2022年07月28日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:吉岡 さん(男性・20代)

体験談タイトル:女子会に行った僕の末路

私は大学生でスーパーのバイトをしています。

スーパーということもあり女性がかなり多いです。
年齢はバラバラなのに女性の結束力は高く男性の踏み入る隙もありません。
そして女性陣の中でとにかく幅を利かせているのが山村さんと田上さんです。

山村さんは40代でバツ2、田上さんは30代でバツ1です。
口も悪く店長より在籍期間が長いので職場ではかなり権力があります。
しかも二人とも何度か少年院に入ったことがあるという筋金入りの悪でレディースにも入っていました。

「DQN熟女の女子会に彼女と一緒に呼ばれた結果…」の続きを読む

2022年05月10日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:じゅくじょ さん(女性・40代)

体験談タイトル:近所の男子○学生を好きになってしまいました…

私は四十五歳です。
ババアですね、ハイ知ってます。
でも乙女なんですよ?
年甲斐もなく近所に住んでいる男子○学生の佐々木君(名札を見ました)を好きになってしまいました。

どう考えたって無理な恋愛です。
でも私を好きになって貰う努力はしたつもりです。
佐々木君の帰り道に熟女専門のエロ本を置いておきました。
熟女に目覚めて欲しいからです。

「熟女が近所の男子○学生を好きになってしまい…」の続きを読む

2021年10月02日 21:00

読了時間:約 6

投稿者:ギャル男 さん(男性・20代)

去年の10月ごろの話ですが。
パソコンのメモリを〇〇ショッピングに注文しました。
ショップからは二日後にメモリが届くと連絡があったのですが、なぜか次の日に宅配業者がきて荷物を置いていきました。

メモリの割には箱が大きいような・・・。
箱を開けてみると、ペペローション、イボ付バイブ、アナルバイブ、ローター。
どうやら「大人の玩具の福袋」らしい。
他にはセクシーランジェリーなども入っていた。

「間違って届いた女性用のアダルトグッズを届けてあげたら…」の続きを読む

2021年06月22日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:サイドキッカー さん(男性・30代)

自分が自立したのは30を過ぎてから。
というのも、実家には出戻った姉がいたのが一つの原因だったのです。
自分は証券会社に勤める31歳。
ついこの前までは実家からの通勤生活でした。
でも、今までの繋がりと決別するために、一人暮らしを始めたのです。

その原因となったのが出戻った姉。
離婚して実家に帰ってきたのが、変化のきっかけとなったのです。
決して姉が帰ってきて窮屈だったわけではありません。
ただ、自分が大人にならなければいけないと思ったのです。

「姉との相姦生活がやめられず一大決心しました…」の続きを読む

2021年04月29日 09:00

読了時間:約 6

俺が高校生の時に付き合っていた彼女(春奈)は某男性アイドルグループが好きだった。
学校にいるほとんどの女子がそのアイドルグループのファンだったし、ちょっとイケてればアイドルのマネをするだけで人気者になれた。

春奈に誘われてアイドルグループのコンサートに行った時の話を紹介したいと思う。
当時、俺はちょっと髪形を似せればそのアイドルグループのメンバーの一人に似ていると言われていた。
俺は似ているという自覚がなかったけど、クラスの女子や春奈にリクエストをされて髪形を似せていた。

「男性アイドルのコンサートで女性ファンに痴女られた…」の続きを読む

2021年03月10日 09:00

読了時間:約 4

私は風俗が大好きな40代の男性です。
20代の時はほとんど給料をつぎこんで風俗に通ってエロ体験談を積み上げていきました。
友人にもエロ話をする時によく風俗に通っていたことの話をしています。
今回のエロい話は痴女の風俗嬢とのエッチな話を書いていきますね。

15年ぐらい前の話になってしまいますが、当時まだ、風俗はデリヘルよりも店舗型の方が栄えていました。
私はソープランド・ファッションヘルス・おっぱいパブなど一通り経験したのですが、デリヘルだけは経験がないです。
風俗をほぼ制覇してきた中で26歳の時にファッションヘルスですごい、痴女と出会ってしまいました。
そのエロ話をしますね。

