2021年12月30日 15:00

読了時間:約 4

タイトル:調教されたいSM初心者も必見!SM未経験男子を1から調教する方法

この子、私のSMパートナーにしたい!と思ったけどSM未経験だった。
また、逆に男性の方から未経験だけど調教してほしいです、と志願してくる事も時にはあるのではないでしょうか。

SMという言葉が世間へ浸透してくるに連れて、SMに興味をもつ人も増えてきました。
また、恋愛事に関して常に受け身でいたい草食系男子が現れた事で、M男が爆発的に増加しました。

一昔前はSMに興味があるといってもS嗜好をもつ男性が圧倒的でしたが、今ではM男の方が多いのではと思われる程です。
しかし、その多くは興味はあるけれど一歩踏み出せないでいるSM未経験のM男がほとんどです。

「SM初心者のM男くんを一から調教する方法…」の続きを読む

2021年12月30日 09:00

読了時間:約 7

投稿者:ksack さん

ヤバイ、次の通勤快速に乗れなきゃ遅刻だ。
6月のムシムシした暑い朝、駅の階段を駆け上った。

汗を拭きながら、電車を待つ最後尾に並んだ。
背中を叩かれ振り返るとレイがいた。
「良かった、カイトがいて」

レイは中学から吹奏楽部で一緒で、今もクラスは違うが、同じの高校の2年で同じ吹奏楽部に入っている。
パートも同じアルトサックスだ。

「好きな子と先輩カップルのアレの現場を見てしまい…(体験談)」の続きを読む

2021年12月29日 21:00

読了時間:約 11

投稿者:ksack さん

エリカと関係を持つようになったのは入社してしばらくのことだった。
大量の資料整理を命じられて、エリカが自分の仕事の合間を見て手伝ってくれた。
エリカから教えてられた通りにすると効率良く整理出来て、すごく助かった。

エリカは契約社員で同じ経理課で働いている。
年齢は6つ上の29才。
独身で1人暮らしをしている。

服装はいつも地味で、背は低い方だが胸は大きい。
特に美人って感じじゃないけど、眼鏡をかけた切れ長の目が色っぽいと言うか、男好きする感じだ。

「経理課の地味巨乳なドM派遣社員を性奴隷に…(体験談)」の続きを読む

2021年12月29日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:ksack さん

俺は30才、会社勤めのリーマン。
結婚2年目の妻は28才で出産間近。
義母と20才大学生の義妹、ユカが夏休みで出産と産後の手伝いにうちに滞在していた。

ユカは身長やや低めで、ぽっちゃり系の童顔。
セミロングの髪型が良く似合っていた。
そんな義妹とやっちゃうなんて、いくら溜まっていたとしても自分でも最低だと思う。

予定日前々日の夜8時頃、妻の陣痛が始まった。
タクシーで10分程の病院に4人で向かった。

午前0時近く、今か今かと待っていた待合室に年配の助産師が来て、明け方近くになるかも知れない、次の満潮は午前5時頃だからと告げられた。
妻は自然分娩を望んでいた。

「妻が出産した日にJDの義妹の処女をいただいた…(体験談)」の続きを読む

2021年12月28日 21:00

読了時間:約 7

投稿者:ksack さん

妻、29才(2才年上女房)の出産の手伝いに義母が来てくれていた。
義母は49才。

身長160cm以上でジーンズもよく似合い、年齢よりもはるか若く見える。
どちらかと言えば妻と同じスレンダー系だが、妻よりスタイルが良く見えるのは胸の大きさのせいだろう。

出産予定日の1週間前の昨日から妻は入院している。
軽く飲みながら義母が作ってくれた家庭料理で夕食を取った。

以前から気が合い、優しくしてくれている義母とはすぐに打ち解けた。

「【浮気】妻との不妊治療の悩みを義母(49)に打ち明けたら…(体験談)」の続きを読む

2021年12月28日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:M男性のあるある!?自分がMだと目覚めたきっかけ5選!

