2022年02月18日 21:00

読了時間:約 11

投稿者:我が名はEiji さん(男性・50代)

体験談タイトル:心優しいバリキャリな女上司のご褒美は…。

オレは若い頃勤務していた旅行会社の部署でイジメに遭ってました。
そのイジメの首謀者は40代のお局様OL・Jとその取り巻きの二年先輩のOL・Hと男子のこちらも二年先輩のYでした。

体の暴力は流石にほとんど無かったけど、罵詈雑言とシカトが続いてまして、俺は自分に原因が無いか考えた結果、特にミスをするとか、仕事が遅いとかの役立たずでもなく、世によくある『何だかダサい、センスが無いヤツ』みたいな幼稚で具体性の無い業務とは無関係の事だったのですが…。

「職場で俺をイジメる3人をバリキャリの女上司にチクったら…(体験談)」の続きを読む

2022年01月11日 09:00

読了時間:約 14

投稿者:ヒロト さん(男性・20代)

体験談タイトル:台風で帰れなくなった女上司2人と一晩過ごした結果

俺は設立10年のIT関連の会社に勤めている。
社員7名の小さな会社だ。

納期に遅れそうな仕事があった。
その日、無理して出社した。

台風が近づいていた。
夕方から電車も止まると予想されていた。
会社で泊まりも覚悟だった。
コンビニで食べ物を多めに買った。

「【3P】台風で帰れなくなった美人女上司二人と…(体験談)」の続きを読む

2021年03月08日 21:00

読了時間:約 5

俺は最近異動した部署の女上司、知美(35歳、独身)から何度か社内メールで誘われていた。
でも、職場で男女かまわず怒鳴りつける知美にビビっていて、何とかうまくかわしていた。

周りの同僚からも、「知美はお前(俺)に気がある」とチャカされていたが、職場での印象が強すぎて敬遠していた。

知美は顔もスタイルもいいが、その男勝りな性格のせいか、彼氏ができてもいつも半年ももたずにフラれているようだった。

そんな知美から毎週のようにお誘いメールが届いて、1ヶ月もするとさすがに断る理由も無くなって、ついに先週末にデートする事になった。

待ち合わせの場所に行くとすぐに知美が来たが、その外見は会社とは打って変わって女らしく、メイクも決まっていて、そのギャップに心を掴まれた。

とりあえず歩いてイタリアンレストランに入り、軽いディナーとワインで酔っ払い、店を替えて話の出来そうな静かなBARに入ってまた飲んだ。

「会社で恐れられてる女上司(35・独身)に誘われて中出し三昧…(体験談)」の続きを読む

2020年09月22日 21:00

読了時間:約 4

オレの働く会社の女上司、ナツミという34歳のことだ。
彼女は入社してからいきなり実力を発揮して、異例のスピード出世をしていた。
三歳下のオレが入社したときには、彼女は既に課の主任になっていたのである。

ルックスは良くて人当たりもいい。
そして仕事ができるとは、神は彼女にいくつの物を与えるのだろうと思うくらいだった。
そのために、ナツミに惚れてしまう男社員もいれば、逆に嫉妬している先輩たちもいた。

「仕事に行き詰ってきたヤリ手女上司に奇襲バイブ攻撃…(体験談)」の続きを読む

2019年07月15日 21:00

読了時間:約 2

女上司と一緒に行った打ち合わせの帰り道。
車で山越え中のどうしようもないタイミングで、女上司の尿意が限界に。

仕方がないので舗装していない林道に車を突っ込み、奥で用を足させる。
ソッチ系の趣味はないので車で待っていると、女上司の悲鳴が聞こえた。

駆けつけると女上司はコケてスーツを泥まみれにし、だいぶキレていた。
車は自車で、トランクには趣味のフットサル用の練習着がある。

「山道で野ションしてスーツを汚した女上司に誘惑されて…(体験談)」の続きを読む

2018年06月14日 21:00

読了時間:約 4

僕は大学卒業後、都内の企業に入社した。
僕が配属されたのは、商品開発部。
いわば企業の心臓部である。
その中でもたくさんのセクションがあり、僕は3課に出向。

そこの課長はなんと28歳の女だった。
この若さで課長まで昇進することなど、この老舗の会社では異例のことである。
それだけにハキハキしていたし、言うことも物怖じせず言う。
そして何より、鼻筋の整った美貌、細い肢体を持つ美女だった。

「【レイプ】泥酔した美人女上司に中出しした結果…(体験談)」の続きを読む