「ヘルスで出会ったアナルまで舐めてくれる痴女風俗嬢…」の続きを読む

2021年02月22日 21:00

読了時間:約 6

「小次郎君・・・今まで我が社の為に頑張ってくれてありがとう」
「(゜д゜)ハァ?」

3年前の夏の日、俺の会社が倒産した。
俺が28歳の誕生日を迎えて間もない時期だった。

新卒で勤め始めてからその日まで転職した事がなかった俺は、突然訪れたプータローの日々に現実感が沸かず、何故かワクワクしていた。
今考えればアホだ。

1週間程、何にもしないで自由を楽しんだ。
仕事なんてスグに決まるだろうという軽い気持ちと、訳の分からない開放感から、毎日オナニーをした。

しかし、現実というものは遥かに厳しかった。
プータローになって2週間目にして初めて足を運んだ職業安定所は失業者が溢れ返っていた。
ようやく自分の置かれた立場を理解した俺は、毎日職安に通うようになった。

不思議なもので、毎日職安に通ってるとプー同士でも友達が出来る。
まぁ、余り嬉しい事ではないが。
その友達の中に、ちょっと気になってる奴がいた。
麗香という以前水商売をしていた女だった。

「失業仲間の元キャバ嬢に酔った勢いで逆レイプされた…」の続きを読む

2020年12月26日 21:00

読了時間:約 5

私はドスケベで淫乱な女なんです。
今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。
私は今のところ身内の会社の手伝いをしているので、生活に困ることはないのですが、あっちの方がすごく困っているんです。

「【フェラ】未亡人ですが性欲が抑えきれずにネカフェで男性を探して…」の続きを読む

2020年10月18日 21:00

読了時間:約 6

今から、だいぶ昔のことをお話します。
私が小学校5年生の時に受けた、叔母との経験です。
その当時、叔母は、田中美佐子似の綺麗な人で、子供ながらに綺麗な人だなと思っていました。
その当時、確か25歳くらいだったと思います。

ただ小学校5年生ですから、特に異性に対する気持ちなどはなく、単に叔母と甥の関係でしかありませんでした。
母親とは小6まで結局風呂に入っていましたので、小5の時点では、叔母とお風呂に入るのは抵抗はありませんでした。

「【逆レイプ】精通もまだだった僕を襲ってきた叔母…」の続きを読む

2020年08月22日 09:00

読了時間:約 3

今日は早上がりのローテーションの日であった。
そろそろ定時になろうとすると時、山田さんが僕の所に近づいて来て小声で言った。
「中山君今日は、なにか用事があるの?」
「いえ、別に暇ですよ」

山田さんは人伝いに聞いた話によると2年位前に離婚して、実家に帰ってお母さんと二人で暮らしているとか。
僕は24歳だけど、山田さんは35歳と聞いている。

「【フェラ】皆のズリネタになってる10歳も年上の同僚女性に誘われて…」の続きを読む

2020年08月19日 21:00

読了時間:約 5

私の体験はちょっと変わっています。
私がよく行くマッサージ店は全ての店員さんが女性です。
先日施術してもらっていると、隣の部屋から女性がヒステリックに誰かを叱りつけている声がしました。

かなり激しい口調で、キツイ事を言っていました。
時々聞こえる小さな声で、相手は男性だとわかりました。
あまりにキツイ事を言っているので、聞いているだけで不愉快になるくらいでした。
「隣、かなりうるさいですね」と少し嫌味っぽく言うと、
「ごめんなさい、ちょっとお待ちくださいね」と、マッサージ師さんは言い、隣に注意しに行きました。

「よく行くマッサージ店で新人男子に裏メニューを頼んだ結果…」の続きを読む

2020年07月31日 09:00

読了時間:約 2

こないだ童貞クンを美味しくいただきました。
私にとっては二人目の童貞クン。
なのでちょっと余裕(笑)
ガチガチに緊張してるので、始めはエッチな事とか全然言わないでくっついてるだけ。

女の人とこんなにくっつくのも初めてみたいなので、普通の話しながら肩や髪の毛を触ります。
その度にビクッとして可愛いー。
「こういう風にくっつくとドキドキする?」って聞いたら「する」って。
そりゃそうだ。

「【筆おろし】女の子みたいな童貞君をいただいちゃいました…」の続きを読む

2020年04月08日 21:00

読了時間:約 3

大学生の頃です。
電車で1時間程かけて通学していたのですが、朝一からの授業だとちょうど通勤ラッシュの時間に当たります。

ある日の事、眠いなぁ・・・と思いつつ、一番混雑するけど乗り換えに便利な先頭車両に乗り込みました。
激込み車両の運転席の後ろ辺りになんとか人を押しこみつつ乗る事ができてホッとしていました。
電車が発車してしばらくした時、股間に違和感が・・・。

「【痴女】満員電車で手コキしてきた女性が…」の続きを読む

2020年02月25日 09:00

読了時間:約 2

俺が学生時代大好きだった物理の先生。
ただ純粋に先生の事が好きで、よく先生に勉強を教わったりしてた。
それでも俺は、セックスしたいとか、犯したいとかっていう気持ちには一度もなった事はなかった。

