2021年10月28日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:ヘターレーダビッドソン さん(男性・20代)

都内、実家住みの大学二年の男です。
先日、岩手から、受験のために親戚の子が来た時のこと。
とは言っても、二泊三日で、国立は地元、私立は早慶上智系を受験するので泊まるだけ。

一浪してる子で、去年はホテルに泊まって、その雰囲気に慣れなくて、寝不足のまま受験して落ちて、それを防ぐために、今回は親戚である俺の家に泊まるらしい。
駅に着いたら、迎えに行くことになってた。
俺の電話に知らない番号が掛かってきて、親戚の子かな、と思って出ると、可愛い声で、

「俺さんですか? 初めまして、R子といいます。申し訳ないんですけど……着いたから、駅までお迎え、お願いしてもいいですか?」
と、遠慮がちな声が聞こえてきた。

「受験のために上京してきた従妹(19)のカバンからバ○ブが…(体験談)」の続きを読む