2019年06月19日 09:00

読了時間:約 4

僕は麻衣先輩に恋をしていた。
クラス委員のくじ引きで負けてなった図書委員で一緒の3年の先輩。
細いフレームの眼鏡をかけ、髪はショートのストレート、笑うと眼鏡の奥の目がやさしい。
それでいて委員長然とした風貌の割りには、結構気さくな女性だった。

ある週の土曜日。
「本の棚卸しを手伝って」と呼び出された。
その日は雨。
20分早めに着いた時には先輩はまだ居なかった。

「【覗き】憧れの先輩が図書室で彼氏に強引にハメられてた…(体験談)」の続きを読む