それくらい先生の事が純粋に好きだった。
ある日の放課後、いつものように先生の所に遊びに行った。
「あれ、今日は誰もいないんだ」
「そうなのよ~、用事があるとかで帰っちゃったの」
「へぇ~、先生ももう帰る??」
「私はもう少し残るよ」

「【痴女】好きな物理の女教師に逆レイプされた…」の続きを読む

タグ:
2020年02月20日 09:00

読了時間:約 2

学生の頃、下宿先の近くで花火大会があり、彼女と出掛けました。
下宿に彼女が迎えに来てくれ、そこから一緒に行きました。
暑い日で、僕はジョギングパンツにTシャツでした。

花火は近くの河原の道路から、周りは凄い人出で、幸い二人並んで見ることが出来ましたものの、殆ど通勤電車の中のような状態でした。
その時、ふと股間に感触があったのに気づきました。

「痴女な彼女に花火を見ながら手コキでイカされた…」の続きを読む

2020年01月22日 21:00

読了時間:約 3

都内のお店で大学時代の友人3人とプチ同窓会を行っていました。
そこで偶然高校時代の先輩(女子)に遭遇。
あっちも4人、隣の席を確保してプチコンパの開始です。
相手は、俺の先輩、その会社の同僚(超美人3人、残りクリーチャー)、男の1人は既婚者。

俺は彼女持ちなので友人二人へパス出しまくり。
クリーチャーの相手をしていたら、この子がめちゃ面白い子。
さらにサッカーを見るのが趣味で、俺もだったのでずっと盛り上がってました。
パスをもらっている友人たちは他の女の子2人といい感じ。

「【痴女】コンパで知り合った女にお持ち帰りされた俺…」の続きを読む

2020年01月08日 09:00

読了時間:約 5

新幹線に乗った時の話です。
私はトイレに行こうとしたんです。
それで洋式トイレに入ろうと思ってドア開けたら、何と34歳ぐらいのサラリーマンの男性が目を閉じて本気でオナニーしてたの。
ドアが開いてもまったく気づかずにオナニーに夢中w

どうやら鍵を掛け忘れてたみたいで、これはちょっといけないものを見てしまったと、見なかったフリしてカーテンの付いた洗面台に隠れました。
で、カーテンの隙間から見てたんですけど、新幹線のドアって手動じゃなくて電動で開くからとっても静音w

「【痴女】新幹線のトイレでオナニーしてる男性を発見して…」の続きを読む

2019年10月08日 09:00

読了時間:約 4

俺は今、人妻に嵌っている。
相手は洋美さん。
32歳で痩せ型の美人だ。
仕掛けて来たのは彼女だ。

内容は言えないが、彼女とは仕事関係の付き合いだった。
少し強気で扱いにくい相手だったが、容姿は俺の好みで嫌いではなかった。
彼女が仕掛けて来たのは1ヶ月前。
その日は打ち合わせが入っていたが、彼女からTELが入り、具合が悪いとのこと。
ただ急ぎの用件だったので彼女の家で話すことにした。

「クライアントの人妻の色仕掛けにハマってしまった俺…」の続きを読む

タグ:
2019年08月19日 21:00

読了時間:約 5

彼女には内緒のここだけのエロい話をさせてください。
僕は都内の大学に通う4年生です。
2年間付き合っている3年生の彼女がいます。
僕は全然モテなくてたまたま2年の時に偶然仲良くなって奇跡的に付き合えたのが今の彼女です。

正直今の彼女ができるまでは一生童貞も覚悟したくらいなので、経験人数は1人で彼女だけのはずでした。
でもこの前彼女と同じ3年生の別の後輩の紗英と勢いでヤッてしまいました。
彼女はそれを知ったら絶対に怒るし僕を信用しているので悲しむので絶対にバレないようにしたいと思っています。

「【逆レイプ】非モテの僕が初彼女を裏切って巨乳小悪魔に…」の続きを読む

2019年07月29日 21:00

読了時間:約 3

先日親知らずが痛み、仕方なく歯科行きを決め、近所の新しくできたクリニックに行きました。
受付のおばさんに用件を伝えて、誰も居ない待ち合い室のイスに座りました。

その歯科は異常に狭く、待ち合い室から診察室がはっきり見えるんです。
そこにふと目をやると、一人診察を受けているようでした。
(おやっ?てか女医?しかもかなりキレイ系では?)

「歯科で見たとんでもない痴女歯科医…」の続きを読む