2021年10月01日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:正春 さん(男性・40代)

自己紹介から始めたいと思います。
・夫(僕の事) 正春 48歳 平均的な体型 最近立ちが悪い
・妻 由紀恵 42歳 身長140センチ弱の幼児体型 普通の女性?

一緒にご飯を食べお風呂に入り、一つのベッドに枕を二つ並べて寝ている僕たち夫婦。
客観的に見れば、きっと幸せ夫婦に見えるに違いない。
しかし、突然嫁から衝撃的な言葉を伝えられた。

妻「離婚したい」
僕は理由を何度も聞いたが教えてくれない。

「【寝取られ】妻の欲望に応えて一晩だけの乱交パーティ…(体験談)」の続きを読む

2021年07月04日 15:00

読了時間:約 6

タイトル:何本のチ●ポに犯されたのか覚えてないぐらい何度もオマ●コぐちょぐちょされちゃいました…

「はぁ…っん…やぁ…イイよぉ…」
友人のミクは知り合ったばかりの男性の上に跨がり、彼の首に腕を絡ませながら蕩けた表情で腰を揺らす。

「折角来たんだから…アヤナも…楽しみなよ…?」
ミクは私の方へ視線をやると喘ぎ混じりに唆す。
そんな私の腰には今日知り合ったばかりの別の男性の手が回されていて。
ああ、なんでこんな事になっちゃったんだろう。
事の発端は4日前。

「コンパと騙されて乱交パーティに参加してしまったJD…(体験談)」の続きを読む

2020年04月10日 09:00

読了時間:約 9

私は31歳の兼業主婦で、子供が2人います。
旦那は38歳の会社員です。
子供がまだ幼くて、長女5歳、長男3歳で幼稚園に通っています。
私はパートで朝9時から午後3時まで宅配便の仕分けをしています。

同僚は同じようにパートの主婦が多くて、子育て世代という一体感もあり凄く仲が良くて、普通言わないでしょ・・・と思うような事もあっけらかんと話していました。
例えば・・・。

「旦那しか知らない私が主婦乱交パーティに参加した結果…(体験談)」の続きを読む

2019年12月22日 09:00

読了時間:約 4

俺が乱交クラブのゲストとして招待されるまでには、かなりの苦労があった。
性病にかかっていないという医師の診断書に、ゴムを付けるという誓約書、身分証明書のコピーまで提出させられて、やっと参加を許されたのだった。

その乱交クラブの会場は超高級マンションの一室で、普段なら話す機会もないような人たちが集まっていて、控え室でお酒を飲んだり、歓談したりして休憩し、プレイルームというフローリングの部屋で乱交する。

「苦労して入会した高級乱交クラブへ初参加した結果…(体験談)」の続きを読む

2019年11月18日 21:00

読了時間:約 8

私は24歳で某企業の受付嬢をしています。
私は異常なまでに精子が好きです。
こんな私はおかしいのでしょうか?
精子の匂いが好きです。
あの漂白剤のような青臭いような匂いを嗅ぐと異常に興奮します。

体や顔にかけられるのが好きです。
暖かくて粘り気があり、それを顔や体に塗り広げるのが好きです。
全身がベタベタになり、時間が経つと乾いてパリパリになるとお肌に良い気がします。
お口に出されて飲むのも好きです。
他には無い特殊な味で、酸っぱいような苦いような甘いような・・・、あの不思議な感じが好きです。
精子を味わうと、匂いを嗅いだ以上に興奮して、触られてもいないのにアソコが熱くなってビショビショになってしまいます。

「精子が好きすぎる私は頭がおかしいのでしょうか…?(体験談)」の続きを読む

2019年06月23日 21:00

読了時間:約 4

私は、37歳の専業主婦です。
子供が二人(二人とも女の子)いて、平凡ですが幸せに暮らしています。
見た目だって女優の水野真紀に似ていて、自分で言うのもなんですが美人だと思っています。

よく言われるのが、「上品な顔をしてセックス好き」。
まさにその通りです。
同い年の主人とは週に2~3回セックスしますが、それじゃあ物足りません。
本当は毎日セックスしたいのに・・・。

「【淫乱熟女】欲求不満で乱交パーティに参加してきました…(体験談)」の続きを読む

2019年02月05日 21:00

読了時間:約 5

職場の飲み会でのエロ体験です。
職場と言っても全体ではなく、気心の知れた者だけに声を掛けて、都合のついた者だけで行われた居酒屋での飲み会です。
20歳前後から男は30代半ばまでの5名、女は22歳から40歳ちょい過ぎくらいまでの4名が参加しました。

仕切りは30代半ばの高橋さんで、「酔うと勃起する」と豪語する人物。
一番若い女が由佳里、22歳。
半年近く前に元同級生と付き合い始めた、遅咲きエロモード女。
今回の飲み会で弾けて有名になった女、弥生38歳。
その他大勢。

「職場の飲み会が下品な乱交パーティーに…(体験談)」の続きを読む