2020年01月04日 21:00

読了時間:約 7

母親の実家がある東北の農村で、親戚の13回忌法要があった。
俺は結婚していたけど、妻は東京生まれの東京育ち。
山間部の田舎の農村なんて経験した事もなく、当然欠席。
「私は子供とプールにでも行ってるから、田舎を楽しんできなよー」って感じだった。
しょうがないので車で5時間かけて一人旅。

まあ久しぶりの独身気分だし、大好きな叔母さんに会えるからちょっと嬉しい気持ちもあった。
実家に夕方に到着。
すでに親戚一同は集まり、久しぶりの再会に賑やかな雰囲気。
その中に叔母さんを見つけて歩み寄りご挨拶。
叔母さんは母親の一番下の弟の奥さんで、俺とは10歳違う36歳。
透き通るぐらい色白でショートカットがよく似合う。
眼鏡が凛々しい知的美人。
こんな農村には勿体無い人だ。

「法事で帰った実家で憧れの叔母に夜這いでアナル中出し…」の続きを読む