自分がMだと自覚している人でもそういえばなんで自分はMになったのだろうとふと考えた事がある人も多いのではないでしょうか。

誰でも最初はSMとは無縁だったはずなのに、何かのきっかけでMに目覚めてしまった。
ではそのきっかけは何だったのか、というのは人それぞれですよね。
今回は自分がMだと目覚めたきっかけについて、M男性の皆さんに聞いてみました。

「M男がMに目覚めたきっかけって何だろう…?」の続きを読む

2021年12月28日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:猫好き野郎 さん(男性・20代)

大学の時に友達から女の子を紹介してもらった。
彼女の名前は美羽と言って身長が150センチ前半の見た目が普通の女の子。

すごく可愛いわけでもないしブスでもない、胸は大きく見積もってもCカップぐらいで普通に地味なタイプだった。

彼女を紹介してもらった時はお互い付き合っている人がいなかったし、何となく彼女とは相性が良くて少しずつ仲良くなっていった。

「地味系女子大生の彼女の本性は変態ドMさんでした…(体験談)」の続きを読む

2021年12月27日 21:00

読了時間:約 7

投稿者:ksack さん

夏休み、大学のゼミの3泊4日の研修合宿があった。
でも俺は最終日が兄の結婚式と重なっていたので、2泊で帰る予定にしていた。
なので移動もみんなは列車利用だったが、俺1人車で行っていた。

帰る当日朝、女子から声をかけられた。
「ねぇ、今日帰るんでしよ?私も乗せてくれないかな?」
その子とは特に親しくしていた訳ではなかったが、断る理由もないのでOKした。

その子の名前はキタハラ マキ。
まぁ、スタイルは普通だが、よく見るとかわいい方かも知れない。
理由を聞くと里帰りしていた外国に住む叔母が急に帰る事になり、家族で空港まで見送りに行くからとの事だった。

「渋滞中に女友達にずっとチ○コを触ってもらってたら…(体験談)」の続きを読む

2021年12月27日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:望月 さん(男性・20代)

体験談タイトル:卒業パーティで壊れた同級生女子と…

男3人女2人、計5人で高校卒業を祝した宴会をした。
宴会場所は、女友達の瑠衣の家だった。

男性の参加メンバーはフツメンの祐樹とイケメンの拓斗、俺は祐樹と拓斗の間ぐらいかな。
女性は瑠衣とクラスで一番人気の仁美ちゃん。

「高校の卒業パーティでハメを外して乱交になった話…(体験談)」の続きを読む

2021年12月26日 21:00

読了時間:約 6

投稿者:大佐 さん(男性・30代)

体験談タイトル:【逆レイプ】ネトゲで知り合った年上女性に恋愛相談してたら・・・

15年ほど前の話。

ネットゲームで知り合った女のことが好きになった。
でも、恋してる時って常に情緒不安定と言うかいつも不安な気持ちでいっぱいだった。
この不安を紛らわすために同じネットゲームでもう一人の女と仲良くなった。
彼女のハンドルネームは亜里さんで5歳年上だった。

当時の俺は19歳だから亜里さんは24歳。
亜里さんにはいつも恋愛相談をしていていつも励まされていた。

「ネトゲ仲間の年上のお姉さんに童貞奪われた話…(体験談)」の続きを読む

2021年12月26日 15:00

読了時間:約 4

体験談タイトル:【ハードな女王様との40歳体験談(傷だらけの僕)】

今年で41歳を迎えた僕は家庭もなし、彼女もなしのサラリーマン、つまりは独身貴族だ。
このまま家庭を持つこともなく、孤独死まっしぐらな僕にも一応趣味…というか生きる糧がある。
それが1ヶ月に1度、給料日後に利用する風俗店のことだ。

