出して、エッチが終了しました。
愛衣ちゃんとラブホテルを出てから、カラオケに行き、駅で別れました。
その後は、たまに会っていますが、まだエッチは1回しかしていないです。

SNSでエッチまでいったことが、今回が初めてだったので、新鮮さでいっぱいでした。
若い子はSNSを結構使っていて出会いを求めているかもしれませんね。
私は今回の体験談を通してSNSで知り合いエッチをする喜びを知ってしまったので、今後も活用していきたいと考えています。

出会いの方法はたくさんあった方がエッチまでいける確率が高くなるからです。
出会い系サイトを頻繁につかっていましたが、SNSを知ることができエロ体験談をたくさん作っていきたいと目標ができました。

もちろん介護のTwitterは真面目になるのですが、私は男性ですから、女性と出会ってしまったらエッチしたくなってしまう気持ちを中々抑えることができません。
周りから見たら鬼畜に見えてしまっているかもしれませんが、どう見られても、構わない精神でいますよ。

コメント (0)
コメントする