2021年09月04日 21:00

読了時間:約 7

投稿者:ワイルドターキー さん(男性・50代)

タイトル:ブラコンの恭子さんとホテルの入り方レクチャーが…

高校○年の夏休み、旅行資金のため、チェーン店のケーキ&カフェでバイトを始め、高校卒業までどっぷりバイト生活。
土日、平日も学校が終わってからもバイトに入り、ひとつ年上の彼女もでき、学校以外は充実した時間を過ごしていました。

学校が休みの日は朝からバイト、昼の休憩の時に薄暗く、雑誌を読むのもやっとな喫茶店がお気に入り、よくそこのお店を通ってしていました。
いつものように、喫茶店で休憩をして帰ろうとすると入口近くの席にバイト先の制服、販売部門の恭子さんがいました。

「【脱童貞】ヤンキー系のアラサー先輩にホテルの入り方レクチャーのはずが…(体験談)」の続きを読む

2021年03月08日 21:00

読了時間:約 5

俺は最近異動した部署の女上司、知美(35歳、独身)から何度か社内メールで誘われていた。
でも、職場で男女かまわず怒鳴りつける知美にビビっていて、何とかうまくかわしていた。

周りの同僚からも、「知美はお前(俺)に気がある」とチャカされていたが、職場での印象が強すぎて敬遠していた。

知美は顔もスタイルもいいが、その男勝りな性格のせいか、彼氏ができてもいつも半年ももたずにフラれているようだった。

そんな知美から毎週のようにお誘いメールが届いて、1ヶ月もするとさすがに断る理由も無くなって、ついに先週末にデートする事になった。

待ち合わせの場所に行くとすぐに知美が来たが、その外見は会社とは打って変わって女らしく、メイクも決まっていて、そのギャップに心を掴まれた。

とりあえず歩いてイタリアンレストランに入り、軽いディナーとワインで酔っ払い、店を替えて話の出来そうな静かなBARに入ってまた飲んだ。

「会社で恐れられてる女上司(35・独身)に誘われて中出し三昧…(体験談)」の続きを読む

2020年07月22日 21:00

読了時間:約 4

オレがバイトをしているとあるカフェでの話だ。
オレは本業は一般的なサラリーマンなのだが、この店のオーナーと知り合いで手伝ってほしいと言われたので、週に3日くらい夜だけ手伝っている。

平日の夜は正直暇なものである。
8時くらいまでならご飯を食べに来るお客さんもちらほらいるのだが、9時になったらもうほとんど誰も来ないと言ってもいい。
なのにお店は10時までやるというから。
まあオレとしては暇でも時給が発生するから良いんだが。

「【フェラ】バイト先のカフェで欲求不満なシンママと…(体験談)」の続きを読む

2018年11月20日 21:00

読了時間:約 7

あれは高1の6月でした。
1つ上の彼女ができた俺は、初めて彼女とホテルに泊まりました。
この彼女ってのは中学が同じ先輩。
今だから笑い話になってるけど、かなりのヤンキー女でした。

『エリ(仮名)』との初接触は中2の時。
地元の小さな個人塾に通っていたんだが、そこにエリが通い出したのがきっかけ。
ヤンキーだったエリは高校進学もままならないほど勉強ができなかったらしい。
親に強制的に入れられたんだって言ってた。

「【初体験】年上のヤンキー女になぜか告白された結果…(体験談)」の続きを読む