その風俗店を初めて利用したのは3年ほど前。
実は当時、付き合っていた彼女がいたのだが、些細なことの積み重ねが亀裂を生み、別れてしまった直後だった。

僕はドが着くほどのMで、当時の彼女は生粋の女王様だったので体の相性は最高だった。
でも別れたとなると出てくるのが僕の性欲問題。
僕はあまりオナニーをしない派なのである。

「40代独身貴族でドMな俺の地味系女王様は超ハード系…!?(体験談)」の続きを読む

2021年12月26日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:佐久間 さん(男性・30代)

俺が高校の時に出会い系サイトが流行った。
同じ年代の女の子たちが援交目的で書き込みをし、掲示板を派手に賑わせていたのを覚えている。

ちなみに、男子校生にとってはとにかくエッチがやりたくて仕方がない時期。
誰かの家に男友達全員で集まりどうやれば簡単にエッチできるかよく話し合いをしていた。

イケメンであれば多少ブ○でも女が次々にコクってくるので、そいつらを食いまくることができるがブサメンにとってはなかなかエッチできない。

「初体験は高校の熟女教師でした…(体験談)」の続きを読む

2021年12月25日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:いかすみ さん

俺が学生時代に過ごした家は父の会社の社宅でした。
この社宅にはベランダがあったのですが、隣の家との仕切りがプラスチック版のような薄い板で簡単に取り外せるようになっていました。

なぜ、このような作りになっていたかよくわかりませんが、今思えばこの社宅の作りはマジでグッジョブでした。
ある時、若い夫婦が隣の部屋に入ってきました。
旦那さんも奥さんも20代前半みたいで、夜になるとたまに夜の営みの声が隣から聞こえてきました。

「お隣の奥さんの洗濯ものを見ておっきさせてたら…(体験談)」の続きを読む

2021年12月25日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:さとる さん(男性・20代)

体験談タイトル:まじめだった幼馴染が同窓会で別人に変わってた

幼稚園からずっと同じクラスの女の子がいた。
彼女の名前は翔子と言って、小さい頃から口数の少ない女の子だった。

常に難しい小説を片手に持ち歩いていて、彼女は常に本と行動を共にする真面目系だった。
幼稚園→小学校→中学校と約11年間ずっと同じクラスだったから、一応挨拶する程度の顔見知りにはなった。
特別に可愛いわけでもないしエッチな体をしているわけでもない。

俺は生まれた時から高校卒業まで同じアパートに住んでいた。
翔子の家族もこのアパートに住んでいて、俺は1階で翔子の家族は3階。

「同窓会でまじめだった同級生が風俗嬢になってた話…(体験談)」の続きを読む

2021年12月24日 21:00

読了時間:約 11

投稿者:0127 さん(男性・50代)

体験談タイトル:温泉旅行 3日目

後日談④:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談④)
後日談③:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談③)
後日談②:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談②)
後日談①:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談①)
最初のお話:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(体験談)

一人Hの余韻が冷めつつある妻から、どう話の続き聞き出そうかと困っていたところ、妻が自ら又、話し始めてくれたのでした。
(ホッとしました。ここでの中断は、もう二度と聞く機会を失う可能性が高いと思ってましたから。酒の力が妻の性に対する本性を表に出させたんだろうとも感じました。)

次の朝、目が覚めたら男達3人は同じ部屋に居たらしいのですが、内2人が、妻のカラダをまさぐっていたらしいのです。
胸はユウ君が、下にはAが。

「妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談⑤)」の続きを読む

2021年12月24日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:妹恐怖症 さん(男性・20代)

俺の妹は○○坂の某メンバーにそっくり。
名前出すとまずいので、妹の仮名を「みなみ」とするが、特にそれとは関係ないのであしからず。

アイドル顔で髪が綺麗で、周囲からめちゃ羨ましがられる。
特にカットモデルとかやり始めたころからそれが多くなって(ホット〇ッパーに載ってるレベル)、妹紹介してとか、妹と合コンさせてとか言われすぎてうぜぇ。

ただ、家の中とか、女友達と一緒にいる時はマジで性格悪すぎてビビる。
あと、貞操観念緩いクセに男の理想が高いから彼氏できねぇ。

「アイドル級にかわいいけど超攻撃的な性格の妹に頼んで…(体験談)」の続きを読む

2021年12月23日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:E子 さん(女性・40代)

ちょっと普通とは違った私の高校時代のお話をしたいと思います。
私の年齢は40代なので今の若い子たちには信じられないような内容もあると思いますが、読み物として流してください。

私の時代では共学の高校が少なかったです。
当時はまだ男子校や女子校がほとんどで、私が入学した高校は私の年度から男子の受け入れが始まりました。

私のクラス1-Gは美術科で男子2人女子28人でした。
美術科って普通科の人と比べれば変わった女子が多く、2人の男子にとっては過ごしづらかったと思います。

「元女子校の男子に対する苛めがヤバかったです…(体験談)」の続きを読む

2021年12月23日 15:00

読了時間:約 6

体験談:エリートサラリーマンだった僕が無職となり女王様の犬となったリアル体験談

会社名を出せば「エリートじゃないですか!」と称賛される事もしばしばあった僕。
悠々自適な生活を捨て、真の幸せ…或る女王様の犬となる事を選んだ僕の体験談です。
何故エリートの立場を捨てたのか、実際飼われるのはどんな感じなのか。
そこも含めてお伝えしたいと思います。

改めてこんにちは。僕はタケシと申します。
現在、僕はある女王様専属のマゾ犬として飼われています。
女王様の犬になって来月で5年を迎えます。
女王様が「節目として振り返りがてら体験談でも投稿してみたら?」と仰るので、投稿してみる事にしました。
普段四つん這いで生活してるのに加えPCに触れるのも人間だった頃ぶりで、とても新鮮な心持です。

「エリートサラリーマンを捨てて犬になった僕…(体験談)」の続きを読む

2021年12月23日 09:00

読了時間:約 7

投稿者:ケンジ さん(男性・20代)

体験談タイトル:虫けらのように扱われた親友が壊れた話

昔、親友と呼べる友達がいた。
彼の名前は木村和也と言って、いつもバカばかりやってるおもろいヤツ。
将来お笑い芸人になるといっていて、尊敬する人がジ○ー大西と言うなかなかのツワモノだ。

そんな木村と俺は同じ女子のことを好きになった。
俺らが好きになった女の子の名前は梅沢紗枝ちゃん、バレー部副部長ですでに大人の色気を纏っているえっちぃ女の子。

俺は彼女の顏や性格が好きで出来ればお付き合いしたいと思っていた。
木村は彼女の体操着姿やバレーのユニフォーム姿を見た時に、おっぱいとお尻が着衣の下からアピールしてきたと訳の分からんことを言っていた。

たぶん、単純に彼女のことを好きなんだと思うけど、どちらかと言えば体目当てでエッチがしたいだけなのかもしれない。

「非モテ友人と美人同級生に同時告白して撃沈した結果…(体験談)」の続きを読む

2021年12月22日 21:00

読了時間:約 6

投稿者:マナ さん(女性・20代)

体験談タイトル:アイドルの卵時代に催眠術番組で…

数年前まで小さな芸能事務所に所属して、売れない無名のアイドルを2年間やっていました。
お客さんが全くいない場所で握手会を開いたり子供が喜ぶ着ぐるみショーをやったり、売れない芸能人生活は本当に辛かったです。

私が引退を決めたきっかけはある催眠術師の番組に出演したことでした。
この番組には有名な俳優や女優も出演予定で、うまくいけば私の名が売れるチャンスがありました。
この番組における私の役割は催眠術にかかったふりをして番組を盛り上げる役でした。
マネージャーがちょっと胸元が開いたりスカートの丈が短い服を選び、露出が多めの服で視聴者の視線を独占する作戦を立てました。

「アイドルの卵時代に催眠術番組で受けた屈辱…(体験談)」の続きを読む